So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『SFマガジン2010年9月号 特集:東京SF化計画』 [読書(SF)]

 2010年9月号の特集は「東京SF化計画」ということで、何が何やらよく分かりませんが、要は東京を舞台とした、東京(日本)とは何かというテーマを追求した、そういうSFの特集だと思ってよいようです。短篇三篇が掲載されています。

 まずは、昨年『ひな菊』で注目された高野史緒さんの新作『アントンと清姫』。ラトビア共和国から来日した青年が見た東京の姿を描いた作品です。ラトビア人である主人公にとってはロシアも日本も「異国」であり、両者をめぐる物語をそれなりに冷静に客観的に眺める視点という役割を果たします。

 クレムリン宮殿にあるツァーリ・コロコル(鐘の皇帝)が1737年に焼けて欠損したのは(ここまでは史実)、ソ連のスパイとも言われる科学者アントンが清姫を裏切って故国に逃げ帰った際、怒り狂った清姫が大蛇に変化してモスクワまで彼を追ってゆき、ツァーリ・コロコルに逃げ込んだアントンを焼き殺してしまったという故事による。これは「アントン・清姫伝説」としてロシアではよく知られている。などと最初から大嘘。

 いわゆる歴史改変SFなんですが、こうなると改変というか何というか。奔放な想像力が、モスクワと東京を巻き込んで異界化してゆき、延々と迫力ある東京幻想シーンが続いた挙げ句、東京の地霊が大蛇と化して燃え上がりながらロシアへ飛ぶという一大クライマックスへ。

 高野史緒さんは要注目だと思います。

 次はクリストファー・バルザック『きみよりもリアルに』で、これは父親の仕事の関係で東京の郊外住宅地に引っ越してきた英国人の少年が主人公となるボーイ・ミーツ・ガールもの。

 家の近くで見つけた小さな祠でキツネに出会った少年は、あるとき一人で電車に乗って東京まで出て、迷子になってしまいます。そこで彼が出会ったのが、キツネの着ぐるみを着た不思議な少女。直観的に、あのときのキツネが化けたものに違いないと思う少年ですが、はたして少女の正体は。

 少年の目を通して「得体の知れない異質なもの」として描かれる東京郊外や都心部の様子はなかなかに面白いのですが、話そのものはいまひとつ。

 最後はジェニファー・レネアの『トウキョウ = マガイ』。「転送」と呼ばれる次元跳躍で憧れのトーキョーへ週末旅行に出かけた米国人の青年と、何やらうさん臭いガイドの東京珍道中。かと思ったらいきなり迷子になり、気がつくとあたりは魑魅魍魎、妖怪変化だらけの魔界トーキョー。

 何が何やら分からないまま必死でサバイバルする主人公。ついに最強アイテム「キツネのおめん」を手に入れて、これさえ着ければもう日本人、なのか。何が何やら分からないままトーキョーを徘徊するうちにやがて・・・。

 原題を直訳すると「偽東京」という意味ですが、最初から最後まで魔界感あふれる偽東京の描写が楽しい作品。特に銭湯の描写とか。

 というわけで、今回の作品で分かったこと。欧米人は東京に来ると必ず迷子になる。少なくとも迷子感をひしひしと感じる。そして、欧米人は、東京で起こる出来事は全てキツネの仕業だと信じている。もしかしたらガイドブックにそう書いてあるのかも知れません。

 特集としては、他に東京を論じた評論、チャールズ・ストロスの東京滞在記(秋葉原で途方に暮れる様子が可笑しい)。そして労作「東京SF大全」。古今東西の「東京SF」のリストで、東京はこんなに多くのSFの題材にされていたのかと驚かされます。というか、いまさら「SF化」を計画する必要ないじゃん。

 特集以外では、北野勇作さんの『南の島のハッピーエンド』が、傷心女性の妄執が現実改変を引き起こすという、よくある話ながら、いきなり「クラゲ怪獣クゲラー登場」とか、北野さんらしいヘンな感覚で楽しめました。

[収録作]

『アントンと清姫』(高野史緒)
『きみよりもリアルに』(クリストファー・バルザック)
『トウキョウ = マガイ』(ジェニファー・レネア)


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『乙女の密告』(赤染晶子) [読書(小説・詩)]

 赤染晶子さんの第143回芥川賞受賞作品がさっそく単行本化されました。出版は2010年7月です。

「いまのうちに唾をつけておいたほうがいい。彼女はいずれ「来る」にちがいない作家だからだ」(斎藤美奈子『文芸誤報』より)

 文芸評論家の斎藤美奈子さんが、赤染晶子さんの第一単行本『うつつ・うつら』についてこう断言したのが2007年。実際に『うつつ・うつら』を読んでその「(駄目)昭和の雰囲気」、「味わい深い京都弁」、「切迫した追い詰められ感」といった際立つ個性に感心し、さあ、来るなら来い、と心の準備をしたものの、待てど暮らせど「来る」気配がなく、それどころか第二単行本も出ないまま。

 それが、ついに来ました、やって来ました。芥川賞受賞という形で。おめでとうございます。

 さっそく単行本化された受賞作を読んでみましたが、こ、これは確かに凄い。紛れもなく赤染晶子。「(駄目)昭和の雰囲気」、「味わい深い京都弁」、「切迫した追い詰められ感」、どれも強烈な迫力で読者に迫ってきます。

 舞台となるのは京都にある外国語大学。ここに通う「乙女」たちは、スピーチコンテストのためにドイツ語テキストを暗唱しなければならず、いきなり精神的に追い詰められています。課題は『アンネの日記』。

 「乙女の皆さん、血を吐いてください」と要求する、努力と根性が大好きなドイツ人教師。何度も何度も発音を繰り返させられた挙げ句「こんなことのために生まれてきたんとちゃうわ!」と叫んで飛び出してゆく乙女。教室中に乙女たちの怪しげな嗚咽(実はドイツ語母音の発音練習)が響きわたり、いつしかそこは阿鼻叫喚。

 追い打ちをかけるように黒い噂が流れます。誰それは先生と「乙女らしからぬこと」をしている。「えー、信じられへんわー。不潔やわぁ」と言いつつ、何もかもを信じる嫉妬深き乙女たち。ついに噂の標的にされ排斥されるヒロイン。

 「あたしは乙女やねん。ほんまやねん」

 自らが乙女であることを証明すべく『アンネの日記』の暗唱を繰り返すヒロイン。しかし、無情にも、かならず途中で、しかも同じ箇所で、残りをど忘れして硬直してしまう。最後まで完璧に暗唱することでしか自分が乙女であることを示せないと思い詰めてゆき。

 自分も密告されたのではないか。では密告したのは誰か。アンネ・フランクを密告したのはいったい誰なのか。いつしかアンネの隠れ部屋と化す自宅。乙女たちが追い詰められてゆく教室。果たしてヒロインは連行されそれっきり乙女たちの花園から消えてしまうのか。それとも自らの言葉を見つけ、アイデンティティを確立して生きのびることが出来るのか。そしてアンネ・フランクとは誰なのか。スピーチコンテストの日が迫っていた・・・。

 何だかもう、どのページからも赤染晶子さんの個性がほとばしっています。

 普通の意味でいうリアリズムは放棄されていて、現代の話であるにも関わらず(ある記述から、この物語が2009年から2010年初頭にかけての話であることが確認できます)乙女たちは携帯電話もネットもメールも知らず、「山口百恵のラストコンサート」といった比喩を普通に使うし、黒ばら組のリーダー「麗子様」、すみれ組のリーダー「百合子様」という感覚、いやそもそも「乙女」という言葉自体が昭和臭ぷんぷんだし、『アンネの日記』=乙女ちっく、というイメージはいつの時代のものでしょうか。

 短い文を重ねてゆくことで、最初はいかにも(駄目)昭和風のユーモアがかもしだされるのですが、やがてそれが色々な意味で「追い詰められ感」を高めてゆき、次第に自分の言葉とアイデンティティを見つけるための苦闘というテーマが明らかになり、ついにはそれがアンネ・フランクという一人のユダヤ人の運命へと重なり共鳴してゆく後半は、とにかく有無を言わさぬ迫力と切迫感に満ちています。そしてもちろん、味わい深い京都弁。

 ついてゆける人は大喜び、そうでない人は「あほみたいやし嫌いや」(本文より)と言って投げ出してしまうかも知れない、そんな作品です。私は気に入りました。すごく好き。これを契機に、文芸誌に発表されたっきり放置されている短篇を集めて、ぜひ新しい作品集を出してほしいと思います。


タグ:赤染晶子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『プラスマイナス 123号』 [その他]

 『プラスマイナス』は、詩、短歌、小説、旅行記、身辺雑記など様々な文章を掲載する文芸同人誌です。配偶者が編集メンバーの一人ということで、宣伝を兼ねて最新号をご紹介いたします。

 乳ガン手術体験エッセイを連載していた島野律子さんが、今号から新エッセイシリーズ『正しい猫が消えるまで』をスタート。猫の保護シェルターから捨て猫を引き取ったときの体験を書いたものです。などと他人事のように紹介してますが、これ、我が家の話なんですよね。他人の視点から客観的に読んでみると、ああ、なんと駄目なことでしょう。人も猫も。

 また、アリスさん三周忌ということで、今号には彼女の作品がいくつも再掲載されています。さらに、いつも素敵なイラストで読者を楽しませてくれるD.Zonさんがイラストエッセイ二本に加えて巻末「うまれたときのはなし」にも登場しています。

[プラスマイナス123号 目次]

巻頭詩1 『ラベンダー畑』(琴似景)、イラスト(D.Zon)
巻頭詩2(63号より再掲)『青空』(アリス)
短歌 『宇宙温泉48』(内田水果)
詩 『シアター』(多亜若)
詩 『夏の通る』(島野律子)
詩 『五行詩集』(紗綾花)
随筆 『正しい猫が消えるまで』(島野律子)
イラストエッセイ 『脇道の裏の話 うちの日常』(D.Zon)
特集 23号と73号の表紙再掲
        23号表紙より『エクスタシー』(せきねみゆき)
        73号表紙より『雪が降る』(平嶋千恵)
随筆 『一坪菜園生活 12』(山崎純)
詩 『沼地』(深雪)
随筆 『香港映画は面白いぞ 123』(やましたみか)
特集 アリスさん三周忌(69号より再掲載)
        『いつも思うのは』
        『ひまわりの種』
イラストエッセイ 『脇道の話 62』(D.Zon)
編集後記
「うまれたときのはなし」 その3 D.Zon

 というわけで、盛りだくさんで定価300円の『プラスマイナス』、講読などのお問い合わせは以下のページへどうぞ。

弱拡大
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~babahide/


タグ:同人誌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『翼 TSUBASA』(森山開次) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 コンテンポラリーダンス界の“へんないきもの”森山開次さんが、ソロ活動10年目の記念として、2001年の初ソロ公演『夕鶴』をリニューアルして再演するというので、夫婦で世田谷パブリックシアターまで行ってきました。

 舞台上には、ピアノ、雪の吹き溜まり、花などが置いてありますが、何といっても目立つのは、中央に置かれた(というか上から吊り下げられた)巨大なオブジェ。飛び立つ鳥のようにも、翼を広げた蛇のようにも、個人的にはジャージー・デビルのようにも見える、照明によりメタリックに輝く美しい造形です。

 巨大オブジェに目を奪われている観客の、その背後から忍び寄ってくる鳥男。白い仮面をつけた森山開次さんですが、その手足の奇怪なねじれ具合、肩甲骨のうごめき、体重を感じさせないしゅるしゅるした移動など、はっきり言って気色悪いほど人間ばなれした存在感を放っています。

 舞台上では、ピアノ(阿部篤志)と、後半はトランペット(田中一徳)が、森山開次さんのダンスと共演し、あるときは神秘的な、あるときは滑稽な、またあるときは苦悩に満ちた、様々な感情を鮮やかに表現してゆきます。びっくりするほど密度の高い演出で、最初から最後までテンションが下がりません。

 オリジナルの『夕鶴』を観てないので比較は出来ないのですが、とにかく素晴らしい舞台でした。一時間ほどの公演時間のほとんどを、森山開次が踊る、踊る、踊る。ないはずの羽根が見えるようなリアルな羽ばたき。驚異的な身体バランス。明らかに人間、というか哺乳類のものとは思えないはっとするような鮮やかな動き。

 その幻影のようなダンスは、いつまで観ていても驚きが去りません。何だか、おっそろしいものを観てしまった、という後悔にも似た余韻が残りました。実はここ数年、森山開次さんの舞台を観てなかったのですが、深く反省いたしました。これからはちゃんと観ることにします。とりあえず会場で売っていた過去の公演映像DVDを二枚手に入れたので、これをチェックするところから始めることにします。

[キャスト]

演出・振付・美術・出演: 森山開次
ピアノ: 阿部篤志
トランペット: 田中一徳
衣裳: 廣川玉枝


タグ:森山開次
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ジャズ』(トニ・モリスン) [読書(小説・詩)]

 米国のノーベル文学賞作家トニ・モリスンの作品を、なるべく原著の発表順に読んでゆくシリーズ“トニ・モリスンを読む!”。今回は彼女の第六長篇を読んでみました。原著の出版は1992年。単行本の出版は1994年11月、私が読んだ文庫版の出版は2010年2月です。

 田舎の比較的小さな黒人コミュニティが舞台となることが多かったこれまでの作品と違って、本作では初めて大都市(ニューヨーク)が舞台となります。時代は1920年代。登場するのは、南部での奴隷生活から脱して都市部に移住してきた黒人たち。彼らが自分たちの民族音楽を元に都市生活の中で発展させていった音楽こそ、タイトルにもなっている「ジャズ」というわけです。

 いわば本作は「ジャズ」が生まれ発展した社会背景をえがいた小説であり、また作品自体が、訳者の解説によると「意識的に音楽のリズムを文体に移そうとする大胆な実験」なのだそうです。

 ストーリー展開自体はひどく単純、というか事実上ないも同然。まず全体の核となる出来事が最初に提示されます。ある男が、愛人であった少女を射殺します。葬儀のとき、男の妻が乱入して、少女の遺体にナイフで切りかかる。これだけです。

 男とその妻、被害者の少女をはじめとして、その両親や兄弟や友人、事件の関係者など様々な人々の人生が語られ、なぜ男は少女を殺したのか、なぜ妻は夫ではなく死者に切りかかったのか、その謎が次第に明らかにされてゆく小説、だと思って読み進めるわけですが、実はそういう作品ではありません。

 様々な出来事や人生が次から次へと饒舌に語られますが、それは特定のプロット(例えば男が少女を撃つに至った動機が解明される等)に向けて収斂してゆくような気配は見せず、語りそれ自体が躍動して次の語りを生み、話は一見無秩序に思えるほど奔放に広がってゆきます。

 奔流のように勢いよくほとばしる言葉は、気を抜いて読んでいると、誰が誰について何を語っているのか見失ってしまうほど。ストーリーの流れや全体像を把握しよう、などと思いながら読むと混乱をきたします。語りの内容ではなく語りそのもの、文章の響きとリズムを楽しむべき作品です。私はジャズについて何も知らないのですが、おそらくジャズの様々な技法や要素が言葉として表現されているのでしょう。

 奴隷制や人種差別や家庭問題により人生を歪められ押しつぶされた人々が、愛するということを取り戻し、それにより心と魂を回復させてゆく。説明するといかにも嘘っぽくなってしまうそんな癒しと救済の物語を、とてつもない語りの技法を駆使して音楽的に響かせる。読み手の側にも能動的な鑑賞努力が求められる作品ですが、読み終えた後も数多くの主題や旋律が心に鳴り続ける、『ジャズ』はそんな小説です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: