So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『ガンメタル・ゴースト』(ガレス・L・パウエル、三角和代:翻訳) [読書(SF)]


--------
 アクアク・マカーク。この単純な言葉からすべてが生まれた。キャッチーで意外とシンプル、ここから物語を紡ぐには猿が戦闘機のパイロットとして説得力のある世界を作らねばならなかった。
(中略)
アクアク・マカークがまさにそこで待っていた。特大の葉巻をふかし、白毛交じりの顔にボンクラの笑みを貼りつけて。
「おまえがもどってくるって、わかってたぜ」彼は言った。彼は正しかった。ぼくは彼を振り切れたことがない。きっとこれからも。
--------
Kindle版No.4929、4944


 片目に革の眼帯、腰には二丁拳銃。英国空軍が誇るエースパイロットとして長年ドイツ軍のニンジャ部隊と闘ってきたその猿の名は、アクアク・マカークだった。伸縮自在の長棒をあやつる女サイボーグ、凄腕のハッカー少女らと共に、皇太子を守りつつ天竺に向かうのかと思いきや、原子力飛行船で空を飛び回って世界を救うために大暴れ。疾走感あふれる痛快アクションSF長編。文庫版(東京創元社)出版は2015年12月、Kindle版配信は2015年12月です。


--------
伸縮式カーボン・ファイバーの棒を手にして回転させた。ずしりとした重みが心強かった。
(中略)
 ヴィクトリアの型はヨーロッパ伝統の棒を使った武術と、日本の杖道と棒術から拝借した動きを組み合わせたものだ。脳の人工装具に練習の模様を記録し、パリ近くにある研究所でライヴ・ストリーミングとして流し、彼女の再建を手がけた外科医たちがこのデータを利用し、自前と人工の神経がいまなお続けている融合の過程をモニターしている。
--------
Kindle版No.157


 事故で脳の一部をジェルウェア(人工神経組織)に取り換えるサイボーグ手術を受けた元ジャーナリストのヴィクトリアは、元夫が殺されて脳および意識のバックアップデータを奪われるという事件に巻き込まれて危うく殺されそうに。なぜ夫と自分が狙われたのか。その謎を追う彼女は犯人と対決することになったが、事件の背後には恐るべき陰謀が……。


--------
 スピットファイア戦闘機のコックピットには、航空燃料と猿の糞の悪臭が充満していた。操縦桿を握るオナガザル科マカーク属の猿は、毛深い手にありったけの力を込めて翼を水平に保たねばならなかった。(中略)煤けた飛行服、片目に革の眼帯をつけ、腰の左右にクロームメッキのリボルヴァーを提げた猿。
(中略)
 アクアク・マカークはいいほうの片目で男をにらみ、黄色い歯で短くなった葉巻を嚙んだまま答えた。「ダイキリを頼む」彼はベルトを外し、ふたつのホルスターをテーブルにドンと叩きつけた。「それからバナナを一、二本かき集められたら、そいつもよろしく」
--------
Kindle版No.324、361、367


 長年に渡ってドイツ軍と戦い続けてきた、アクアク・マカーク。英国空軍が誇るエースパイロット。決して負けない不死身の猿。だが、どうも様子が変だ。熱線を発射してあたりをなぎ払うドイツ軍のトライポッド(ウォーカーマシン)、上空からパラシュート降下しながらシュリケンを放つニンジャ部隊。どっか嘘くさくねえか?


--------
この生き物に同情していた。どこにも行き場がなく、自分には抗えない力によって閉じこめられ、他者が決めた役割を演じるしかないのがどんなものか身に沁みてわかる。
 腰をかがめてさらに近づいた。汗、尿、汚れた毛のつんとくる臭いがする。頭蓋骨の膨らんだ皮膚の下にはジェルウェアが埋めこまれているとみていいだろう。
「本物の猿を連れてきて、知能を強化して知性をもたせたんだな」顔をあげると、ジュリーがガラス扉を押して入ったきたところだった。コンピュータのプリントアウトを手にしている。「問題は、こいつをどうするかということだが?」
--------
Kindle版No.1066


 英仏統合百周年記念行事にうんざりしていた皇太子。その運命は、たまたまアクアク・マカークを救い出したことで急転換することになった。解放された暴れ者の猿(力を封じる呪文つき)、長棒を振り回す女サイボーグ、凄腕のハッカー少女。三人のお供と共に、経典をとりに天竺へ……ではなくて、世界の破滅を目論む巨大な陰謀と闘うことになったのだ。いやマジで。


--------
「殺し? 違いねえぜ、スイートハート」毛深い手首を一捻りして、彼は葉巻を車の通らないアスファルトに飛ばした。「問題は、おれたちはその件でどうするかだ」
 メロヴィクはしっかり目を合わせた。
 アクアク・マカークは腰をボリボリ引っかき、そこにない二丁のリボルヴァーを握る仕草をした。「ドアを蹴破り、大暴れする。いつものことさ。なんだよ、もっといい考えがあるか?(中略)この件じゃ、おれたちみんなつらい思いをしてるわけよ。だから、ここに揃ってる。いまこそ、一泡吹かせるときだろ? おれのことを言わせてもらうと、腹がたってるから、物をブッ壊して、人を痛めつけてやりたい」
--------
Kindle版No.1995、3232


 ついに原子力飛行船の上に集結した一行。敵はあまりにも強大だった。万が一にも勝ち目のない戦い。でも、諦めたらそこで世界終了だよ。


--------
「すべてが混乱している。自分たちの命を賭けて戦っているが、どうしたらいいかわからないでいる。危うくなっているものが多すぎるし、解決策が見つからない。母は空軍も海軍も押さえているが、わたしたちにはなにがある?」
 壁が金属音をたてて振動した。ジュリーの手がメロヴィクの頬にふれた。髪をなで、整えた。
「わたしたちには猿がいるでしょ」
--------
Kindle版No.3975


 そう、わたしたちには猿がいる。アクアク・マカークが。


--------
 くちびるにきっと力が入る。ただじゃ済まさないから。あいつらはフランケンシュタインからなにも学ばなかったの? 上の寝台に積んだ武器からオートマティック銃を手にしてマガジンを調べた。ずしりとした冷たい感触。
 怪物たちが里帰りするからね。
--------
Kindle版No.3278


--------
「自分のやるべきことはわかってる?」
 アクアク・マカークは歯を剥きだして笑った。
「いつもやってることと同じだろ?」弾込めしたコルトをどちらもホルスターにもどし、銃身をまわした。「大暴れして人を痛めつける」
--------
Kindle版No.3278、4278


 というわけで、映画的というか、むしろゲーム的な勢いで疾走する軽快なアクションSF長編です。アクアク・マカークが活躍するシリーズ第一作ということで、続きも楽しみ。

 なお、オマケとして、原型となった短篇『アクアク・マカーク』も収録されています。こちらは、まあ、『BILLY BAT』(浦沢直樹)みたいな話。設定も何もかも長編版とは異なりますが、アクアク・マカークのイメージは同じ。この猿が読者を魅了したことから、すべてが始まったようです。


--------
 このゲームの魅力はそこにある。簡単に言えば、みんなあの猿が大好き。彼がいつまでも飛びつづけることを祈る。
--------
Kindle版No.929



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0