So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『眠れる海』(野口あや子) [読書(小説・詩)]

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 ごくありふれた光景からひそやかに繰り出される鋭い刃。愛憎に刺されるような暗器歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年9月です。


 まずは、日常的なシーンに油断しているうちに不意にほとばしる負の激情が胸を刺してくるような作品が印象的です。


――――
バスタブに湯を張りながら憎しみが水中花のようにひらくのをみる
――――

――――
シロップに撓むレモンよこんりんざいよけいなことしたくない
――――

――――
あたためたミルクの膜のひだ寄せて厭世は濡れながらよりきたり
――――

――――
ああきみは首尾よく日々を組み立てて羽毛布団のなかにしずめり
――――

――――
カステラが人気の街でカステラを食べず引っ越す 子供も産まぬ
――――

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――


 親しい人、おそらくは恋人に対して投げかけられる小さな敵意の鋭さ。皮膚にかすかに痛みが走ったあと血がにじんでくるようです。そして出血が意外に止まらない。


――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――

――――
くせのある毛髪にワックス伸ばしあなたはみんなあかのたにんだ
――――

――――
ねむりたるきみののどへと刃をむけるあそびのように追い詰められて
――――

――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――

――――
糸屑を指から指にうつしつつ いっしょう好きよ/死ぬまで嫌い
――――

――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――


 日々の暮らしもまるで戦場。でも逃げない、引かない、折れない。


――――
玄関でショートブーツを脱ぐまでのふりかえったら奈落に落ちる
――――

――――
あまぐもよ 傘ももたずに受け止めてあげるすべての悪意でおいで
――――

――――
うなじから裂けばゆっくりあふれ出る都ありけり、戦場である
――――

――――
ミソジニーとめどなきひとわれを抱きしばらくわれをわすれておりぬ
――――

――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――

――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 というわけで、どこにどんな刃が仕込まれているか分からない、皮膚がちりちりするような気持ちで読む歌集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。