So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『バランシンを振り返る -歴史的なロシア公演より』(ニューヨーク・シティ・バレエ) [映像(バレエ)]

 2003年7月末にロシア、サンクトペテルブルクのマリインスキー劇場で行われたニューヨーク・シティ・バレエ団の公演を追ったドキュメンタリーフィルムです。

 原題の"Bringing Balanchine Back"というのは、もちろん邦題の通り「振り返る」という意味もあるのでしょうが、どちらかと言えば「バランシンを連れ帰る」という意味の方が強いと思われます。

 というのも、サンクトペテルブルクはジョージ・バランシンの故郷であり、バランシンはそのキャリアをマリインスキー劇場でスタートさせたからです。言わば、ニューヨーク・シティ・バレエ団にとって「聖地」ともいうべき場所。公演にも気合が入るというものです。

 というわけで、本作には一週間に渡って行われた公演の様子が丹念に収録されています。公演前の技術スタッフの準備、オーケストラの練習、選抜メンバーのレッスン風景から始まって、ロシアへ向かう空港や現地での記者会見の光景、ダンサーや関係者へのインタビュー、公演後の観客へのインタビュー、など、多角的な記録です。

 特筆すべきは、リハーサルや本公演の様子が長時間に渡って収録されていること。個人的な印象としては、舞台映像に全体収録時間の半分くらいを費やしてくれたような気がします。

 それも正面から舞台を撮影した公式記録だけでなく、舞台袖から映した映像、リハーサル時に舞台上で撮影したと思しきクローズアップ映像など、様々な角度から観た映像を手際よく編集してあり、まるで視点をてきぱき切り換えて観ているような気分に。素晴らしい。

 収録されている公演映像も「セレナーデ」、「シンフォニー・イン・スリー・ムーブメント」、「シンフォニー・イン・C」、「グラス・ピース」、「アゴン」、「ハレルヤ・ジャンクション」、「ウェスタン・シンフォニー」という具合にニューヨーク・シティ・バレエの代表的な演目が目白押しで、映像記録を観られる機会が少ないNYCBの、これはお宝映像と言ってよいでしょう。

 付録として追加インタビューが収録されていますが、個人的にはマリインスキー劇場の内部のあちこちを映してくれる「マリインスキー劇場ツアー」に興奮しました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ツァイトゥング Zeitung』(ローザス、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル率いるベルギーのコンテンポラリーダンスカンパニー「ローザス」の来日公演で、ケースマイケルの新作(2008年初演)をやるというので、夫婦でさいたま芸術劇場まで行ってきました。

 バッハ、シェーンベルク、ウェーベルンの音楽を使った抽象ダンスです。舞台上でのピアノ生演奏あり、そしてローザスのダンサー9名が踊ります。

 驚くほどの緊張感と不穏さを漂わせる舞台でした。何度も観れば音楽構造とダンス構造の関係が分かってくるのかも知れませんが、初見だと次々に繰り出されるダンサーの動きについてゆくのが精一杯です。休憩なしの2時間近い長丁場なので、途中で意識が途切れることもしばしば。

 前半は各ダンサーがそれぞれに踊るソロを中心に進みますが、開演後90分あたりで全員が同時に動き出し、ここから津波のような大迫力の盛り上がり。劇的なクライマックスの後に、いよいよ池田扶美代さんが踊り始めたときには戦慄が走りました。

 前半でも、真っ赤なハイヒールを履いた池田扶美代さんが舞台を斜めに横切ったりする度に不穏な空気が流れ、その存在感に驚いていたのです。ラスト近く、照明をわざと落とした薄暗い中、シルエットとなって踊る池田扶美代さんの凄みときたら。ひたすら圧倒されました。


『ツァイトゥング Zeitung』
さいたま芸術劇場(2009年11月28日)

振付:アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
ピアノ演奏:アラン・フランコ
出演:ボスチヤン・アントンチッチ、ターレ・ドルヴェン、池田扶美代、マルク・ロリマール、モヤ・マイケル、エリザベータ・ペンコワ、イグル・シシコ、サンディ・ウィリアムス、スーヨン・ヨウン


タグ:ローザス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『スーパーバレエレッスン ロイヤル・バレエの精華 吉田都(14)』 [映像(バレエ)]

 英国ロイヤルバレエ団の元プリンシパル、吉田都さんが講師をつとめる新しい『NHK教育 スーパーバレエレッスン』、その最終回は「総集編」ということで、これまでのレッスン光景の抜粋と模範演技を再放映してくれました。

 嬉しいことに、吉田都さんが踊った模範演技の全てが収録されていました。中でも、3回に分けて放映された『“ロメオとジュリエット”よりバルコニーのパ・ド・ドゥ』を連続で観ることができたのは望外の喜びで、これで録画映像を編集して一本にする手間が省けるというものです。

 というわけで、スーパーバレエレッスンも今回でおしまい。とにかく名残惜しい。吉田都さんも英国ロイヤルバレエ団を正式に退団するそうですし(来年のロイヤルバレエ来日公演がゲストプリンシパルとしての最後の舞台になるようです)、これから彼女の舞台を観ることも少なくなるのか、いやむしろ日本で踊る機会が増えるということか、などなど心乱れて仕方ありません。


[番組情報]

放映時間: 2009年11月27日(金) 12:00~12:25
放映チャネル: NHKデジタル教育


タグ:吉田都
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『帰還(ゲド戦記IV)』(アーシュラ・K・ル=グウィン) [読書(ファンタジー・ミステリ・他)]

 ル=グウィンの代表作の一つ『ゲド戦記』。その初期三部作の完結後、二十年近い歳月を経た後に書かれた第四部です。

 これはもう、心が打ちのめされ、魂が震えるような作品です。初期三部作に感じられた不満は見事なまでに解消され、社会や登場人物たちの存在感は比類ないものとなっています。

 女性や障害者に対する蔑視、忌避、暴力、力による支配、といった私たちを取り巻く現実の生々しい問題が真正面から書かれており、登場人物たちの痛み、苦しみ、悲しみ、怒りが、思わず息をのむようなリアルな質感とともに読者の胸につき刺さってきます。

 一方で、丹念に書き込まれた日々の生活、風景、人物(ドラゴン含む)の細やかな描写、その美しさと尊厳が、この物語に驚くほど豊かな陰影を与えています。最初から最後までどのシーンも素晴らしく、まるで現実に体験したことのように生き生きとした印象を残してくれます。

 ファンタジーという手法によってどれほど力強く現実に切り込むことが出来るものか。その離れ業を目の当たりにして、読後、言いようのない感動に包まれました。

 『ゲド戦記』は子供の頃に初期三部作を読んだっきりという方は、いや読んだことのない方も、とにかく第四部を読んでみて下さい。いつまでも心に残るであろう傑作です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『さいはての島へ(ゲド戦記III)』(アーシュラ・K・ル=グウィン) [読書(ファンタジー・ミステリ・他)]

 ル=グウィンの代表作の一つ『ゲド戦記』。その初期三部作は、後年に書かれた傑作ファンタジー長編『西のはての年代記』の原型なのでしょうか。確認のために読み比べてみました。

 今回は、それぞれの第三部。

 ゲド戦記の第三部『さいはての島へ』。主人公は、ある王国の若き王子。魔法の力が衰え、人心が荒廃しつつあるという知らせを運んできた彼は、大賢人ゲドと共にその原因を探る旅に出ることになります。

 アースシーの南の果てから西の果てまで、辺境をさすらう探索の旅を続けた二人は、ついに死の国への入り口に到達します。二度と生きて戻れない覚悟で冥界へと足を踏み入れた彼らを待っていたものとは・・・。

 『西のはての年代記』の第三部『パワー』との類似はごくわずかです。

 探索の旅が中心となるストーリーは似ていますし、その精神的な苦難にも重なるものはあります。しかし、主人公が大きく異なりますし(なにしろ、大賢人や王国に対する忠誠心ゆえに旅立つ王子と、自由を求めてさすらう逃亡奴隷ですから)、クエストのテーマも異なります。『さいはての島へ』が“生と死”をテーマとしているのに対して、『パワー』のテーマは“自由と権力”です。

 丹念に書き込まれた社会のありさまや人々の生活が大きな存在感を示し、緻密な構成と練り込まれた重厚な展開により読者に圧倒的な感銘を与えてくれる『パワー』に比べると、『さいはての島へ』はどうしても見劣りしてしまいます。

 おそらく作者の狙いとしては、主人公である王子が、ゲドとの旅を通じ、様々な経験と思索の末に「死があるからこそ生に意味があるのだ」というような悟りに到達し、それによって王たる資格を得る、という物語を書きたかったのだろうと思います。

 しかし、若書きゆえの気負いが過ぎたのか、構成にも展開にもぎこちなさと混乱が感じられ、テーマも充分には語られてはいません。そもそもゲドという人物造形に説得力が不足していると感じるのは私だけでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: