So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『パンク侍、斬られて候』(町田康) [読書(小説・詩)]

 シリーズ“町田康を読む!”第14回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。今回は、パンク時代劇なる新ジャンルを開拓した長編。単行本出版は2004年3月。私が読んだ文庫版は2006年10月に出版されています。

 前作に収録されている『逆水戸』という短編は、テレビ時代劇から予定調和が失われるとどうなるかを描いていたのですが、本作はそれを発展させ、時代劇の枠組みをぶち壊して「現代」を書いてみせた傑作です。とにかく痛快無比という他はありません。

 何しろ会話が、「それがし」、「でござる」といった侍言葉と、「やっぱ止めとくわ」、「マジむかつく」みたいな現代口語と、「はは、おもろ」みたいな町田語が平気で入り交じるという、独特の文体で書かれているのです。最初は面食らうわけですが、慣れてくるとこれがもう爽快で。

 単独で書かれると使い古された感じがする様々な言葉を、そのマンネリ化した文脈から切り出して、卓越した言語感覚でもってえいやっと混ぜ合わせることで、まるで化学変化が起こったように、何とも言えない新鮮な響きをともなう会話文が出来上がるという発見、その驚き。

 現代口語を使うどころか、フランク・ザッパだのファックスだの困ったちゃんだの平気で口にする登場人物たちですが、それでもあくまで時代劇という設定を律儀に守るのが異様なおかしさを生んでいます。

 実のところ、時代劇のふりして「仕事ができない無能な社員」の迷惑っぷりをリアルに書いた作品で、そういう意味では『実録・外道の条件』や『テースト・オブ・苦虫』のバリェーションではあるのですが、それが時代劇という舞台に載せた途端に生き生きとしてくるのは不思議です。

 余談ながら(余談ですか)ストーリーも面白い。権謀術数あり、チャンバラあり、仇討ちあり、密偵あり、美女あり、エスパーあり、猿芝居あり、邪教あり、野外パンクロックコンサートあり。クライマックスには馬鹿の群れと猿の軍団が激突する一大合戦シーンまで用意されています。読んでいてあまりの面白さにひっくり返りそうになりました。

 いちびりも素晴らしく、秘剣『悪酔いプーさん、くだまいてポン』と秘剣『受付嬢、すっぴんあぐら』の決闘とか、いい歳こいた大人が何書いてんだか。こういうのが全編に渡って頻出するのですが、別におふざけではなく、あくまで大真面目にやってるのがポイント。

 私見ですが、「おふざけ」が一過性の行為に過ぎないのに対して、「いちびり」は生き様、それも極めて真剣な生き様の一つで、1962年大阪生まれの町田康は何かそういうものをへらへら背負っているのだと、私はそう思います。

 というわけで、『ヤマザキ』(筒井康隆)をはるかに越える強烈なパンク時代劇。これまでの作品はもうひとまとめに「初期作品」というくくりで、本作をもって町田康の本領発揮ということにしたいと存じますがご異論のある方はどうか挙手願います、という感じなので皆様ぜひお読みください。


町田康を語る言葉コレクション

「日本文学に、ある決定的ななにかをもたらすために、どこかから(もしかしたら、遊星Xから)派遣された、謎の生命体」(高橋源一郎)

    文庫版『パンク侍、斬られて候』解説より

タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ピクサー・ショート・フィルム & ピクサー・ストーリー』 [映像(映画・ドキュメンタリー)]

 『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』で有名な、コンピュータアニメーション制作会社「ピクサー」を追ったドキュメンタリーフィルムと短編作品集の2枚組みDVDを観賞。

 ドキュメンタリーフィルム『ピクサー・ストーリー』は、「フルCGアニメーション長編作品を創る」という夢を実現するためにILMに集まった連中が独立し、ピクサーを立ち上げてから今日までの歴史を手際よくまとめてくれます。

 唐突に出現していきなり大成功をおさめたような印象があるピクサーですが、そこに至るまでの(そしてそこからの)悪戦苦闘とドラマの数々には驚かされます。

 どんな苦境にあっても絶対にあきらめない彼らの情熱、赤字続きでも将来性を信じ投資を継続したスティーブ・ジョブズ氏の姿勢など印象的なエピソードは多いのですが、何よりもピクサー社のオフィスの様子や制作過程を写したホームビデオが公開されているのが嬉しいところ。

 恐るべきハードワークを心から楽しんでやっている様子に、そして障害を乗り越えて次々と大ヒットを飛ばす彼らの姿を見ていると、アメリカン・ドリームという古めかしい言葉が生き生きと脳裏に蘇ってきたり。

 個人的には、ピクサー社がなし遂げたコンピュータグラフィックス技術のブレークスルーについてもう少し突っ込んだ解説がほしかったのですが、これは無茶な要求というべきでしょう。

 もう1枚のディスクには、初期作品から最近のDVD特典映像(長編作品の番外篇のようなショートフィルム)まで主要な短編アニメ作品が制作年順に収録されており、技術の発展を目の当たりにすることが出来ます。どれも心に残る良作ばかりで、本当にアニメーションを愛する人々が作っているのだなという感慨を覚えます。

 ピクサー作品のファンはもちろんですが、起業家を目指している若い人にもぜひ観てほしい、勇気と高揚感あふれるドキュメンタリーです。


[収録作品]

『アンドレとウォーリーB.の冒険』(The Adventures Of Andre & Wally B)
『ルクソーJr.』(Luxo Jr.)
『レッズ・ドリーム』(Red's Dream)
『ティン・トイ』(Tin Toy)
『ニックナック』(Knick Knack)
『ゲーリーじいさんのチェス』(Geri's Game)
『フォー・ザ・バーズ』(For The Birds)
『マイクとサリーの新車でGO!』(Mike's New Car)
『バウンディン』(Boundin')
『ジャック・ジャック・アタック!』(Jack Jack Attack)
『メーターと恐怖の火の玉』(Mater & The Ghostlight)
『ワン・マン・バンド』(One Man Band)
『リフテッド』(Lifted)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

『暗黒整数』(グレッグ・イーガン) [読書(SF)]

 SFマガジン2009年3月号「2008年度英米SF受賞作特集」に掲載されたグレッグ・イーガンの近作です。驚いたことに名作『ルミナス』の直接的な続編で、語り手も同じ、他の主要キャラクター2名も再登場します。

 『ルミナス』は、我々の物理学が基礎としている数論とは異なるオルタナティヴ数論ベースの世界との数学的接触という事件を扱った、世にも珍しい「純粋数学SF+ファーストコンタクトSF」というハードSFでした。初めて読んだとき、いかにもイーガンらしいぶっ飛んだ奇想に感嘆し大喜びしたものです。

 本作は、それから10年後が舞台となります。事件のことは関わった3人だけの秘密にされており、彼らはこっそりオルタナティヴ数論ベース生命体との通信を継続しているという設定。そんなとき、別の研究者が知らないうちに「あちら」の命題の真偽値を書き換える(つまり「攻撃」する)アルゴリズムを発見したために緊張が一気に高まり、ついに戦争が勃発しかけるという話です。

 率直に言って、「何であの名作の続編をこんな話にするかな・・・」という幻滅を覚えました。せっかくオルタナティヴ数論世界という形而上の概念が物理的に存在している(ただし純粋数学的にしかコンタクト出来ない)という魅力的なアイデアが基本なのに、冷戦やらテロの話に持ってゆくのがいかにも安直というか、ダサいと思うのですが。

 ストーリーテリングやキャラクター造形も魅力的とは思えないし、せめて「あちら」から「こちら」への「純粋数学的攻撃」をもっともらしく書いてくれれば馬鹿SFとして評価できたかも知れませんが、単に大規模サイバーテロにしか見えません。『ルミナス』で、意図せず「こちら」から「あちら」へ「純粋数学的攻撃」が行なわれるシーン、そしてそれに対する反撃のシーンは、あれほど魅力的に書かれていたというのに。

 どうも、個人的には『ルミナス』には到底及ばない失敗作だと判断せざるを得ません。正直がっかりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『と学会年鑑BROWN』(と学会) [読書(オカルト)]

 『トンデモ本の世界』シリーズに比べると、『と学会年鑑』は当たりハズレが大きいので、書店で実物を確認してから購入することにしていたのですが、どういうわけか本書はネットで衝動買い。

 届いた本の表紙を見て崩れました。なぜかは説明はしません。書店でご確認ください。ともあれ電車の中で読めそうにないカバーなので外してみると、下から現れたイラストにまた脱力。

 これは本書に収録されている、きだてたくさんによるイロブン(色物文房具)紹介が元ネタになっています。で、このイロブン紹介ですが、これが非常に面白い。本書で最も気に入ったレポートです。

 あまりにも気合の入りすぎた萌え萌え文具、触りたくない高速増殖炉もんじゅ燃料棒ペン、ウケ狙いとは思えないその真面目さが不気味なヒーリング機能や老眼鏡付き文具など、私の知らない世界が今、目の前に。中学生の頃にこれを読んだとしたら目がくらみ、気づいたらイロブンのコレクションに走っていたに違いありません。危ない危ない。

 もう一つ、衝撃を受けたのは、mikipooさんによる消防署カレンダーの日米比較というレポート。ひたすら消防車また消防者の真っ赤っかな日本の消防署カレンダーにも驚きましたが、米国のそれがマッチョガイ(消防士です)のセミヌード写真集になっているというのは想像もしていませんでした。半裸のむっきむき兄さんがずらり並んだ本書p.168の写真は私トラウマになりそうです。

 他には稗田さんがレポートしてくれた「福島隆彦vs税務署」の暴走っぷり、特別付録風に収録されている山本弘さんによる超能力番組の嘘あばき、などが印象的でした。こんな世の中でも、いつまでも変わらず守り伝えられる伝統というものは確かにあるようです。

 全体的に、面白いネタ、感心するような労作、知らない業界のへぇ話など、興味深いレポートが多く、楽しめました。

タグ:と学会
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本列島プチ改造論』(パオロ・マッツァリーノ) [読書(随筆)]

 『反社会学講座』シリーズや『つっこみ力』で知られている著者の最新作。

 社会に関して巷に流布している常識的な見解に対してユーモアあふれる「つっこみ」を入れ、読者を楽しませつつ自分で考える姿勢を養って頂こうという、そんな大それた野望を秘めつつも、そんなこと少しも感じさせず気軽に読める一冊であります。

 前作『コドモダマシ』は、迷走気味というか、表現など工夫している割に効果があがっておらず、何だか中年オヤジの無理な冗談で体感気温が下がるときのような感じがして少しがっかりしたのですが、本作は違います。著者の持ち味が充分に出ていて、大いに楽しめます。

 内容は、まあ、

「これまでも私は、日本を美しい国や正しい国でなく、おもしろい国にするために、数々の具体的なご提案をしてまいりました。教育基本法の文言を杉良太郎さんの『すきま風』の歌詞に入れ替える案。国会中継に実況と解説とベンチレポートをつける案。どれをとっても、必ずや世の中がおもしろくなることうけあいの妙案ばかりでございます」(単行本p.97)

と著者自身がおっしゃる通り。

 深刻な口調で社会問題を語り「このままだと日本は滅びる」だの何だのと読者を脅しつけるのではなく、ちょっと変な方向からつっこんで、もっと世の中を面白くするにはどうすればいいか力を抜いて考えてみましょうという、『つっこみ力』から一貫した姿勢で書かれています。

 怒る読者もいるかも知れませんが、個人的には、真面目に考え不真面目に語るスタイルに共感し最後まで面白く読めました。初代『反社会学講座』に匹敵する傑作だと思います。

 なお、あちこちに散在している「偽イタリア人(著者のイメージ)」のイラストも素晴らしい。特に「着物姿の偽イタリア人+盆栽+和猫」のカバーイラストは味わい深く、これまでの著作カバーに比べてぐんと良くなっていると思いますので、書店で見かけたらチェックしてみて下さい。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: