So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『せかいいちのねこ』(ヒグチユウコ) [読書(小説・詩)]

――――
「おまえの不安なきもちは
 おれもほかのねこも
 みんなもっているんだよ」
――――


 猫のぬいぐるみの「ニャンコ」は、本当の猫、それも「せかいいちのねこ」になるために、友だちのアノマロカリスと一緒に旅に出ます。いろんな猫との出会いを通して、ニャンコは「せかいいちのねこ」になれるでしょうか。実際の猫をモデルに描かれた個性豊かな猫たちが登場する絵本。単行本(白泉社)出版は2015年11月です。


 持ち主である男の子が成長して大人になれば、自分は捨てられてしまうかも知れない。そう心配するぬいぐるみのニャンコは、本物の猫になればずっと一緒にいられると考えます。でも、どうすれば猫になれるのでしょうか。


――――
「そうか! ヒゲだ!
 ほんもののピカピカのヒゲを手にいれよう!
 ぼくはもっと愛されて
 せかいいちのねこになって
 男の子が大きくなっても
 いっしょにいるんだ!!」
――――


 読者の多くは「いやいや、せかいちのねこ、は、うちにいるから」と思うでしょうが、ニャンコは真剣です。友だちであるアノマロカリスのアノマロと一緒に、猫のヒゲを集める旅に出るのでした。

 旅先では、様々な猫との出会いが待っています。どの猫もモデルがいるそうで、顔つきがリアルというか、ちょっと怖い無愛想な「初対面猫」の顔をしているところがツボ。実は彼らとは何度か再会することになるのですが、再会したときには「馴染み猫」の厚かましい顔つきになっているのが、とても、猫。

 ちなみに、最後のページに、モデルとなった猫の写真と絵本に登場した猫の絵が並べられています。顔かたちや模様はもちろんのこと、とにかく雰囲気がそっくりなんで、思わず笑ってしまいます。


――――
ニャンコは いじわるねこも いままで会ったねこも
みんながせかいいちのねこだと思いました。
――――


 ねこはみんな、せかいいちのねこ。せかいいちのねこは、うちのねこ。
 誰もが知っている猫真理にようやく到達するニャンコ。

 ぬいぐるみの成長物語というより、はじめて猫を飼おうと決めた人が猫飼いになってゆく過程を描いた物語のような気もしますが、いずれにせよ、猫好きの読者の心にぐっとくる絵本です。


タグ:絵本
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。