So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『さあ、文学で戦争を止めよう 猫キッチン荒神』(笙野頼子)「群像」2017年4月号掲載 [読書(小説・詩)]


――――
 この地球で一番強く残忍で無残な力が、人間を汚染したいミイラにしたい家族をばらばらにしたい、子供が育つ前に潰して使って喰ってしまいたいという最悪の欲望に取りつかれながら、何もかもを数字にするためにだけ押し寄せてくる。経・済・暴・力。総理? 嬉しいだろ、「まだまだ余裕ある」日本の貧乏人が世界基準にそろえば、「ムダが省ける」からねえ。
――――
「群像」2017年4月号p.27


 シリーズ“笙野頼子を読む!”第109回。

 千葉の片隅でドーラなき日々を静かに生きる作家と猫、見守る荒神様。だが人喰い国家と世界銀行は戦争つれてやってくる。さあ、文学で戦争を止めよう。『ひょうすべの国』と『未闘病記』を背負い「今こそ」放たれる神変理層夢経シリーズ最新作「@群像なう」。


――――
 だから言おうよ、言うだけでもさ、だって「群像」は、本来、文学で戦争を止めるためにあるんだから。ね、戦後戦犯になりかねなかった、ここの版元が、平和憲法下で再出発するために作った雑誌なんだ。そこへ体に拷問の跡がある左翼が純文学のために協力したんだよ、書いて貰うまでは大変でしたって初代の編集長は言っていたはずで。そしてあれから七十年、ついに戦前、だったらこれ止めるためにずーっとここにあったんじゃないの?
――――
「群像」2017年4月号p.15


 これまで「文藝」「すばる」に掲載されてきた『神変理層夢経』シリーズ、その最新作がついに「群像」に掲載。荒神様もハッスル。「そういうわけで、僕@群像なう、つまり、ここは自由でしょ? だから僕はここで口を利くね。」(「群像」2017年4月号p.12)なので、「これ、台所話なんだ、台所ではなんだって語れるのだ、なぜかこの国ではここに偉いやつは入って来ないしね、ここなら戦争を止められるさ。」(「群像」2017年4月号p.16)ということで。


――――
 さあ、今こそ文学で戦争を止めよう、この、売国内閣の下の植民地化を止めよう。
――――
「群像」2017年4月号p.10


――――
 さあ、止まれ、今止まれ! 文学の前にこの戦前止まれ。そして「今こそ」文学は売国を報道する。だって新聞がろくに報道しないからね。
――――
「群像」2017年4月号p.11

――――
 こうなったらもう、報道より文学の方がよっぽど迅速だよ。ていうか僕の「飼い主」の命取るな。
――――
「群像」2017年4月号p.16


 荒神様、金毘羅、ギドウ、そして今は亡きドーラにいたるまで、様々な声が響きわたるなか、すべてを薄っぺらい数字に押しつぶし経済効率だけで語るものどもへの怒りをこめた糾弾と「お馴染みの退屈で素敵な、身辺雑記!」(「群像」2017年4月号p.12)が並行して語られます。


――――
ほら、人間まるごと、お金や数字と見なされて数え上げられ、毟られて喰われるんだよ。しかもそうして喰ったお金は人喰いの金庫、タックスヘイブンで固まって冷えるだけなんだね。格差は広がり、景気は一層悪くなって、つまりは「下方から」、死んでいく流れ。
(中略)
 世の中って何? ひとりひとりの事情が違う、でも、大きいものはやって来て「平等に」まき散らす、相手の都合を一切考えずにただやらかす、上からね、天からね、そして下では? 弱いものから死んでいく。その上ここはひどい国、人喰いの国、そしてここの家、そんな人喰いから見ると、「努力してない」家、「役に立ってない」家、だから罰を食らうかも。
――――
「群像」2017年4月号p.17、18


――――
 要は健康な人間なら仕事の合間にするようなただの整理整頓をこの慢性病患者は無上の幸福感で「無事」やっているわけだ。ともかくまず台所の模様替えを済ませたいのさ。台所に猫と快適に住めるようにしたいと。人喰いに怯えながらも良く生きるべし、と。つまり連中の目的は搾取、略奪だから。ならば幸福でいる事も威嚇で復讐だ。
――――
「群像」2017年4月号p.37


 『ひょうすべの国』と『未闘病記』を背負って、台所から戦いを挑む文学。ただ静かに「幸福」に暮らすことが威嚇で復讐になるほかはないひどい国。ドーラが、ギドウが、若宮にに様が、それぞれの声が、暮らしと命と文学を支えてゆく。特にドーラについては、読者も色々と思いだして泣く。しみじみと泣く。


――――
「ほら、ドーラいなかったらあなたいないでしょ、お礼は、ドーラにお礼は? ……嚙むわ、体重かけて嚙むわ、ばーか、ばーか」。いつも、思いだしているよ、ドーラ、ドーラ。
――――
「群像」2017年4月号p.74


――――
 気が付くと私は台所で書いている。ドーラの世界にいて、ドーラの話を打ちおえると、後ろのソファベッドに、離れた位置だけどちゃんとギドウがいる。死の世界はない。そして、生きている猫のその眠りは、というと。いや、結局それだっていつ死ぬかもしれないから。
――――
「群像」2017年4月号p.87


――――
 ああ、猫といる郊外の一軒家の、庭に花、昼の風呂、夜は星空。なのに、……。
 幸福な余生のはずが薬を奪われる? 戦争に突入する? 政府は文学部をなくそうとしているよ? 変な軍事研究なら大学でもお金出すといっているよ?
――――
「群像」2017年4月号p.106


 文学で戦争を止めよう。そういっただけで、わいてくるわいてくる客観公平中立冷笑マンの方々。文学でミサイル迎撃できるのかw、せっかくならあらゆる紛争も文学で止めて下さいよw、ってか。


――――
 あなたは気づいてない、人と自分の能力差とかばっかり気にしている、差別好きの、人の足ひっぱって暮らす妬み妖怪。でもあなたがそうやって他人を差別したり馬鹿にしたり冷笑したりしているうち、あなたの弱者叩きの結果、国は貧乏になり、戦争もやってくる。あなたには見えない、戦前が見えない。
 私はそれを知っている、だから不幸だ。あなたはそれを知らない、だから「幸福」だ、だったらさあ、安心して私をさげすみ、泣いている私を見たがって追い回しなさいよ。
(中略)
は? 文学に何が出来るのかだって、お前ら、原発とTPPの報道が「出来て」から言えよ、小説が「届かない」のはてめえらが隠蔽したからだろ。こっちは十年前から着々とやっていたよ。悔しかったらむしろ、お前らが文学に届いてみろ、小説を買いも覗きもしないで読む能力なくて、それで「文学に何が出来るんだ」じゃねえわい、ばーかばーかばーか。
――――
「群像」2017年4月号p.55、57


――――
切実な言葉にでも、それらすべてを単なるテキスト、表現としてしか受け止めない「学術的冷静さ」に溢れている。そんな彼らは無論、自分だけは特別でなんでも保留する。そのくせ「公平に、みんなの立場」で「未来を考えて」ものを言ったつもりでいる。また、常に反権力を気取り被害者のつもりでいる、当時に当事者意識というものがまったくない。
(中略)
最初はヲタクの受け身、と思っていた。消費一辺倒で世間知らず、故にどこへでもクレーム用語を垂れ流すのだと。しかし実はもっと本質的な正体があった。
 それは投資家の意識なのだ。こうなると性暴力と経済収奪、ヘイトスピーチはまったく三位一体に見えてくるものだ。要は弱肉強食のためのヘイトデマである。経済収奪のための、被害と加害との、逆転である。
――――
「群像」2017年4月号p.99、100


 家族のこと猫のこと難病のこと、国家に奪われない私的な祈りと信仰のこと。すべての「私小説」要素が、当事者意識に支えられ悲壮な覚悟となって、読者の心を強く打ちます。『ひょうすべの国』と合わせて、ぜひ読んでほしい作品です。


――――
 台所でギドウとの日常だけを静かに暮らしたい。しかしこの二階の情報は今後の私達に影を落とすもの。というより、弱くとも筆の力を持っている身なら少しなりとも、「報道」をするよ? というか、見えないものを見せる事こそ普通に(私の)文学だ。
(中略)
 そして、……私の「異様な」、「凄まじい」、「ものすごい」本は死んでも残る。書くことしか出来なければ、この戦前を書く。どのような醜いものをも、全部をよけないで書く。よけないでいてこそ、私の本は売れない。そして死後も残る。戦犯と言われたいか? 言われたくない! どうか百年後も読者よ私を見つけてそしてうっとりして、喜々として「ああ、誰も読んでいないのよ私だけが読むのよ(といってるやつがあっちこっちにいる事はともかくとして)」と呟いててください。
――――
「群像」2017年4月号p.90、108



タグ:笙野頼子
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: