So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『SFマガジン2012年3月号  英米SF受賞作特集』 [読書(SF)]

 SFマガジンの2012年3月号は、英米SF受賞作特集ということで、ヒューゴー賞やネビュラ賞などSF賞に選ばれた英米作家の短篇を四篇掲載してくれました。

 シオドア・スタージョン記念賞を受賞した『雲海のスルタン』(ジェフリー・A・ランディス)は、金星の大気に浮かぶ浮遊都市群に招かれた天才女性科学者と助手の冒険を描きます。

 金星雲海の支配者から求婚される女性科学者、不可解な事故に巻き込まれて殺されそうになる助手。空賊都市のならず者たちと手を結んだ助手は、密かに進められている恐るべき陰謀(と憧れの上司の結婚)を阻止すべく、単身で空中宮殿に乗り込んでゆく。

 往年の冒険活劇(E.R.バローズの『金星シリーズ』だなあ)を彷彿とさせる楽しい作品。さすが『火星縦断』や『マン・イン・ザ・ミラー』(SFマガジン2010年3月号掲載)の作者だけあって、雲海を漂う浮遊都市の印象的な情景、異世界の文化風俗、そして壮大なハードSFアイデアが見事に調和していて、感心させられます。

 ヒューゴー賞とアシモフ誌読者賞を受賞した『火星の皇帝』(アレン・M・スティール)は、火星基地で働く若者が、故郷で起きた悲劇のために抑うつ状態になり自殺寸前まで追い詰められ、現実逃避のために、火星を舞台とした古典SFを読み耽るという話。

 やがて自分がいるのが現実の火星ではなくE.R.バローズやブラッドベリの「火星」だという妄想に陥った彼は、「自分は火星帝国の皇帝である」と主張し始める。最初は気味悪がっていた仲間たちもだんだん慣れてきて、彼はアメリカ合衆国皇帝ノートン1世のような人気者になってゆく。

 しょせん現実逃避の読み物、などと軽んじられムカついてきたSFファン達のうっぷんを晴らしてくれる「SFが人を救う話」あるいは「SFが現実世界を変える話」は、常に人気がありますね。

 アナログ誌読者賞を受賞した『アウトバウンド』(ブラッド・R・トージャーセン)は、最終戦争で破壊された地球から辛くも脱出した少年の物語。行く手には自動戦闘機械がうようよしており、生き延びた人々も次々と殺されてゆく。太陽系の外辺部、アウトバウンドを目指す孤独な逃避行。その果てに待つものは・・・。

 感動的な話ではあるのですが、何というか、あまりに定型すぎて印象が薄いのが残念です。

 ネビュラ賞を受賞した『女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女〈前篇〉』(レイチェル・スワースキー)は、謀略によって殺された女魔術師の魂が魔法に囚われ、ときどき「召還」されては助言を求められるという話。

 長い歳月を隔てて、王国に危機が訪れたときだけ“よりしろ”の身体を借りて降ろされる。まるでハリ・セルダンの霊(あれはただの記録映像か)みたいな使われ方をされ、ムカつくヒロイン。腹いせみたいに、女王を暗殺させたり、生贄を要求したり、赤子の殲滅を助言したり、そうこうしているうちに王国は滅び、世代は変わり、時代もどんどん流れてゆき・・・。

 前篇を読んだ限りでは、徹底した女性優位社会という背景設定も面白く、話の疾走感(「呼び出される」たびにどんどん時代が進んでゆく)も快感で、後篇に大いに期待したいと思います。

 また、先月号に前篇が掲載された『ウェイプスウィード』(瀬尾つかさ)の後篇も掲載されました。

 海面上昇により陸地の大半が水没した未来の地球を舞台に、外惑星コロニーからやってきた研究者である若者と、島の巫女として科学知識を持っている少女が出会い、協力してウェイプスウィードと呼ばれる巨大な海藻集合体を調査する話。

 ウェイプスウィードの謎を解く後篇ですが、何だか駆け足で種明かしするだけで終わっちゃった感が。

[掲載作]

『雲海のスルタン』(ジェフリー・A・ランディス)
『火星の皇帝』(アレン・M・スティール)
『アウトバウンド』(ブラッド・R・トージャーセン)
『女王の窓辺にて赤き花を摘みし乙女〈前篇〉』(レイチェル・スワースキー)
『ウェイプスウィード〈後篇〉』(瀬尾つかさ)


タグ:SFマガジン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『十二年の怒れる男』(振付・演出:近藤良平、出演:コンドルズ) [舞台(コンテンポラリーダンス)]

 昨日(2012年1月29日)は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、人気コンテンポラリーダンスカンパニー「コンドルズ」の新作公演を観てきました。

 ソロダンス公演や障害者によるダンス公演など、近藤良平さんの舞台はしょっちゅう観ているような気がしていましたが、コンドルズの舞台を観るのはほぼ半年ぶり。今回のテーマは、“怒り”なんだそうです。

 といっても、いつもの通りの構成。寸劇、コント、映像、人形劇、影芝居などを織りまぜながら、ときどき遊んで、ときどき踊る、というスタイルは不変です。昨日の公演ではちょっとしたサプライズもあり、客席が盛り上がること盛り上がること。

 コンテンポラリーダンス公演としては、近藤良平さんのソロが充実していて、特にラスト近くでは長時間キレのよいダンスを観ることが出来ました。嬉しい。


タグ:近藤良平
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『カラマーゾフの兄弟(3)』(ドストエフスキー、翻訳:亀山郁夫) [読書(ファンタジー・ミステリ・他)]

 昔の恋人を追って奔走する美女グルーシェニカ、それを追って奔走する長男ドミートリー、それを追って奔走する警察。ついに親父が殺されたのだ。逮捕されたドミートリーは容疑を否認するが、状況は圧倒的に不利だった・・・。数年前にベストセラーとなった亀山郁夫さんの新訳カラマーゾフ、その第3巻。文庫版(光文社)出版は2007年2月です。

 おそらく世界で最も有名な長篇ミステリ。その第3巻です。全体は四部構成(+エピローグ)となっていますが、その第三部に当たります。第一部の感想については、2012年01月13日の日記を、第二部の感想については2012年01月20日の日記を、それぞれ参照して下さい。

 カラマーゾフ家の親父と長男の両方を手玉にとっていたグルーシェニカだが、実は初恋の相手が忘れられずにいる。そこに彼から「妻に死なれたし、貧乏になったので、せっかくだからよりを戻したいんだけど」という手紙をもらった彼女は、「てめえ、ふざけんな!」と思いつつ、結局は何もかも投げ捨てて彼のもとに走る決意を固めるのだった。

 どうしてこの小説に登場する女性は皆そろいもそろってだめんずうぉ~か~ばっかりなのか。

グルーシェニカ:「というわけでお兄さんに伝えておいて。一瞬だけど愛してたわ」
三男アリョーシャ:「姐さん、そういうことは自分で云ってほしいんですけど」
グルーシェニカ:「じゃ~ね~、ばいび~」

 それまで悪女としか思えなかったグルーシェニカが、ここに来て、いじましくて純情な可愛い娘だったと判明、男性読者ノックアウト。黄金の展開。

 一方、みみっちい借金を重ねながら、金策に駆けずり回っていた長男ドミートリー。深夜に血まみれの姿で飛び込んでくると、これまた血で汚れた札束を振り回して狂乱状態。ポケットに自殺用の拳銃を用意した上でグルーシェニカのもとに駆けつけるのであった。

 昔の恋人と再会したグルーシェニカ。あれ、なにこのダサいおっさん。ちょいウザ勘違い野郎じゃん。17歳のときには輝いて見えた男が、大人の目で見ると、あっさり幻滅。よくあることです。うん。

 そこにやってきたドミートリーが、ハイテンションで、飯だ、酒だ、歌え、踊れ、と大騒ぎするのを見て、今度はこちらによろめいてしまう。困ったものですね。

グルーシェニカ:「こいつ何てバカなんだろう。でも男なんてみんなバカなんだから、これくらい情熱的な底抜けのおバカさんの方がマシかも」
読者:「それは明らかに罠ですよ」
ドミートリー:「俺たちに明日はない」
グルーシェニカ:「素敵、私のために何かヤバイことやって大金せしめてきたのね、いいわ、一緒に死んであげる!」
ドミートリー:「ふ~じこちゃ~ん!!」

 第三部は最初から最後まで狂騒的なイキオイで突っ走ります。

 どう考えても幸福になれそうにないタイプの男女が愛のため爆走、酔っぱらって大騒ぎのあげくに、さあいよいよというところで、「警察だ。フョードル・カラマーゾフ殺害の容疑者として逮捕する!」 。

 祝!! 親父撲殺。

 長かった。おそらく時系列的には第二部の後半あたりで既に殺されていたものと思われますが、それがはっきりするまでには、文庫版にして1300ページ以上読み進めなければなりませんでした。ようやく、ようやく、ミステリ小説になってくれました。後は名探偵の登場を待つばかり。

 それまで脇役くさかった長男ドミートリーですが、第三部での悲惨かつ滑稽な奮闘ぶりに、なかなか味のある奴じゃん、などと密かに共感を覚えるようになります。その片意地さ、プライドの高さ、凶器にも似た純真さ、怖いほどの誠実さ、そしてどうしようもない激情性破滅タイプ。女にモテるのもよく分かる。まあ、金を貸すなんて論外、友達にもしたくないとは思いますけど、小説の登場人物としては好印象。

 状況は最悪ですが、読者としては、彼が犯人でないことには確信が持てます。なぜなら、こいつは確かに機会があれば親父を殺すかも知れないけど、そのことで嘘をつくとは思えない。そんな奴ではない。

 では犯人は誰か。われらが主人公、三男アリョーシャも違うでしょう。こいつは先輩に「おい、焼きそばパン買ってこい。缶コーヒーも忘れないようにな。あと親父を殺しとけ」とか云われれば何も考えずに殺るかも知れないけど、自分の意志でそんなことをするとは思えない。

 となると怪しいのは次男イワン。料理人スメルジャコフの小細工に乗って、親父を殺して長男に罪をなすりつけた、というセンでしょうか。動機は充分(金と女)、アリバイは不完全、それに無神論者を気取っているインテリだし、決定的なのは「小賢しい文芸評論家」だということでしょう。わぉ、サイテー。

 しかし、ミステリとして考えると、これでは当たり前過ぎて面白くない。やはり「真犯人は、ゾシマ長老だった」くらいのインパクトは欲しいところ。

 何しろ長老は素晴らしい人格者で、男を殴り殺すような体力はなく、しかも犯行時間には自室で病死。現場は密室。複数の目撃者が、死んで納棺されるまで一部始終を見張っていた。

 ここまで完璧だと、何か思わぬ叙述トリックが仕掛けられているんじゃないか、そういえば長老の臨終については曖昧にしか書かれていなかった、棺桶から異臭がしたというのは何らかのトリックを暗示する伏線では、などと邪推したくなります。

 というわけで、いよいよ法廷ミステリへと展開し、ついに真相が明らかになる(と思う)第四部へと続きます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『呪いの時代』(内田樹) [読書(教養)]

 「弱者」たちは救済を求め、「被害者」たちは償いを求め、「正義の人」たちは公正な社会の実現を求めて、それぞれ呪いの言葉を吐く。それらの言葉が自分自身へ向かう呪いとしても機能することに無自覚なまま。ネット言説から、政治、就活、恋愛、原発まで、様々な場面で私たちの心と社会を蝕む「呪い」について考える一冊。単行本(新潮社)出版は2011年11月です。

 「ネット上では相手を傷つける能力、相手を沈黙に追い込む能力が、ほとんどそれだけが競われています。もっとも少ない言葉で、もっとも効果的に他者を傷つけることのできる人間がネット論壇では英雄視される」(単行本p.14)

 「他人の話は聞かない、自分の意見だけを言いつのり、どれほど反証が示されても自説を絶対に撤回しないという風儀のことを「ディベート」と呼ぶのだということが僕たちの社会の常識になりました」(単行本p.16)

 他人に向けて放たれる、悪意を込めた言葉は、相手と自分を不幸に陥れる実際的なパワーを持っています。そういう意味で、「呪い」は実在します。そういった「呪い」が私たちの社会をどのように蝕んでいるのかを、著者は明らかにしようと試みるのです。

 「格差固定化」の本当の問題はどこにあるのかを、著者はこう説明します。

 「努力することへのインセンティブを傷つけるというのが社会的差別のもっとも邪悪かつ効果的な部分なのです。「努力しても意味がない」という言葉を、あたかも自分の明察の証拠であるかのように繰り返し口にさせ、その言葉によって自分自身に呪いをかけるように仕向けるのが、格差の再生産の実相なのです」(単行本p.34)

 社会的格差という現象が「呪い」を生み出し、それが人間の心を破壊してゆく。社会問題の存在を「呪いの構文で記述している限り、そこから抜け出すことはできない」(単行本p.35)ということになる、と著者は云います。

 こうして、ある社会現象が、それ自体というよりも、それによって生ずる「呪い」によって深刻な弊害を引き起こしている、という観点で様々な話題が語られます。

 例えば、就活ビジネスとは、「この世のどこかに自分にとっての「天職」がある。自分がそれに出会えないのは、自分の適性が何であるかに気づいてないことと、世の中にどんな職業があるか十分に知らないこと、この二つの「情報不足」が原因だ。それを(有償で)手に入れさえすれば、本当にやりがいのある職につける」という、「呪い」をかけることで、何度でも、いつまでも、繰り返し就職情報を売りつける、そういうビジネスモデルだと説明されます。

 全く同じビジネスモデルを流用して、「どこかに自分にとっての「運命の人」がいる(以下略)」という「呪い」にかけるのが婚活サービス業ということになります。

 こんな風に、「草食系男子」についても、「英語学習」についても、「自立する、自分らしく生きる」という言葉についても、さらには「原発推進」に至るまで、その背後にある「呪い」のロジックを読み解いてゆきます。

 後半では、「贈与経済」の可能性、受け手に対する敬意のこもった言葉、といった、「呪い」に対抗し中和するための「呪鎮」あるいは「祝福」が現代社会においてどうあるべきかを論じます。

 個々の話題については賛同しにくい点もあるのですが、全体としての問題提起には思わず「はっ」とするような鋭さがあります。「呪い」という古めかしい、オカルトめいたキーワードも、実際にネット上の言葉によって苦しめられ、あるいは視野を狭められて不幸になっている人々が数多く存在する現代では、新しいリアリティを獲得したと感じられます。

 様々な社会問題について検討するとき、政治・経済的な「解決策」を探す方向に反射的に走るのではなく、まずはその背後に「人の心に呪をかける」というメカニズムが働いているのではないか、と考えてみる。そういう姿勢の大切さを学ぶことが出来る一冊です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『にょっ記』(穂村弘) [読書(随筆)]

 歌人の穂村弘さんが体験する奇妙な日常と妄想を記録した、虚実ないまぜの日記、あるいは日記の体裁をとったショートショート詩集。とぼけたユーモアに思わず失笑する第一弾。単行本(文藝春秋)出版は2006年3月。私が読んだ文庫版の出版は2009年3月です。

 昨日読んだ『にょにょっ記』(穂村弘)が面白かったので、前作も手に入れて読んでみました。

 ぱっと見は日記のような、日付と題名がついた短い文章が並んでいます。ふと思ったこと、電車内で見聞きした他人の言動、ニュースや広告に見られる不可思議な言葉。そういったものがはらむ「おかしさ」を、歌人の瑞々しい感性で丁寧にすくい取って、これで読者をひとつ笑かしてやろかいという下心を込めて仕立てたと思しき短文の数々。

 「キヨスクのスポーツ新聞に巨大な見出しが躍っている。
「深田恭子全裸入浴!」」
(文庫版p.17)

 「矢野千鶴子は、いつだったか、ドッペルゲンガーのことをトーテムポールと云っていた。ぜんぜんちがーう、と思いかけて、ちょっとだけ似ていることに気づく。凄い、と思って、なんとなく羨ましくなる」
(文庫版p.22)

 「「きびしい半ケツが出ました」という冗談を思いつく」
(文庫版p.38)

 「確かに、世の中には、まったくどきどきした様子もなく、「うこん効くよね」と云ったり、まったくびくびくした様子もなく「ちんすこう最高」と云ったりする女の子もいる。
 だが、と私は思う。
 それはそんな風にみえるだけなのだ」
(文庫版p.49-50)

 「今からジャニーズの一員になることがあるだろうか、と考える。(中略)
「最年長です」と私は恥ずかしそうに云った。
「アニキ」とキムタクが云った。
「いや、芸能界では君が先輩だから」と私は云った」
(文庫版p.61-62)

 「仮に私が、一九九五年の某誌で由美かおるが胸の谷間をくいっと強調したために翌年開催が予定されていた都市博は中止になった、と云い出しても信じる者はいないだろう。(中略)己の信念に基づいて「俺は正しい、俺は間違ってない。ほら、見ろ、ここんとこ。このおっぱいのくいっくいっ」と繰り返しながら、私は精神的に追い込まれてゆくだろう」
(文庫版p.79)

 「電車のなかで会社員らしい男女が話をしていた。
  男「じゃあ、禿と毛むくじゃらだったら、どっちがいい?」
  女「禿イコール毛むくじゃら、なんですよ」
  車内の空気が耐えられないほど張りつめる」
(文庫版p.83)

 「眠る前に布団のなかで女言葉の練習をする。
   隠してたのね。
   ムーミンが本当は小さい(約30cm)ってことを」
(文庫版p.94)

 「もしや、このどきどきは、初めて声をかけてもらったことへの喜びなのか。
 「大きいね」と。
 だが、全ては夢なのだ。
 夢なのに。
 こんなにも。
 おまえは喜んでいるのか。
 乳首よ」
(文庫版p.102)

 「駅ビルの壁に小さな文字をみつける。
 「この建物は皆様の使用済み定期券を再利用して作りました」」
(文庫版p.105)

 「スーパーパンダなんて、と暗い部屋のなかで私は声を出す。
  いないんだ」
(文庫版p.134)

 またもやキリがなくなってきたので止めますが、こういう感じの、妙に後を引く言葉の数々が並んでいます。思わず、くくっ、と笑いが漏れるような、でも「何がどう面白いのかさっぱり分からない」と真顔で云われれば、説明しようがなくて困惑する他はないような。

 第二弾『にょにょっ記』と比べると、シモネタが多いような気がします。それも、ケツとか、乳首とか、おしっことか、うこんとか、ちんすこうとか、発想が子供まるだしなのがまたおかしい。

 例によって、謎のいきもの(カワウソか)の日常生活を描いたフジモトマサル氏のイラストも、相性ぴったりという感じで楽しめます。

 というわけで、上に挙げた例文を読んで気に入った方は、『にょっ記』と『にょにょっ記』、二冊まとめてどうぞ。


タグ:穂村弘
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: