So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『完全版 最後のユニコーン』(ピーター・S・ビーグル) [読書(ファンタジー・ミステリ・他)]

 『SFが読みたい!2010年版』においてベストSF2009海外篇第二十位に選ばれた名作ファンタジーの新訳と、37年ぶりに発表されヒューゴー賞・ネビュラ賞のダブルクラウンに輝いた続編『ふたつの心臓』を合わせた完全版。単行本(学習研究社)出版は2009年7月です。

 ル=グウィン『影との戦い』(『ゲド戦記』第一部)と同じ1968年に発表された伝説的なファンタジー作品です。

 あるとき同族が誰もいなくなっていることに気付いた一頭のユニコーン。自分がこの世で最後のユニコーンなのではないかという不安にかられた彼女は、仲間を探すために旅に出る。どうやらユニコーン達は、「赤い牡牛」と呼ばれる怪物に追われ、ある城に囚われているらしい。

 旅の途中で知り合った魔法使い(ただし魔法は使えません)、乙女(ただし二十年前は)と共に、城へ向かうユニコーン一行。そのころ城では、いつか魔王を倒し世界を救うだろうと予言された一人の王子が、勇者としてすくすくと成長しつつあった。

 というわけで、あまりにも定番的な設定に気恥ずかしくなったのか、作者は随所に王道的ファンタジーからのちょっとした「逸脱」を仕掛けています。『A列車で行こう』を歌う蝶、レコードを出してヒットを飛ばすのが夢という山賊頭、自分たちがあまりにも脇役っぽいので物語の主役が登場するのを待っている魔法使い。

 極めつけは、今の生活に満足している村人たちが、予言の成就を防ぐべく、「勇者になる前に王子を暗殺して、魔王を守ってほしい」と旅の一行に頼み込むシーンでしょう。

 演劇の途中で、それまでとうとうと大仰なセリフを唱えていた登場人物が、ふと役者に戻って、脚本家や演出家に対する辛辣な意見を口にして、それから何事もなかったかのように芝居を続ける、という演出がありますが、あれを思わせるような「くすぐり」が、特に前半に頻出します。

 しかしながら、後半、一行が城に到着してからは、「逸脱」は影を潜め、堂々たる王道ファンタジー的展開になります。「赤い牡牛」との二度に渡る対決。プリンセスに対する王子の求愛。魔法使いにやってくる目覚めの瞬間。崩れ去る城。そして大地を駈けゆく解放されたユニコーンの大群。

 37年後に発表された続編『ふたつの心臓』では、律儀なことに、作中でも37年の時間が流れているようです。

 かつての王子も今やよぼよぼ、半分ボケがきた老王となっている。そこにやってきた一人の少女が、自分の村がグリフィンに襲われているので助けてほしいと頼みこむ。やたらはりきって、年寄りの何やらで自ら怪物退治に出かける老王。

 死闘の末、見事グリフィンの心臓を刺し貫いた、と思ったものの、実はグリフィンにはふたつの心臓があるのだった。致命的な反撃を受けて地に倒れ伏す老王。もはやこれまでか。いや待て。彼方から走り来るあのひずめの音は。その白き姿は。そう、あれこそは、連邦の白いユニコーン・ガンダ・・・違う。

 少女の視点から書かれた本作は、いかにも若書きめいた『最後のユニコーン』と違って、さすがに円熟した筆の運び。短いながらびしっと決めてくれて、またヒロインとなる少女の健気さも印象的で、読みごたえがあります。この短篇は、執筆中という『最後のユニコーン』の続編長篇のプロローグに当たるそうで、いかにもそれっぽい終わり方をしています。個人的には、本編よりもこちらの方が好き。

 というわけで、早川ファンタジー文庫で既読の方も、『ふたつの心臓』を目当てにこの「完全版」を購入する価値があると思いますよ。もしかしたら今世紀中に続編長篇が発表されないとも限りませんし、心の準備はしておいた方がいいでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『ダンシング・ドリーム』(アン・リンセル、ライナー・ホフマン、ピナ・バウシュ) [映像(コンテンポラリーダンス)]

 今月から我が家でもようやく衛星放送を試聴する環境が整いました。そういうわけで、さる10月11日、NHK BS2「プレミアムシアター」でピナ・バウシュ特集を再放送してくれたのを録画しておき、観てみました。

 全体は三部に分かれていて、まずはヴッパタール舞踊団による来日公演『私と踊って』の舞台映像ですが、これはすでに実際の舞台を観ているため(2010年06月12日の日記参照)とりあえず早回し。

 次の「ピナ・バウシュの遺したダンス」は、舞踏批評家の貫成人さんによるヴッパタール舞踊団のジョセフィン・アン・エンディコットさんとドミニク・メルシーさんへのインタビューですが、個人的にはさほど興味深いとは思えませんでした。

 最後のパートは『ダンシング・ドリーム ~10代が踊るピナ・バウシュの「コンタクトホーフ」~』というドキュメンタリーフィルム。あまり期待しないで観ていたら、これがもう素晴らしい作品で、感激しました。

 アン・リンセルとライナー・ホフマンという監督二人が組んで制作したドキュメンタリー映画で、一般応募した(ダンサーではない)普通の10代の若者たちが、ヴッパタール舞踊団の指導のもとでピナ・バウシュの名作『コンタクトホーフ』を踊る、という公演を追ったもの。

 一年に渡って週一回のレッスンを続ける若者たち。最初は同年代の異性との身体接触だけでも嫌がっていた(「だって稽古場で顔をあわせるだけの知らない人なのよ!」)ダンスに関して素人だった彼らが、次第に真剣になってゆき、作品にうちこんでゆく様子。そして最初はぎこちなかった彼らが最後の公演でみせる感動的なパフォーマンス。

 途中に挟み込まれる若者たちへのインタビューも生々しく、そして映し出されるピナ・バウシュの姿も印象的。ちなみに、これがピナ・バウシュを映した最後の映像となったそうです。刮目しましょう。

 というわけで、若者たちの変容を通してピナ・バウシュの作品がどれほどの力を持っているのかをまざまざと見せてくれるドキュメンタリーフィルムです。最晩年のピナ・バウシュ、これから社会に乗り出してゆく10代の若者たち、その姿を重ねあわせることで「人生」というものを表現してのけた、これはピナ・バウシュの作品にも通じる傑作だと思います。

『ダンシング・ドリーム Dancing Dreams』
2010年制作
監督:ライナー・ホフマン(Rainer Hoffmann)、アン・リンセル(Anne Linsel)

 ちなみにDVDが市販されており、アマゾンでも注文できるようです。(ただし私自身は購入してないので、それ以上のことは分かりません)

    Dancing Dreams
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003Z9RJPC/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『SFマガジン2010年12月号 冲方丁特集/J・P・ホーガン追悼特集』 [読書(SF)]

 SFマガジンの2010年12月号は、『マルドゥック・スクランブル』アニメ化を記念して冲方丁の特集、および7月12日に逝去したJ・P・ホーガン追悼特集の二本立て。ホーガン追悼特集は追悼文および翻訳書リストに加えて、本邦初訳短篇が掲載されました。

 そのホーガンの本邦初訳短篇『プリンセスに銀の靴を』ですが、巨大な恒星間宇宙船に乗っている一人の少女と一体のロボットとの会話で構成された作品。発表は1979年といいますから、30年以上前に書かれたもの。

 少女は生まれたときからそこにいて、世話をしてくれるロボットを除けば他に人間を見たことがありません。彼女は成長するにつれて様々な疑問を持つようになります。なぜ自分はここにいるのか、なぜロボットと自分は違うのか。そしてついにロボット(を制御している人工知能)は時が来たと判断し、少女に世界の真実を明かす決意をします。彼女は何なのか、なぜここにいるのか、その真相を。

 まあ、要は『未来の二つの顔』の逆バージョンです。向こう側からアプローチしても結末は同じという、実にホーガンらしい作品。一部、『造物主の掟』のモチーフも混ざっています。

 科学と宗教の対立(そして科学は必ず勝つ!)、異質な知性どうしの出会い(そしてボクたちは必ず分かり合えるんだ!)。不見識にも近いオプティミズムと、無責任にも近いナイーブさ。ぜんぜん科学的じゃなくても、「科学」っていう言葉の響きから感じられる興奮はちゃんとある。あの頃、僕らを熱くさせたホーガンが、まさしくここにいます。

 今となっては正直読むに耐えない作品かも知れませんが、そう言って切り捨てたりすると『星を継ぐもの』に感動したあの頃の自分を否定するようで悲しい。多くのオールドSFファンがそう感じるんじゃないでしょうか。やっぱりホーガンはボクらのSF原点の一つ。「衝突する宇宙」SFを書いても、時間虫を書いても、ホメオパシーSFを書いても、心はいつもハードSF。というかホメオパシーSFは書いてないと思う。


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『東京コシツ』(森下真樹) [映像(コンテンポラリーダンス)]

 新作公演『月の的を射る犬』を観に行ったついでに購入した森下真樹さんのプロモーションDVD。2005年に発表したソロダンス作品『東京コシツ』の舞台映像が収録されています。

 といっても、上演時間はわずか十分。充分じゃなくて10分。600秒。映像は荒いし、会場の雑音で音がよく聞こえないし、正直言って、素人が観客席からビデオカメラで隠し撮りした映像かい、という印象です。それら全てをひっくるめて「臨場感あふれる映像」と前向きにとらえられる方でないと、つらいかも知れません。

 さて、舞台装置も何もなく、床に白いテープを張って作った二畳くらいのスペースにスポットライトが当てられ、そこに森下真樹さんが立っています。何やら内股になって、ぎくしゃくと奇妙なダンスを踊り始めます。

 しばらく変な踊りが続き、ひょっとしてこのままラストまで「典型的な駄目コンテンポラリーダンス」が続くのかと観客が不安になった頃、いきなりスカートめくり上げ、股間にはさんでいたペットボトルを取り出すと、ぐいぐい飲みはじめる真樹さん。これまで股間で温めて攪拌していた、というわけです。

 飲んだ後にペットボトルに書いてある説明を読み始めます。というか読んでいるナレーション(録音されたご本人の声)が流れます。それがシャンプーの注意書きなので、げっ、と。ここでようやく会場から笑いが。

 続いてシャンプーの成分表が延々と朗読され、それに合わせて次々とポーズをとる真樹さん。「ラウレス硫酸ナトリウム」のポーズ、「脂肪酸ナトリウム」のポーズ、「表面活性剤」のポーズ。朗読はどんどん速くなってゆき、ポーズの切り換えも超スピードに。気がつくと何かダンスになっています。

 スピードがどんどんアップして、もはや朗読というより早口言葉になったシャンプー(に限らず栄養ドリンクとか他のも混ざっている)成分表に合わせ、無理やりの高速ダンス。あくまで真面目に、あくまで必死に。ときどき「人」だの「ハト」だの「ジャンプ」だの変な指示がはいるたびに困惑した様子で、それでも必死で指示に従おうと悪戦苦闘。それはもはやダンスというよりジェスチャークイズ。

 素晴らしい身体バランス。爽快なダンス。芸達者なナレーション。笑えるか笑えないか微妙な境界上にあるギャグ。でもなぜか必死になっているその切実さが観客に与える戸惑い。いずれも最新作『月の的を射る犬』と同じ印象で、好みは分かれるかも知れませんが、私は好きです。

 というわけで、このDVD、商品としてはともかく、作品としてはかなり気に入りました。森下真樹さんの舞台はこれからも観てみようと思います。


タグ:森下真樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『月の的を射る犬』(森下真樹) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 昨日(10月24日)、森下真樹さんの新作ソロ公演『月の的を射る犬』を観るために、夫婦で横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホールへ行ってきました。

 森下真樹さんの公演といえば、近藤良平さんと組んだ『日本昔ばなしのダンス』を観たことがあるだけで、今回がほぼ初体験。

 『コンテンポラリー・ダンス 徹底ガイド HYPER』(乗越たかお)の紹介文によると「ちょっと見、端整な顔だちだ。プロポーションもいい。「それだのに真樹ちゃん、あんなになっちゃってねえ・・・」と近所のオバサマ達に声をひそめられていそうな」(同書p.222)そんなダンサーだそうで、期待が高まります。

 で、初めて観た森下真樹さんですが、いいですよこの人。ダンスのレベルは高いのに、それを無駄に浪費するかのようなお馬鹿演出と微妙に笑えないギャグ。終始大真面目、真剣な面持ちで意味不明なことを力一杯やり続ける舞台。

 前半の「観客を何人か無理やり舞台に上げて踊らせる」ネタは、よくある手法とはいえ笑ってしまいましたが(主に「EXILE!」の掛け声に)、その他のネタはさほどでもなく。ただダンス自体は真剣で気合が入っているので退屈はしません。振付もけっこう緻密に組み立てられている印象です。意図不明なのが残念ですが。

 終演近く、仰向けに倒れていた真樹さんが月光に見立てたスポットライトの下で手足伸ばしたまま腹筋でV字型になるシーンで、不覚にも「これ、美しいかも」と思ってしまったら、さあ大変。移動するスポットライトを追いかけ奇声を上げて踊りまくるシーンから、「床に一列に並べられた果物」というわけのわからない演出まで、何もかもが美しく見えてくるから不思議です。キツネの仕業ですか。

 というわけで、ダンスの力に圧倒されたというわけでもなく、ネタが素晴らしかったというわけでもなく、でも理由は不明ながら感動してしまった謎の舞台。けっこう良かったと思います。

 会場で売っていた森下真樹さんの過去公演を収録したDVDを購入して、たまたま赤レンガ倉庫前の広場で開催されていた「タイ・フェスティバルin横浜」に立ち寄って屋台で立ち食いなどしてから帰宅しました。

『月の的を射る犬』
2010年10月24日、横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
構成・演出・振付・出演: 森下真樹


タグ:森下真樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇