So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『耳そぎ饅頭』(町田康) [読書(随筆)]

 シリーズ“町田康を読む!”第7回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。今回は、作者の第3エッセイ集、あるいは初の連作随筆集、『耳そぎ饅頭』です。単行本出版は2000年3月。私が読んだ文庫版は2005年1月に出版されています。

 小説がどんどん凄みを増してシリアスになってゆくのに対して、エッセイの方は、おちゃらけ文体といい脱力内容といい、相変わらず「いちびり」のまま。読者を笑わせることに専念しています。

 本作は1997年から1999年まで『鳩よ!』に連載されたエッセイシリーズで、テーマは「偏屈からの脱却」。つまり、世間や他人様がもてはやすもの、流行りものに、「けっ」とばかりに背を向けて、俺はそこらの愚民とは違うのだ、などとひねくれている自分、そんなだから曲が売れないのだ、という反省から

「自分は俄然立ち上がり、人の、社会の、世間の輪のなかに、たち戻ろうとして歩き始めた。本書はその記録である」(「あとがき」より)

とのこと。何という高い志でしょうか。1962年大阪生まれという宿痾を背負いながら、偏屈な己を捨て、世間に立ち戻ろうとは。

 で、まず連載第1回の内容ですが、「カラオケを歌った」というしょうもないもの。まあ最初はこんなものかと思っていたら、第2回の内容は「温泉に入った」というどうしようもないもの。第3回の内容に至っては「買い物に行った」・・・。

 以降、「散髪した」、「競馬にいった」、「酒を飲んだ」、「ハンバーガーを喰った」、という感じで続きます。

 後半に至っては「イルカショーを見た」、「東京ディズニーランドに行った」、「京都タワーにのぼった」、「ナムコ・ナンジャタウンに行った」・・・。

 ほとんど小学生の作文というか、夏休みの絵日記みたいな内容になってゆき、このあたりで連載は打ち切りに。

 「世間の輪のなかにたち戻らんとする挑戦」という建前のもとで、単にどうでもいい瑣事を手抜きで書き飛ばしていただけではないか、という疑惑がむらむらとわいてきますが、しかしこれが面白い。肩の力を抜いて大いに楽しめます。

 というわけで、町田康の文章力があれば、もう内容なんてどうでもよく、はっきり言えば何を書いても面白い、ということを証明してのけた、最初から最後までいちびり倒しの一冊です。


町田康を語る言葉コレクション

「町田康はズルイのである」(井上陽水)

    文庫版『耳そぎ饅頭』解説より

タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『文芸誤報』(斎藤美奈子) [読書(随筆)]

 文芸評論家でもある斎藤美奈子さんが、2005年から2008年にかけて、『週刊朝日』で連載した書評コラム、および『朝日新聞』に掲載した書評を集めた一冊。

 半年ほど前に出版された『本の本 書評集1994-2007』の続編と言ってよいでしょう。本書で取り上げられている本は、ここ3年間に出版された比較的新しい200冊、文芸書を中心とした主流小説です。

 自分は200冊のうちどのくらいを読んでいたか確認してみて、あまりの情けなさに脱力してしまいました。たった5冊(漫画『今日の猫村さん2』を含めて)。己の無教養ぶりに涙より先に反吐が出そう。

 いったい、最近どんな小説が出ているのか確認してみようと思って最初から最後までじっくり読んだのですが、これがまた何だか面白そうな本ばかり紹介されていて。何で読み逃していたのか。

 いずれ読もうと思った本にチェックを入れながら読み進めたのですが、読了後に数えたらチェックが付いたのは20冊くらい。全体の1割にしかなりませんでした。でも、とりあえずここからスタートしようと思います。

タグ:斎藤美奈子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『性淘汰 -ヒトは動物の性から何を学べるのか』(マーリーン・ズック) [読書(サイエンス)]

 クジャクの羽、ヘラジカの角、などに象徴される「性選択による進化(性淘汰)」についての解説書です。専門書ではありますが、一般読者も想定して書かれており、大学の教養課程くらいであれば充分に読みこなせると思います。

 類書と異なるのは、性選択そのものが主眼というより、それを観察する生物学者がジェンダー・バイアスによっていかに目を曇らせてきたか、また動物の性行動について得られた知見を性差別に関する主張の「政治的な正しさ」の根拠として用いることのナンセンスさ、この2点に的を絞って論じているということです。

 著者は生物学者(行動生態学者)であると共にフェミニストでもあり、この二つの立場から「フェミニズムがいかにして生物学の研究に寄与できるのか」ということを丁寧に解説してゆきます。

 簡単に述べるなら、生物学者は自然を観察するときにジェンダー・バイアスによる偏見にとらわれてはいけない、逆に動物の性行動をそれが「自然な姿である」などといった道徳的な根拠付けに使ってはいけない、ということです。そんなことは当然だと、おそらくほとんどの人がそう思うでしょうが、実際にどれほど多くの人がこの種の誤りに陥ってきたかを、著者は繰り返し示してゆきます。

 読み終える頃には、どんなに知性が高く誠実な観察者であってもこれらの誤りを避けることは難しく、そして(ここがキモですが)誤りを回避するためにフェミニズムから学ぶことは多い、ということに納得させられることでしょう。

 扱われている話題は、鳥類のつがい外交尾、猿の子育て、ボノボの性行為、ショウジョウバエの精子、ニワトリの社会行動、甲虫の生殖器の形状、といった感じで非常に多岐に渡っており、それらの話題そのものだけでも充分に楽しめます。

 さらに第三部では、人間の女性のオーガズムや月経がどのようにして進化してきたと考えられるのか、同性愛の進化メカニズム、男女に生得的な能力差(数学能力、空間把握能力、言語能力など)はあるのか、といった微妙な問題に切り込んでゆきます。言うまでもなく、これらはフェミニズムと進化心理学が交差する問題であり、ある意味で本書のうち最も興味深い読み所となっています。

 ちなみに、文章は悪くないのですが、まわりくどくて一読しただけでは論旨がすんなり頭に入ってこない箇所も多く、あまり読みやすいとは言えません。ですが、内容そのものは大変面白く、また索引や参考文献リストが充実しているので、これから生物学や進化心理学を専門的に学ぼうとする学生にとって良い参考書になると思います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『UFO極秘プロジェクトと日本自衛隊』(並木伸一郎) [読書(オカルト)]

 ついつい読んでしまう並木本。

 正式なタイトルは、『UFO極秘プロジェクトと日本自衛隊 - 墜落円盤に搭乗していたのは日本人だった!? アポロ疑惑と原爆開発を結ぶ異星人の影!』です。昔のUFO特番のタイトルみたいな標題ですが、内容もそんな感じ。

 しばらく前に一部で話題になった、あちらの研究家が唱えている「ロズウェルに墜落した円盤から回収されたのは日本人の遺体だった」という新しい仮説というか珍説の紹介がメインとなっています。私も初めてその話を聞いたときには「んなわけないやろ」というのが第一印象でした。

 今回、並木さんの取材で初めてこの説の詳細を知ることが出来たわけですが、まあ第一印象は正しかったというか、何というか。もうロズウェル事件ともほとんど関係なく、ひたすら妄想だけで突っ走ってるし。

 この与太話だけで一冊ひっぱるのは並木さんでも無理だったらしく、航空自衛隊が遭遇したUFO事件を脈絡なく並べてみたり、月探査衛星「かぐや」はNASAからの極秘ミッションを託されていた(根拠は無し)という話にもってゆくため「月面にある謎の構造体」という古いネタを持ってきたり。

 しまいには今さらモーリー島事件からナチスの円盤開発まで引っ張りだしてくるという、かなり頑張って原稿を水増しして支離滅裂になりかけた一冊という印象を受けます。

 まあ信憑性および一貫性(整合性)は問わないことにするなら、読んでいる間は楽しめるという、UFO本としてはまずまず水準作だと思います。でも、正直に言うなら、こんなもの書いてないで、早く予告通り『UFO大全』を出してくれ、という気持ちになりました。

タグ:並木伸一郎
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『プラスマイナス 113号』 [その他]

 『プラスマイナス』は、詩、短歌、小説、旅行記、身辺雑記など様々な文章を掲載する文芸同人誌です。配偶者が編集メンバーの一人ということで、宣伝を兼ねて最新号をご紹介いたします。

 今号は「アリスさん追悼特集号」ということで、常連執筆者の一人で先日亡くなられたアリスさんの作品再録(創刊号から5号掲載分までは完全再録)、そして他の執筆者からの追悼文が掲載されています。

[プラスマイナス113号 目次]

巻頭詩1 『みどりの月』(平嶋千恵)、イラスト(D.Zon)
巻頭詩2 『恋文』(再掲)(アリス)
短歌 『宇宙温泉45』(内田水果)
詩 『きれいになりたい』(多亜若)
詩 『秋の布団』(島野律子)
詩 『おかあさん』(深雪)
随筆 『台北ウォーカー ならず』(島野律子)
アリスさん追悼特集
詩 『~空~』(彩)
随筆『香港映画は面白いぞ 113』(やましたみか)
詩 『季節はずれの~蛍~』(彩)
イラストエッセイ 『脇道の話 52』(D.Zon)
編集後記


 というわけで、盛りだくさんで定価300円の『プラスマイナス』、講読などのお問い合わせは以下のページへどうぞ。

弱拡大
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~babahide/

タグ:同人誌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: