So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『太陽からの知らせ』(J・G・バラード) [読書(SF)]

 SFマガジン2009年11月号は、「J・G・バラード追悼特集」として、本邦初訳作品を含むバラードの短篇4篇、追悼エッセイ、評論、著作リストなどを含む充実した内容でした。

 まず、何と言っても「五十年にわたって親友でありつづけた」バラードについての思い出を語るマイクル・ムアコックによる追悼文。わずか2ページの短い文章なから、バラードの人となりを的確に伝えてくれます。必読でしょう。

 そして柳下毅一郎氏による労作『J・G・バラード著作リスト&自作コメント」が素晴らしい。全著作を刊行順に並べたリストだけでなく、そこにバラード自身による自作に関する解説やコメントを訳出して掲載してあるという親切さで、これからバラードを読もうという人(あるいは再挑戦しようという人)にとって必須のガイド。

 掲載されているバラードの短篇は、『太陽からの知らせ』、『コーラルDの雲の彫刻師』、『ZODIAC2000』、『メイ・ウエストの乳房縮小手術』の4篇。うち『太陽』と『メイ・ウエスト』は本邦初訳。

 どれも、いかにもバラードらしい作品なんですが、個人的には『太陽からの知らせ』が最も気に入りました。

 奇病の蔓延による世界の終末風景を描いた作品ですが、外世界における時間の枯渇につれて、内世界から溢れ出たビジョンが新たな現実を形作ってゆく様は、まさに「現実の外世界と精神の内世界が出会い、溶けあう領域」(バラードによるインナースペース=内宇宙の定義)を具体化したもの。

 内容と呼応するように、小説としての構造も融けてゆく(時間順の展開や描写といった小説の約束事が崩れてゆく)あたりの処理はさすがに見事で、頻出するモチーフも含め、いかにもバラードらしい好短篇だと思います。

 『コーラルDの雲の彫刻師』は、連作短編集『ヴァーミリオン・サンズ』の一話なのですが、改めて読んでみてもその幻想的な雰囲気は心地よく、また『ヴァーミリオン・サンズ』を読み返してみたくなりました。

 他の2篇は、うーん、よく分かりませんでした。てへ。

 ちなみに、バラード追悼特集以外では、『ナルキッソスたち』(森奈津子)が異様に面白かった。作者お得意のセクシャルマイノリティSFコメディですが、シリアスな雰囲気でスタートしておいて、思わず吹き出してしまう後半のドタバタぶり、そして「えーのんかそれで!」と突っ込まずにはいられない素晴らしき結末。好きだなあ、森奈津子さんのこういう話。


『目白雑録(ひびのあれこれ)』(金井美恵子) [読書(随筆)]

 金井美恵子さんの人気エッセイ集、その第一弾です。朝日新聞社 「一冊の本」の連載のうち、2002年4月から2004年3月までの回が収録されています。単行本出版は2004年6月、私が読んだ文庫版は2007年4月に出版されています。

 一読すればすぐに分かる通り、ものすごい毒舌です。作家、評論家、映画監督、軒並み名前を挙げられた上で、その作品やら発言内容やらをあげつらわれ、揶揄され、めった打ちにされています。

 その上で、「「小説」とか「文学」というものが今日馬鹿にされるのは(中略)、事実、小説家が本当に馬鹿だからなのではないかという結論に私を導く」(文庫版p.149)と駄目押しするとか。「(自分の文章は)彼の作品を批判しているのではなく、単に「今月の馬鹿」というおもむきのものである」などと言い放った後に「他意はないのだ」でトドメを刺すとか。辛辣です。

 単に罵詈雑言を並べているわけではなく、そこはそれ、相手を馬鹿にする効果を最大限に活かすべく、高度なレトリックを惜しげもなく投入しているところがまた恐ろしい。

 例えば、句点が少なく、ひたすら読点でつなげてゆく、しかも途中で話題が何度も転換される、長い長い文章。文意を読み取るために何度も読み返す必要がある、しばしば前のページまで戻って再読しないと理解できない、そんな長文。

 教科書的に見ると悪文とも思えますが、もちろん意図的なものでしょう。

 「Aは下品で醜悪で無知で、しかも馬鹿だ」と書いてあれば、読者は「金井さんがAさんの悪口を書いているよ」と受け取るだけですが、わざと読解に少々の努力を要する長文にすることで、読者は自分で文意を読み取ることを強いられ、その結果として「ああ、つまりAは下品で、醜悪で、無知で、そして馬鹿なのか!」と自分で「発見」することになり、次に思い出すときには、あら不思議、それが内面化しているというか、読者自身の見解になっている、というわけです。

 え、えげつない・・・。

 他にも、遠回しな皮肉、持ち上げると見せておいていきなり地面にたたき落とすような批判、本人直撃ではなく周辺にクラスター爆弾を振りまくような厭味、水に落とした上で二度三度と踏みつけるような駄目押し、などなど、悪口レトリック参考書(応用編)としても使えそうな好エッセイの数々。

 とかく悪口が記憶に残りますが、映画や文学に関する豊かなうんちくが流暢に奔放に語られる部分がまた印象的で、読んでいて大いなる感銘を受けます。

 前述したように、すらすらと読める文章ではありませんが、部分的な再読を繰り返しながらきちんと読み進めれば、この技巧をこらした名文にしてやられてしまうに違いありません。中毒性があるという評判もむべなるかな。

 現在までにすでに第三弾まで出版されているようなので、残りも読んでみることにします。

タグ:金井美恵子

『海底八幡宮』(笙野頼子) [読書(小説・詩)]

シリーズ“笙野頼子を読む!”第48回。

 ようやく笙野頼子さんの最新刊を読みました。『金毘羅』、『萌神分魂譜』に連なり、ついに神と神との対話が書かれる『海底八幡宮』です。

 まず青白い表紙の神秘的な美しさに目を奪われます。波間を漂う無数の魂のようにも見え、(上下逆さまにすると)深海に降り注ぐマリンスノーのようでもある“何か”にタイトルがかぶさってくる構図。本文を読んだ後で見直すと、これがまさに「龍にもウミウシにも見える」、「極彩色で模様に満ちた」海底八幡宮の姿を描いたものであることが分かります。

 内容ですが、国家権力によって簒奪され海底に追いやられた神(亜知海)と、海底から陸に上がってきて人の姿になった神(金毘羅)、この両者の交感から始まって、様々な視点から「権力とは何か」ということが語られるというもの。

 原始八幡信仰の共同体がどのようにして権力によって服従させられ侮辱され歴史を捏造されたのかを亜知海が語れば、いかにして文壇や論壇に巣くう者たちが老猫とのかけがえのない大切な時間を奪ってゆくのかを金毘羅が語る。

 千五百年に渡る歴史と、私的な苦しみや闘争が共鳴して、古代と現代が結ばれてゆく。徴税と徴兵のために作られたシステムが、今なお個人の内面を圧殺し文学をなかったことにし続けている、そういう私たちの社会の構造があらわになる。

 ヤマト朝廷が、律令制国家が、そして明治政府が、権力がやってきたことは何も変わってないこと、そしてそれは今日においても本質的に同じであることが、二人の対話を通じて明らかにされるのです。

 大きな歴史の流れと、小さくともこの上なく切実でかけがえのない「私」。無数の死者の魂が織りなす巨大な存在と、老猫をいたわりながら文筆で闘う日々の生活。二つの視線が交わることで、そこにステレオグラム(立体視図形)のように権力というものの本質が浮き上がってくる様には圧倒されます。

 様々な要素が錯綜していて読み解くのに根気がいる『だいにっほん三部作』や、語られる内容そのものが難解な(と私には思える)『萌神分魂譜』に比べると、本書は比較的ストレートで分かりやすい作品だと思います。

 だって、社会と関わりを持てば、誰だって理不尽な目にあうでしょう。

 そこに至るまでの来歴とか、一人一人にはそれぞれ抱えている事情というものがあってそれは交換したり取引したり出来ないものであること、複雑で入り組んでいるものを簡略化して差異を無視して一つのキーワードでまとめてしまうと肝要が失われること、そういった重要なことをてんで無視して、なかったことにして、押しつぶして、単一のモノサシで単純に割り切った「分かりやすい」やり方や考え方を、合理的、効率的、正しいこと、当然でしょう常識的に考えて、などと強要され、文句を言うと、わがまま、空気が読めない、気が狂っている、モンスターなんたら、ということにされ、しまいには被害者側の「横暴」に対して加害者側が「毅然と立ち向かう」という構図にされてしまう。

 家庭で、学校で、職場で、役所で、町内会で、地域社会で。どこでもこういう理不尽はまかり通っているし、思い当たる体験をしたことがない人はまずいないはず。

 『海底八幡宮』は、このような理不尽について書かれた本です。誰もが当事者たる問題について、その構造を明らかにしてくれるのです。難しい内容ではありません。何かの迂遠な比喩ではなく、本当に、自分が所有しているもの(特に時間)をオカルトまがいの変な理屈で徴税され、自分の身体を(分割で)徴兵されているという実感、それを与えてくれる一冊。

 笙野頼子さんの作品を「難解」というイメージで避けている方にも、『おはよう、水晶-おやすみ、水晶』といっしょにお勧めしたい作品です。読めば分かるし、面白いし、感動するはず。生きてゆくために大切な(でも、わざと見えにくくされている)知識や洞察も得られる。読んだ方がいいというより、読まずに生きるのは危険だよ、と言いたい。

 なお続編『人の道 御三神 -人の道御三神といろはにブロガーズ』の刊行は来年になるそうで、既に本作においても原始八幡三女神についての伏線が張られているし、女神もこっそり登場してたりして、ものすごく期待が高まります。


タグ:笙野頼子

『エトワール最後の60日』(NHK教育 芸術劇場) [映像(バレエ)]

 連休前に録画しておいた番組を観てみました。パリ・オペラ座のマニュエル・ルグリがエトワールを引退するまでの2カ月を追ったドキュメンタリーフィルムです。

 練習風景、引退公演に向けたリハーサル、若手へのレッスン、関係者へのインタビューなどの映像を、『ル・パルク』や『眠れる森の美女』など公演映像の断片をはさみながらつなげてゆき、最後の引退公演映像に向けて引っ張ってゆくというオーソドックスな構成で、一時間の番組ですが最後まで楽しめました。

 最大の見せ場は引退公演の『オネーギン』舞台映像ですが、むしろリハーサルやバックステージ、楽屋における様子などが興味深く感じられました。最後の出番が終わった後、舞台裏を走り抜け、反対側舞台袖でぜいぜい息を整え、やがて観客挨拶に向けてにこやかに微笑みながら歩みだすルグリとか、なかなか見られない光景です。素敵。

 若手へのレッスン映像も、旧『NHK教育 スーパーバレエレッスン』を彷彿とさせる懐かしいシーンです。

 しかし、個人的に最も嬉しかったのは、引退後の公演に向けて、振付家/ダンサーのパトリック・ド・バナから新作の指導を受けるシーンが収録されていたこと。新しい動きを習得すべく必死になって練習するルグリ、繰り返し指摘を受けては動きを修正してゆく様は、観ていて感動します。この歳になってもダンサーとして挑戦してるなあ。

 ドキュメンタリーフィルムは一時間なので、『芸術劇場』としては番組時間が余るため、後半にルグリとデュポンの『ドン・キホーテ』舞台映像の抜粋を入れてくれましたが、これは何度も観た映像なのでパスしました。

 なにげなくエトワールが多数出ていて(最初のストレッチシーンからすでに背後にぞろぞろと)、ルグリのファンはもとより、パリ・オペラ座に好みのダンサーがいる人なら大喜びでしょう。私も最後にちらっとジロ姉さんが映っていて嬉しかった。


[番組情報]

放映時間: 2009年 9月18日(金) 22:30~23:30
放映チャネル: NHKデジタル教育
出演: マニュエル・ルグリ、オーレリ・デュポン、クレールマリ・オスタ、モニク・ルディエール、エレオノール・ゲリノー、ファビアン・レヴィヨン、パトリック・ド・バナ、ブリジット・ルフェーブル
ナビゲーター: 上川隆也


『2009世界之窗日本系列-金森穣、梅田宏明』(台湾) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 先日の台湾旅行中のことですが、用もないのに台湾大学キャンパスをぶらぶら歩いていたとき、ふと学術的な疑問が、具体的には『くるねこ』(くるねこ大和)中国語版では“ぎうぎう”とか“しっぽバン!”とか“うぇぇぇぇ~”とか“ひぃぃぃぃぃぃぃ~”とか“は~トメトメ”とか、あそこら辺の独特な言葉をどのように訳しているのだろうか、という疑問が脳裏をかすめ、これがもう気になって気になって、確認するために大学前の書店に駆けつけたのです。

 書店には、何と金森穣や梅田宏明のポスターがでかでかと張ってあり、すわ何事かと驚き慌てて読んでみると、来月(10月)に『2009世界之窗日本系列』と題したコンテンポラリーダンス公演シリーズが予定されており、この二人が台北で踊るとのこと。全く知りませんでした。

 残念ながら私たちは行けないのですが、10月に台北にいてコンテンポラリーダンスに興味がある方のために、参考情報として書いておきます。

 まず2009年10月9日から2009年10月11日まで、梅田宏明さんの『碎拍漸境』(while going to a condition)が上演されるそうです。観たことないのですが、ポスターの写真を見る限りではむっちゃクールでかっこいい系のソロパフォーマンスらしい。10月10日にはアフタートークあり。チケット代は500元。

 続いて2009年10月16日から2009年10月18日まで、金森穣さんの『妮娜物語』(Noism NINA物語)が上演されるとのこと。タイトルからすると『NINA、Noism05』の改作でしょうか。チケット代は、席により400、600、 900、1200、1600、2000となっています。S席2000元ってのは強気すぎませんか。

 しかし、個人的にはむしろその後の2009年10月30日から2009年11月22日まで予定されている『2009新人新視野』(Young Stars, New Vision)という台湾の新鋭振付家たちの作品を上演するシリーズが気になります。チケット代は公演あたり300元、とてもリーズナブル。こ、これは観たい。

 台湾のコンテンポラリーダンスというと個人的には雲門舞集(クラウドゲイト)しか観たことがなく、他のカンパニーや振付家の作品を観たいなと思っても、私の知る限り、まるで来日してくれないので、すごく悲しいのです。

 よーし、この機会に、10月から11月まで台湾のホテルに長期滞在して全日劇場に通っちゃうぞー、おおーっ、というわけにもいかず、あっさり断念して帰国。あまりの悔しさに、せめてこの日記を読んだ誰かが「よーし、おおーっ」と行動してくれることを期待して書きました。

 もちろん、予定変更を含め、上記の情報の正しさについては責任持てませんので。とりあえず、公演情報やチケットについては以下のページで確認してから行動するようお願いします。

兩廳院售票網(英語表示も可能)
http://www.artsticket.com.tw/


タグ:台湾 金森穣