So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
前の5件 | -

『恋人不死身説』(谷川電話) [読書(小説・詩)]

――――
合体だ! 線香花火のさきっぽが! わりと早めに落ちてしまった!
――――
冗談は冗談でした さようならワリカンで観覧車を買う日
――――
放置したカレーを覆うまっしろなカビがきれいだひとりだだめだ
――――
朝おきていきなり夜でさみしくておなかがすくのすごい 笑える(笑)
――――
野良猫に「ねこ」と呼びかけはじめたらとまらなくなりどうかしている
――――
もんでみた自分のおしりがかわいくて自分がかわいそうで吐きそう
――――


 恋愛トキメキ暴走と失恋落ち込みドライバー。読者の体調を崩すようなノロケと感傷を過剰摂取させてくる歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年5月、Kindle版配信は2017年5月です。


 こう、思わず歌集を取り落としてしまうようなリア充みせつけというか、ノロケあふれる作品が並びます。明らかに恋愛慣れしていない若い男が、初めて恋人とそうなって舞い上がっているという情景が目に浮かぶようです。浮かんでほしくない。


――――
ろうそくの火にきみがふく息をつい吸いこんじゃった 暗くてもラブ
――――

――――
合体だ! 線香花火のさきっぽが! わりと早めに落ちてしまった!
――――

――――
焼き鮭の皮を食べる派だったのかパリパリパリパリきみはパリパリ
――――

――――
恋人は不死身だろうな目覚めたら必ず先に目覚めてるし
――――

――――
「さみしい」と書いてあるのを期待して毎日開くきみのウェブ日記
――――


 体毛や体液や体臭へのこだわりが感じられる作品も多いのですが、それが性愛の喜びというよりも、どこか妙に不穏な気配を漂わせています。子供っぽいというか、かるくキモいというか。


――――
「~~~~←四本のうち一本は陰毛。どれが陰毛でしょう?」
――――

――――
脱ぎたてのシャツのにおいをこんなにもだいじに嗅いでくれてありがとう
――――

――――
なんとなくきみの抜け毛を保存するなんとなくただなんとなくだけど
――――

――――
髪の毛が遺伝子情報載せたまま湯船の穴に吸われて消える
――――

――――
二種類の唾液が溶けたエビアンのペットボトルが朝日を通す
――――


 読者の予想通り、あるいは期待通り、若い男は恋人にふられてしまいます。失恋をテーマにした短歌かずある中でも、かなりみっともなく感傷だだもれの作品が並びます。ふふ。


――――
冗談は冗談でした さようならワリカンで観覧車を買う日
――――

――――
返された鍵はやたらと冷たいし泣きはじめたら泣きはじめるし
――――

――――
たい焼き屋今日は休みだ 中野区はきみがいないと縮むみたいだ
――――

――――
「お客様おひとりですか?」「ひとりですこの先ずっとそうかもしれない」
――――

――――
薬局の入浴剤のコーナーで目からこぼれる0円の水
――――


 あまりのめめしさがイタくなってきて、まあ元気出せよ人は失恋を克服して成長するもんだぜ、などと心にもない慰めの声をかけたくなる(個人差があります)わけです。うすうす分かっていたことですが、克服も成長もしません。失恋の落ち込みが尾を引いて、ついには自嘲自慢の域に。


――――
光あれ 光のなかに日記あれ ぼくと復縁したいきみあれ
――――

――――
放置したカレーを覆うまっしろなカビがきれいだひとりだだめだ
――――

――――
朝おきていきなり夜でさみしくておなかがすくのすごい 笑える(笑)
――――

――――
野良猫に「ねこ」と呼びかけはじめたらとまらなくなりどうかしている
――――

――――
もんでみた自分のおしりがかわいくて自分がかわいそうで吐きそう
――――


 というわけで、初めて経験した性愛と失恋のジェットストリームを見せびらかすように過剰に盛り込んだ歌集です。インパクトあります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『UFO手帖2.0』(Spファイル友の会) [その他]

――――
さきに話したように、目新しい物事も 、よくよく考えてみると、装い、つまり 「カタチ」が変わっただけだということは多々あります。
僕たちがオシャレして人の注目を集めたいと思うのと同じように、その本質を変えないまま物事は時代の要求を取り込んでカタチを変えていきます。――というわけで今回の特集は「カタチから入るUFO」だと。UFO の場合、評価がその実在性維持に絡んできますから、このへんとてもシビアです。
――――


 私も参加している「Spファイル友の会」の新刊について、宣伝を兼ねてご紹介。伝説の超常同人誌『Spファイル』の伝統を受け継ぐ『UFO手帖』、その第二号です。2017年11月23日に開催される第25回文学フリマ東京、「カ-70」にて販売されます。

 詳しい情報はこちら。

  Spファイル友の会ホームページ
  http://sp-file.oops.jp/spf2/?p=1173

 創刊号の紹介はこちら。

  2016年11月24日の日記
  『UFO手帖 創刊号』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-24


『UFO手帖2.0』 目次
――――
[特集]「カタチ」から入るUFO

  円いUFO
    『ポール・ヴィラの円環』(秋月朗芳)
  三角UFO
    『三角の波』(秋月朗芳)
  四角いUFO
    『冷蔵庫型UFO』(花田英次郎)
  その他のUFO
    『化石のカタチをしたUFO』(馬場秀和)
    『ブルーノ・ギバウディの奇妙なUFO』(秋月朗芳)

Rotation Essays

【UFOと音】
  邦楽とUFO(~1987年)
  J-POPとUFO(1988年~)
  コラム『宇宙人とあんみつ』(新田五郎)
  洋楽とUFO

【UFOと漫画】
  第2回『 ドラえもんとUFO』(ものぐさ太郎α)

【この円盤がすごい!】
  第2回 この円盤がすごい!1962年版 『リバリーノ事件』(花田英次郎)

【アダムスキーみたいな人たち】
  第2回『ダニエル・フライ』(ものぐさ太郎α)

【UFOと文学】
  第1回『UFOと短歌』(馬場秀和)

【UFOと小説】
  第2回『美しい星』(雅)

Series Essay

【古書探訪】
  第2回 李家正文『降る話』(中根ユウサク)

【シリーズ 超常読本へのいざない】
  第3回『核の誘惑――戦前日本の科学文化と「原子力ユートピア」の出現』(馬場秀和
【乗り物とUFO】
  第2回『幽霊飛行機の発達』(ものぐさ太郎α)

【死後の世界の世界】
  第2回『ブレインストーム』(ペンパル募集)

【コラム】
  緊急報告『ぼくはUFOを見た!』(中根ユウサク&ジュニア)

【ブルーブックもつらいよ】
  第2回『フーゼンのルッペルト』(雅)

【漫画】
  第2回『UFO写真展の思い出』(島村ゆに)

【読書感想文】
  第2回 森達也『オカルト 現れるモノ 隠れるモノ 見たいモノ』(ボーダーランド)

Oneshot Essays

  『キミもUFO探知機を作ってみよう!』(星野勝之)

  『アーノルド事件は日本でどう報じられたか>――日本UFO 研究史(空飛ぶ円盤からUFOへ)』(羽仁礼)

  『新編・日本初期UFO図書総目録稿(1947-1975)』(有江富夫)

――――

 なお、創刊号と同じく、表紙をはじめとして随所に使われているのが窪田まみさんのイラスト。暗く、緻密で、恐ろしいと同時に懐かしい、『UFO手帖』の印象を決定づける作品です。



[特集]「カタチ」から入るUFO

 円盤、三角形、四角、その他というようにカタチで分類した様々なUFO写真を一挙掲載。さらにそれらの背景となる時代の流れを解説します。


『冷蔵庫型UFO』(花田英次郎)

 ヴァレが報告している「空から人にビーム撃ちまくるブラジルの冷蔵庫型UFO」が紹介されます。南米事例はやっぱりシビれるなあ。


『化石のカタチをしたUFO』(馬場秀和)

 岩の断面にあるはずのない化石を目撃してしまう「化石幻視者」。彼らが見ているものは、実はUFOの同類、「未確認化石物体UfO(Unidentified fossil Object)」かも知れない。違うかも知れない。


『ブルーノ・ギバウディの奇妙なUFO』(秋月朗芳)

 ブルーノ・ギバウディが撮影した何だか生物的なワケの分からないUFO。そのカタチが意味するものを考察する。


【UFOと音】

 UFOに関連した音楽を総ざらえ。


『 ドラえもんとUFO』(ものぐさ太郎α)

 ドラえもんには結構マニアックなオカルトネタが出てきます。


この円盤がすごい!1962年版 『リバリーノ事件』(花田英次郎)

 UFOから放たれたビームが父親を直撃……。「家族がUFOに襲われているのをなすすべもなく見守るしかない事例」がすごい!


『ダニエル・フライ』(ものぐさ太郎α)

 UFOコタクティを紹介するシリーズ、今回はダニエル・フライです。


『UFOと短歌』(馬場秀和)

 短歌には、けっこうUFOやオカルトが登場するんです。


『美しい星』(雅)

 映画化されたことでも注目された三島由紀夫の名作を根掘り葉掘り。


李家正文『降る話』(中根ユウサク)

 昭和9年に刊行されたファフロツキーズ本(空から奇妙なものが降ってきたという事例集)を紹介。


『核の誘惑――戦前日本の科学文化と「原子力ユートピア」の出現』(馬場秀和)

 戦前日本における核や原子力をめぐる言説を丹念に読み解いてゆく、中尾麻伊香さんの労作を詳しく紹介。科学とオカルトの境界を探る。


『幽霊飛行機の発達』(ものぐさ太郎α)

 幽霊飛行船の次は、幽霊飛行機の歴史を解説。


『ブレインストーム』(ペンパル募集)

 バーチャルリアリティをテーマとした先駆的映画を紹介しつつ、そこにまとわりつく「死」のイメージをえぐってみる。


緊急報告『ぼくはUFOを見た!』(中根ユウサク&ジュニア)

「うちの息子(5歳)が見たというUFO目撃話も。内容は以前もツイートしていますが、本には聞き取った内容をそのまま入れました。 うちの子「ぼく、本に出ちゃう。うわー」と大喜びしていてやばい。」(著者によるツイート)


『フーゼンのルッペルト』(雅)

 ブルーブックに取り上げられた事例から興味深いものをいくつかピックアップ。


『UFO写真展の思い出』(島村ゆに)

 「やつらはね、偽装するのよ!」「偽装!!」
 実録四コマ漫画、怒濤の四本立て。


森達也『オカルト 現れるモノ 隠れるモノ 見たいモノ』(ボーダーランド)

 追いかけると逃げる、でも諦めようとすると現れる。森達也さんがオカルト現象の「本性」について書いたドキュメンタリーを紹介。


『キミもUFO探知機を作ってみよう!』(星野勝之)

 その昔、少年向け雑誌に載っていた「UFO探知機を作ってみよう」系の懐かしい記事が現代に蘇る。写真付き楽しいコラム。


『アーノルド事件は日本でどう報じられたか>――日本UFO 研究史(空飛ぶ円盤からUFOへ)』(羽仁礼)

 「最初の」円盤目撃事例は、日本にどのように伝わったのか。日本UFO史の原点を追求する。


『新編・日本初期UFO図書総目録稿(1947-1975)』(有江富夫)

 1947年から1975年までに日本で出版された最初期のUFO関連図書目録。その圧倒的な冊数と情報量に打ちのめされること必至。『UFO手帖』は資料的価値も高いマジメな研究誌です、と言い張る根拠となる労作。


タグ:同人誌
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『のら猫拳キッズ』(久方広之) [読書(随筆)]

――――
初めて猫じゃらしを外の猫に使って撮影した時の感動が今でも忘れられません。カメラに写っているのは猫らしい野性味のあるポーズではなく、どう見てもカンフーしているような「人間のポーズ」を決める猫たちでした。
テレビや本で見る猫のイメージとはかけ離れたコミカルな動き。それまで何年も猫を撮影していたのに、こんな動きが出来るなんて知らなかった!と衝撃を受けました。
――――


 大跳躍から繰り出される鋭い蹴り。鮮やかなジョジョ立ち。からの近距離パワー型スタンド攻撃。猫の空中殺法を見事にとらえたカッコよくてやたら可笑しい猫写真集『のら猫拳』、その第二弾。単行本(エムディエヌコーポレーション)出版は2017年10月です。

 話題になった『のら猫拳』、紹介はこちらです。

  2017年01月30日の日記
  『のら猫拳』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-01-30

 本書はその続篇です。灰色猫の渾身の一撃をくらって仰向けに吹っ飛んでいる(ように見える)黒猫とか、ブレイクダンスの技を披露する三毛とか、この一枚をものにするのにどれだけの時間をかけたのか。考えただけで気が遠くなりそうな努力が注ぎ込まれているに違いない、見事としか言いようのない奇跡のポーズを決めまくる猫たちの勇姿。

 前作が気に入った方にはお勧めです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『林美登利 人形作品集 Night Comers ~ 夜の子供たち』(林美登利、石神茉莉、田中流) [読書(オカルト)]

――――
 時に恐ろしげに見えるドールが同時に愛らしいイノセントの姿にも映り、時にコミカルな表情をみせる作品はその後ろに魔を抱える。病的でビザールなデザインに彩られたドールが、その逆の聖性をたたえた瞳でこちらを見つめている。
 そこにあるのはなんとはなしの雰囲気で成立するような作品ではない。そこにいるのは、長い時間、林美登利というアーティストの中で受精し分裂し成長してきた“モノ”、誕生までの長いモノガタリを感じさせる佇まいで忽然と現れた“モノ”だ。妖しく見える要素も、残酷に映る装飾的イコンも、そういった表層的な見た目とは明らかに異なる別の顔をもって饒舌に語りかけ、見るものをどこか不安でどこか懐かしく、心地よく秘密めいた別世界に誘う
――――
単行本p.81


 幼い少女と動物や虫などが融合した異形のキメラ。そのグロテスクなカタチにも関わらず、なぜか愛らしく、魅力的で、不思議な共感のようなものを呼び起こす姿。そしてその瞳、確固たる意志と伝えるべき物語をもって私たちを見つめてくる、その瞳。前作『Dream Child』に続く林美登利さんの人形写真集第二弾です。単行本(書苑新社)出版は2017年11月。

 『Dream Child』の衝撃から3年半、林美登利人形写真集の第二弾がついに刊行されました。撮影は田中流さん、短編小説は石神茉莉さん、前作と同じメンバーが揃っています。ちなみに前作の紹介はこちら。

  2014年04月02日の日記
  『Dream Child』(林美登利、石神茉莉、田中流)
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2014-04-02

 収録されている人形は、巻末の作品リストによると34体。前作を凌駕する美しい写真がびっしり詰まっており、どの一枚からも強烈な存在感が感じられます。

 石神茉莉さんの小説に加えて、深泰勉さんによる評論も収録されています。なお小説および評論を含む日本語にはすべて英訳がついており、このまま海外でがんがん売るぞ、という版元の気迫を感じます。出来映えから考えるに、おそらく海外でも大きな話題になるでしょう。

 なお、本書の刊行に合わせてヴァニラ画廊で林美登利さんの個展が開催されています。トーク&サイン会は終了していますが、この日記を書いている時点で人形展は開催中。興味がある方は、ぜひお立ち寄りください。

ヴァニラ画廊
'17/11/7 ~ 11/19 林美登利人形展「Night Comers~夜の子供たち」
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2017/20171107a.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『メメント1993 34歳無職父さんの東大受験日記』(両角長彦) [読書(小説・詩)]

――――
 タカコは柴田をじっと見て言った。「無駄よ。いくら努力したって結果はわかってる。あなたは大学には入れない。作家にもなれない。奥さんからも子供からも見捨てられる。何ひとつあなたの思いどおりにはならない。この世界のどこにも、あなたの居場所はないのよ」
「そうかもしれない。すべての努力は無駄に終わるかもしれない。それでも、いまがんばらないと後悔することになる」
――――
単行本p.174


 作家を目指して努力するもデビューできないまま33歳になってしまった男が、一念発起。「俺は、東大に合格するぞ」意味不明な決意で受験勉強に邁進するが……。著者の自伝的要素も入った、滑稽で熱いおじさん受験物語。単行本(KADOKAWA)出版は2017年9月、Kindle版配信は2017年9月です。


――――
おれは成功が欲しかったんだ。失敗、失敗、失敗ばかりの人生の中、作家としての成功でなくてもいい、どんな形でもいいから成功がしたかった。成功者になりたかったんだ。しかし、今のおれに手の届く成功といったら何だろう。職歴も人生経験もないおれにとって、できることといったら大学受験くらいしかないじゃないか。だから――
――――
単行本p.14


 大学を中退し、作家を目指して頑張る柴田。だが、書いても書いても新人賞に落ち続けるうちに、ふと気が付けばもう33歳。このまま作家にはなれないのか。負け犬として生きるのか。嫌だ。自分は何かを成し得る人間だということを証明したい。

 というところまではよくある話ですが、そこで「よし、東大に合格するぞ」となるところが、視野が狭いというか、追い詰められている感というか。


――――
「これで目がさめたでしょ」ナミは、いくら腹立ちをぶつけてもぶつけたりないという表情で言った。「三十三にもなって大学受けるなんてみっともないまねは、もうやめるのよ」
「何が――」柴田はうなだれたまま、ぼそっと言った。
「えっ?」
「何がみっともないんだ」柴田は顔を上げて言った。「三十三で大学を受けるのが、どうしてみっともないんだ」
――――
単行本p.14


 33歳で大学を受けるのは、決してみっともないことではありません。でも、33歳にもなって「社会的成功=東大合格」という発想しか出来ないのは、それはどうなの。

 誰もが呆れるなか、本気で受験勉強を始める柴田。最初は激怒していたものの、やがてその熱意に何となくほだされてゆく妻。典型的です。


――――
 この一年が正念場よ。あなたが、たとえ小さなことでも何かをやりとげるか、何ひとつやりとげることのできないクズで終わるか。
――――
単行本p.38


 というわけで、これまでのサスペンスミステリーから大きく作風を変えてきた長篇。情けない中年男の一年間の受験生活を描いた、おじさん受験記というべき作品です。

 といっても勉強の進捗と模試の成績だけが書かれているわけではなく(そりゃそうだ)、十年前に起きた少女誘拐監禁事件がとんでもない形で絡んできたり、知人が人質立てこもり事件を起こしたりと、ドラマチックなプロットがいくつも並行して展開。先が気になって、するする読み進めてしまいます。

 全体的にユーモラスな雰囲気ですが、ダメ男がすべてに絶望しつつも最後のところで矜恃を守り抜く姿には思わず引き込まれて熱くなります。あちこちに1993年当時の新聞記事の見出しが散りばめられ、世相を浮かび上がらせるところも巧み。

 著者略歴を見ると、かなり自伝的な要素が入っていることが分かります。ちなみに著者がその後、作家としてデビューしたのは50歳になってから。それを知っていると、また味わいが深くなるように感じられます。


タグ:両角長彦
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -