So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『地獄に咲く花』(川村美紀子) [ダンス]

 2017年2月5日は、夫婦で横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホールに行って「横浜ダンスコレクション2017 ダンスクロス+アジアセレクション」を鑑賞しました。『地獄に咲く花』はこの日上演された作品のうちの一つで、川村美紀子さんが踊る20分ほどのソロダンス作品です。

 一枚一枚に般若心経が焼き付けられた(アイロンビーズで)細長い布、というかタペストリーが、舞台左右の天井から何枚も垂れ下がっている舞台。奥へゆくほど短くなっているため、遠近法によって彼方に向かって通路が延びている印象を与えます。周囲は闇に包まれ、床は黒一色。そこに、白い砂(素材はビーズらしい)で作られた道が一本、舞台奥へと続いています。

 そんな舞台中央手前、観客のすぐ目の前、こちらに背を向けて、すっくと立つ人影。「れんげのはーながひーらいた、ひーらいたとおーもったら、いーつのまーにか、つーぼんだ」というあの童謡がご本人の声で流れ、観客の肝を冷やします。

 非常にシンプルな舞台装置と演出なのに、まだ動いてもいないのに、思わず息をのむような迫力。いきなり地獄、煉獄か、とにかくそこら辺に放り出されてしまった感に包まれます。参考までに、本人のツイートに添付されていた写真へのリンクを貼っておきます(リンク切れの際は申し訳ありません)。

https://pbs.twimg.com/media/C39UaWVUcAATgxH.jpg

 そして殺気にも近い悲嘆、苦悩、絶望、怒り、声なき絶叫が全身からほとばしるようなダンスが始まり、ほどよく冷えた観客の度肝を一気に引き抜きます。苦しみ悶えながら、一歩、また一歩と、抗えない力に引き寄せられるように白い砂の道を舞台奥に向かって進んでゆく。そこに天井から白い砂が、ざざっーと、降ってきて、さらに身体を打ちのめす。消えたあとには、白い砂で描かれた蓮の花が……。

 吸った息が吐けないような緊迫感。あまりにも理不尽に酷い目にあわされたが故に地獄に落ちるしかないような、そんな印象と共に、その仕業に加担したことを糾弾されているような衝撃と緊張を覚えます。わずか20分の作品ですが、ずっと終わらないような恐ろしさを感じさせる、凄絶なソロでした。



タグ:川村美紀子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0