So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『まどろみのしろ』(構成・振付・出演:高橋萌登) [ダンス]

--------
わたしはよく夢を見ます。とてもリアリティのあるものです。
色も会話も触感も匂いもある。最近は味もわかるようになりました。
人の2倍生きてるんじゃないかと思う時があります。
--------
高橋萌登

 2015年9月17日は、夫婦でplan-Bに行って、高橋萌登さんの公演を鑑賞しました。KENTARO!!率いる東京ELECTROCK STAIRSの公演で何度か観て、そのかっこよさにシビれてきた、高橋萌登さん、初のソロダンス公演です。上演時間50分。

 動物の置物たち、ぞうさんの如雨露、ハンガーで吊るされた衣装(公演中に何度も着替える)、天井から降りてくる靴、ミラーボール、壁にいくつもかけられている提灯のような灯。地味な舞台道具を駆使して、やってみたいことを次々とやってみた、という感じの舞台です。

 激しく踊るシーンは予想より少なめ。手足を細かく動かして何か試してみたり、四角の形(おそらく窓か鏡)を指でなぞってみたり、壁に手をついて上から照明を当てて影を長く床まで伸ばしてみたり、着替えたり、ミラーボール回してみたり、動物の置物に水やりして後で“収穫”したりと、脈絡なく“夢”を彷徨っています。

 正直、夢のシーンにはあまりぐっと来なかったのですが、アップテンポの曲に合わせて踊り出すと、ぐぐっと惹き付けられます。鋭い連続ターン、トルネードのような魅力的な手の動き、何かが爆発的に発散されているようなパワー、ひらりひらりと跳躍しながら、オフバランスで旋回きめてかっこいいポーズをびしっと。そんで止まらないし。

 もうちょっと、がんがん踊って欲しかったという気もしますが、がんがん踊るだけが高橋萌登と思うなよ、という挑戦的なものも感じられますので、今後どうなるか楽しみです。また観に行きます。

 余談ですが、KENTARO!!さんが、ものを運んだりエアコンの調整をしたり客にトイレの場所を教えたりと、スタッフとしてかいがいしく働いていたのも好印象でした。


タグ:高橋萌登
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇