So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』(笙野頼子) [読書(小説・詩)]

 「もしも今芥川が芥川賞とって見ろだ。「売れない龍之介に芥川賞これで純文学に意味なし」って言われるんだ。「仲間だな芥川は」・・・・・・そう、才能体重の多寡にかかわらず、追い詰められた人が見るものそれはどっぺるげんげる」(Kindle版No.2570)

 シリーズ“笙野頼子を読む!”第73回。

 キラー芥川が、どっぺるげんげるが、妖怪大戦争だよ文士の森。純文学論争から生まれた驚愕のメタ純文学。笙野頼子さんの連作短篇集の電子書籍版を、Kindle Paperwhiteで読みました。単行本(講談社)出版は2000年04月、電子書籍版の出版は2013年04月です。

 笙野頼子さんのいわゆる純文学論争については、『ドン・キホーテの「論争」』および『徹底抗戦! 文士の森』という二冊の本にまとめられているので、詳しくはそちらを参照して下さい。

 「なんだよそれじゃ、私は「冥王星人にあってその子供を妊娠してその子供が文学は駄目だ第二次大戦はなかったあれは壬申の乱だっただから私達は被害者で純文学はインチキよ、とか言い始めたので、もう世界の終わりが来ると思って山奥に隠れてて今度は雪男と夫婦になって、地球の空洞に入ったらそこはジュラ紀で、自分の前世は金星の極楽鳥だと判ったのでこの壺を十億円で買って下さい」って言い歩いている気の毒な人なのか」(Kindle版No.277)

 本書はこの論争を元にして生まれた小説集。『タイムスリップ・コンビナート』や『二百回忌』でお馴染みの沢野千本が主演する四本の連作短編を収録しています。

 純文学などという売れないものに意味はない、というありがち言説に対するカウンターとして撃ちこまれた、純文学を書いたメタ純文学作品です。しかも、解説から批判まで作品中で自己言及してしまうという、この周到さ、そして辛辣さ。

 「つまりこういうくだくだしい訳の判らぬ記述というものはですねえ、人間の内面体感の生々しさや思考の流れの奔放さというものを自在かつ正直に記述するという文学的アクロバットへの試みというわけで」(Kindle版No.190)

 「もしもこの判り難さを忌避した場合はですねえ、例えばまるで日記のように癖がなく万人一律の無味乾燥な出来上がりとなった文章や、またそこにさらに大政翼賛系の安易な偏見を盛り込んだマスコミ物語等、本作掲載誌「群像」読者の方々を筆頭とするマニアな受け手には読むに耐えない作品になってしまう場合が起きるというわけです」(Kindle版No.197)

 「つまり本作には作者の分身と作者本人のキャラクターが入れ代わってしまう事で分身の分身性についてより一層のリアリティを持たせたいという文学的意図があって、それ故このようにしたという事なのです」(Kindle版No.2060)

 こんな感じで、随所に「難儀な純文学現場事情」(Kindle版No.12)への皮肉と当てこすりを仕込みながら、階層が異なる複数視点をまぜこぜにしたり、一つの語りのなかに様々に異質な声を、ときに飛び跳ねる狂騒的な文章で、ときにオノマトペの鳴り物入りで、同時多発的に響きわたらせたり、といった、後の作品でより大規模に使われることになる手法が、既に大胆に駆使されていることに驚愕させられます。

 そういう意味では、論争のまとめ小説というより、それを糧として後の展開に向けて着々と準備している作品、という印象を受けます。

 「せいぜい「鋭敏な弱い存在」を演じてみてね。どうせ無理だけどさ。そしてそれをあんたのような、小物がやるしかない事も含めて、時代の荒廃ってやつにどんどん追い詰められて行って欲しいんです」(Kindle版No.1919)

 「はっきり言っておくが笙野はもう潰れると思う。とうとう作品世界自体を小説以前の状態に戻してしまうような試みを始めたからだ。その上論争がもう論争小説のレベルをこえ小説を完全にのっとってしまった。これは虚構作家としてぎりぎりのところまで来てしまったという事ではないのだろうか」(Kindle版No.2032)

 「作者」の声や、沢野千本の声で、本作自体を批評するわけですが、こここそが後の『だいにっほん三部作』の原点たることを知っている今の読者にしてみれば、自負に満ちた予告とすら感じられるのです。

 余談ですが、「私は託宣するインチキ巫女になってた」(Kindle版No.1451)とか、「今はどっぺる見ないでいて猫見るけど、ドーラ送ったらまたどっぺるに戻るのかなあ」(Kindle版No.2502)とか、「今ゴミ置場に猫七匹も居付いとるんだ」(Kindle版No.2593)とか、後に書かれる作品への伏線(違うけどそうとしか思えない)があちこちに書かれていて、いちいち、どきっとしました。

[収録作品]

『てんたまおや知らズどっぺるげんげる』
『文士の森だよ、実況中継』
『ここ難解過ぎ軽く流してねブスの諍い女よ』
『リベンジ・オブ・ザ・キラー芥川』


タグ:笙野頼子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: