So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『SFマガジン2010年10月号 ハヤカワ文庫SF創刊40周年記念特集 Part.I』 [読書(SF)]

 SFマガジンの2010年10月号は、J・P・ホーガン追悼特集号、ではなくて、創刊40周年を迎えたハヤカワ文庫SFの特集号その1ということに。ハヤカワ文庫SF完全リスト(上)を掲載した上に、代表的人気作家の古典四篇を再録してくれました。

 まずは『夜来たる』(アイザック・アシモフ)。アシモフの出世作で、邦題よりもむしろ原題の『ナイトフォール』の方が有名な気もしますが、いずれにせよオールドSFファンで知らない人はいないであろう名作です。

 ある天文学的異変により引き起こされる文明崩壊を扱った作品ですが、再読してみると、子供の頃にどきどきさせられた「迫り来る異変のサスペンス」よりも、むしろカルト教団に象徴される「理性と科学の敗北」という苦々しい展開が印象的です。

 ところでクラークの出世作『太陽系最後の日』も、天文学的異変による絶滅の危機に直面した人類という設定なんですが、こちらは理性と科学の勝利と人類の未来を高らかに歌い上げるような内容になっており、見事なまでに対照的です。

 やはりユダヤ系ロシア人として生まれたアシモフと、英国のエリートであるクラークでは、人間の理性に対する信頼感が根本的なところで違っていたのかも知れません。

 『輪廻の蛇』(ロバート・A・ハインライン)は、これまた有名なタイムパラドックスものの名作。酒場で自分の人生について語り始めた男。聞いていたバーテンは、恨みのある相手に再会させてやろうと言い出す。実はバーテンの正体は航時局員(タイムパトロールみたいなもん)で、男をタイムトラベルさせる必要があるのだった。パラドックスの発生を防ぐために。

 子供の頃はいたく感心して紙にタイムチャートなど書いて「検証」してみたりしたのも良い思い出ですが、今になって読んでみると「だから何?」みたいな空しさを覚えます。アイデアの説明に終始している感が強く、正直言って小説としての出来には感心できません。アシモフ、クラークと比べると、今になってハインラインを再読するのはかなり苦しいのではないかと、個人的にはそう思います。

 『オメラスから歩み去る人々』(アーシュラ・K・ル・グィン)は、寓話的な設定を用いて、読者に対して倫理的ジレンマを真摯に問いかけてくる名作。

 ユートピアとしか思えない美しく幸福な都市オメラス。ただその幸福には、ある「ささいな」代償があり、そのことを全ての市民は承知している。ほぼ全ての人が受け入れているその代償。だが、ときにそれゆえオメラスから歩み去る人々がいるのだった。

 小説としての上手さは今回掲載された他の作品の比ではなく、美しい文章で夢のように幸福な風景を語りながら、私たちの現実の社会が抱えている(が考えないようにしている)矛盾に切り込んでくる手際は、今読んでもはっとさせられます。

 本作はその後も様々な作品に影響を与えてきました。そのテーマは今日もなおニリューアルされながら問いかけられ続けています。例えば『虐殺器官』(伊藤計劃)なんかもその一つでしょう。

 『鉢の底』(ジョン・ヴァーリイ)は、 長篇『へびつかい座ホットライン』を初めとする「八世界」シリーズに属する短篇です。

 「爆発宝石」と呼ばれる、金星でしか産出しない美しい宝石。その原石を求めて金星の荒野に向かった火星生まれの青年が、謎めいたガイド(もちろん美少女ですよ)と共に発見した宝石の正体とは。

 ヴァーリイの「八世界」シリーズといえば、あらゆる環境下で活動できるようになるフィールド(エネルギーバリアみたいなもん)などの空想テクノロジー、身体改変(性変換も含む)、クローニング(記憶再生も含む)など、様々なアイデアをぶち込んで異質化した社会風景を描く、というタイプの作品が揃っており、子供の頃はそのクールさにシビれたものですが、今になって再読すると、その「クールさ」それ自体の「ダサさ」に辟易する感がなきにしもあらずです。

 さて、特集とは別に、読み切りとして『日本怪談全集』(深堀骨)が掲載されています。深堀骨ですよ、深堀骨。『アマチャ・ズルチャ』の人。内容は、まあ何というか、密室殺人の謎に挑む怪奇探偵、犯人は幽霊に違いない(だって密室なんだもん)、じゃひとつ呼び出してみやしょう、ひゅーどろどろ、わあ出た、四谷怪談のお岩さんに、牡丹灯籠のお露さん、皿屋敷のお菊さんまで、ところであんた小幡小平次さんこんなとこで何してんの、うわ化け猫まで出たよこりゃ参ったね、さあ真犯霊は誰でしょう、みたいな。

 どこがSFやねん、と突っ込む前に脱力必至のくだらなさですが、でも深堀骨、五年ぶりの新作、というだけで気になる人は読みましょう。

[収録作]

『夜来たる』(アイザック・アシモフ)
『輪廻の蛇』(ロバート・A・ハインライン)
『オメラスから歩み去る人々』(アーシュラ・K・ル・グィン)
『鉢の底』(ジョン・ヴァーリイ)


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『パラダイス』(トニ・モリスン) [読書(小説・詩)]

 米国のノーベル文学賞作家トニ・モリスンの作品を、なるべく原著の発表順に読んでゆくシリーズ“トニ・モリスンを読む!”。今回は彼女の第七長篇を読んでみました。原著の出版は1998年。単行本の出版は1999年2月、私が読んだ文庫版の出版は2010年6月です。

 銃で武装した九人の男たちが、町外れにある修道院を襲撃し、そこにいる女たちを皆殺しにしようとする。比較的ゆっくりとした導入部で始まることが多かったこれまでの作品とは違い、本書は最初のシーンからいきなり衝撃的。既に娘が一人撃たれて倒れており、これが比喩や誇張ではなく、本当の殺戮劇が始まっているのだ、ということが明らかにされます。

 なぜ、どうして、誰を、誰が。読者の疑問は宙ぶらりんにされたまま、いやおうなしに続くサスペンスシーン。修道院内を探索する襲撃者たち。必死に逃げる女たちの疾走がスローモーションになり、その背中に銃の照準が向けられる。ここで第一章が終了。ほとんどサスペンス映画のような、読者の心をつかんで離さない力強い導入です。

 続く章では、この惨劇に至るまでの経緯が語られてゆきます。舞台は人里離れた場所に孤立した閉鎖的な黒人コミュニティ。その創設から現代に至るまでの各家三代に渡る物語が次々と展開するのです。

 個々のプロットそのものはいわゆるソープオペラ。若い男女のいさかい(妊娠告知、痴話喧嘩、平手打ち)、不倫と三角関係(夫の愛人と本妻との間に芽生える奇妙な友情)、恋人の浮気(しかも相手は実母)、ロードムービー(車を盗んで夫と警察からひたすら逃走し続ける女)、などなど。

 話は典型的なソープオペラでも、これがトニ・モリスンの手にかかると神話的色彩を帯びてくるのに驚かされます。そして次第に浮き彫りにされてゆく、差別意識に基づいた対立構造。白人による黒人差別は本作では遠い背景となり、ここで中心となるのは、肌の色の濃淡による黒人間の対立、女性に対する抑圧、世代間の対立、保守とリベラルの思想的対立、宗派間の確執など。

 白人からはもちろん、黒人からも排斥された人々が創り上げた小さな町。虐げられ誇りを傷つけられた人々を救う楽園であったはずのコミュニティが、様々な対立によりゆっくりと崩壊してゆきます。そう、これは楽園追放と原罪の物語でもあります。

 保守的な男たちは、全ての原因を町外れの修道院に住み着いた「自堕落な女たち」に押しつけ、彼女たちを排除しさえすれば、昔のようなパラダイスを取り戻せる、と信じるに至ります。というか、本音では、気に入らない(自分たちの支配下にない)女たちを脅して追い出してやれ、くらいの気持ちで、ロクな当事者意識もなしに襲撃に走ります。これが惨劇を生むのです。

 虐げられた人々がより弱い立場の人々を迫害し、当事者意識の欠如により事態がエスカレートしてコントロール出来なくなる。いつでも、どこでも、人間が繰り返してきた悲劇です。

 そして、ついにストーリーは最初の襲撃シーンに到達するのですが、今や読者は修道院に逃れてきた女たちがどのような人間であり、どのような事情でそこにいて、どのように生活しているのか、その各人の物語を知り、強く感情移入しています。彼女たちの運命は極めて切実なものに感じられます。そして・・・。

 通俗的メロドラマが神話へと上昇してゆき、ついに最終ページで「パラダイス」に至る、そのラスト20ページはとにかくぼろぼろ泣けます。

 文庫判で600ページ近い分量。150人を超える登場人物。実際的レベルでも、神話的象徴のレベルでも、完全に読み解くのは困難なほどに複雑に入り組んだ構造。時系列順に物語を説明するのではなく、パズルの断片を少しずつ提示するようにして読者に主体的に物語を組み立てさせる、そんな緻密で高度な語りの技法。それでいて、映画かTVドラマを観ているかのように、はらはらどきどきしながら気楽に読み進めても問題なく楽しめる、小説としての面白さ。

 さすがトニ・モリスンの代表作と言われるだけのことはある大作です。

 なお、文庫版では付録として「九家族家系図」として、主要なファミリーの家系図が掲載されています。これは複雑な家族関係を理解する上でとても助けになります。それもあって、これから読む方は、単行本よりも文庫判の方をお勧めします。

    アマゾンでも購入できます。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4151200614/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ひとり上手な結婚』(山本文緒、伊藤理佐) [読書(随筆)]

 人気作家と人気漫画家。それぞれ結婚に一度失敗し、おひとり様生活を経て、同業者と再婚、という似たような経歴を持つ二人が、読者のお便りに答える「結婚お悩み相談」。IN★POCKETの好評連載が単行本にまとまりました。出版は2010年8月です。

 基本的には、読者から寄せられた結婚まわりの相談に、二人がそれぞれ文章と漫画で答える、という人生相談形式をとっています。が、実のところ二人ともそれぞれ自分の結婚生活についてあれこれ語り倒すのに忙しく、これは要するに私生活暴露エッセイ本だと思ってよいかと。

 まず伊藤理佐さんのコミックエッセイですが、個人的にはこれが凄く面白くて。

「自分より年収が上の男って、楽・・・!!」、

「わたし人間は顔だ!! と思うんです~」
「顔が好きじゃない人となんかいっしょにいられないと思うんです~」

「わたしの結婚指輪のドアは閉まっていまして」
「開けてみますと・・・」(ギィィ)
「やっぱりいました。「めんどうくさい」が」(あん?)
「あと「買ってもらってもつけない」が花を摘んでました」(そーれ)

「夜中にふと目がさめた時・・・」
「となりのオットの人が起きてるってこわいものですね・・・」(わ、わあっ)
「ど、どうしたの?」
「・・・おまえが」(夜なのでどうこうひらきまくり・・・)
「夢の中で他の男の子供を産んでいた・・・」(ねぼけているので本気で怒っている)
「ご、ごめん」
「え!? でもそれって夢・・・」
「さ、寒・・・!!」

 吉田戦車(伊藤理佐のオットの人)、凄くいいキャラ出してると思います。ちなみに連載開始時には「新婚漫画家」だった伊藤さんですが、単行本の後半になると「妊娠漫画家」になり、妊婦ネタが多くなるのもライブ感満点。今年のはじめに無事ご出産なされたそうで、伊藤理佐さんの育児漫画に期待したいと思います。

 一方、文章ですが、漫画に比べると真っ当というか硬めのエッセイになっています。山本文緒さんは私と同い年なのですが、この世代にしては保守的な価値観の持ち主らしく(ちなみに、そういう保守的価値観に合わせて生きるか、それとも逃げちゃうか、ヒロインがぐじぐじ延々と悩み続ける、という小説を得意としているような気もします)、割と優等生的な内容。

 ただし、いきなり「ええ私、再婚するまで真夏のエアコン設定温度十八度の女でした」(単行本p.167)と告白したり、「いきものがかり」というバンド名について「なんとなく、死にもの狂いの反対語みたいなのをつけたのかと思ってた」(単行本p.87)と言い出したり、不意討ちでツボに入っちゃうような話が出てくるので油断なりません。

 それにしても、なんで「いきものがかり」が「死にもの狂い」の反対語になるのか。久しぶりに会った伊藤理佐さんに、「ねーねー、リサリサはブラジャーどのくらいで換える?」と問うのはどういう「さぐり」なのでしょうか。山本文緒さんの意外な一面をかいま見た思いがします。

 なお、巻末には『セキララ結婚生活』のけらえいこさんも加わった女三人によるセキララ結婚生活トークも収録されていますよ。

 というわけで、伊藤理佐、吉田戦車(けっこうネタが出てくる)、山本文緒、どなたかのファンなら読む価値ありです。結婚相談、人生相談としては、うーん、あんまり参考にはならないかも知れません。というか、男性読者は基本的に置いてけぼりです。本所七不思議です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ネコのI.Q.テスト』(E・M・バード) [読書(教養)]

 あなたの飼い猫の知能指数をテストしてみようという一冊。出版は2009年4月です。

 タイトルがタイトルだし、巻末に付いている「優秀成績猫のための表彰状」なんてのも愚かしいし、最初は何かの冗談かお遊び(動物占いの類)かと思っていたのです。が、ちらちらと読んでみると、これが大真面目なテストなんですよ。

 猫の能力(知的な発達)を次の4つの分野について測定してゆきます。

 最初は「1. 総合的な調整能力」で、これは筋肉の使い方、反射神経、身体バランスやコントロールなどを図ります。この分野の能力が不足していると、うちの「ゆうきち」のように、本棚の上で昼寝していて、寝返りを打った拍子に床に落下することになります。

 続いて「2. コミュニケーション(意思伝達)の能力」。自分の存在を周囲に知らせ、他者の注意を引きつける能力を図ります。この分野の能力が不足していると、うちの「いでさん」のように、うっかり洗面所に何時間も閉じ込められ、しかも飼い主も他の猫もそのことに気付かない、ということになります。

 次は「3. 推理能力」。周囲の環境への対応、問題解決、集中力などを図ります。この分野の能力が不足していると、うちの「みねこ」のように、お客さんとしばらく遊んでいて、ふと我に返って、それまで一緒に遊んでいた人が見知らぬ他人であることにようやく気付いて、無意味に「しゃぁーっ」とか威嚇して笑われることになります。

 最後は「4. 社会的な行動能力」。まわりの人間や他の動物とうまくやってゆく能力を図ります。この分野の能力が不足していると、うちの「みくに」のように、特定の相手(彼女の場合は、ゆうきち)を見ると「みゅみゅみゅみゅみゅ」と意味不明な奇声を発して、他の猫を突き飛ばしながら突進し、その相手を押し倒して腹に頭を乗せる、という意味不明な非道を繰り返した挙げ句、皆から嫌われて孤独な引きこもり猫になってしまいます。

 お分かりの通り、本書では人間でいう「知力」だけでなく、もっと広く「うまく生きてゆく能力」を総合的にI.Q.ととらえているようです。

 テストはこんな感じです。それぞれの項目について、その頻度によって点数を付けます。全然しないなら1点、いつもやるなら5点という具合です。点数にテストの種類によってウエイトをかけて(例えば、いくつかのテストの点数を2倍にする)、最後に集計。合計点によって猫のI.Q.が分かるというわけです。

・与えられた食べ物が、気に入らないという意思表示ができる。
・自分の食事を用意する音をききわけられる。
・目を覚ましているとき、少なくとも120秒は完全にじっとしていられる。
・必要に応じて、さまざまな鳴き声を使い分ける。
・時間の感覚を持っている。飼い主が帰ってくるのを予知する等。
・天気の変化を、向こう一週間、予知できる。
・求められれば、座ったり、立ったり、転げ回ったりできる。
・前足でモノを片方からもう片方に投げ上げる「お手玉」が出来る。  
・人間のトイレで用足しをする。
・後ろ足で立って、少なくとも5秒はちゃんと立っていられる。
・後ろ足で立って、少なくとも5歩、歩ける。

 実際に点数をつけないまでも、どのような行動が猫にとって「優れた素質」を示しているのか、知るだけでも興味深いと思います。

 というわけで、うちの猫についてはあえてテストしませんが、猫の飼い主は挑戦してみても面白いかも知れません。結果の正確さについては保証の限りではありませんが。というか、ペットなんだから別にI.Q.が低くても問題ない、というかむしろその方が愛嬌があって可愛いと思いませんか。ですよね。ですよね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『BBC EARTH グレート・ネイチャー episode2 サケの大遡上』 [映像(映画・ドキュメンタリー)]

 衝撃と感動の『プラネットアース』から三年。BBCの新たな自然ドキュメンタリー・シリーズ『BBC EARTH』がやってきました。既に第5シリーズまで発売済で、来月には全6シリーズ34エピソードが全て店頭に並ぶわけですが、ここで焦っても仕方ありません。まずは第1シリーズ『グレート・ネイチャー』全6エピソードを収めたブルーレイBOXセットを購入してみました。

 最初のエピソード1だけ先行して廉価版(1500円以下)で発売されているのを6月に購入したのですが、後から購入したBOXセットにそれをそのまま挿入できるという仕掛けになっていて、これはとても良い工夫だと思います。

 エピソード2『サケの大遡上』は、北米大陸の温帯雨林が舞台となります。年に一度、太平洋サケが産卵のために生まれた川に戻ってくるのです。5億匹ものサケが一斉に川を遡ってくる、その移動距離は総計5000キロに達するというから唖然とさせられます。

 日本の総人口の5倍のサケが、東京・大阪間の実に10倍の距離を、絶食したままひたすら泳ぎ続ける。川が盛り上がって逆流するようなその大遡上こそが、内陸部に住むハイイログマを初めとする多数の動植物の生命を支えているのです。

 というわけでカメラはまず北米大陸のハイイログマの親子を追います。春になって冬眠から覚め、ロクな食べ物もなく、ひたすらサケが遡上してくるのを待っているハイイログマの姿がばばーっん、とアップで。毛の一本一本まで鮮明に、まるでほれ、すぐそこにいるかのように、リアルに生々しくお茶の間に。

 というか、よく考えたら、こいつグリズリーというか、要するにヒグマ。しかも飢えた巨大ヒグマが、すぐそこでこっち見てる。結構怖い体験かも。

 ふと『百姓貴族』(荒川弘)で荒川さんが、「北海道のヒグマの大きさ知っていると、本州のツキノワグマなら闘って勝てそうな気がするよ」などと気軽に発言した後、ニュースでツキノワグマの恐ろしさを知り、「私の発言は戦場で呂布を見た後に、関羽を見て、「あ、関羽なら勝てそー」って思っちゃうような、おろかな発言でした!!!」と汗流しながら謝るエピソードを思い出したり。そうか、ヒグマは呂布か。

 でも大丈夫。これは超望遠カメラでとらえた映像で、カメラマンはうんと離れて撮影しているのです。そうです。危険はありませんとも。

 ハイイログマが川の中に入り、水底に沈むサケの死体を後ろ足でとろうとして、背が立たなくて必死こいて立ち泳ぎしている(意地でも顔というか耳を水につけたくないらしい)ユーモラスな姿を水中からとらえたシーンには微笑んでしまいましたが、ちょっと待て、水中では望遠カメラは使えません。つまりこの映像はカメラマンがハイイログマつーかヒグマから数メートルしか離れてない場所で水に潜って撮影しているということに。それはあまりにも危険な撮影なのでは。

 ちなみにメイキングで確認すると、まさにその通りの撮影風景でした。ひぃ。

 さて、このエピソードの最大の見どころは、何といっても超スローモーションで映し出されるサケの滝のぼりシーンでしょう。滝の下の水面がいきなり割れて、サケが飛び出してくるのです。そのままサケは滝の上に向かって空中を滑るように飛んでゆきます。これは人間が四階建てビルを跳び越えるのに匹敵するちからわざだそうです。

 次々と飛翔してゆくサケ。その軌道の頂点で、待ち構えていたハイイログマが空中でサケをキャッチしてかぶりつく光景も超スローモーションで見せてくれます。同様に鳥が急降下して水中のサケを捕らえて飛び立つシーケンスも。驚くべき攻防の様を、時間を100倍に引き延ばしたハイビジョン映像で見ることが出来るなんて、何という感動。

 他にも、水中カメラでとらえたサケの集団産卵など印象的なシーンも多く、最後は内陸部の森林が吸収する窒素の実に80パーセントがサケ(の死骸)によってはるばる海からもたらされている。つまりサケの大遡上は、サケの存続だけでなく、ハイイログマやキツネや猛禽類、さらには森林そのものを支えているのだ、という生態系の驚くべき姿が明らかに。

 というわけで、「実は先行販売されたエピソード1だけが凄くて、後は退屈なのではないか」という一抹の不安も消し飛ぶ驚異的な映像でした。もったいないので、少しずつ観てゆくことにします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画