So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『宇宙の未解明問題』(リチャード・ハモンド) [読書(サイエンス)]

 宇宙論における未解決の問題について、一般向けに解説してくれる一冊。ブルーバックス(講談社)の出版は2010年6月です。

 理論物理学者が書いた本なので、一般向けとは言っても内容にかなりの歯ごたえがあります。特に4章以降は、それなりに「場の量子論」の数学的基礎が分かってないと理解は難しそう。もちろん「雰囲気だけつかめればいいや」と割り切って面倒なところは読みとばしても楽しめます。というか私はそうしました。

 全体は10章に分かれており、話題は宇宙論から素粒子論へと展開してゆく構成になっています。まず「第1章 加速する宇宙」では、宇宙の膨張速度が増大しているというショッキングな観測結果から、暗黒エネルギー(ダークエネルギー)の存在が議論されていることが解説されます。

 続く「第2章 暗黒物質の正体」では、銀河の回転速度分布が(ニュートン力学に従ってないように見えるという意味で)異常であることから提唱された暗黒物質(ダークマター)についての解説。銀河内質量の90パーセント近くが正体不明の暗黒物質だと考えられている、という驚くべき事実へと読者を導きます。

 「第3章 宇宙線の謎」では、いわゆる「超高エネルギー宇宙線」の謎を扱います。地球から観測される宇宙線のエネルギーには理論的上限(GZK 限界)があるにも関わらず、それを超えるエネルギーを持つ宇宙線が観測されている。誰にもその理由が分からないわけで、暗黒エネルギーや暗黒物質に比べると地味ですが、実に魅力的な謎だと思います。

 「第4章 無限量の不思議」は、場の量子論で多用される、無限量への発散を防ぐための「くりこみ」という数学的操作についての解説です。これ自体はたぶん謎ではありませんが、続く章を理解するための基礎の一つとなります。

 「第5章 ヒッグス粒子は存在するか」は本書のハイライトと言えるでしょう。大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の最大の目標はヒッグス粒子の発見です。これが見つかればあらゆる素粒子の質量を生み出すメカニズム(ヒッグス機構)に関する理論が正しいことが確認されるし、逆に発見されなければ標準理論全体がアウトという、まさに人類の英知が試される実験です。この章は、素粒子論のなかでヒッグス粒子が果たしている役割について解説してくれます。

 「第6章 量子重力の難題」は、重力量子論という最難関への挑戦について語られます。ちょっと引用しておくと

「大学院に入った年の夏、ぼくは指導教官に資格試験のための勉強をしろといわれた。(中略)試験は受けるけれども、まず重力場を量子化したいとぼくは申しでた」(p.134)

 自信過剰で生意気で向こう見ずな大学院生らしいエピソードですが、実際には重力場の量子化は極めて難しい問題で、いまだに解決されていません。この章は、それがなぜ難しいのかを、まさに専門家が解説してくれます。

 「第7章 ワームホールは存在するか」は、遠隔地の領域をつなぐ歪曲空間であるアインシュタイン・ローゼン橋、通称「ワームホール」の数学的基盤についての解説。「第8章 ひも理論の予言」は、相対性理論と量子力学の統合を目指すいわゆるスーパーストリング理論についての解説。「第9章 宇宙の起源」は、ビッグバンの瞬間(特異点)をめぐる議論を紹介し、最後の「第10章 ミステリーノ」では、未知の素粒子、負の質量、重力波の検出、そしてパイオニア10号の軌道異常に至るまで、様々な未解決の謎を横断的に紹介して終わります。

 通読すると、何しろ空間(場)、宇宙、質量、重力といった基本的なところで未解明の謎があまりにも多いことに驚き、「実は私たちは何も分かっちゃいないのでは・・・」という不安すら覚えますが、それはおそらく良いことでしょう。

「物理学の最大の成果の一つは、こんな難題について考えをめぐらすことができるようになってきたことだ」(p.8)

という著者の言葉の通り、こうした「謎」の存在は、理論と観測の両方が発展したからこそ見つかったのです。素粒子から宇宙まで、ビッグバンから加速膨張まで、時間と空間の極限や存在の根源を「問える」ところまでついに人類はやってきたのだ、という感銘を受けました。

 前述の通り、一般向けとしては内容的にやや難しい上に、著者のジョークというかユーモアがすべり気味なのが痛いのですが、理論物理の最先端で何が議論されているのか、その概要あるいは雰囲気を味わいたい方にはお勧めです。大学で場の量子論をきちんと学んだ方はより楽しめることでしょう。ああ、うらやましい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ヘミングウェイごっこ』(ジョー・ホールドマン) [読書(SF)]

 『SFが読みたい!2010年版』において、ベストSF2009海外篇第十五位に選ばれたホールドマンの異色SF長篇。単行本(福武書店)出版は1991年、私が読んだ文庫版(早川書房)は2009年に出版されています。

 ジョー・ホールドマンと言えば、一兵士の立場から宇宙戦争(のふりをしたヴェトナム戦争)をリアルに描いたヒューゴー賞受賞作『終わりなき戦い』を読んで大感激。てっきり続編だと思って、同じくヒューゴー賞を受賞した『終わりなき平和』を読んでみたら全然別の話だったのでがっかり。なあんていう思い出も、今となっては懐かしい限りです。

 そんな“終わりなき”作家ホールドマンの作品は前述の『戦い』と『平和』しか読んだことがなかったのですが、実はヒューゴー賞を受賞した長篇がもう一作あると知って、あわてて読んでみました。それが本書です。

 売れない作家にしてヘミングウェイ研究家でもある主人公は、酒場で出会った詐欺師の口車に乗って、有名な「ヘミングウェイの紛失原稿」の贋作詐欺に取り組むことになる。若いころのヘミングウェイが使用していたのと同型のタイプライターと古い紙を手に入れ、専門家としての知識を注ぎ込んで、ヘミングウェイの失われた原稿を偽造してゆく主人公。

 ところがそこに、ヘミングウェイの姿を借りた、神だか悪魔だか未来人だか何だかよく分からない超越者が登場して、贋作を中止するように要求してくる。それが世に出れば、多くのパラレルワールドに壊滅的な悪影響を与えてしまうというのだ。要求を拒否した主人公はあっさり殺されるが、気がつくと別のパラレルワールドにいる別の「自分」に意識が合流していることに気付く・・・。

 何度殺されてもその度に別の時間線にいる「自分」に合流することで決して死なず記憶も失わない主人公。ついにあきらめた超越者は、贋作を中止してくれたらタイムトラベルによりヘミングウェイが原稿を紛失したその現場に送り込んで真相を見せてあげよう、という割と腰の低い申し出をするのであった。お気の毒。

 ヘミングウェイ贋作という詐欺小説として始まる作品ですが、何しろホールドマンはヘミングウェイ研究家でもあるそうで、前半はまさに水を得た魚のような雰囲気。ヘミングウェイに関する数々のトリビアと共に、原稿を偽造する過程が詳細に、そして楽しげに書かれています。作中に登場する贋作原稿がそのまま掲載されているのも、いかにもファン小説っぽくて嬉しそう。

 途中からパラレルワールドSFへ、続いてタイムトラベルSFへと強引に展開し、そこに妻と愛人と詐欺師を巻き込む四角関係といった定番メロドラマがこれまた楽しげに挟まれ、濡れ場あり、アクションシーンあり、もちろんホールドマンですからヴェトナム戦争シーンあり、という具合に何だか好き勝手に投げ込んでプロットが大混乱している観が強い後半ですが、不思議と腹は立たない、というより愉快です。

 まあ、「贋作ゲーム」に「タイムトラベル」がからむとなればオチは決まってるも同然なわけで、その見え見えのオチまでどれだけ読者を飽きさせず引っ張ってゆくかが問題になります。こういう混乱した大騒ぎの展開で、何が本筋だかよく分からなくなってきたところで素早くオチに持っていってさっと終わせる、という手際はお見事。

 というわけで、途中で何度か挿入される贋作部分を含めても300ページに満たないごく短い長篇ですが、最初から最後まで作者の趣味まるだしという異色SF。私は微笑ましいと思いましたが、読者によっては腹立たしく感じるかも知れません。ヘミングウェイかホールドマンか、どちらかのファンなら問題なし。あと「色々な要素が無造作に詰め込まれているせいでテーマ分類が困難な、あえて言うなら“変なSF”」が好きな方にお勧めします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『SFマガジン2010年11月号 ハヤカワ文庫SF創刊40周年記念特集 Part.II』 [読書(SF)]

 SFマガジンの2010年11月号は、先月に引き続き、創刊40周年を迎えたハヤカワ文庫SFの特集号。ハヤカワ文庫SF完全リスト(下)に加えて、80年代以降に話題となった人気作家の短篇四作を掲載してくれました。長いこと埋もれて伝説化していた一作を除いて他は全て本邦初訳という、内容はともかくとして新鮮な作品ばかり。

 まずは、『ジャッジメント・エンジン』(グレッグ・ベア)。百億年をこえる超遠未来に、データ人格として「復活」させられた男が主人公。既に宇宙は終末期をむかえており、人類の末裔たちは残されたわずかなエネルギーを使って自分たちの意識を次の宇宙サイクルへ送り込む計画を進めている。そこで生じた思想上の争いが深刻化し、解決困難な倫理ジレンマに陥った彼らは、再構成した古代精神つまり主人公に「調停」させようと試みたのだが・・・。

 百億年先という超遠未来の風景から始まる導入部にはわくわくさせられるのですが、肝心のストーリー展開がちょっと肩すかし気味で(最後の審判、原罪、世代間闘争、痴話喧嘩、と進みます)、竜頭蛇尾の感は否めません。というか、そこがグレッグ・ベアらしいという気もしますが。

 次は『温かい宇宙』(デイヴィッド・ブリン)。人類の多くが超伝導プロセサ上で思考するロボット/サイボーグ化されている未来。宇宙開発や科学研究の最前線を彼らニュータイプに独占されたオールドタイプ(原生人類)たちは、未来に絶望して無気力に生きている。そんな時代。

 ついに超光速航法が開発されたものの、何度トライしても搭乗員たちが全滅してしまうという深刻なトラブルが発生。調査しても死因は不明。自棄になった上層部は、試しにオールドタイプを乗せてみようということになり、こうして主人公はこれまで誰一人として生還したことのない超光速航行へ生身の身体のまま挑むことになる。オールドタイプの意地をかけて。

 アシモフやニーブンの短篇を連想させる、いかにも古めかしいアイデアストーリーです。基本アイデア(搭乗員たちの死の原因)は無茶なんですが、だっていくら何でもこれを見落とすというのはあり得ないでしょう、でも、何しろ、ほら、読者もいい歳なんで、「オールドタイプを馬鹿にするな。宇宙はわしらのもんじゃ」という作品を読めば嬉しい、という習性からは逃れられません。楽しめました。

 そして『手を叩いて歌え』(オースン・スコット・カード)。大富豪となった老齢の主人公は、若いころに戻って初恋の相手と一夜の思いを遂げようと、タイムマシン(精神のみ過去に飛ばすタイプ)に乗り込んで、若いころの自分に乗り移る。

 典型的なタイムトラベル・ラブロマンスです。ちょっとしたひねりが加えられており、オチはけっこう意外。悪くはないのですが、何というか、80 代の老人が「青春の思い出」みたいな言い訳で14歳の女の子を騙してヤっちゃう話を無理やり純愛ロマンスに仕立てる強引さに、ちょっと引いてしまいます。その女性観も含めて、いかにもオースン・スコット・カードらしい作品。

 最後は『ジョージと彗星』(スティーヴン・バクスター)。あるとき目覚めた主人公は、自分がヒヨケザルになっていることに気付く。世界には一本の木と草原しかなく、空には終末期の太陽と巨大な彗星。どうやらここは50億年後の太陽系らしい。誰が、何の目的で、彼を「復活」させたのだろうか。謎を探るべく、世界樹から降りて地の果てを目指して走り始めた彼だったが。

 フィリップ・ホセ・ファーマーの『リバーワールド』を彷彿とさせる設定ですが、そこはやはりバクスター。宗教的寓意はほとんど感じられず、壮大っぽいハードSFとなっています。主人公を「復活」させた存在は出てきませんが、それが仕出かした数々のミスが微笑ましく、神というより納期に追われたプログラマみたいな雰囲気なのが妙に可笑しい。壮大な設定、地味な展開。バクスターの持ち味が堪能できる好短篇だと思います。

 この四篇が選ばれた基準はいま一つよく分かりませんが、「遠未来に“復活”させられた主人公」、「時代に取り残された主人公の悲哀」といったモチーフが共通しているのは、おそらく偶然ではないでしょう。(追記参照)

 実は「自分はクールで知的でイケてる若きサイファイだと思っていたのに、ふと気がつくと、時代の流れについてゆけない依怙地なオールドSF者に成り果てているではないか。どうしよう」という問題意識こそが、80年代以降のSFにおける主要テーマなのかも知れません。

追記(2010年10月01日)
  作品選定に関わった山岸真さんからコメントを頂きました。
  「「モチーフが共通している」のはただの偶然です」とのこと。


[掲載作]

『ジャッジメント・エンジン』(グレッグ・ベア)
『温かい宇宙』(デイヴィッド・ブリン)
『手を叩いて歌え』(オースン・スコット・カード)
『ジョージと彗星』(スティーヴン・バクスター)


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ラヴ』(トニ・モリスン) [読書(小説・詩)]

 米国のノーベル文学賞作家トニ・モリスンの作品を、なるべく原著の発表順に読んでゆくシリーズ“トニ・モリスンを読む!”。今回は彼女の第八長篇を読んでみました。原著の出版は2003年。単行本(早川書房)の出版は2005年3月です。

 どうもトニ・モリスンの長篇作品は、デビュー作から数えて奇数番目の作品と偶数番目の作品で傾向が分かれるような気がします。奇数番目は、第三長篇『ソロモンの歌』、第五長篇『ビラヴド』、第七長篇『パラダイス』という具合に、多数の登場人物が織りなす複雑で重層的で神話的なストーリーを特徴とする大作ばかり。

 これに対して、第二長篇『スーラ』、第四長篇『タール・ベイビー』、第六長篇『ジャズ』といった偶数番目は、特定の人間関係を中心に置いて、周囲の様々な登場人物の視点からその関係(友情や愛情、軋轢、裏切り、和解など)を浮き彫りにしてゆく、比較的こじんまりとした作品となるようです。

 第八長篇となる本作は、そんな「偶数番目」の総決算とも思える傑作です。

 黒人用の高級ホテル・リゾートの経営で財をなした富豪、彼の孫娘、そして老齢となってから彼が結婚した幼い後妻、この三名の人間関係が中心となります。かつては親友だった二人の少女は、この結婚によって引き離され、やがて対立し、憎み合うようになります。

 富豪が死亡し、その財産が後妻に引き継がれたとき、長いこと家を離れていた孫娘が戻ってきて財産権を主張したことから、たちまち巻き起こる激しい遺産相続争い。いがみ合い、憎しみあいながら、しかしお互いを必要とする二人は、やむなく互いに監視し牽制しあう奇妙な同居生活を始めることになるのでした。

 親友だった二人の少女が社会的な力により引き離され、やがて対立と軋轢に苦しみながらも、どこかで友情を保ち続ける、というプロットは、明らかに第二長篇『スーラ』の発展形でしょう。

 舞台となる高級ホテルリゾート、富豪とその妻と親戚、使用人夫妻、その孫の激しい恋愛、といった舞台仕立てからは、第四長篇『タール・ベイビー』を連想せずにはいられません。

 葬儀の場における諍い(女性が別の女性にナイフで切りつけようとする)や、ときどき挟み込まれる謎めいた女性の回想など、第六長篇『ジャズ』で使われたモチーフや音楽的な語りの技法も見事に活かされています。

 このように、これまでの偶数番目の長篇を集大成したような作品ですが、その密度と完成度は驚くべきものです。主役となる二人の女性の関係を中心に、様々な登場人物の物語が語られ、次第に全体像が見えてきた頃には、もう最終章にたどり着くという、短く、無駄のない、研ぎ澄まされた、ナイフのような切れ味。

 最終章では、『スーラ』でついに叶わなかった和解と友情の回復が描かれるのですが、その感動的(あるいは感傷的)なことときたら、胸がつまり、涙が出てきます。いや本気で泣けるので、最終章を電車の中で読むとか、そういうチャレンジは避けた方がいいと思います。

 最後の最後に、ええ、驚愕のどんでん返しが待っています。トニ・モリスン作品でこういうミステリ的な仕掛けが用意されたのは初めてだと思うのですが、これが見事に決まっています。明らかになる意外な真相。色々と腑に落ちなかった謎めいた記述に意味が通り、作品全体の本当の構図が鮮やかに提示されます。誰が二人を引き裂き、誰が二人をつなぎ止めたのか。タイトルの意味するところ。そして驚きの後にやってくる、静謐で美しい、感動的なラストシーン。二度泣き必至。

 というわけで、個人的には、トニ・モリスンのこれまでの作品で最も気に入りました。単行本で300ページにも満たないごく短い長篇ですが、トニ・モリスンの高度な語りの技法が詰め込まれているので、一行一行に注意を払いながら丁寧に読み進める必要があります。ですが、その苦労は最終章で報われます。おそらくは感動の涙とともに。

    アマゾンでも購入できます。
    http://www.amazon.co.jp/dp/4152086254/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『まだ科学で解けない13の謎』(マイケル・ブルックス) [読書(サイエンス)]

 タイトルの通り、現代科学の様々な分野における悩ましいアノマリー(変則事象)とそれに取り組む研究者の姿を紹介し、これらの謎がパラダイムシフトを引き起こす見込みについて論じる一冊です。単行本(草思社)の出版は2010年5月。

 よく知られているように、科学は必ずしも漸進的に発展してゆくものではありません。少しずつ研究を積み重ねて行くうちに、奇妙な謎、説明不能な事象があちこちで見つかり、やがて手に負えなくなってゆく。もはや行き詰まったかと思われたときに、途方もない新しいアイデアが登場して、科学者たちの世界観をくつがえしてしまう。こうして謎の多くが解け、今度はその新しい世界観のもとでまた少しずつ研究を積み重ねてゆく。

 このような科学史観における「説明不能な事象」がアノマリーであり、それが引き起こす「世界観のくつがえし」がパラダイムシフトと呼ばれるものです。本書は、現代の科学においてこのパラダイムシフトの前兆であるかも知れない13のアノマリーを取り上げて、分かりやすく紹介してくれます。

 最初は物理学、天文学におけるアノマリーから。

 「第1章 暗黒物質・暗黒エネルギー」では、銀河の回転運動の観測から存在が予想される暗黒物質(ダークマター)、宇宙全体の膨張速度が加速していることを説明するための暗黒エネルギー(ダークエネルギー)といった未知の存在が紹介されます。

 「第2章 パイオニア変則事象」では、太陽系からはるか離れた宇宙空間を飛び続けているパイオニア探査機が、ニュートン力学から予想されるよりも、ごくわずかに、だが説明がつかないほど、遅くなっているという謎が紹介されます。何らかのエラーか測定ミスか、未知の力が働いているのか、それともニュートン力学を修正する必要があるのか。余談ですが、『神は沈黙せず』(山本弘)というSF小説でこの謎が取り上げられ、お見事に解決してのけたのが今でも強く印象に残っています。

 「第3章 物理定数の不定」では、クエーサーからやってくる120億年前の光、そして20億年前に自然に発生していた核反応(いわゆる「オクロの天然原子炉」)の分析から、昔は物理定数が今とはわずかに異なっていたのではないか、つまり物理定数は「定数」ではなく、億年単位の長い時間が経てば変化するのではないか、という驚くべき仮説について探ります。

 「第4章 常温核融合」は、本書の中でおそらくホメオパシーと並んで最もキワモノ扱いされているテーマでしょう。パラジウム電極を用いて重水を電気分解することで核融合反応が起きる、という報告をめぐる騒動を扱います。最初に発表した化学者へのインタビュー、さらに常温核融合が否定された後の気になる展開(核融合に伴う中性子が検出された実験など)を取り上げてくれます。

 ここから先は生物学の領域へ。この分野におけるアノマリーは、最近発見された未知の事象ではなく、むしろ「当たり前だと思われていた事象が、生命と進化に関する理解が進むにつれて、実は説明困難な変則事象であることが認識された」というものになっています。

 「第5章 生命とは何か?」では、合成生物学(人工生命の創造を目指す取り組み)を通じて、実は「生命の定義」が極めて難しいことを示します。

 「第6章 火星の生命探査実験」では、火星探査機バイキング二号の実験で火星の土壌中に生命反応が検出された件とそれをめぐる混乱を取り上げます。

 「第7章 “ワオ!”信号」では、「異星人からの交信」という以外に説明のつかない特徴を持つ謎の電波が受信された事件について解説すると共に、地球外知的生命探査(SETI計画)の意義について論じます。

 「第8章 巨大ウイルス」では、通常に比べて桁外れに巨大な遺伝情報を持つウイルスの発見が、ウイルスの生物学的位置づけを揺るがしている件についての解説。そういえば、ロバート・ソウヤーの作品に、ウイルスの正体は実は古代火星人の子孫だった、という馬鹿SFがあったなあ。

 「第9章 死」および「第9章 セックス」では、なぜ生物が死ぬのか、なぜ有性生殖がこれほど普及したのか、その根本的な原因(目的)が実はよく分からない、それが進化してきた理由が充分に説明できない、ということを教えてくれます。

 そして最後の三章は医学、生理学に関わるもの。

 「第11章 自由意志」では、人間の「自発的」な行動が、実は意識する(行動を決断する)よりも前に始まっていることを確認した実験、さらにはあらかじめ決められていた選択を「自分の意志で選んだ」と確信させる実験などを通して、我々は本当に自由意志なるものを持っているのか、それともそれは幻想に過ぎないのか、という深刻な問題を扱います。

 「第12章 プラシーボ効果」では、効くという思い込みだけで偽薬(プラシーボ)が効果を発揮すると言われるプラシーボ効果について。そのメカニズムがさっぱり分からないこと、さらにプラシーボ効果は存在しないという実験結果も出ていること、など意外な事実を教えてくれます。

 「第13章 ホメオパシー」では、(ホメオパシー療法の裏付けと言われている)水が接触した物質の「記憶」を何らかの形で保持することがある、という仮説について扱います。著者は割と肯定的、というか「完全に否定するのは早すぎるのではないか」という立場をとっているため、反発を感じる読者もいるかも知れません。

 この章で最も興味深いのは、レメディ(ホメオパシー療法で用いる水薬)製造会社の工房に著者が乗り込んでいって取材した箇所でしょう。レメディを制作するための「材料」のなかには、「嬰へ短調」、「ミステリー・サークル」、「カエルの卵」(いわゆる「魔女の秘薬」の材料とされる)、といったものが含まれていたのだそうです。“嬰へ短調”をどうやって水に溶かすのか、と著者に質問された責任者が白目を剥いてみせるシーンは爆笑もの。

 というわけで、どの章も非常に面白い。自分が報告したアノマリーを否定するために何十年も研究を続ける研究者の姿(ここまで来ると誠実とか責任感とかいった言葉では表せませんが)。アノマリーの解釈をめぐる研究者の激しい論争。もしかしたら巨大なパラダイムシフトが起こりつつあるかも知れないという予感。

 スキャンダル扱いされ追放された科学者、朝食のテーブルで異星人の信号を見つけた科学者、驚異的な根気でパイオニア探査機の初期のデータを紙テープから読み取り続けた科学者、前人未踏のジャングルや深海ではなく病院の冷却塔から未知のウイルスを発見した科学者、など興味深いドラマもいっぱい。

 ポピュラーサイエンス本のわくわく感と、オカルト本のどきどき感が、ほどよくブレンドされた興奮の一冊、といえば良いのでしょうか。教科書に書かれていることが科学なのではなく、アノマリーの解明に取り組んでいる現場こそが科学と呼ばれる営みなのだ、ということがしみじみと実感できる好著です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: