So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

『いつかモンゴリと眠る』(東京ELECTROCK STAIRS、KENTARO!!、高橋萌登) [ダンス]


――――
「全員帰るまでやってやる」(KENTARO!!)
――――

 2017年2月19日は夫婦で駒場アゴラ劇場に行ってKENTARO!!率いる東京ELECTROCK STAIRSの公演を鑑賞しました。KENTARO!!を含む三名で踊る70分の舞台です。

[キャスト他]

振付・音楽: KENTARO!!
出演: 横山彰乃、高橋萌登、KENTARO!!

 はじめて観た東京ELECTROCK STAIRSの公演は、2012年05月に駒場アゴラ劇場で観た『最後にあう、ブルー』でした。それから5年近くたって、ついに再びここで彼らのダンスを観ることが出来て感無量です。

 三名で踊る公演ですが、全員オーバーオールに前髪ぱっつん。揃えてきたのに驚きました。気合はいってるなあ。個人的には、高橋萌登さんのショートヘアが印象的でした。

 全員でがんがん踊ったり、誰かがソロでひゅぱひゅぱ踊ったり、二人で踊っている間に残り一名が所在なさげに座っていたりと、とにかく常に誰かが踊っている状態。まず体力的に大変だろうと、思わず同情してしまいます。

 個々人の断片的な動きが徐々につながって、次第にダンスめいてくる振付は素敵。随所で使われる言葉(発話)も効果的で、全力で踊るシーンは文句なしにカッコイイ。横山彰乃さんも高橋萌登さんもきっちり踊ってくれましたが、何といっても驚かされたのはKENTARO!!さんのダンス。

 何しろ動きが読めない。力が入ってないように見える身体が柔軟にふらふらと動くのですが、動きがいつも観客の予想をこまめに裏切るというか、目の前で踊っているのに全体像がつかめないというか、何だこれ状態。それでいて無性に気持ちいいという。ヒップホップとかストリートとかもうそんなの関係なく、これは狐狸妖怪の幻惑舞踊ではないか。

 それを横山彰乃さんの迫力あるパワフルなダンスと、高橋萌登さんの素早い切れ味のダンスが支えるという、絶妙なバランス感が巧み。5年前と比べると、各人のダンスも、作品としての構成も、段違いに良くなっているように感じました。これからの公演にも期待したい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇