So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『アスモスノクラス』(東京ELECTROCK STAIRS、KENTARO!!、高橋萌登) [ダンス]

 2017年7月17日は夫婦で吉祥寺シアターに行ってKENTARO!!率いる東京ELECTROCK STAIRSの公演を鑑賞しました。KENTARO!!を含む東京ELECTROCK STAIRSのメンバー4名、ゲスト3名、計7名で踊る90分の舞台です。

[キャスト他]

振付・音楽: KENTARO!!
出演: KENTARO!!、横山彰乃、高橋萌登、泊舞々、
山本しんじしんじ、川口真知、吉田特別


 小芝居や発話など織りまぜつつも、全力で踊り続ける90分。メンバー間の精神的連帯感の表現(体育会系だったりヒップホップだったりする)を極力排したクールで乾いた演出のもと、みんなとにかくがんがん踊ります。ひたすらかっこいい。

 各人にそれぞれソロで踊るシーンが用意されています。後半に入ってまず横山彰乃さんのソロがかっちょ良かった。怒濤の安定感というか、ゆるぎない炸裂というか、その肝の据わった強靱な動きからは凄みが感じられて、シビれます。

 続いて高橋萌登さんのソロですが、これがまた感動的で。魂吹き飛ぶような激しいダンスから一所懸命さがひしひしと伝わってきて、高揚感と不思議な切なさに目頭が熱くなります。マジで涙にじんだ。このシーンのために前半は体力を温存してたな、などと思ってしまう振り切れっぷり。

 初めて東京ELECTROCK STAIRSの公演を観た頃には、横山彰乃さんと高橋萌登さんのダンスにあまり明瞭な差を感じとれなかったのですが、今やもうまったく別物にそれぞれ進化しているよう。すげえな。

 そしてKENTARO!!さんの超絶ソロになるわけですが、ここが問題で、あまりの凄さにほとんど何も覚えてないのです。とにかく凄かった。もうヒップホップがどうのとかこうのとか関係なく、いい具合に力の抜けた飄々とした動きで、ひょいと、妖怪、なんですわ。来週のソロ公演が楽しみです。

 個人的にはこの三名に突出したインパクトを感じたのですが、泊舞々さんを始めとする他の出演者もそれぞれに気合が入っていて、圧倒される舞台でした。観客席には子供もたくさんいて、おそらくダンス教室の生徒たちだろうと思うのですが、みんな最後まで舞台に集中していたのが印象的。90分という長丁場、子供も飽きさせない演出と振付はさすがです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0