So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『真実真正日記』(町田康) [読書(小説・詩)]

 シリーズ“町田康を読む!”第23回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。今回は、日記形式で書かれた小説です。単行本出版は2006年10月。

 タイトルを見ると随筆みたいですが、小説です。長編小説のプロットが暴走して収束しないで困るとか、バンド仲間のトラブルだとか、「作家が書いた日記」という体裁でもっともらしい日常生活が書かれてゆきますが、その背後では、世情がどんどん荒れてゆき、社会が崩壊に向かってゆく様がつづられます。

 書いてあることは虚構ですが、ただ目立ちたいだけの思想も目的もない評論家が言論を駄目にしてゆく様、現実から遊離した空虚な言葉をコピーするだけのマスコミ、人と人とのコミュニケーションが劣化して社会が機能しなくなる様子、少女性の商品化、自己責任による国への人権売却など、私たちの現実をほんの少し誇張することで、その真実真正の姿をあらわにする、そういう狙いで書かれた作品なんだろうと思います。

 なお、作中にちらりと笙野頼子の名前が出てくるあたりを見ると、ちょっと意識しているような気もします。ここに書かれている日本は、町田版「だいにっほん」なのかも。

 書き手が「普段の自分だったら(中略)こんな自己憐憫的でナルシスチックで鼻持ちならない文章は書かない」と言うように、いつものような語りは封印され、うつうつとした暗い文章で書かれています。本の装丁が真っ黒で、カバーの人形写真がまた狂気入ってるし。気分が浮き立つ本ではありません。

 いつもの軽快な語りを期待すると面食らうかも知れない異色作ですが、作者が見た世情や社会情勢が巧みに表現されており、読みごたえがあります。『告白』から『宿屋めぐり』へと至る道筋を追うためにも、きちんと読んでおきたい作品です。


タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『真夏の夜の夢』(ハインツ・シュペルリ振付、ドイツ歌劇場バレエ) [映像(バレエ)]

 ハインツ・シュペルリが振り付けたモダンバレエ版『真夏の夜の夢』。1994年にライン・ドイツ歌劇場で収録された映像です。

 モダンバレエ版『真夏の夜の夢』のリハーサル中に眠り込んでしまった舞台係。彼の夢の中では、出演者は同じままで、クラシック版『真夏の夜の夢』が上演されている。その夢の中で眠り込んでしまった彼は魔法でロバに変えられてしまい、妖精の女王がそのロバに一目惚れする・・・。

 モダンバレエ版とクラシック版を同じ舞台上で同じ出演者に踊らせるという発想はなかなか面白いと思います。クラシックパートはもちろんメンデルスゾーンの音楽を使っていますが、モダンパートになると現代作曲家フィリップ・グラスの「ヴァイオリン協奏曲」が流れ、音楽は明確に使い分けられています。

 けっこう凝った構成ですが、その割にさほどの効果を上げてないように感じられました。モダンパートの動きに斬新さがなく、かと言ってクラシックパートに格別な風格があるわけでもなく、しかもどちらも似たような動きから構成されており、両者の対比という趣向がうまく機能してないようです。

 前半はそれでも、次々と目まぐるしく入れ代わるダンサー、スピーディな展開、やや自己主張が強いものの工夫をこらしたカメラワーク、といったものでけっこう楽しめますが、後半(魔法の惚れ薬による混乱が解消した後)は、振付が凡庸でめりはりを欠いているせいか、ぐっと退屈になってしまいました。

 結局、個人的に面白かったのは、スピード感あふれる導入部リハーサルシーン、パックの大仰なダンス、そしてロバのコメディ演技でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『都市に空いた穴』(リチャード・ボウズ) [読書(SF)]

 今月のSFマガジンはてっきり「伊藤計劃 追悼特集」になると思い込んでいたのですが、それは7月号になるとのこと。SFマガジン2009年6月号は、「スプロール・フィクション特集V」として、まだあまり馴染みのない海外作家を紹介してくれています。


『名高きものども』(クリストファー・ロウ)

 かつて地上を闊歩していた巨人族が現代に蘇り、人類を支配すべく行動を開始する。

 おそらく様々な寓意や象徴が込められているのでしょうが、聖書も読んだことがない私には、どうもピンときません。「刑務所から出てきたばかりのギャングと、それを出迎えた昔の子分が組んで、またひと暴れ」みたいな話としか思えませんでした。まあ単純にそう読んでも面白いのですが。


『蝶の国の女王』(ホリー・フィリップス)

 事件に巻き込まれて人質となり、いつ殺されるか分からない状況にある恋人を待ちながら、ファンタジー小説を書こうとする女性作家の話。

 どんな物語だって紡ぎだせるファンタジー作家でありながら、冷酷な現実に対して何もできない無力さを嘆くヒロイン。不安と焦燥をまぎらわせるために創り出したと思しき空想の生き物が、ごく当たり前のように登場してくるところがキモ。

 手堅い筆致で好感は持てます。でも、リアルな情景に幻想が入り交じってくるという手法にも特に新鮮さは感じられず、何だか昔の少女マンガみたいな印象です。


『都市に空いた穴』(リチャード・ボウズ)

 911テロの直後。かつての恋人と再会した主人公は、彼女から幽霊を目撃したことを告げられる。グラウンド・ゼロにあいた「穴」から、死者たちが次々と現世に戻ってきているというのだ。

 911を背景としたゴーストストーリー。ホラーと思わせておいて、青春ノスタルジー方向に持ってゆく手口が巧みです。小川隆さんの作家紹介によると「独特のノスタルジーと喪失感、挫折感」を特徴とする作風とのことですが、本当にその通りの作品。青春と老境が鮮やかに対比されるラストでけっこうほろりとくるのは、こちらが歳くったせいかも。


『ローズ・エッグ』(ジェイ・レイク)

 「エッグ」と呼ばれる新型のグラフィティ・ツールをめぐる、若きストリートギャングたちの夢と野望と挫折を描く作品。

 グラフィティ・アートにナノテクノロジーを応用する、という思いつきそうで思いつかなかった意外な発想が光るのですが、登場人物やストーリー展開がいかにも凡庸というか陳腐すぎて、あまり感動しませんでした。


 というわけで、個人的には『都市に空いた穴』のリチャード・ボウズが好みなのですが、ではボウズの他の作品を読みたいかといえば、それは微妙なところ。ケリー・リンクに出会ったときのような衝撃と感動は、なかなか見つからないようです。


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『廃墟建築士』(三崎亜記) [読書(小説・詩)]

 『鼓笛隊の襲来』に続く三崎亜記さんの第三短編集です。収録されているのは、2007年に「オール讀物」に掲載された1篇と、2008年に「小説すばる」に掲載された3篇を合わせた全4篇。単行本出版は2009年1月です。

 マンション、廃墟、図書館、蔵という具合に、収録作は全て建築物に関する話。「日常生活でふと感じる違和感」を元に荒唐無稽ながら変にリアルな設定を作り、それを使って今度は「日常」を奇妙なねじれたものに変え、そこから、私たちが普段は考えないようにしている「日常」の脆さや酷薄さを浮かび上がらせるという、いつもの手法で書かれています。

 全ての建築物から「7階」を撤去しようとする行政に対する住民の反対運動の蹉跌を描く『七階闘争』。三里塚闘争を連想させると共に、デビュー長編『となり町戦争』も思い出させてくれる印象的な作品です。

 廃墟を“新築”する建築家のこだわりと美学、プライド、そして挫折を描く『廃墟建築士』。真夜中になると生命を得て飛び回る“野生”の書籍たちを調教する仕事を扱った『図書館』。どちらも「職人小説」として楽しめます。

 人類誕生前から建っていたという意識ある「蔵」と、それを守るために人生を捧げた蔵守が、それぞれ自分の想いを後継者に託して逝く姿を抒情たっぷりに描く『蔵』。

 前作に収録された作品はいずれも短すぎて、「奇妙な設定を説明した途端、もうオチに向けて収束を始める」という慌ただしい構成で、物足りなさを感じたものでした。

 それに対して今作はいずれも中編に近い長さで、設定が明かされた後も充分に展開する余裕があり、読みごたえがあります。この作者の作品は、このくらいのボリュームがちょうどいいのではないでしょうか。

 なお、どういうわけか、旧作とのリンクがやたらと目につきます。最もあからさまなのは『図書館』で、これは旧作『動物園』のストレートな続編。主人公も同じです。個人的に『動物園』は気に入っていたので、また日野原さんに会えてとても嬉しい。

 他にも『廃墟建築士』はさりげなく旧作『二階扉をつけてください』にリンクされており、『七階闘争』は旧作『覆面社員』にリンクされています。ちなみにその『覆面社員』は、そのまた旧作『バスジャック』にリンクされていました。

 こんな風に旧作へのリンクを目立たないように埋め込むのは、作者のお遊びなのか、読者サービスなのか、それとも何かの布石なのか、それら辺は分かりませんが、リンクを見つけると何となく気分がいいのは確かです。

 全体的に見て、前作までに個人的に感じていた不満はほぼ解消されており、荒唐無稽な設定の魅力、変にロジカルで生真面目な展開から生ずる何とも言えないおかしさ、感傷的なシーン、「人と人との絆」や「託された想い」といったナイーブな主題など、三崎亜記さんの特徴がいい具合にバランスしており、読んでいて快適です。

 個人的に最も気に入ったのは『蔵』。これは星新一さんの叙情的な作品(傑作が多い)を思わせる作風で、読後にしみじみとした感慨を残すいい話です。風刺や寓意がはっきりした作品も悪くはないのですが、むしろこういう話をもっと書いてほしい。


[収録作]

『七階闘争』
『廃墟建築士』
『図書館』
『蔵守』


タグ:三崎亜記
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『第37回ローザンヌ国際バレエコンクール』(NHK教育) [映像(バレエ)]

 最終選考に日本人ダンサーが6名も残り(森高万智、石崎双葉、根本里菜、高田樹、池田武志、水谷実喜)、しかもスカラシップ賞を2名が獲得する(水谷実喜、根本里菜)という快挙で話題を呼んだ第37回ローザンヌ国際バレエコンクール。

 今年もNHK教育が2時間枠で放映してくれました。ありがたいことです。しかも、クラシック部門とコンテンポラリー部門の両方について、最終候補者20名全員の踊りを見せてくれます。解説は、東京シティ・バレエ団を率いる安達悦子さん。

 2時間に渡って累計40本ものダンスを観ることが出来て大満足なのですが、個人的にクラシックよりもコンテンポラリーの方が好きなもので、どうしてもそちらの部門のパフォーマンスが記憶に残ります。

 今年のコンテンポラリー部門の課題作は、昨年と同じくジョン・ノイマイヤー。人気が集中したのが、男子は「ヨンダリング」、女子は「ノクターン」で、何しろ候補者の半分くらいがこの作品を踊ったので、同じ作品がダンサーの解釈とパフォーマンスによって驚くほど印象が変わる様が楽しめました。

 ノイマイヤー作品は、観客の心に訴えかける情感を出さないと退屈、でも出しすぎるとたちまち下品、という微妙なバランスが求められるのですが、やはり一般に年齢が高いダンサーの方が表現をうまくコントロールしていたように思います。「ノクターン」など、18歳と16歳ではっきりとした差が見えたような気が。

 個人的に好みのダンサーは、観ていて思わず応援したくなる元気なテルモ・モレイナ君(ポルトガル)、すでにプロの風格を漂わせていたエド・ヴェーナン君(ベルギー)、端正で丁寧な踊りが好印象だったヨウ・エイキさん(中国)あたり。

 全体的にレベルが上がっているようで、がっかりするようなパフォーマンスはありませんでした。表現力に差はあるものの、若いダンサーたちがいずれも全力で踊っている様を観ていると、何とも言えず気持ちが高揚してきます。来年も楽しみです。


タグ:ローザンヌ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇