So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『タール・ベイビー』(トニ・モリスン) [読書(小説・詩)]

 米国のノーベル文学賞作家トニ・モリスンの作品を、なるべく原著の発表順に読んでゆくシリーズ“トニ・モリスンを読む!”。今回は彼女の第四長篇を読んでみました。

 原著の出版は1981年。翻訳版単行本の出版は1995年です。

 これまでの作品では米国の黒人コミュニティが主な舞台となってきましたが、今作ではカリブ海に浮かぶ小さな島が舞台となり、ここに建てられた屋敷で暮らしている人々の物語が展開します。

 主要登場人物ですが、まず屋敷の主人である白人夫妻(製菓会社で一儲けして引退した大金持ちの老人と、元ミスコン優勝者である美人妻)。次に屋敷の執事と料理人である黒人の使用人夫妻。そして彼らの姪であるヒロイン。

 ヒロインは、大学を卒業して今はモデル業をやっているという、才色兼ね備えた、ファッション誌のカバーを飾ったこともある美人です。彼女は黒人ですが、幼い頃からずっと白人の価値観の中で育ってきた、いわゆる「漂白された」黒人なのです。

 二名の白人と三名の黒人。彼らの関係は、微妙な緊張感をはらみつつも、おおむね良好でした。常夏の島、熱帯雨林を切り開いて建てられた屋敷には、白昼夢のように平穏な日々がだらだらと流れてゆくだけでした。

 しかし、そこに一人の黒人男性(後にヒロインの恋人となる)が闖入したことから、彼らの均衡は崩れ、平穏は破られ、対立が表面化してしまいます。決定的な修羅場が訪れるまでだいたい200ページ。その後に島を逃げ出したヒロインと恋人の痴話喧嘩が100ページ、まあ身も蓋もなく言ってしまえばそういうストーリーです。

 これまでの作品では、読者はいきなり米国の小さな黒人コミュニティに放り込まれ、白人の勝手な戯画化により無害化されたそれではなく、むき出しの生々しい黒人精神文化を内側から体験させられることになりました。これは強烈なカルチャーショックを味わえる希有な読書体験なのですが、慣れるまではけっこう読みにくいという面もありました。

 ところが今作では、ヒロインを含めてほとんどの登場人物が(私たちおなじみの)白人エリート価値観というか世界観に合わせて生きているため、カルチャーショックは薄く、そういう意味で読みやすくなっています。

 まるで陳腐なソープオペラというか、ハーレクインロマンス(高学歴の美人ファッションモデルが、避暑に立ち寄った南の島で、野性的な男と出会い、激しい恋に落ちる!)を読んでいるような。白人夫婦の会話などユーモアたっぷりで、気楽に楽しめる感じがします。最初のうちは。

 ところがところが。後半になると白人と黒人の文化摩擦というか文化対立というテーマが浮き上がってきて、一挙に深刻になってきます。

 白人文化を否定し黒人文化を称賛するような一面的な作品ではありませんが、しかし、白人夫妻の精神的なひ弱さ、ヒロインの人生観の空虚さなど、すごくリアルに表現されており、ああこの人たちは本当の意味では人生を生きてない、人生ごっこをやっているだけで自分の人生にすら当事者意識がないんだなあと、そんな風に感じられてなりません。

 もちろんそれは他人事ではなく、白人エリートでも文化支配層でも何でもない日本人だって、そういう価値観や世界観だけは共有してたりするんですが。

 いつまでも貧しい共同体に甘えて人生の責任を果たそうとしない幼稚で頑固な黒人、成功だの金儲けだの空虚な強迫観念にとりつかれて自分の人生とまわりの世界を台無しにしている愚かで自分勝手な白人、人種的には同類でありながら異なる価値観のもとに生きてきた恋人たちは、そんな風に互いに相手を非難し、蔑み、何とかして心を入れ替えて「まっとうに」生きるように諭しあいます。その空しさ、その悲しさ。

 三十年近く前に書かれた小説でありながら、ここに書かれた文化対立の様子は今日なお古びていません。というか、むしろポスト911時代を生きている現代の読者にとっての方が、おそらく作者の意図を超えて、やたら切実に感じられるようにも思います。

 あとがきによると、タイトルの「タール・ベイビー」というのは、タールでつくった人形に手を出したウサギが手足が抜けなくなってあっさり捕まってしまう、という黒人民話から来ているとのことで、このタイトルはヒロインの位置づけを指していると翻訳者は解釈しておられるようですが、私にはむしろ、文化摩擦、文化対立にがんじがらめにからめ捕られ、身動きできなくなっている私たちの社会の暗喩であるように思われました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『SFマガジン2010年7月号』 [読書(SF)]

 今月号のSFマガジンは、「メタルギアソリッド」特集。SFマガジンでゲームが特集されるのは初めてとのことですが(それもこれも伊藤計劃さんのせいでしょう)、残念ながらシリーズどれ一つもプレイしたことがないもので、ちょっとついてゆけませんでした。

 他に「柴野拓美追悼」として、そうそうたるメンバーが追悼エッセイをよせています。壮観です。うう、次号は朝倉久志さんの追悼特集だそうですし、何だか私にとってのSFがどんどん消えてゆくようで寂しい。

 さて、山本弘さんの『オルダーセンの世界』は、宗教的独裁権力に支配された陰鬱な世界を舞台に、一人の男が、「外の世界からやってきた」と言い張る不思議な少女と出会う話。少女は、この世界は排他的な信念によってかろうじて保たれているだけで本当は存在しないのだ、というようなことを言い出すのですが・・・。

 いわゆる「量子論的たわごとSF」ですが、どうにも中途半端。そもそも背景世界の「嫌さ」に説得力が欠けていて、たぶん性表現規制問題で感情的に規制を押しつけようとしている人々に対する皮肉なんでしょうが、今ひとつ冴えてないように感じられます。

 現実崩壊感覚やそれを支える理屈にも新鮮さはなく、またか、という印象が強い。全体から感じられる作者特有のナイーブさも、今作ではちょっと空回りしているようで、どうにも、もの足りませんでした。

 北野勇作さんの『カメリ、掘り出し物を探す』は、忘れた頃にふと掲載されるシリーズの最新作。赤いリボンをつけたレプリカメ、カメリの活躍(散歩とか)を描くこのシリーズ、まがい物しかない偽世界でふわふわとした悪夢を見ているような、というか要するにディックなんですが、いかにも北野さんらしい。

 今回、カメリが掘り出し物を見つけるためにやってきたのは、猫の背中がびっしり集まって出来た巨大なすり鉢状の場所。見渡す限り足元はずっと猫の背中。そこを跳びはねる電気蚤。そう、ここは「ノミの市」。ああ、北野さんだ。

 カメリとザリガニの闘いもありますし(というかレプリカメってもともとザリガニマンと戦うための戦闘兵器じゃなかったっけ。ああ、もう記憶が全然)、ヌートリアンのアンは頼もしいし、ヒトデナシたちはいつもの通り何やら仕事しているし、いつまでたっても何も変わらない不条理世界に、くつろぐもよし、不安になるもよし。まあ好みは分かれましょうが、私は割と好きです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『カラヴァッジオ Caravaggio』(マウロ・ビゴンゼッティ振付、マラーホフ、中村祥子、ベルリン国立バレエ団) [映像(コンテンポラリーダンス)]

 現代イタリアのコレオグラファ、マウロ・ビゴンゼッティ(Mauro Bigonzetti)の作品『ロメオとジュリエット』がちょっと気に入ったので、彼の作品をさらに観てみました。

 『カラヴァッジオ』はビゴンゼッティがベルリン国立バレエ団のために振り付けた作品で、マラーホフとポリーナ・セミオノワが中心となって、それに中村祥子さんも重要パートを踊るという豪華な舞台。収録は2008年12月です。

 カラヴァッジオ(ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ)は16世紀から17世紀にかけて活躍したイタリアの画家で、バロック絵画の先駆者として高く評価されているそうです。あとご本人は喧嘩っぱやくて暴力的なことで有名だったそうで、決闘で人を殺してしまいローマから逃げ出すはめになったという逸話が残されています。

 本作はそのカラヴァッジオの絵画にインスパイアされて作られたダンス作品なんですが、すいません、そもそもカラヴァッジオの絵を見たことがないもので、絵画との関係とかそこら辺はよく分かりませんでした。一応、明暗の対比、美しい色彩感覚、写実的な肉体表現、暴力、といったあたりを念頭に置いて観ればいいかと思います。

 さて、全体は二幕から構成されており、特に明確なストーリーはありませんが、一幕は明るい雰囲気、二幕は暗く暴力的な雰囲気になっています。舞台装置はほとんど何もなく、真っ暗な舞台に見事な照明だけ(この照明は素晴らしく、魔法のような効果をあげています)で宗教的空間を作り出してしまう鮮やかな手際には感動です。

 一幕では、美しい群舞とマラーホフらのパ・ド・ドゥが交互に踊られます。華やかな群舞は実に楽しく、いかにもビゴンゼッティらしくスピーディに次から次へと場面が転換してゆきます。それが二幕になると、いきなり内省的というか宗教的というか、贖罪あるいは復讐の物語となり、底知れぬ闇の中から次々と現れる過去の記憶だか亡霊だかに翻弄され血まみれになって息絶える衝撃的なラストへと。

 美しく華やかな場面と、凄惨なまでの暴力表現(特にラスト近くの刃傷沙汰)の対比はすさまじく印象的で、徹底的にダンサーの肉体を見せることにこだわるとこもビゴンゼッティらしさにあふれています。

 何しろブルーレイディスク画質なので、例えば腰布一枚つけただけのマラーホフが踊るとき、腕の産毛から、胸の筋肉が皮膚の下でむりむり動いている様子まで、何とも鮮明に生々しく映し出されるのが、うーん、えぐいというか、ファン感涙もの。しかし、マラーホフのダンス、これが四十代の肉体、動きだとは到底思えないくらい、ものすごい存在感でした。

 マラーホフとポリーナ・セミオノワはもちろん凄いのですが、個人的に嬉しいのはやはり中村祥子さん。出番はさほど多くなく、一幕の後半のパ・ド・トロワ、二幕の前半のパ・ド・ドゥ、そしてラストシーケンス、つごう三回の登場シーンはもう必見。というかここだけ繰り返して観ました。

 中村祥子さんの、きびきびした伸びやかな動きは観ていて爽快ですし、ポーズの美しさと姿勢保持には魂もってかれそうな感銘を受けます。やっぱりいい。他に中村祥子さんの市販映像はあんまり出てないような気がするので、彼女のダンスをじっくり堪能できるブルーレイディスクは貴重です。

 というわけで、ベルリン国立バレエ団メンバーの若々しい魅力(と肉体)を見せつけてくれる素晴らしい舞台映像で、特に、マラーホフ、セミオノワ、中村祥子のファンはとにかく必見です。

[出演]

ウラジミール・マラーホフ
ポリーナ・セミオノワ
ベアトリス・クノップ
ミハイル・カニスキン
ドミトリー・セミオノフ
エリサ・カリッロ・カブレラ
中村祥子
ミヒャエル・バンジャフ
レオナルド・ヤコヴィナ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ロメオとジュリエット Romeo & Juliet』(マウロ・ビゴンゼッティ振付、成澤幾波子、アテルバレット) [映像(コンテンポラリーダンス)]

 現代イタリアのコレオグラファ、マウロ・ビゴンゼッティ(Mauro Bigonzetti)率いるカンパニー・アテルバレット(Compagnia Aterballetto)の舞台映像を観てみました。収録は2006年10月です。

 まず印象的なのは、イタリアの現代アーティスト、ファブリッツィオ・プレッシ(Fabrizio Plessi)が担当した舞台美術。LEDディスプレィを組み込んだオブジェを得意とする現代アート作家だそうで、照明や衣装から、大がかりな舞台装置に至るまで、デジタル感あふれるシャープな色と光が観客の視覚を揺さぶってきます。

 マウロ・ビゴンゼッティの振付演出もスピード感いっぱいの鋭いものになっていて、どのくらいのスピードかと申しますと、幕が開くとロミオとジュリエットがいきなり死んでます。早い、早いよ、ビゴンゼッティ。

 やがて舞台に登場するのは、下着の上に威嚇的なプロテクターを装着して、見るからに殺気だったダンサーの方々。忍者かテロリストみたいに覆面をしている者もいます。誰もが全身から暴力の気配をむんむん発していて、もう殺る気まんまん。背景に「世紀末救世主伝説・・・」と表示されても少しも違和感のないたたずまい。

 そして真っ黒なフルフェイスをかぶった男(ティボルトかも知れませんがそもそもこの舞台には配役というものはありません)が登場。ヘルメットを脱いで、それを履くというか、足首に装着します。その上に体重をかけて、丸いヘルメットの上に、ちょっとぐらぐらしながら一本脚で立ち上がって、皆殺しのダンスを激しく踊り出すのです。舞台の床をヘルメットが、ごすん、ごすん、と叩きつける音も迫力に満ちており、何にせよ色々な意味で恐ろしい振付です。

 プロテクターを装着したダンサーたちによるフットボール試合のようなぶつかり合い、乱闘じゃなかった激しいダンスに目を奪われます。そしてバルコニーではなく巨大なウインドマシーンの中でのロメオとジュリエットの逢瀬。上になったり下になったり。そしてまたもや暴力。死。次から次へと繰り広げられる(何組もいる)ロメオとジュリエットの濡れ場。

 古典『ロメオとジュリエット』からその本質(セックス&バイオレンスですよもちろん)だけを抽出し、その他はあっさり捨てて、直線的に展開するストーリーもなくして、ひたすらバイオレンス・セックス・死、バイオレンス・セックス・死、というリズムを刻むような構成で、とってもコンテンポラリー。

 死んでしまった何組ものロメオとジュリエット、というか大量虐殺の現場みたいな舞台から一組のロメオとジュリエットが立ち上がり、舞台に登場した巨大な山を登ってゆくラストシーンまで一気に駆け抜けます。

 精神や魂のようなものは一切なく、ただ肉体だけがある舞台にふさわしく、最後の愛の試練もひたすら肉体酷使。ファブリッツィオ・プレッシ製作のデジタル山河を乗り越えてゆくシーンは実に感動的だったりします。

 アテルバレットのダンサーはいずれも観客を圧倒するような存在感があります。個人的には、成澤幾波子さんを見ることが出来て嬉しい。

 というわけで、間違いなく好き嫌いが分かれるであろうとんがった舞台ですが、私はマウロ・ビゴンゼッティのシャープな振付演出が大いに気に入りました。他の作品も観てみたいものです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『あなたにあえてよかった テースト・オブ・苦虫(8)』(町田康) [読書(随筆)]

 シリーズ“町田康を読む!”第35回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。ひどく不快そうな、苦り切った表情のことを「苦虫をかみつぶしたような顔」と表現しますが、その苦虫とやらの味(テースト)、すなわち人生の辛苦をぼやく人気エッセイシリーズ第8巻。単行本出版は2010年5月です。

 帯に「シリーズ感動の最終巻」と大仰に書いてある通り、いよいよ八年間続いた苦虫もこれでついに連載終了です。誰も感動しないでしょうけど。

 感動の最終巻といえど、内容はいつもと同じ。世相や時事問題をマクラに、もっともらしく何か語ろうとしているうちに話がどんどん横滑りしていって、収拾つかなくなって自爆というパターン。文章の芸だけで笑わせる好エッセイです。

「最近、新聞や雑誌でよく見る、「団栗の世代」というのはなんなんですか、あれは? どうせ自然派ぶって、山に行って団栗を拾ってきては粉にして食べたり(中略)みたいな作務衣着た連中でしょ」(単行本p.128)

「最近、品川、品川とうるさいが、いったいなんのつもりなのか。国家の品川、女性の品川。(中略)なんでも品川をつければいいと思っているのか。いい加減、五反田や目黒のことも考えたらどうだ」(単行本p.129)

「こないだテレビで偉い人が言っていたのによると、アメリカでサブプライムなんとかというのが駄目になって、それが原因で原油の値段が上がって、それが原因でオイルマネーが世界中でいろんなものを買い占めて遊んでいるらしく、私の住まいするS県東部地区においては、「花ささみ」を買い占めているらしいのだ。それもかなり大がかりに。まったくもってなんということをするのだろうか。そんなことをして最終的に猫に怒られるのは僕なのに」(単行本 p.150)

 様々な社会問題への洞察や提言も深い。例えば格差を解消するためにはお金持ちを堕落させて放蕩三昧にすればよい、と。

「例えば金持ちの男性がタクシーに乗って、「新大阪」と言ったとする。したところ座席にはすでにして嬋妍たる美女が待ち受けていて、じっと目を見て、膝に手を置き、「好きかも」と言うなどするため、金持ちの男性は忽ちにして堕落、経済的な合理性を見失ってしまい、梅田から新大阪に行くだけなのに、その美女と楽しい時間を過ごしたいがため、ドライバーに「君、君。梅田には関空経由で行ってくれたまえ」なんて愚かなことを言ってしまい、通常の何十倍ものタクシー代金を払うことになり、そんなことが続くうち一文無しとなって格差が是正されるのである」(単行本p.57)

 他にも、国家の威信を取り戻すべく紅白歌合戦を「紅白そばうどん」としてはどうか。日本を美しい国にするためにとりあえず金蒔絵など張り付けてみてはどうか。地球温暖化を防ぐためにクルマの屋根やボンネットに植林してはどうか。うちの犬は駄々宣言。

 というような深い考察を続け、八年間ずっと書いてきた結論はこうです。

「ここまで書いて自分は本当は馬鹿なのかも知れない、とも思えてきて、ことによると八年前までは賢かったのだけれども八年間も馬鹿なことを書き続けたせいで本当に馬鹿になってしまったのかも知れない、と不安な気持ちになってきた」(単行本p.221)

 というわけでお疲れさまでした。しかし、毎週笑って読んでいた読売ウィークリー読者(主に中高年男性)のなかには、馬鹿にされているのは自分だということに気付かなかった人も多いんだろうなあ。


タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: