So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『あなたのための物語』(長谷敏司) [読書(SF)]

 『SFが読みたい!2010年版』で、ベストSF2009国内篇二位に選ばれた長篇作品。単行本出版は2009年8月です。

 ナノロボットを使って脳内に疑似神経系を構築することにより、使用者に対して体験や感情を直接的に伝えることが出来る技術。"ITP"と呼ばれる経験伝達言語により記述された量子コンピュータ上の仮想人格と、それを開発した女性研究者の対話を通じて、個人にとっての「死」とは何かを徹底的に追求した作品です。

 ヒロインの死の過程を主観描写するシーンから始まって、とりつかれたように「死」についての対話と考察が続き、最後にヒロインの死の瞬間にたどり着いて終わる。他に余計な要素はなく、乾いた硬質な文章でひたすらつづられる「死」の物語は衝撃的です。

 これまでSFが「死」そのものをテーマにすることはあまりなかったように思います。死はほとんどの場合、「プロット上の悲劇的要素」、「何かの価値を高めるための代償」、「盛り上げドラマシーン」、あるいは単なる「サスペンスを強調するための時間制限」といった記号として扱われ、「死」とは何か、逃れようのない「死」を前にしたとき人はどう感じるのか、といった問題は避けてきたのではないでしょうか。

 たぶんその理由は、「死」そのものをテーマにするのは主流文学の領域であってSFの仕事ではないと思われていたためでしょう。あるいは(ある作家の言葉を借りるなら)「二百万死のうと三百万死のうと人類の進歩と調和の前では無、な小松左京的粗野」がこのジャンルにおける気分を支配していたせいかも知れません。

 しかし、本作は逃げずに徹底的に「死」に立ち向かいます。先行作品(特にグレッグ・イーガンの『TAP』および『しあわせの理由』がすぐに思い浮かびます)のアイデアも駆使しながら、人間の意識や心といったものから尊厳をはぎ取って無味乾燥なテキストと見なし、自分自身の感情や主観を“編集”の対象としたり、人格のデジタルコピーから脳への人格上書きまで、SFでしか扱えない手法をもって「自意識にとって死とは何か」を追求してゆくのです。

 死を絵空事に感じさせないためか、肉体的苦痛の描写は執拗で、次第に身体が崩れてゆく痛みと苦しみが繰り返し書かれます。読んでいて息苦しくなってくるほどです。ヒロインと仮想人格との最後の会話からタイトルの意味が明らかになるラスト30ページは感動的ですが、それでも感傷を断ち切るように終わりに向けて終息してゆくのが壮絶。

 SFマガジン2010年4月号に掲載された姉妹編『allo, toi, toi』を先に読んだときはストーリーの単調さが気になったのですが、本作ではその単調さが、ほとんど真っ白なカバーと合わせて、効果を上げていると思います。決して読みやすい小説でも、読んで楽しい本でも、率直に言って好きな作品でもありませんが、SFというジャンルがここまで来たのかという感慨を覚える重要な作品だと思います。


『聖なる騎士たち:ハイチの生きた神々(The Divine Horsemen: The Living Gods of Haiti)』(マヤ・デレン) [映像(映画・ドキュメンタリー)]

マヤ・デレン
--------
 革命の年にロシアで生まれ5歳でアメリカに渡った少女は、26歳で以後のビジュアル・アート史に決定的な影響を与える傑作『午後の網目』を発表する。その作品に主演し、謎めいた神秘的な容姿を強烈に人々に焼き付けたマヤ・デレン。

 やがて彼女はヴードゥー教の研究に傾倒し、ハイチで芸術の女神として崇められるまでになる。 ダンサー、文化人類学者、巫女、映画作家。多様な活動でアンディ・ウォーホルやジョナス・メカスといったニューヨークのアーティストたちの注目の的であり、彼女が発散する創造的なエネルギーは、マルセル・ドゥシャンやアナイス・ニンも瞠目した。

 1961年、44歳の若さでこの世を去った彼女の死因は、麻薬の過剰摂取ともヴードゥーの呪いとも噂された。彼女の遺灰は17歳年下の夫の手によって東京湾に撒かれている。 彼女は6本の映画と1つの著作によって、今でも映画史上に輝く女神として様々なアーティストたちにインスピレーションを与え続けている。
--------
ドキュメンタリーフィルム『鏡の中のマヤ・デレン』イントロダクションより


 というわけで、前衛映画のパイオニア、アバンギャルドの女神と讃えられ、今も映画史上にその名を轟かす伝説の映像作家マヤ・デレンの(完成した)全映像作品と、マルティナ・クドラーチェク監督による彼女の生涯を追ったドキュメンタリーフィルム『鏡の中のマヤ・デレン』を観た興奮さめやらず、他にマヤ・デレンの映像が市販されてないか確認してみたところ、1947年から1951年にかけて彼女がハイチで撮影したドキュメンタリーフィルムがDVD 化されていました。

 ハイチにおけるヴードゥー教の宗教儀式を撮影した一時間弱のフィルム。激しいドラムのリズムに乗って、歌い、踊る人々の様子が克明に記録されています。

 ドラムから叩き出される強烈なリズム。狂騒的な音楽。ダンス、ダンス、ダンス。極度の興奮でトランス状態に陥って神に憑依される者。剣での戦いを模した儀礼舞踏。(日本の「精霊流し」のように)供物を海に流す儀式。仮装パレードの喧騒。牛や山羊を生贄として殺すシーン。全てが至近距離から撮影され、目の前で展開してゆきます。

 驚くのは、「儀式の様子をよそ者が外側から観察している」ようなカメラ視点ではなく、人々の集団に混じって内側から撮影していること。周囲で人々が踊り、歌い、儀式をしているそのただ中に自分が置かれているような臨場感に圧倒されます。

 1950年前後に、アメリカ人で、白人で、撮影機器を構えた女性が、ここまで現地の人々の信頼を得て、儀式に参加して撮影することを受け入れられたという事実には、とても信じがたいものがあります。マヤ・・・恐ろしい子。

 その鋭いカメラワークとスローモーション技法により、映像から緊迫感と生々しい臨場感が伝わってきて、観ていて退屈しません。記録映像としての価値はもとより、映像作品としても一見の価値があります。

 というわけで、ヴードゥー儀式やハイチの黒人文化(特に音楽とダンス)に興味がある方、ドキュメンタリーフィルム『鏡の中のマヤ・デレン』に挿入されていた断片的映像を観て好奇心をそそられた方、そしてマヤ・デレンの作品が好きな方にお勧めの、カルチャーショックに満ちた映像作品です。


『アイの物語』(山本弘) [読書(SF)]

 先日読んだ『去年はいい年になるだろう』の中で、(現在の)山本弘09が「あの作品を書いたことを誇りにしている。多くの読者を感動させたし、何よりも自分が感動した」(単行本p.185)と語り、実際に読んだ(過去の)山本弘01が「その巧みな構成に、僕は我ながら舌を巻いた」(単行本 p.178)と感嘆するシーンが出てきます。

 というか、『去年はいい年になるだろう』の第六章はそのまんま『アイの物語』というタイトルになっており、その中でまるまる四ページを費やして(この作品を執筆する以前の)作者による読後感想が書かれているのです。

 『アイの物語』を未読だった私はこのシーンについてゆけず、何だかものすごくうらやましかったので、ついつい購入して読んでみました(罠)。

 人間とロボット、虚構と現実、その関係をめぐる七つの物語を八つのインターミッションでつないだ形式の連作短篇集、あるいは一つの枠物語の中に七つの物語を埋め込んだ、アラビアンナイト方式の長篇というべきでしょうか。単行本出版は2006年5月、私が読んだ文庫版は2009年3月に出版されています。

 最初の五つの物語は、あちこちの雑誌に発表された雑多な短篇を集めてきたものですが、どれも「もしも世界が仮想あるいは虚構なら、その中で生ずる心や想いも偽物なのだろうか」、「ロボットや人工知能が心を持つということは、すなわち人間と同じ思考をするようになるということなのだろうか」といったテーマがからんでいます。

 最初から順番に読み進めるにつれて、あまりSFを読み慣れてない読者でも、思考のウォーミングアップというか、発想のトレーニングというか、続く二つの書き下ろし短篇、および最終章を読む準備が整うという仕掛け。

 後半は、これまでに小出しにしてきたテーマが素晴らしい完成度の物語へと昇華され、その予想を超える展開に驚かされます。

 小説としての出来で言えば、介護ロボットの物語を通じて人間とは何かを探った第六話『詩音が来た日』がおそらく頂点で、SF外の読者にもアピールするであろう傑作です。

 しかし、SF的には第七話『アイの物語』から最終話『インターミッション8』への展開が素晴らしい。人間と異種知性との関係、現実を変えてゆく物語の力、そしてラストへ向けて怒濤のSFマインド炸裂。どうあっても心を揺さぶられますよ。これは。

 というわけで、人工知能テーマSFとしても、「物語の力」を信じる物語としても、SFへの憧れをストレートに表現した作品としても、人類の愚行に対する悲嘆と怒りと絶望とそれをも超えようとする希望を書いた話としても、あ、そういや「非実在青少年」規制問題を先取りした小説としても、読みごたえ充分。SF入門書としても最適だと思います。


タグ:山本弘

『ミドルワールド -動き続ける物質と生命の起原』(マーク・ホウ) [読書(サイエンス)]

 私たちが日常的に体験している、ニュートン力学に支配されるスケール=マクロワールド。陽子や電子など素粒子が相互作用している、量子力学に支配されるスケール=ミクロワールド。その間に広がっている謎めいた領域、ブラウン運動に支配されるスケール=ミドルワールド。この驚異の世界と、それを探求してきた科学者たちの歴史を解説してくれる一冊。単行本出版は2009年12月です。

 ミドルワールドで活動しているものとしては、細胞、ウイルス、筋肉、合成高分子、天然樹脂などがあります。その特徴は、構成分子が常に動き続け、その形状はランダムに変わり、挙動は因果律より統計学に支配されていること。一言でいうなら、ブラウン運動が全ての前提となる世界です。

 本書は、これら「ミドルワールドの住民」にとってブラウン運動がどれほど本質的なものであるかを示し、その認識なくしてこのスケールで生ずる事象を理解することは出来ない、ということを明らかにしてゆきます。

 まずは「ブラウン運動」(花粉が破れて中から出てくる微粒子が、水中で勝手にランダムに動き回っているという現象)を発見したロバート・ブラウンの物語が語られ、続いてニュートン的世界観の確立、熱力学の発展、統計力学の登場、そしていよいよアインシュタインによるブラウン運動の解明へと続きます。ここまでが前半。

 後半は、分子レベルのランダムな動きが生命にとってどれほど重要であるかを具体的に解説してゆきます。例えば、タンパク質はその立体構造により機能が定まるのですが、その立体構造が“自発的に”実現されるのは、ブラウン運動のおかげなのです。

 血中で酸素を運搬しているタンパク質は、静止構造をいくら調べても酸素分子が出入りする“穴”がありません。実は、ブラウン運動による立体構造の瞬間的なゆらぎによって酸素分子が通れるだけの隙間が出来るのです。この仕組みによって、内部の鉄分と酸素との結合・分離の頻度を調整しているのです。

 ミドルワールドに関する最新の発見も面白いのですが、それを研究するために使われる技術、いわばミドルワールド探査装備がまた興味深い。例えば、光ピンセット。これは、レーザー光により微小対象物を補足し、また一定の力を加えることが出来る技術です。

 光ピンセットや特殊顕微鏡などのテクノロジーを駆使することで、筋肉が働くとき分子レベルで何が起きているのか、DNAを複写するタンパク質マシンがどのように動いているのか、化学エネルギーを運動に変換する分子モーターはどのように機能しているのか、そういった謎が次々と解明されてゆく様は驚異的です。

 ではミドルワールド探求の果てに待っているものは何でしょうか。

 一つはかつてミドルワールドで起こった革命、すなわち生命の起源を解明することです。ブラウン運動が支配するランダムな分子挙動にこそ、その秘密が隠されているに違いありません。

 そしてもう一つの目標は、機能する分子マシンを人工的に創り出すこと。その設計は、マクロワールドの精密機械工学とは全く異なり、ランダムな動きが全てであり、構造も挙動も何もかも統計的にしか制御できない、そんな環境を徹底的に活かしたものになるはずです。

 というわけで、「ブラウン運動」という地味に思える現象を通じて、分子生物学における最近の発見から生命の起源、そしてナノマシン設計思想に至るまで、さまざまなトピックを統一的に解説するという野心的な本です。

 説明が迂遠過ぎてもどかしく感じる部分、逆にせっかち過ぎて不満を覚える部分など、ポピュラーサイエンス本として手際が良いとは言えず、翻訳もこなれてなく文章は読みにくいと感じるのですが、それでも内容の面白さで最後まで楽しめました。


『謎解き 超常現象II』(ASIOS) [読書(オカルト)]

 ASIOS (Association for Skeptical Investigation of Supernatural : 超常現象の懐疑的調査のための会)が、様々なオカルト・超常現象の真相を探る『謎解き』シリーズ第二弾。単行本出版は2010年4月です。

 まずは旬ネタ「2012年問題」かけつけ2本。「呪われたダイヤ」みたいな古典から、比較的新しい「空から振ってくるオタマジャクシ」まで超常現象ネタ9本。続いて「FBI超能力捜査官」から「腸チフスメアリ」まで超能力ネタ7本。

 お次は「自衛隊機と衝突したUFO」から「ジル神父事件」までUFOネタ5本。「水からの伝言」から「ホメオパシー療法」まで疑似科学ネタ7 本。もはや懐古物件「ニューネッシー」から「ツチノコ」までUMAネタ5本。「ピラミッド」から「をのこ草子」まで超古代文明ネタ7本。

 総計42本の記事が、「伝説」(こんな超常現象が本当に起きたのだっ)、「真相」(ちゃんと調べてみたらこんな結果になっちゃいましたあ)というフォーマットで書かれています。基本的に前作と同じ作りです。

 おそらく、あまりオカルトネタに詳しくない読者、学研『ムー』とか読んで半ば本気にしている読者、などを主なターゲットにしていると思われ、基本的というか古典的というか、そういう話題が多くなっています。

 個人的には、率直に言って「今さら読まされてもなあ」という手垢ネタが多くてちょっとがっかり。いやビリーバー側は何度でも同じネタを繰り返しているのだから、懐疑派が同じネタを繰り返しちゃいかんという理由はないのですが、次の本ではもう少し新ネタの割合を増やしてくれると嬉しいです。「自分で現場に行って調査した」という記事が増えればさらに良いなあ。

 というわけで、『新・トンデモ超常現象60の真相』など類書を読んでいる方にはそれほど強くはお勧めしません。むしろ、今まで懐疑主義的な本を読んだことがなくオカルト話ふつーに信じてる派の皆さんに、はじめて読む入門書あるいは教科書としてお勧めします。

 以下余談。

 私も参加している「Spファイル友の会」の代表者、秋月朗芳(ペンパル募集)さんの記事ですが、やっぱり浮いてますな。いちじるしく。

 何しろ「ヒングリー事件」、「シモントン事件」、「チェンニーナ事件」、「ジル神父事件」という、Sp事例としては定番というか、ハイストレンジネスばかりを取り上げて、「空飛ぶ円盤はボクらの心の中にあるんだ」みたいな。

 ASIOS本でその方向性はちょっと無理があるのでは。あまりのことに、あとがきでASIOS会長が、秋月さんの記事をあえて含めたのは否定が目的ではないことを示すためです、などと苦しい弁明をするはめに。でも、たぶん多くの読者が、このUFO(未確認浮遊オヤジ)誰だよ、と思って読みとばしたんじゃないでしょうか。

 というわけで、ビリーバーにもなれず、懐疑主義者からもちょっと浮いてしまう、そんなふわふわ漂う人々が乗ってる円盤「Spファイル」。地上でごくわずかな読者が手を振り返してくれたので、ああやっぱり分かってくれる人もいるんだと感激して手を振り返したら、みんな飽きてメシを食いに行ってしまい、誰もいなくなっても、なお涙目で空から手を振り続ける、そんな同人誌「Spファイル」。

 現在8号の原稿募集中なので、浮いてる円盤に乗ってる自覚のある方はぜひ参加をご検討ください。(どさくさまぎれに宣伝)

Spファイル友の会
http://sp-file.oops.jp/


タグ:ASIOS