So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『オタク的翻訳論 -日本漫画の中国語訳に見る翻訳の面白さ 巻七「ダーリンは外国人」』(明木茂夫) [読書(教養)]

 『オタク的中国学入門』で知られる明木茂夫先生の名シリーズ『オタク的翻訳論』の第七巻『ダーリンは外国人』を中国関連書籍専門の東方書店で購入しました。

 このシリーズは、日本の漫画を中国語に訳すときに翻訳者がぶつかったであろう課題と、それを乗り越えるための工夫を、実例にもとづいて詳細に調べることで、文化の差をあらわにしたり、翻訳という作業が持つ一種独特な創造性に光を当てたり、まあ単純にオタク的探究心を満足させたり、という興味深いものであります。

 さて、巻の七で取り上げられているのは、『ダーリンは外国人』(小栗左多里)。英語ネイティブである夫が日本語を学ぶ過程で起こす勘違いや思わず返答に困ってしまう質問など、日本語の謎というか奇妙さを再認識させてくれるところが実に面白いこの作品、さて日本語も英語も知らない読者にどうやってその面白さを伝えればよいのでしょうか。

 本書では、この難題に果敢に取り組んだ翻訳者の工夫を分類整理して読み解いていますが、まさにこれまでのシリーズで解説された様々な手法を駆使したというか、もう総力戦の様相。

・ 漢字ではなく発音記号やアルファベットで表記
・複数の訳語を並べて表記、背景の絵と矛盾しないように訳語を選択
・擬音語など各種オノマトペを、含意が分かるよう他の品詞に変換
・日本語をそのまま表記して註釈を付ける

 詳しくは本書を参照して頂きたいのですが、わずか2ページを翻訳するためにありとあらゆる手を尽くしている、というより、むしろ原文と同じ面白さを持つ“中国語で書かれた新しい作品を創造している”と言っても過言ではない奮闘ぶりです。

 ちなみに最近、素晴らしいタイミングで『ダーリンは外国人 in English』という日英対訳バイリンガル版も出版されたので、本書と併読することで、「漫画をいかにして外国語に翻訳するか」という課題に対する取り組みを多面的に知ることが出来るかと思います。

 絵と文字と言葉が一体となった漫画という表現を、他の言語に移しかえ、異なる文化に属する読者にその面白さを伝える。今まで気にもしなかったその仕事の、こういった細部にやどる大変な苦労を丁寧に読み解いた解説を読めば、誰もが深い感動とともに知的興奮を覚えずにはいられないでしょう。

 と思ったら、そういったことを全く理解しない、評価しない人というのがこの世には存在するらしい。本書の「おわりに」において、著者の研究発表の場で質問に立った老人のエピソードが書かれているのですが、これはけっこう衝撃的でした。

 さて、巻一から始まって巻七まで、虹の七色がついに揃ったところで本シリーズは完結、の予定だったそうですが、嬉しいことに、というか予想通りというべきか、「せっかくだから、七冊を超えてまだまだ続けるつもりである」(はじめに)とのこと。

 「せっかくだから」というのがいいですね。これからも楽しみにしたいと思います。次に取り上げる作品としては、『日本人の知らない日本語』(蛇蔵&海野凪子)など、いかがでしょうか。


タグ:台湾
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『オタク的翻訳論 -日本漫画の中国語訳に見る翻訳の面白さ 巻六「あずまんが大王」』(明木茂夫) [読書(教養)]

 『オタク的中国学入門』で知られる明木茂夫先生の名シリーズ『オタク的翻訳論』の第六巻『あずまんが大王』を中国関連書籍専門の東方書店で購入しました。

 このシリーズは、日本の漫画を中国語に訳すときに翻訳者がぶつかったであろう課題と、それを乗り越えるための工夫を、実例にもとづいて詳細に調べることで、文化の差をあらわにしたり、翻訳という作業が持つ一種独特な創造性に光を当てたり、まあ単純にオタク的探究心を満足させたり、という興味深いものであります。

 さて、巻の六で取り上げられているのは、『あずまんが大王』。いわずと知れた名作ですが、うう、確かにこの作品の何とも言えないおかしさは、言語依存、文化依存の文脈が多くて、翻訳は大変だろうなあと、改めて同情の念がわいてきます。

 この巻は、日本語版と中国語版を比較するだけでなく、さらに英訳版も比較の対象に含めて、より多角的な検証を行っているのが特徴です。それぞれの翻訳者が採用した工夫、大げさに言うなら翻訳戦略とでも称すべき方針の違いが実に面白い。

 例えば、以下の原文をどう訳すか。

「大阪ってさー、ブルースリーってブルーが苗字だと思ってたんだって」
「あー、あるかもなー」「スリーが苗字だよね。外人だからね」

 このとぼけた笑いは、読者も一瞬「あー、あるかもなー」と感じるところから生じていると思われるのですが、英語圏の読者は発音のせいで(ブルース・リーと、ブルー・スリーでは発音が違う)、また中国語圏の読者は常識のせいで(李小龍=リー・シャオロンの苗字を勘違いすることはあり得ない)、それぞれ非常に伝わりにくい。さあ、どうやって翻訳するか。

 詳しくは同書を参照して頂きたいのですが、中国語版は仕方なくアルファベットで"Bruce Lee"と表記することで解決したのに対して、英訳版は何と「大阪って、ヴァンダムの苗字がヴァンだと思ってたんだって」という素晴らしい超訳。

 ですが、原文の面白さを英語圏の読者になるべくそのまま伝えるという目的からすると、ブルース・リーをジャン=クロード・ヴァン・ダムに変えてしまうのも立派な翻訳と言えるでしょう。

 どちらが正しいかという問題ではなく、むしろ「面白さを多少損ねてでも原文の主旨を正確に伝えたい」という翻訳戦略と、「多少意味を変えてでも原文の面白さそのものを伝えたい」という翻訳戦略という相違が見られるわけで、これ、ものすごく面白いとは思いませんか。

 他にも、大阪のくしゃみ「へーちょ」をどう訳すか問題、大阪の「パンツ一丁の“丁”ってなに?」というセリフをどう訳すか問題など、本書に載っている実例を読めば、日本の女子高生、特に大阪がいかに各国語(英語、中国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、フィンランド語、韓国語、ベトナム語、タイ語)の翻訳者に対して尽きせぬ悩みを提供しているか、ということがよく分かります。

 というわけで、クールジャパンだ何だとしたり顔で口にするとき、言語や文化の壁を乗り越えて日本のMANGAを世界の読者に届けてくれている各国の翻訳者とその苦労に対する感謝の気持ちを忘れてはいけません。よつばのとーちゃんだってきっとそう思ってることでしょう。


タグ:台湾
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『SFマガジン2010年5月号 特集:クトゥルー新世紀』 [読書(SF)]

 SFマガジン2010年5月号の特集は「クトゥルー新世紀」ということで、海外におけるクトゥルー神話の最近の展開を紹介すると共に、翻訳短篇 4篇を掲載してくれました。でも、そもそもクトゥルー神話ってSFなのかしら。

 まず竹岡啓さんによる『クトゥルー新世紀概説』が読みごたえたっぷりの力作。今世紀に入ってからの海外でのクトゥルー神話の新展開が詳しく紹介されています。

 「今日、クトゥルー神話はホラーの一分野というよりも、それ自体がひとつの独立したジャンルとなった感がある。最近は我が国でもクトゥルー神話の事典や解説書が増えたが、その多くは古い情報を繰り返し取り上げるに留まっている」

 21世紀の海外におけるクトゥルー神話、その創作と出版がどのように活況を呈しているかがよく分かる概説です。正直言って、クトゥルー神話なんて、古くさく、今ではパロディのネタにしかならない、とばかり思ってました。ごめんなさい。どんどん新しい書き手が登場し、研究も進んでいたのですね。

 とにかく、ほとんど日本では知られてなかった情報で、少しでも興味がある方は必読でしょう。というか、作品を読むのが面倒なら、とにかくこの『概説』と中村融さんによる『特集解説』だけでよいからざっと目を通しておきましょうね。

 さて、掲載されている短篇ですが、まずはチャイナ・ミエヴィルの『細部に宿るもの』。王道的なホラー短篇です。

 壁のひびやタイル張りの床の模様が人の顔やら妖怪の姿に見えたりする。誰にでも覚えがある、あの錯視現象を介して異次元から襲ってくる怪物の恐怖が描かれます。

 もちろん『ティンダロスの猟犬』の本歌取りですが、さすがに怪物大好きのチャイナ・ミエヴィル、具体的な描写をしないで読者を不安な気分にさせるところが実に巧み。怪異との関係が微妙に分からない謎めいた人々の姿も印象的です。

 ベンジャミン・アダムズの『リッキー・ペレスの最後の誘惑』は、何と青春小説。身体に障害があるせいでいじめられている少年が、一人前の男として認められるためにストリートギャングの一員となる試練を受ける。それが少年の人生の岐路であった。

 人生の岐路というテーマを、「犯罪者への道を進むか否か」という意味だと思わせておいてひっくり返すのがキモですが、何しろクトゥルー神話特集の一篇だとあらかじめ分かっているので、「身体の障害」がどういう意味であるかもすぐ想像がついてしまい、オチが読めてしまうのが残念。

 F・グウィンプレイン・マッキンタイアの『イグザム修道院の冒険』は、ホームズもの。ホームズに助けを求めてきた魚のような姿の紳士。地下から夜な夜な忌まわしい詠唱が響きわたる修道院。『壁のなかの鼠』を思わせる状況で、ホームズを待ち構えていたのは、古きものどもと手を結んだモリアーティ教授その人だった。

 うーん、ホームズものとしては別に面白くないし、クトゥルー神話としては悪ふざけが過ぎて、どちらのファンも満足できないのではないでしょうか。というか、いまさらシャーロック・ホームズを別ジャンルにからめる、という発想が安易すぎるように思えます。

 エリザベス・ベアの『ショゴス開花』は、第二次世界大戦前夜を舞台に、ショゴスを研究する生物学者の姿を描いています。

「o.ホリビリスの成熟個体-直径四メートル半から六メートルほど、推定重量は八トンを超える-は現生ショゴスのうち最大である。とはいえ、公認の断片的化石記録によれば、有史以前のショゴスははるかに大型だったと推察される」

 ショゴスが実在の生物として書かれる、ちゃんと学名もついており、その生態もかなり研究が進んでいる、というのが妙におかしいのですが、作品の雰囲気はシリアスです。次第にストーリーが人種差別やホロコーストにからんでくるあたりの展開はお見事。

 もともとクトゥルー神話には人種差別(黒人の血が白人の血統に混じることへの恐怖とか、黒人らしい容貌への嫌悪感とか)が抜き差し難く染み込んでいるわけで、個人的にはそこらが不快なのですが、あえてそこに踏み込んでゆくのはさすがクトゥルー新世紀の作品。よく書けていると思います。

 というわけで、日本の出版社も、いつまでもラブクラフトだダーレスだアシュトン・スミスだSANチェックだと言ってないで、新しい書き手たちの新作をどしどし翻訳してほしいものだと思います。

[掲載作品]

『細部に宿るもの』(チャイナ・ミエヴィル)
『リッキー・ペレスの最後の誘惑』(ベンジャミン・アダムズ)
『イグザム修道院の冒険』(F・グウィンプレイン・マッキンタイア)
『ショゴス開花』(エリザベス・ベア)


タグ:SFマガジン
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本SF全集2 1972-1977』(日下三蔵 編) [読書(SF)]

 半世紀に渡る日本SFの歴史を「一作家につき一短篇を厳選して収録」することで六冊にまとめてしまうという『日本SF全集』、その第二巻を読みました。単行本出版は2010年3月です。

 この巻に収録されている作品は70年代の日本SF黄金期に発表されたもので、書店に単行本が並んだ頃に私はちょうど高校生。もちろん必死になって読みましたとも。

 新しい作家、新しいSFが次々と登場する大興奮の時代だった、という印象があります。そういや『日本沈没』がベストセラーになり、科学とSFとオカルトと終末論がまぜこぜになって世間に流布したのもあの頃だったかなあ。それが後にあんなことを引き起こすとは・・・、まあそれはいいでしょう。

 さすがに収録作はどれも傑作で、好き嫌いは別として、読んでおくべき代表的なSF作家の重要な作品ばかりがずらりと。

 収録作のうち個人的に最も好きなのは、何といっても『遠近法』(山尾悠子)ですね。上下に無限に伸びる円筒型宇宙、合わせ鏡に閉じ込められたような奇怪な世界の眺望をひたすら描写した驚異の傑作です。今、読んでも少しも古びていません。

 巻末座談会で山岸さんが「イアン・ワトスンとかテッド・チャンとか、最近でもいくつか書かれていますが、幻想的なイメージの強烈さで「遠近法」に敵うものは思い当たらない」と述べておられますが、まさにその通り。

 若いころは、作中の「作者」をめぐるあれこれとか、かなり馬鹿馬鹿しいオチとか、そこら辺は不要ではないかと思った記憶があるのですが、今になって読んでみると、はじまり(作者がいて執筆を開始する)と、終わり(作品に結末をつける)、を巧妙に排除することで、作品世界を時間的にも円環構造に閉じ込めるための工夫だということに気付いて、あらためて感激しました。

 『アンドロメダ占星術』(堀晃)はハードSFの傑作で、運命の束縛から逃れるために銀河系外へ飛び出してゆくレーザー推進宇宙船を舞台とした話。停止が不可能な状況でひたすら加速を続けて運命から逃れようとした人々が、ついに物理法則からの脱出の試みへと向かうストーリーは、とにかく親やら学校やら世間やら何やらのしがらみ断ち切ってどこかへ逃げたい、といういかにもありがちな若い情熱と呼応するようで嬉しかったことを覚えています。

 今読むと、亜光速で推進している宇宙船からの眺望(相対論効果による視界のゆがみによって、逃れてきたはずの背後の銀河が巨大なあぎとと化して宇宙船を飲み込もうとしているように感じられる)とか、巨大建造物の描写とか、そこら辺のビジュアルイメージが今も迫力を失っていないことに感心させられます。

 『美亜へ贈る真珠』(梶尾真治)は時間テーマSFの代表作。タイムトラベルというか、局所時間減速による男女の人生のすれ違いを扱ったSFは山ほどありますが、本作はアイテム(タイトルに示されているアレ)の使い方が絶妙で、忘れがたい印象を残してくれます。

 今読んでも、若いころに読んだときと読後感が変わらないのですが、これはつまり発表された当時から既に「懐かしい物語」だったということかも知れません。

 『かまどの火』(山田正紀)は、ブラックホール物理学と仏教世界観をつなげるという、若い頃は「かっちょえーっ」と興奮した、のちにニューサイエンス本などあれこれ読んでうんざりするようになったネタを駆使したハードSFっぽい作品。

 といっても事象の地平線だの特異点だのといった言葉はハッタリに過ぎず、内容的には「エキゾチックな異世界を舞台にした劇画チックな冒険小説」です。怪物に襲われている美しい娘を間一髪救出するとか、いずれ宿命の対決をすることになると分かっている男との出会いとか、あの頃は、こういう作品が大好きだったなあ。今ですか。まあ、私も歳食ったし。

 後の『幻詩狩り』の原型となった短篇『指の冬』(川又千秋)、小説を構成している言葉そのものを異化してみた『言語破壊官』(かんべむさし)、シュールリアリズムの言葉を駆使してシュールな光景を現出してみせる『柔らかい時計』(荒巻義雄)、など言語テーマの作品が多いのも日本SFらしいところ。

 一方、テクノロジーの急速な発展がどんどん世の中を変えていった時代ですから、それにともなって失われてゆくものへの郷愁とかノスタルジーを扱った作品も数多く書かれました。

 例えば、手作り宇宙船で裏庭からちょいと宇宙に行けた昔のSFを懐かしむ作品が二つも収録されています。落語風の『ポンコツ宇宙船始末記』(石川英輔)、ドタバタ漫画風の『レモン月夜の宇宙船』(野田昌宏)です。機関車をシンボルに、科学技術の急激な進展に対する不安というか反感を描いた『機関車、草原に』(河野典生)もそうでしょう。しかし、作品が書かれた当時にまだ子どもだった私には、これらの作品への共感はどうも難しいものがあります。世代の壁というやつでしょうか。

 というわけで、時代と関係なく読める作品、時代の空気を反映させた作品、どちらも読みごたえがありました。ぜひ今の高校生にも読んでほしいと思います。

[収録作]

『メトセラの谷間』(田中光二)
『かまどの火』(山田正紀)
『真夜中の訪問者』(横田順彌)
『指の冬』(川又千秋)
『言語破壊官』(かんべむさし)
『アンドロメダ占星術』(堀晃)
『柔らかい時計』(荒巻義雄)
『遠近法』(山尾悠子)
『アイは死を越えない』(鈴木いづみ)
『ポンコツ宇宙船始末記』(石川英輔)
『ニュルブルクリングに陽は落ちて』(高斎正)
『機関車、草原に』(河野典生)
『レモン月夜の宇宙船』(野田昌宏)
『楽園の蛇』(鏡明)
『美亜へ贈る真珠』(梶尾真治)

巻末座談会:星敬、山岸真、北原尚彦、日下三蔵


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ホンのお楽しみ』(藤田香織) [読書(随筆)]

 2002年から2004年にかけて女性誌「FRaU」に連載された「だらしな草子」を加筆修正した上で文庫オリジナルで出版した読書エッセイ集。出版は2010年3月です。

 藤田香織さんといえば、コミック誌「ネムキ」で連載している「ブックブク」という読書エッセイが大好き。ネムキを買ってくると、とりあえず TONOちゃんの漫画を読んでから、次に読むのが『ブックブク』です。

 毎回、お勧めの本を何冊か紹介するコラムですが、何といっても推薦本のチョイスが素晴らしい。自分で読んで本当に面白いと思った小説だけを本音で紹介する、だから読んでね、という熱い気持ちがひしひしと伝わってきます。

 本書に収録された「だらしな草子」も似たような感じの読書エッセイというかお勧め本の紹介コラム。女性誌に連載されたので、導入の話題は主にダイエット(というか体脂肪率)、恋愛(する気がないこと)、女の一人暮らし、といったあたりに集中しています。その上で、「スポーツ小説」、「女友達小説」、「デブ小説」、「妄想小説」、といった具合にテーマを掲げて、お勧め本を三冊紹介する、というのがフォーマット。

 テーマは全部で38個、一つのテーマごとに3冊紹介なので、お勧めされている本は114冊ということになります。紹介文の中で同じ作者の他の作品も一緒にお勧めしているケースもあるので、推薦本は全部で120冊をこえるでしょう。純文学から娯楽小説、エッセイ集や実用書まで幅広く推薦されています。

 短い紹介文が「何がどう面白いのか」という具体的なポイントに絞って書かれているので、読んでみたい、いや読まないと大損、というか何でコレ読んでなかったんだ俺、てな具合に読書欲がむーらむら沸き起こってきます。びんびんです。

 くすりと笑えるイラストも味があって好み。「夏ヤセできるのは、夏だけだったのに!」、「一字書いてはエサのため」(藤田さんは犬猫を多頭飼い)、「働きますとも! 明日こそ」、「せめて一日300歩は歩けよ界からの引退もささやかれる」。

 というわけで、読了後には猛烈に本が読みたくなる読書欲亢進薬みたいな一冊。最近何となく読む本のジャンルや著者がマンネリ化してきてちょっとまずいかなあ、でも新たな分野や知らない著者にチャレンジする気力も乏しいし、などとお悩みの方に特にお勧めします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: