So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『SFマガジン2011年1月号 テッド・チャン新作中篇250枚、一挙掲載』 [読書(SF)]

 SFマガジンの2011年1月号は、「テッド・チャン新作中篇250枚、一挙掲載」ということで、今年の7月に発表されたばかりのテッド・チャンの新作中篇『ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル』を早くも全訳掲載してくれました。

 何しろ新作が紹介されるたびに大騒ぎになるテッド・チャン。しかも今回は「AI(人工知能)の成長」を真正面から取り上げた作品ということで、編集長の鼻息も荒いこと荒いこと。

 「現代SF作家の最前線に立つ、テッド・チャンの本年七月に発表されたばかりの最新作を、全世界の雑誌で初めて全文掲載(中略)、しかも長さはチャン作品最長の250枚」(編集後記より)

 その『ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル』を読んでみました。

 デジタルペットとして市販された娯楽用AI「ディジエント」たちと、その育成に心血を注ぎ続けるユーザグループのメンバーたちの姿を通じて、AIの成長とはどういうものなのか、AIに対する人間の愛情とはどのようなものなのかを、真剣に追求した作品です。

 能力向上に制約のない学習成長型AIを「幼児なみ」の状態から育ててゆく話はSFによくあるのですが、たいてい途中で自分のコードを書き換え始めたり、仮想空間内で主観時間を加速して何百年分もの経験を積んだり、獲得した能力を互いに複製しあったり、自分たちより優れた次世代AIを設計して人為進化をスタートさせたりして、何だか自律的かつ加速度的に知能が向上してゆき、あっという間に人間のそれを超えてしまうというような展開、いわゆる「シンギュラリティ」に走りがちなんですが。

 さすがにテッド・チャンは一味違います。AIの成長はそのスピードも含めて非常に現実的で、「里親」や他のディジエントたちとの交流を通じて人間と同じく経験を通じて少しずつ成長してゆき、長い歳月をかけてようやく高校生レベルまで育つ、という物語になっています。

 販売元の会社が倒産してサポートが打ち切られたり、プラットフォームが時代遅れになって最新の仮想空間にアクセスできなくなったり、セキュリティホールをついた拉致(プロセスをコピーして盗み、プライベート空間に閉じ込めて児童虐待の対象とする)の脅威にさらされたり。人間の子供を育てるのとは別種の、でも似たような苦労やトラブルは尽きません。

 サポート打ち切りとか互換性とか移植にかかる費用捻出問題とか、ユーザグループが直面する苦難の数々は非常にリアル。どんどん人数が減ってゆき残されたメンバーがマニアックになってゆくのもまたリアルで、ここ四半世紀に渡ってずっと「親指シフトキーボード」を使い続けている私にとっては他人事とは思えませんでしたね。

 「子供」の成長に伴う親の苦労や悩みも生々しく書かれています。道徳や社会常識をどうやって教えこむか。知恵がつくにつれて自己主張が強くなるAIに対して「里親」としてどう付き合ってゆくか。ずっと保護し続けるのと、法人登録して自分のことを自分の責任で決められるようにするのと、どちらが「本人」のためになるのか。

 そして、AI育成に時間と労力をつぎ込むことに対する配偶者や恋人の無理解、家族との不和、社会からの変人扱い。あるある。

 AIと人間のセックスについての真剣な議論も興味深いものがありました。しかし、そこに半裸の幼女(しかも猫耳と尻尾つきアバター)のイラストを入れるというのはどうかと思いますが。

 「この世界で二十年生きてきたことから生まれる常識を植えつけようとすれば、その仕事には二十年かかる。それより短い時間で、それと同等の発見的教授方法をまとめることはできない。経験をアルゴリズム的に圧縮することはできない」(p.83)という本作の結論には、かなりの説得力を感じます。

 というわけで、派手な展開やあっと驚くビジョンを期待すると肩すかしをくらいますが、絵空事には思えない地に足ついた「AIと人間の成長物語」として読みごたえたっぷりの傑作です。本国の読者よりもむしろ、「ラブプラス」や「初音ミク」になじんでいる日本の読者の方がよく理解できる作品ではないでしょうか。


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『SKINNERS - 揮発するものへ捧げる』(勅使川原三郎) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 昨日(11月28日)は、「フェスティバル/トーキョー10(F/T 10)」参加プログラムのひとつ、勅使川原三郎さんの新作を観るために、夫婦で池袋の東京芸術劇場まで行ってきました。

 圧巻でした。打ちのめされました。ものすごいものを見てしまった。信じられないような体験をしてしまった。衝撃で昨夜は眠れず。真剣勝負のダンサーたちに真正面から刺されたというか、コンテンポラリーダンスなるものをはじめて舞台で観てしまったときの吐きそうなほどの感動がいま再びここに、こうして。

 現代音楽の作曲家リゲティ・ジェルジュのピアノ曲(+自然音や様々なノイズ)が流れるなか、無機質で幻想的な印象を与える異空間で、勅使川原三郎さん、佐東利穂子さんをはじめとするダンサーたちが踊ります。

 痙攣したようにびくびく動く頭や手足、あやつり人形のように奇妙に宙をさまよう両手、リゲティの不協和音をそのまま表現したような不安定な身体移動や旋回など、最初はその動きのグロテスクなまでの異質さに驚くのですが、やがて慣れてくるとそれが人間とは全く異なる身体原理に沿った動きに見えてきて、しかもそれが美しい、と感じるようになる体験はもう強烈。

 最初、そのあまりのテンションの高さに腰をぬかしつつも、さすがにこのショックは続かないだろうと思っていたのですが、ええ、続きました。80 分間、ノンストップで。途中で時間経過の感覚がなくなってしまうのですが、何しろテンションさがるシーンなし、ふと我にかえるチャンス皆無。極限的な集中を長時間強いられ観客はノックアウトされます。なんなんだこれは。

 簡素な舞台装置と照明、リゲティの音楽とダンサーたちの位置取り、これらの組み合わせが生み出す舞台の美しさはこの世のものとも思えず。舞台向かって右手にあるカーテンが青白い照明のなか風にあおられてめくれあがるシーンなど、戻ってこれないんじゃないかと怖くなるほどのトリップ感。

 とにかく、小細工なし、純粋にダンスだけでこの異空間を80分も維持してのける演出力、構成力が凄まじい。カーテンコールで勅使川原さんたちが普通に歩き、普通にお辞儀し、普通に拍手しているのを見て、逆に強い違和感を覚えて混乱したり。

 勅使川原三郎さんといえば、市販映像『バウンド&アブソリュート・ゼロ 勅使川原三郎のダンス世界』を鑑賞して何となく分かっていたような気がしていたのですが、舞台をナマで観ると、これがもう全然違う。ひさしぶりに脚が震えて立てなくなるような公演を観てしまいました。しまいました。

[キャスト]

演出・振付・美術・照明: 勅使川原三郎
出演: 勅使川原三郎、佐東利穂子、鰐川枝里、加見理一、山本奈々


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『山尾悠子作品集成』(山尾悠子) [読書(小説・詩)]

 山尾悠子さんのデビューから休筆まで約十年間(昭和50年代)に発表された作品を集めた一冊。単行本出版(国書刊行会)は2000年6月。

 収録作品だけで700ページを超える、片手で読むのは困難な、箱入りの豪華本です。もちろんお値段もそれなりの贅沢さ。石堂藍さんによる解説、著作年表、著者による「後記」を収録。さらに別冊付録には、佐藤亜紀さん、野阿梓さん、小谷真理さん、東雅夫さん、という豪華メンバーによる書き下ろしエッセイが掲載され、ボーナスとして著者創作ノートのコピーが付いています。

 本書に収録されている作品は全部で32篇。そのうち11篇は、後に出版された本書の軽量廉価版である『夢の遠近法 山尾悠子初期作品選』にも収められています(2010年11月15日の日記参照)。この11篇は除いて、残り21篇から気に入った作品を紹介すると。

 まず連作シリーズ「破壊王」を構成する『パラス・アテネ』、『火焔圖』、『夜半楽』、
『繭』の4篇が大いに気に入りました。滅びの予感に満ちた頽廃の都を舞台に、謎めいた人物やら妖やらが繰り広げる血なまぐさい絵巻物。お約束のように毎回都が焼け落ちる、その「滅び」への執着も微笑ましい。

 この著者の作品にしては珍しくストーリーがはっきりしており、特に『火焔圖』と『夜半楽』はシンプルで力強いドラマチックな物語を楽しめます。個人的には、『夜半楽』が一番のお気に入り。

 雲海の上にそびえ立つ壁も床も天井も全てが透明な高い塔。そこに閉じ込められた九千九百九十九人の男女。無茶苦茶な設定から始まるファンタジー作品『耶路庭国異聞』も忘れがたい。

 黒硝子に封じ込められた宇宙、その「割れ目」から垣間見える「外」の巨大な人影など、奇妙なイメージが次から次へと繰り出され、説明も展開もなく、どこにも収束しないでひたすら奇想に乗って突っ走ってゆく作品で、何というか、若さ炸裂という感じ。読んでいて気分が高揚します。

 『街の人名簿』は、何やら陰謀を進めているらしい謎めいた会社、夜のビル街を飛び回る発光球体やフライングヒューマノイド(あるいはモスマン)、足音だけの見えない尾行者、ドッペルゲンガーへの招待状など、都会の片隅でしばしば遭遇する不可解なものたちを描いた作品。横溢するオカルト趣味(文学的なそれではなくて、むしろ都市伝説的な)が印象的です。これも好き。

 舞台がほぼ現実に近いという、この著者にしては異色作で、解題では「山尾悠子のうち捨てられた一面」などという言われようですが、個人的にはこちらの方向にも進んで欲しかったかも。

 他に、巨大建造物内部のあり得ない光景やら奇怪な俯瞰視点など魅力的なイメージを詰め込んだ『巨人』、ひたすら緻密な情景描写だけで(しかも順次時間をさかのぼる凝った叙述法で)密室内での惨劇を描いてみせる『黒金』、巨大宝石を狙った怪盗と若い娘の時を超える幻想的な恋物語『スターストーン』などがお気に入りです。

 自分が持っていると自覚したばかりの、異形の世界を構築する(そして破壊する)言葉の力に酔いしれ、若さと情熱に浮かれ、憑かれたように書いたような印象を受ける作品が多く、その若々しい向こう見ずな筆の勢いがまぶしい。

 というわけで、今から山尾悠子の初期作品を読んでみようという方には『夢の遠近法 山尾悠子初期作品選』をお勧めしますが、そちらを読んで気に入ったなら、ぜひ本書にも手を出してほしいと思います。波長が合う読者なら確実にハマるに違いありません。


[収録作](☆は『夢の遠近法 山尾悠子初期作品選』にも収録されている作品)

『夢の棲む街』(☆)
『月蝕』(☆)
『ムーンゲイト』(☆)
『堕天使』
『遠近法』(☆)
『シメールの領地』
『ファンタジア領』
『耶路庭国異聞』
『街の人名簿』
『巨人』
『蝕』
『スターストーン』
『黒金』
『童話・支那風小夜曲集』(☆)
『透明族に関するエスキス』(☆)
『私はその男にハンザ街で出会った』(☆)
『遠近法・補遺』
『パラス・アテネ』
『火焔圖』
『夜半楽』
『繭』
『支那の禽』
『秋宵』
『菊』
『眠れる美女』(☆)
『傳説』(☆)
『月齢』(☆)
『蝉丸』
『赤い糸』
『塔』
『天使論』(☆)
『ゴーレム』


タグ:山尾悠子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『プラスマイナス 125号』 [その他]

 『プラスマイナス』は、詩、短歌、小説、旅行記、身辺雑記など様々な文章を掲載する文芸同人誌です。配偶者が編集メンバーの一人ということで、宣伝を兼ねて最新号をご紹介いたします。

 今号は深雪さんの詩が数多く掲載されていて個人的に嬉しい。特に巻頭詩がいいと思います。

 随筆『正しい猫が消えるまで 3』(島野律子)は、いよいよ猫の保護シェルターから「てんかん」発作の持病を持つ猫を引き取るところから、緊迫の猫闘病記へと展開。読んでいてどきどきします。というか、これ私自身の話でもありまして、ぜひ広く読まれてほしいものです。

 他に『香港映画は面白いぞ 125』(やましたみか)は、欧州一人旅に平気で出かけ各国を回って人脈など築いてくるしっかりものの息子さんの話。まだ未成年だというのに末恐ろしい、いや頼もしい青年です。こういう若者は「日本で就職先を探す」なんて最初から考えもしないでしょうね。

[プラスマイナス125号 目次]

巻頭詩 『嬰児今昔コンツェルト』(深雪)、イラスト(D.Zon)
俳句 『微熱帯 二十九』(内田水果)
随筆 『正しい猫が消えるまで 3』(島野律子)
詩 『男の腕』(多亜若)
詩 『天田』(島野律子)
詩 『自己との闘争』(彩 iro)
詩 『安堵』(深雪)
詩 『成り行き』(深雪)
詩 『はぐれた季節のなかで』(紗綾花)
詩 『ケンブリッジの秋』(琴似景)
随筆 『一坪菜園生活 14』(山崎純)
随筆 『香港映画は面白いぞ 125』(やましたみか)
イラストエッセイ 『脇道の話 64』(D.Zon)
編集後記
「うまれたときのはなし」 その5 琴似景 

 というわけで、盛りだくさんで定価300円の『プラスマイナス』、講読などのお問い合わせは以下のページへどうぞ。

弱拡大
http://www.aa.cyberhome.ne.jp/~babahide/


タグ:同人誌
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『くるみ割り人形(ヘルギ・トマソン版)』(ヤンヤン・タン、サンフランシスコ・バレエ団) [映像(バレエ)]

 サンフランシスコ・バレエ団の芸術監督ヘルギ・トマソン改訂振付による『くるみ割り人形』全幕公演の市販映像。2007年12月、ウォー・メモリアル・オペラハウスにて収録されました。

 トマソン改訂版といってもそれほど大きな変更は加えられていません。不気味な雰囲気やフロイト的な深読みを要求する演出はなく、おとぎ話・子供の夢物語として素直に楽しめるバージョンです。舞台がご当地サンフランシスコに設定されているのはご愛嬌。ちなみに二幕の「お菓子の国」はサンフランシスコ万博(1915年)がモデルとのこと。

 一幕の最後、というか二幕とのつなぎの場面というか、他の演出ではときに印象が薄くなりがちな「雪の女王」のシーンにものすごくリキが入っているのもトマソン版の特徴の一つでしょう。

 何しろ「雪の女王」を踊るのがヤンヤン・タン(譚元元)なのです。相手役としてピエール=フランソワ・ヴィラノバが、他の版ではなかなかお目にかかれないと思われる「雪の王様」役で登場してパ・ド・ドゥを踊ります。すげえ豪華キャスト。

 にぎやかな雪の群舞をバックに、ヤンヤン・タンはすらりと伸びたその長い手足を存分に活かして、華麗かつ威厳あふれる雪の女王を踊ってくれます。目にも止まらぬ高速スピン、直後にビシッと決める美しいポーズ。貫祿たっぷりで、何しろ爽快です。ヤンヤン・タンは実にカッコいい。

 女王が踊るにつれて雪がどんどん激しく降ってきて、しまいには吹雪の様相を呈してくる(ヤンヤン・タンの頭も雪まみれ、クララは雪山遭難して死に際の幻覚を見ているようにしか思えない)のが可笑しいのですが、実はこの演出、サンフランシスコには雪が降らないため「一度も雪を見たことのない」観客のための大サービスなんだそうです。

 二幕のクライマックスであるパ・ド・ドゥを踊るのはマリア・コチェトコワ。いかにもロシアバレリーナ風の豪華なたたずまいで、個人的には、ちょっと古めかしい感じがして印象薄いのですが。

 というわけで、作品としての解釈とか何とか野暮なことは言いっこなし、とにかく大人も子供も楽しんで頂きましょう、オペラじゃなくてブロードウェイがライバルですから、観客が期待しているのはディズニーですから、という心意気の感じられる、豪華にそつなくまとめてきた舞台でした。とりあえずヤンヤン・タンが素敵。

[キャスト]

クララ: エリザベス・パウェル
ドロッセルマイヤー: ダミアン・スミス
くるみ割り人形/王子: ダヴィット・カラペティアン
雪の女王: ヤンヤン・タン
雪の王様: ピエール=フランソワ・ヴィラノバ
シュガープラムの精: ヴァネッサ・ザホリアン
グラン・パ・ド・ドゥを踊るクララ: マリア・コチェトコワ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇