So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
前の5件 | -

『これから泳ぎにいきませんか 穂村弘の書評集』(穂村弘) [読書(随筆)]

――――
 なんだかだるくて動きたくない、ということがある。どこにも行きたくないし、誰にも会いたくないし、何にもしたくない。というか、私はほとんど常にそういう体感なのだ。これではいけない、と思っても、どうしていいかわからない。寝っ転がった長椅子から落ちた片足を持ち上げるのもだるいので、そのまんまだ。
 嗚呼、元気が出る薬を飲みたい。でも、覚醒剤とかは困る。そんな時、薬の代わりに本を読む。
――――
単行本p.87


 「世界」にじかに触れ、命を甦らせる、そのための読書。歌人である著者がこれまでに書いてきた書評から傑作を選んだ一冊。単行本(河出書房新社)出版は2017年11月です。

 書評や文庫本解説が数多く収録されていますが、まずは本というものに対する思いが語られている部分でいきなり共感してしまいます。


――――
思春期に入ってから、何か決定的なことが書いてある、そういう本があるんじゃないかと思うようになって。その決定的なことを理解できないと、自分は生きていけないという風に感覚が変わったんです。(中略)それをつかまない限り、自分は駄目だという、特殊なテンションがありました。
――――
単行本p.306


――――
本を読めば読むほど世界がシャッフルされて全てがわからなくなってゆく。そこにときめきを感じる。
――――
単行本p.320


――――
全ての言葉は結果的にこの世界を翻訳しているんじゃないか。逆に云うと、人間の喜怒哀楽も、くしゃみの瞬間の感覚も、北東と北北東との間の方角も、電子レンジの音も、世界の全ては翻訳されることを待っている(と思ったら、北東と北北東の間はもうあるらしい。北東微北だって)
――――
単行本p.251


 それにしても読書という行為はなぜこれほどまでに魅力的なのか。その理由について語る部分も感動的です。


――――
 思わず、うっとりする。一杯の「ミルクティー」が「天国の飲物」になるなんて。このような実感は、生の直接性から隔てられた我々にとっては麻薬的なものに思える。
 本来、私たちの生はそのようなものなのだろう。ただ、社会システムによって、そこから遠く隔てられてしまっている。死を遠ざけるためのシステムが、同時に生を遠ざけているのだ。
――――
単行本p.75


――――
学校や会社で普通に使われる散文は「社会」と繋がっている。それに対して、詩歌の言葉は「世界」と繋がっているのだ。(中略)詩歌を読むことは「世界」に触れて命を甦らせる快楽を味わうこと。
――――
単行本p.38


 何度も語られるのは、自分の命を甦らせるために「道を踏み外す」勇気について。


――――
 現代社会で「ありえる」ために、私は様々なものに意識を合わせようとする。場の空気とか効率とか「イケてる」とか。その作業は大変だけど、そうしないと生きていけないと思うから、できるだけズレないようにがんばり続ける。
 記念日を忘れないようにして、シャツの裾をちゃんと出して、飲み会の席順の心配をして……、ふと不安になる。この作業で一生が終わってしまうんじゃないか。何か、おかしい。大事なことが思い出せそうで思い出せない。ただ、「ありえない」の塊のようなあみ子をみていると勇気が湧いてくる。逸脱せよ、という幻の声がきこえる。
 でも、こわい。あみ子はこわくないのだろうか。だって世界からひとりだけ島流しなのに。
――――
単行本p.90


――――
 編集者だった二階堂奥歯さんと夜御飯を食べながら、仕事の打ち合わせをしたことがある。終わりだけに突然、テーブルの上に水着が飛び出してきた。
「これから泳ぎにいきませんか」
 ええ? と思う。時刻は夜の十時を回っている。その唐突さに異様なものを感じた。
(中略)
表現の世界ではエキセントリックで早熟な才能は珍しくないとも云えるが、このタイプの「本物」を見たのは初めてだ。
 「水着」のような衝動性は、なんというか、生き続けることに対して、彼女が払っているぎりぎりの税金みたいなものだったのではないか。
――――
単行本p.167


 臆病な私たちは、あみ子さんにも二階堂奥歯さんにもなれない。でも、猫がいる。


――――
 もうひとつの道がある。透明な革命を選ぶことだ。ゆるむことで強くなる。攻撃力を捨てることで生き残る。眠ることで目覚める。価値観の網の目を変えて、物理的には指一本触れることなく世界を覆すのだ。というのは簡単だが、実行は難しい。そのためのマニュアルなどどこにもないのである。でも、猫がいる。
――――
単行本p.273


 でも、猫がいる。



タグ:穂村弘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側』(堀江宏樹) [読書(教養)]

――――
 本書でいうところの「ウソ名言」に代表されるのは、誰もが知るナポレオンの名言「余の辞書に不可能の文字はない」や、マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」など。この二つ、どちらも本人がいった言葉ではないのをご存じでしょうか?
(中略)
 このように、名言というものは、それらが生み出された歴史や文脈から完全に切り離され、一人歩きしている……つまり、勝手に解釈されてしまっているケースが実に多いのです。
――――
文庫版p.3、5


 余の辞書に不可能の文字はない、パンがなければお菓子を食べればいいじゃない、それでも地球は回っている。そんなこと言ってない、ひとことも言ってないよ!
 偉人伝につきものの「名言」のほとんどは後世の捏造。ということで、名言のウラを探る面白おかしい一冊。文庫版(PHP研究所)出版は2017年12月、Kindle版配信は2018年2月です。


――――
「偉人」の「名作」のワンフレーズを、本当はその原典を読んだことすらない「知識人」の方々が誤用、それが一般に広がってしまう流れが世界中で起きているのだと思うと、空恐ろしいものがありますね。
――――
文庫版p.72


 というわけで、世間に「名言」として流布しているが、実は本人が言ってないものを「ウソ名言」としてピックアップして解説する一冊です。

 まったくの捏造から、他人が言った言葉、引用だった言葉、意味や文脈が甚だしく誤解されている言葉など、さまざまな「ウソ名言」が取り上げられています。


「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

「ブルータス、お前もか」

「地球は青かった」

「それでも地球は回っている」

「悪法もまた法なり」

「余の辞書に不可能の文字はない」

「健全なる精神は健全な肉体にやどる」

「人民の人民による人民のための政治」

「朕は国家なり」

「敵は本能寺にあり」

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

「日本の夜明けぜよ」

「板垣死すとも自由は死せず」

「天災は忘れた頃にやってくる」


 どの名言を誰が言った(とされている)か、すべてお分かりでしょうか。実はこれ全部ウソ。他にも、

「少年よ大志を抱け」と言ったクラーク博士は、帰国後に大志ゆえに投資した事業に大失敗して失意のうちに死んだ。

「すべてを思い通りに成し遂げるのでなければ、何もなさなかったと同じ」と言ったナイチンゲールは、医療ミスで2万人ほど殺しちゃった。

「私には夢がある」と言ったキング牧師は、夢を追い求めて浮気しまくった。

などなど、名言の影に隠れている興ざめな事実も取り上げられています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『眠れる海』(野口あや子) [読書(小説・詩)]

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 ごくありふれた光景からひそやかに繰り出される鋭い刃。愛憎に刺されるような暗器歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年9月です。


 まずは、日常的なシーンに油断しているうちに不意にほとばしる負の激情が胸を刺してくるような作品が印象的です。


――――
バスタブに湯を張りながら憎しみが水中花のようにひらくのをみる
――――

――――
シロップに撓むレモンよこんりんざいよけいなことしたくない
――――

――――
あたためたミルクの膜のひだ寄せて厭世は濡れながらよりきたり
――――

――――
ああきみは首尾よく日々を組み立てて羽毛布団のなかにしずめり
――――

――――
カステラが人気の街でカステラを食べず引っ越す 子供も産まぬ
――――

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――


 親しい人、おそらくは恋人に対して投げかけられる小さな敵意の鋭さ。皮膚にかすかに痛みが走ったあと血がにじんでくるようです。そして出血が意外に止まらない。


――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――

――――
くせのある毛髪にワックス伸ばしあなたはみんなあかのたにんだ
――――

――――
ねむりたるきみののどへと刃をむけるあそびのように追い詰められて
――――

――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――

――――
糸屑を指から指にうつしつつ いっしょう好きよ/死ぬまで嫌い
――――

――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――


 日々の暮らしもまるで戦場。でも逃げない、引かない、折れない。


――――
玄関でショートブーツを脱ぐまでのふりかえったら奈落に落ちる
――――

――――
あまぐもよ 傘ももたずに受け止めてあげるすべての悪意でおいで
――――

――――
うなじから裂けばゆっくりあふれ出る都ありけり、戦場である
――――

――――
ミソジニーとめどなきひとわれを抱きしばらくわれをわすれておりぬ
――――

――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――

――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 というわけで、どこにどんな刃が仕込まれているか分からない、皮膚がちりちりするような気持ちで読む歌集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『短歌タイムカプセル』(東直子、佐藤弓生、千葉聡) [読書(小説・詩)]

――――
 五七五七七の音数律をもつ短歌は、1300年以上も前から現在まで受け継がれている詩形です。教科書に載っている『万葉集』や『古今和歌集』は、タイムカプセルなのです。私たちはそれを掘り返し、開けてみることで、一千年以上も昔の人の思いを知り、その人に心を寄せることができるのですから。
 2000年代の最初の世紀に入った今、私たちは『短歌タイムカプセル』を作りました。まさに現在、多くの人に愛されている現代歌人の作品を、未来に届けたい名歌を、この一冊にまとめました。
 この本が一千年後、タイムカプセルの役割を果たすことを願っています。そして、はるかな未来にいる誰かの笑顔を想像しながら、今、みなさんにこの一冊をお渡しします。
――――
単行本p.7


 現代歌人115人の作品から選ばれた総数2300首を「一千年の未来のためのタイムカプセル」としてまとめた一冊。単行本(書肆侃侃房)出版は2018年1月です。


――――
 ときどき「短歌をもっと読んでみたい」「自分でも短歌をつくりたい」という生徒が現れる。私は嬉しくなって、手もとにある歌集を貸す。それを返しに来るとき、生徒は言う。
「こういう短歌の本は、どこで買えますか?」
 多くの歌集は一般の書店に置かれていないし、わりと高価だ。生徒たちの小遣いで買える短歌の本をつくりたい。できれば一冊で、たくさんの歌人に触れることのできる本がほしい。
 その願いが、この本で叶えられた。これから短歌の世界に入っていく人たちにとって、心強いガイドとなる一冊である。多くの方が、それぞれの心の自由を守れますように。
――――
単行本p.245


 現代歌人115人を取り上げ、それぞれの作品を一人あたり20首選び、さらにそのうち1首につき編者による解説を加える、というフォーマットで書かれた短歌アンソロジーです。

 これまでに紹介したことがある現代短歌アンソロジーとも一部重なっていますが、とにかくこの三冊で現代短歌の全貌に触れることが出来るわけですから、「古典じゃない今の短歌」を読みたいと思った方は、まずはこの三冊から始めるとよいと思います。ちなみに他の二冊の紹介はこちら。


  2017年03月08日の日記
  『桜前線開架宣言』(山田航)
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-03-08

  2017年04月20日の日記
  『太陽の舟 新世紀青春歌人アンソロジー』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-04-20


 本書『短歌タイムカプセル』に収録された現代歌人は次の通りです。(あいうえお順に掲載されています)


安藤美保
飯田有子
池田はるみ
石川美南
伊舎堂仁
井辻朱美
伊藤一彦
内山晶太
梅内美華子
江戸雪
大口玲子
大滝和子
大塚寅彦
大辻隆弘
大西民子
大松達知
大森静佳
岡井隆
岡崎裕美子
岡野大嗣
荻原裕幸
奥村晃作
小野茂樹
香川ヒサ
春日井建
加藤治郎
加藤千恵
川野里子
河野裕子
北川草子
木下龍也
紀野恵
葛原妙子
栗木京子
黒瀬珂瀾
小池純代
小池光
小島なお
小島ゆかり
五島諭
小林久美子
今野寿美
三枝昂之
斉藤斎藤
佐伯裕子
坂井修一
笹井宏之
笹公人
笹原玉子
佐藤弓生
佐藤よしみ
佐藤りえ
陣崎草子
杉﨑恒夫
仙波龍英
染野太朗
高野公彦
高柳蕗子
竹山広
辰巳泰子
田丸まひる
俵万智
千種創一
千葉聡
塚本邦雄
寺山修司
堂園昌彦
土岐友浩
永井祐
永井陽子
中島裕介
永田和宏
永田紅
中山明
西田政史
野口あや子
服部真里子
花山周子
花山多佳子
馬場あき子
早川志織
早坂類
林あまり
東直子
平井弘
福島泰樹
藤本玲未
藤原龍一郎
フラワーしげる
干場しおり
穂村弘
前田透
正岡豊
枡野浩一
松平盟子
松村正直
松村由利子
水原紫苑
光森裕樹
三原由起子
村木道彦
望月裕二郎
柳谷あゆみ
山崎郁子
山崎聡子
山下泉
山田航
山中智恵子
雪舟えま
横山未来子
吉岡太朗
吉川宏志
吉田隼人
米川千嘉子
渡辺松男


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『Down Beat 11号』(柴田千晶:発行者代表) [読書(小説・詩)]

――――
          大森、ああ哀愁のふたり
くるったようにへんな貝をばくばく喰っている
          モース博士ごめんなさい
       死んだことや生きていることが
           まるで他人事のように
    とてもせんめいに晴れわたっています
――――
『大森貝塚』(廿楽順治)より


 詩誌『Down Beat』の11号を紹介いたします。お問い合わせは、次のフェイスブックページまで。

  詩誌Down Beat
  https://www.facebook.com/DBPoets


Down Beat 11号
[目次]

『帰路』『夏下』(小川三郎)
『アヴェ・ヴェルム・コルプス(k618)』『一杯の珈琲』(金井雄二)
『青空 scene11』(柴田千晶)
『歩く』『走る』(谷口鳥子)
『大森貝塚』『高幡不動様』(廿楽順治)
『たぬきばやし』(徳広康代)
『堕秋』(中島悦子)
『冬の旅/オートバイ』(今鹿仙)


――――
電車の乗客が
川の流れを見下ろしていた。
川には魚が住んでおり
電車の乗客を見上げていた。

何人かの乗客は
その川が終点だと思い込んで
飛び込んだ人もいた。

魚どもは優雅に円を描いて泳ぎ
川の面と川の底から
時間を消失させていた。

雲はどんどん湧き上がり
いまや空の頂点にまで達していた。
――――
『夏下』(小川三郎)より



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | -