So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『日本人氣漫畫家追星瘋台灣』(高口里純:著、林子傑:訳) [読書(随筆)]

「真是現充呀」(ほんとリア充だわ)
「真是現充~~」(リア充ですね~~)

 台湾のトップスター、周杰倫(ジェイ・チョウ、Jay)を追いかけているうちに台湾にどハマり。ついに台北に住むことになった漫画家、高口里純さんによるラブ台湾エッセイコミック。単行本(東販出版)出版は、2013年08月です。

著者による紹介ページ
http://www.takaguchi.net/?p=1003

 『花のあすか組!』、『ロンタイBABY』などで有名な高口里純さんが、台湾で出版したコミックエッセイです。タイトルは「日本の人気漫画家、スター追っかけどハマり台湾」くらいの意味。台湾読者向けに描かれた中国語作品で、現時点で日本語版は存在しないようです。

追記(2015年8月)
後に日本語版が出ました。
『台湾が好きすぎて、家借りちゃいました。』(高口里純)

 作者のウェブページに「台湾にお寄りの際はご覧ください!」とあったので、台湾に行って買ってきました。定価240元で、台中の誠品書店のコミックコーナーに平積み状態でした。

 少女漫画やBL漫画のときと違って、エッセイ用の可愛らしい絵柄で描かれています。個人的に、この絵柄、大好きなんですよ。とりあえず日本から通販できるそうなので、高口里純さんのファンは購入して持っておくことをお勧めします。

 内容はざっとこんな感じです。

[ついに台湾での生活開始 の巻]

 台北に念願のアパートを借りて、アシさん(小恵恵)と一緒に引っ越してきた高口さん(老師)。さて生活用品を買わねばならない。しかしここは、ニトリ、セブンイレブン、ダイソーなど、日本でお馴染みの店がいくらでもある台北。買い物には困りません。というかDHCがあるよ、大戸屋もあるよ。外食が充実していて美味しいので自炊は必要ないよ。

 水道水は飲めないので毎日ペットボトル入りの水を購入。湿気がひどいので乾燥剤。空気が悪いのでマスク。雨がふれば地下街をぶらつけばよし。都会って素晴らしい。日本に帰るときは部屋中を徹底的に掃除して乾燥剤をばらまいて、玄関を施錠するのだけど、この玄関の施錠と解錠が難しくていまだによく分かりません。

[台湾? それって面白いの? の巻 その1]

 七年前は台湾島の位置を聞かれても、「だいたいこの辺?」「先生、そこは九州です」という状態だった高口さん。2006年に台湾のトップスター、周杰倫(Jay)を見て魂抜かれた状態に。「どこがいいの?」と醒めたことを言う生意気な娘を置いて、ついに台湾へ。

 ろくにUV対策してこなかった高口さん、連日室外気温38度から39度、真夏の台湾でひどい目に。でも、なんだろこの「ついに来た」という感動。異国なのに異国って感じがしない。何だか懐かしい。ご先祖様に招かれたのかしら。はああ。ホテルでは日本語が通じるし、夜市の食べ物は、その「甘い味付け」に驚いたけど、期待が高かった分がっかりすることもあったけど、でも、でも、台湾って、いい。

[台湾? それって面白いの? の巻 その2]

 今度は高口組のメンバーを引き連れて台湾に社員旅行。アシさんと二人して夜市で食いまくり、お土産買いまくり、そして周杰倫がオーナーやってる店に行ったら、ちょうどすれ違いでショック。仕方ないから西門町で周杰倫グッズ買い漁り、足ツボマッサージでぎゃあぎゃあ騒ぎ、すっかり台湾を堪能した高口さんとアシさん。

[台湾グルメ旅行 の巻]

 さーて、いよいよアシさんと二人、食い倒れの台湾旅行にやってきた高口さん。まずは苦茶を飲んで味覚をリセット。台南料理うまし。新竹米粉うまし。台湾の甘い味付けにも慣れてきたし、道のあちこちに黒犬が落ちているのは冷気を待っているのかしら。といいつつ台湾新幹線で台中へ。麵を食べる。うまいー。杏仁茶と杏仁豆腐、知らずに同じものを二つ頼んで店の人に笑われちゃったけど、食うし。

 高尾、台湾最南端の都市へ。ここで食べた汁なし牛肉麵が衝撃的に美味くて毎日通うことに。おこわも、粽も、肉そぼろ丼(ルーローファン)も、もちろんマンゴーかき氷きゃー、仙草ゼリーも素敵。食うべし食うべし。

[Jayを探して の巻]

 周杰倫(Jay)のコンサートのために台湾にやってきた高口さんとアシさん。前夜に体調を崩したアシさんだが、Jayに会えると思うだけで絶好調になるところが凄い。サインをもらうとき、「ファンです。頑張って下さい」と日本語で言うと、「アリガト」と日本語で言ってくれたのカッコいーっ。

「先生、Jayの映画来ました」
「行くぞっ」
「先生、映画が」
「行くぞっ」
「先生、ま、また映画が。それに来日コンサートが」
「ほんと現充(リア充)だわ」
「現充(リア充)ですねー」

「はあ、母さん、いい歳して何やってんの」
「うーん、お前がJayと結婚してくれればねえ。せめて台湾人と結婚してくれれば」
「あたしはイタリア人と結婚すんだかんね」

[家族で台湾旅行 の巻]

 台湾で借りたアパートに、夫、娘、息子を連れてやってきた高口さん。言葉も通じないのに、さっさと一人で美容院に行ってしまう娘、西門町のアーケードで遊んでいる息子、など若い世代のパワーにたじたじ。

[台湾に住むぞ の巻]

 2011年の春、突然「もう12回も台湾に行ったし、もう台湾に住んでしまおうかしら」と思った高口さん。アシさんと二人で台北へ。現地の友人、Rubyさんの手助けで不動産屋探し。日本人向け不動産屋はいまひとつ、どうも駄目だと思っていたら、現地の不動産屋が紹介してくれた物件が素晴らしい。地下鉄から1分、コンビニから1分、42坪、2フロア。1年契約成立。やっぱり不動産屋は現地に限る。

 まあ、1.冬場はお湯が出ない、2.トイレットペーパーを流せない、3.ゴミの分別がいいかげんで住民が守ってない、4.玄関の施錠が超難しく(古い門で、鍵四つが必要)しばしば閉じ込められたり締め出されたりする、というのはあれですけど。

 それと中国語がまったく分からないため、様々なトラブルが。

 在住許可証をとるとき何か窓口で言われたので困っていたら、「本名のうち“楽”という漢字を“樂”で登録してよいか」と聞かれていたと判明。開設した銀行口座にお金を八万元入れようとして入金申請用紙に「80000元」と書いたら漢字で書けと言われて「八零零零零元」と書いたら笑われた。ど、どうすれば・・・。正解は「捌萬元正」でした。もう忘れません。

[あとがき]

 台湾の皆さん、お読みいただきありがとうございました。翻訳された漫画みたら、私が中国語を流暢に話しているようで嬉しいです。結局、台北には一年半ほど住んで、今はもうアパートは引き払ったのですが、また台湾に住めたらいいなーと思います。ところで何で私が「老師」で、アシが「小恵恵」なのよ、アンタなんか「大恵恵」で充分でしょ、ぷんぷん。


タグ:台湾
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0