So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『七月のひと房』(井坂洋子) [読書(小説・詩)]

――――
露草の青い花冠にスズメ蜂が一匹
日課のように渡ってくるが
あの針ほどの空間に 圧縮されて
原宇宙は入っている
――――
『わたしに祝福を』より


 無からやってきた億万の/偶発の色/たくらみの色。輝きと激しさをはらむあらゆる色彩が紙面に浮かび上がる生彩詩集。単行本(栗売社)出版は2017年1月です。


――――
花は長い間忘れていたことをふと思いだして咲く
忘れてしまうと咲かないという
それが何であったか
花の色は告げているかもしれないが
解読できない
さまざまな色合いをただうつくしい調和と思うだけだ
無からやってきた億万の
偶発の色
たくらみの色か
――――
『未遂産』より


 読んでいて、紙面から浮き上がってくるようなその色彩に圧倒されます。文字の連なりから様々な色がそれぞれのちからを持って立ち上がる。刹那の赤、永遠の青。


――――
壮大な夕日が
巨人がゆっくり倒れていくように沈む
それから
巨人が目を開き
あたりが赤く染まる
――――
『空の鏡』より


――――
遠い島影があおくかすみ
海鳥が灰色の羽をたたんで
透明な入り江に浮かぶ
束の間の午睡
水平線が子どものかいた絵のように一本空色だ
こんなところにいられない、と娘は
きりきりと出ていった
それをぼんやり見ているのは
木立に囲まれた丘の上の
くずれかけた墓石
走り続けた時間の 四角い顔
――――
『意地悪な春』より


 そして黄や緑のイメージが、活き活きと広がってゆきます。


――――
クリーム色のつる薔薇の上に黄蝶がとび
一瞬ごと忘れ果てる 空の頭を
うれしそうにはためかせている
放縦というものは
罪がない
――――
『誕生は偶会』より


――――
いつも思うことだが
バスに揺られるいくつかの頭と
里芋の葉は 音符のようだ
根と切り離されて
リズムをとっている
――――
『七月のひと房』より


 黄は一文字だけ、緑にいたってはまったく明示されていないのに、それぞれの色が鮮やかに「見える」のは、いったいどういうことなのでしょうか。そして、無彩色のちから。


――――
オレンジや巨峰やリンゴ、銀河系の惑星同士の軌道のサイクルか
ら、はぐれた星々が落下し、素焼きの皿に積まれている。それら
を描いた静物画を、隅々まですべて白く塗りつぶす無名の女性画
家のその作品は、ありふれた海岸の白浜から水が引いて、二度と
打ち寄せることなく、浜のみが白濁している。
――――
『やわらかな手』より


――――
黒いマドンナ像
と癌
老いたからだの中に
育つ
ふたつの黒への信仰

黒こそ ゆきつく色であり
闇にまぎれぬ黒が点在している
――――
『薄は光らない』より


 様々な色が虹のスペクトルとなって、ふたたび刹那と永遠を彩ります。


――――
向こうの杉の木から
蜘蛛のながい糸が渡される
雨にもめげず 虹色に光る 一撃を溜めている
エモノを狙う罠は美しい
――――
『シー ウォズ ベルベット』より


――――
丸い橋の上の街灯のつらなり
背後の森が黄緑の手を伸ばす
ほんとうの
彼ら自身は色をもたない
橋にたたずむ黒猫の
長い毛足にも光があたり
闇の奥にたくさんの小さな虹ができる
――――
『旅だてば』より


 色の美しさ激しさ、それを短い文字だけで喚起させる言葉の力。まるで絵画を見るような色彩感あふれる詩集です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: