So-net無料ブログ作成
メッセージを送る

『季節のない街』(Co.山田うん) [ダンス]

 2017年03月26日は、夫婦で世田谷パブリックシアターに行って、Co.山田うん公演を鑑賞しました。2012年に世田谷パブリックシアターで初演された作品の再演です。出演者は20名(山田うんさんを含むカンパニーメンバー18名+マレーシアのダンサー2名が客演)、上演時間は70分です。

 『季節のない街』(山本周五郎)が原作ですが、残念ながら未読。映画『どですかでん』(黒澤明監督)も、さらには2012年の初演も観ておらず、恥ずかしながら予備知識ゼロで観ました。


[キャスト他]

振付・演出: 山田うん

出演: 荒悠平、飯森沙百合、伊藤知奈美、川合ロン、河内優太郎、木原浩太、小山まさし、酒井直之、城俊彦、西田祥子、西山友貴、長谷川暢、広末知沙、三田瑶子、山口将太朗、山崎眞結、山下彩子、山田うん、
Fauzi Amirudin、Jabar Laura


 ベートーヴェンの第九が流れるなか、舞台上で首倒立している出演者たち。薄暗いので何だか異様な生物がコロニーを作っているようでちょっと不気味です。少しずつ孵化してゆくのですが、これまたエイリアンの幼生体がうごめいているようで怖い。やがて怒濤の群舞になだれ込み、歓喜の歌を背景にどどーっとはじけてゆきます。冒頭から度肝を抜かれるようなウェイブの連打、圧巻です。

 唐突に群舞は中断され、舞台は貧民街となります。いい加減にトタン板を打ちつけた建物(キャスター付きで移動可。ときどき賑やかに動かされ、それは山車にも、移動式舞台にも、電車にも見えてきます)。派手で安っぽい服が何枚もかけられていたり。たぶん捨てられていたのを拾ってきたんだろうなあという生活用品が並び、水道や電気などインフラは整備されていません。

 このよどんだ空気ただようスラム街を背景に、出演者たちがてんでばらばらに動きます。脈絡なく綺麗なダンスを踊ったり、いさかいを起こしたり、飲んだくれたり、暴力ふるったり、鍋など叩いて音を鳴らしたり。

 ときどき、唐突に祝祭的な群舞が勃発して、二列に並んだ出演者たちが建物からどどどどと走り出てきたりしてカッコいいのですが、全体的には閉塞感が強く、息苦しさを覚えます。美しいバレエの動きでも、爆発的な群舞でも、それが終わればまたスラムのよどんだ空気に戻ってしまう。

 個人的に印象的だったのは川合ロンさんの動き。何か不穏なことを口にしようとする女性に走り寄っては口をふさいだり、山田うんさんと取っ組み合いの喧嘩をしたり、何だか目が離せません。

 観客の期待通り中断された群舞を再開してくれるラストは、まるで貧困やら暴力やらすべてをなぎ倒す鉄砲水のよう。冒頭の群舞とはまた異なる激しさ、勢いを感じさせてくれました。



タグ:山田うん
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇