So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
読書(教養) ブログトップ
前の5件 | -

『偉人はそこまで言ってない。 歴史的名言の意外なウラ側』(堀江宏樹) [読書(教養)]

――――
 本書でいうところの「ウソ名言」に代表されるのは、誰もが知るナポレオンの名言「余の辞書に不可能の文字はない」や、マリー・アントワネットの「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」など。この二つ、どちらも本人がいった言葉ではないのをご存じでしょうか?
(中略)
 このように、名言というものは、それらが生み出された歴史や文脈から完全に切り離され、一人歩きしている……つまり、勝手に解釈されてしまっているケースが実に多いのです。
――――
文庫版p.3、5


 余の辞書に不可能の文字はない、パンがなければお菓子を食べればいいじゃない、それでも地球は回っている。そんなこと言ってない、ひとことも言ってないよ!
 偉人伝につきものの「名言」のほとんどは後世の捏造。ということで、名言のウラを探る面白おかしい一冊。文庫版(PHP研究所)出版は2017年12月、Kindle版配信は2018年2月です。


――――
「偉人」の「名作」のワンフレーズを、本当はその原典を読んだことすらない「知識人」の方々が誤用、それが一般に広がってしまう流れが世界中で起きているのだと思うと、空恐ろしいものがありますね。
――――
文庫版p.72


 というわけで、世間に「名言」として流布しているが、実は本人が言ってないものを「ウソ名言」としてピックアップして解説する一冊です。

 まったくの捏造から、他人が言った言葉、引用だった言葉、意味や文脈が甚だしく誤解されている言葉など、さまざまな「ウソ名言」が取り上げられています。


「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

「ブルータス、お前もか」

「地球は青かった」

「それでも地球は回っている」

「悪法もまた法なり」

「余の辞書に不可能の文字はない」

「健全なる精神は健全な肉体にやどる」

「人民の人民による人民のための政治」

「朕は国家なり」

「敵は本能寺にあり」

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

「日本の夜明けぜよ」

「板垣死すとも自由は死せず」

「天災は忘れた頃にやってくる」


 どの名言を誰が言った(とされている)か、すべてお分かりでしょうか。実はこれ全部ウソ。他にも、

「少年よ大志を抱け」と言ったクラーク博士は、帰国後に大志ゆえに投資した事業に大失敗して失意のうちに死んだ。

「すべてを思い通りに成し遂げるのでなければ、何もなさなかったと同じ」と言ったナイチンゲールは、医療ミスで2万人ほど殺しちゃった。

「私には夢がある」と言ったキング牧師は、夢を追い求めて浮気しまくった。

などなど、名言の影に隠れている興ざめな事実も取り上げられています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『journey knowledge 台湾旅行情報2018』(千屋谷ユイチ) [読書(教養)]

――――
検索サイトで無駄に上位にいるくせに中身のない某知恵袋や、肝心な情報が書かれていない個人ブログ等を延々と検索し続けるのが嫌になったのが制作動機です。著者自身で利用することが主目的なため情報に偏りがあります。
――――
同人誌p.3


 市販のガイドブックでは省略されがちな基本情報を、現地調査を行いまとめた台湾旅行情報本の最新版。同人誌出版は2017年12月です。

 更新情報、サンプル、通販リンクなどは以下のページへ。

  journey knowledge台湾旅行情報2018 サポートページ
  http://cytn.info/jktw2018_support/


目次

「入出国」
 査証/護照/入出境/退税/海關

「交通」
 日本―台湾航空路線/台灣國内線/電子票證/高鐵/台鐵/捷運/市區公車/公路客運・國道客運/フリーパス類/區域交通/台北駅周辺 バスアクセスマップ/機場交通/渡輪/計程車/公共自行車/租車

「通信」
 公用電話/國際電話/國際漫遊/預付SIM/公衆上網/郵件/包裹

「その他」
 飯店・旅社/自助洗/便利商店/儲物・行李/地址/貨幣/外幣交換/信用/電力・水/氣候/安全/文化・習慣/日期/假期/語言

「付録」
 トラブルシューティング


 内容全般については前記のサポートページで確認して頂くとして、ここでは個人的に「おおっ」と思った、観光ガイドブックに乗ってない情報(役に立つとは限りません)をいくつか引用しておきます。


――――
「台北松山機場」

 開港時間が5:00~23:00なので早朝便に合わせての空港泊はできない。台北車站からタクシーを利用すると220元程度かかる。(中略)機場から敦化北路を約3Km南下すると24時間営業の誠品書店敦化店があるので夜明かしに利用できなくもない。
――――
同人誌p.9


――――
「水道」

 ガイドブック等では飲用に適さない、となっている。ただ、実際に外に飲み物買いに行くのが面倒で台北市内のドミトリーでコップ2~3杯程度飲んでみたが、何となく金属臭さを感じたものの、それ以降特に体調に変化はなかったので味はともかくとして飲用にしてもそこまで問題ないレベルだと言うのが個人的な結論。
――――
同人誌p.69


――――
「立法院・台北市政府・交流協会周辺」

 政治的に面倒な人たちが集まることが多いため、必要がなければ近寄らない方が良い。
 特に立法院周辺はテント村のようなものがあったり、赤い国旗を掲げてうろうろしている人達が多い。
 また、この手の人たちは日本を糾弾対象にしていることが多いため、拡声器で罵声を浴びせてくることもある(大抵は中国語で叫んでいるが稀に怪しい日本語で叫んでくることも)。直接絡んでくることはこちらが抗議や反撃に及んだりしなければまずない。
――――
同人誌p.70


――――
「颱風(台風)」

 台湾人は台風慣れしすぎていて逆に防災意識が低くなっているという指摘もあるので(現に停班停課を利用して屋内の娯楽施設へ向かう人は多い)、人が出歩いているから大丈夫とは限らないので台風来襲中に外出しなければならない場合は細心の注意を払う必要がある。
 繰り返しにはなるが、建物のメンテナンスが甘く、建て付けの悪い看板などが街中を飛び交うことも多い。
――――
同人誌p.72


――――
「語言」

 実際のところ「悠好」「謝謝」「對不起」の挨拶や返事と「没有」が聞き取れれば大きなトラブルにでも巻き込まれない限り何とかなってしまうことが多い。
――――
同人誌p.74



タグ:台湾 同人誌
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ちいさい言語学者の冒険 子どもに学ぶことばの秘密』(広瀬友紀) [読書(教養)]

――――
 私たち大人が自力で思い出せない、「ことばを身につけた過程」、直接のぞいてみられない「頭の中のことばの知識のすがた」を、子どもたちの助けを借りて探ってみましょう。子どもたちはそうした知識をまさに試行錯誤しながら積み上げている最中です。大人の言うことを丸覚えにするのでなく、ことばの秩序を私たちが思うよりずっと論理的なやり方で見いだし、試し、整理していく――子どもたちが「ちいさい言語学者」と呼ばれるゆえんです。
――――


 いままさに試行錯誤しながら言葉を学んでいる最中の子どもたちの「言い間違い」や「変な言葉使い」を観察すると、すでに習得してしまった大人には逆に分からなくなってしまった日本語のロジックが見えてくる。子どもの言語習得から言葉について学ぶ一冊。単行本(岩波書店)出版は2017年3月です。


――――
日本語のネイティブだから、日本語だとそう言うのはあたりまえだから、かえってわかっていないことは実はたくさんあります。山ほどある中のほんの一例ですが、「おんな」と「こころ」という語をくっつけたら「おんなごころ」というふうに「こころ」にテンテンがつくのに、「おんなことば」だと「こ」にテンテンはつかない。言われなくても実際には言い間違えないけど、どういう理屈でそう決まっているのか考えたことがなかった、というのが普通だと思います。だけど私たちみんな、無意識にわかっているらしい(だから言い間違えることはない)。だけど…けれど…何をわかっているからなのかがわからない!
――――


 実際に話すときには言い間違えないのに、なぜそう言うのか説明しようとすると、いきなり「自分が何をわかっている(からこそ言い間違えない)のかがわからない!」となってしまう日本語の仕組みや構造を、子どもの言語習得過程におけるエラーを観察することで解き明かしてゆく本です。全体は七つの章から構成されています。


「第1章 字を知らないからわかること」
――――
 自分の身のまわりで、親、きょうだい、親戚や保育士さんや先生が話しているこのことばにはいろんな音があって、どんな特徴をもとに整理できるのか、音と音との関連を見いだせるのか、音の使われ方にはどんな決まりがあるのかという知識を、子どもは無意識のうちに脳内で一生懸命つくりあげます。そしてやがて、音と文字との関係についても知識の幅を広げていくのです。そのさい、歴史的な変遷の絡んだ日本語の特殊事情まで最初から了解済みなんてことはありません。なので、しばしば大人から見たら単純な間違いをすることもありますが、「「は」にテンテンつけたら何ていう?」と聞かれたときのさまざまな珍回答は、大人が見逃している、言語音の背後にある一貫したシステムや法則性について私たちにむしろ多くのことを教えてくれているのです。
――――
単行本p.11

「「た」にテンテンつけたら何ていう?」「だ」
「「さ」にテンテンつけたら何ていう?」「ざ」
 ここまでスラスラと答えられる子どもが、
「「は」にテンテンつけたら何ていう?」「…」
と聞かれた途端に混乱してしまうのはなぜか。

 音と文字の対応関係について学んでいる最中の子どもは、私たち大人が思うよりもずっと論理的に規則推論を行っていることを示します。


「第2章 「みんな」は何文字?」
――――
いろいろな言語の音の区切り方を比較する実験を多く行っていた大竹孝司さんたちの研究グループが、「タンシ(端子)」という発音を聴かせて、そのなかに tan という音があるかどうか答えさせるという課題を行いました。これには英語話者もフランス語話者も、そして日本語話者も、ちゃんとYESボタンを押して反応しました。しかし「タニシ」と発音した音声のなかに tan という音があるかを尋ねた場合は、日本語話者のほとんどはYESボタンを押さなかった一方、英語話者とフランス語話者は「タンシ」と聞いた場合と同様にYESと反応したと報告されています。
(中略)
 日本語の音のシステムを身につけたわれわれの耳と、そうでないシステムを持つ言語の話者の耳では、同じ音声でも異なった扱われ方をするのだ。そのことを今回「特殊拍」の取り扱いに関して紹介した3~4歳児のエピソードは裏づけてくれているようです。
――――
単行本p.26

 子どもが、言葉の区切りとして、「ん」という拍を独立した単位として扱わないのはどうしてか。音節や拍など、言葉のリズムに関する知見を示します。


「第3章 「これ食べたら死む?」 子どもは一般化の名人」
――――
 ところで「死む」「死まない」「死めば」はそもそもどうしておかしいのでしょう。「飲む」「飲まない」「飲めば」あるいは「読む」「読まない」「読めば」とは言うのに。
 大人が子どもに話しかけることばにもよく出てきそうな「飲む」「読む」は、マ行の音で展開する五段活用です。同様の動詞は他にもたくさんあって、「はさむ」「かむ」「つかむ」などなど、どれも同じように活用します。そしてご存じのように、マ行以外の五段活用も日本語にはさまざまありますが、ナ行の五段活用というのはじつは現代の日本語(少なくとも標準語)では「死ぬ」ただひとつなのです。(中略)子どもは、ふだん多く触れている、いわば規則を熟知しているマ行動詞の活用形を「死ぬ」というナ行動詞にもあてはめているのだと推測できます。
――――
単行本p.35、36

 多くの子どもが「死む」「死まない」と発音するのはなぜでしょうか。言葉を学ぶ際に生ずる「規則の過剰適用」という現象について解説します。


「第4章 ジブンデ!ミツケル!」
「第5章 ことばの意味をつきとめる」
――――
 子どもはどうやら、一般化できるルールを見いだすことにつながりそうな場合だけ、周囲から得られる情報を参考にしているようです。そのルールが、たとえ大人の文法としては間違っていても、当の子どもがそれでやっていけると思っている段階では、その反例となるような大人の正しい用法も、指導もスルー。ただし、新たな一般化規則が見いだせそうであれば、また大人のことばを参考にしてみたりする。そうして自分で試行錯誤を繰り返していく。
――――
単行本p.56

 子どもは大人の言葉使いを直接学んでいるのではなく、自分の中で一般化規則を作り上げてゆく上で必要な情報だけを取捨選択して取り込んでいる。言語学習のメカニズムに関する興味深い知見を明らかにします。


「第6章 子どもには通用しないのだ」
「第7章 ことばについて考える力」
――――
大人になるまでに、私たちは、相手の言うことを、表現そのものから得られる情報のほかに、自分をとりまく「状況」「文脈」も考慮にいれた総合的な判断のもとに解釈できるようになります。
(中略)
 ことばを情報伝達の手段として使うだけでなく、ことばそのものの形式・規則やその役割に関する無意識の知識への「気づき」を意識の上にとりあげる力、それを客観的に見つめ、時にはそれをいじって遊ぶことのできる能力。この力を育て、使うことにより、子どもたちのことばの旅はより豊かなものになっていきます。その能力は、母語の力を培うだけでなく、日本語以外の言語に触れたときにも、きっと大きな力になってくれることでしょう。
――――
単行本p.89、103

 言葉は「文字通り」とは限らず、状況や文脈によって意味が変わってくること。言葉そのものの形式や規則に気づき、それをいじって遊ぶ能力。子どもが言葉を学ぶだけでなく、言葉の使い方を学ぶ過程を見つめます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『新しい分かり方』(佐藤雅彦) [読書(教養)]

――――
 この書籍には、「こんなことが自分に分かるんだ」とか「人間はこんな分かり方をしてしまうのか」というようなことを分かるための機会をたくさん入れようと構想しました。そういう意味で、本のタイトルを『新しい分かり方』としました。順番としては、一見、ばらばらの内容がランダムに並んでいるように見えるかもしれませんが、いろんな側面で次から次へと「新しい分かり方」を誘因する表現を並べた結果なのです。ご自分の中で起こる希有な表象やまったく新しい表象を確認してみてください。
――――
単行本p.262


 物理的にあり得ない変化が起きたと感じさせる。空白だと確認した上でページに置いた指の下に何かがあるように錯覚させる。ただの抽象図形に感情移入させて物語を勝手に読み取らせる。読者の参加意識や罪悪感を引き出す。様々な表現を駆使して、今まで知らなかった、意識してなかった、そんな、新しい分かり方、を実感させる本。単行本(中央公論新社)出版は2017年9月です。

 並べられた二枚の写真から、私たちはどうしても因果関係や連続的な変化を読み取ってしまう。たとえそれが物理的にナンセンスであっても。NHK教育番組『ピタゴラスイッチ』の監修でも知られる著者による、ものごとが直感的に分かるとき私たちは何をどうして分かるのかを直感的に分からせる興味深い表現を集めた一冊です。


――――
 さらに正直な事を言うと、この書籍に収められた表現のなかには、分かること自体が難解なものも、いくつかあります。しかし、それらも、その「分からなさ」をご自分で反芻すると、いままで知っている「分からなさ」とは一線を画すものだということを感じられるのではないでしょうか。私は、「新しい分からない方」と呼んでいます。うーん、よく分からないけれど、この分からなさは初めてだなあと感じていただければ、してやったり、幸いであります。
――――
単行本p.263


 野暮になりがちな解説は最小限で、とにかく自分で見て首をかしげてから「分かってみる」という姿勢が大切。個人的には、『ピタゴラスイッチ』はもちろんのこと、『デザインあ』や『0655/2355』などNHK教育番組における“変なコーナー”とも共通する感覚を覚えました。

 最後にいくつかエッセイが収録されており、これらの表現に至る思考が書かれている(こともある)ので、参考にするとよいでしょう。


――――
 私は、表現を作る時には、いきなり表現に入るのではなく、どう作ったらかっこいいもの・面白いもの・かわいいものができるかということを、まず考える。別の言葉にすると、手法をまず考えるのである。この時には、ある質感の中に別の質感のものが嵌まっていると、それだけで関心が生まれるということを意識していた。「ある質感の中に別の質感がある」ということは、何も、私の発明ではまったくない。
 日本では、そんな手法が古えからあった。【象嵌】である。
――――
単行本p.246


――――
 この、手と指を巡る考察をした後で、私はさらにこう考えた。
 指をあるモノに置いた途端、その置かれたモノは他人事では済まされず、「自分事」になってしまうのではないか。
 もしかして、私が何を言っているのか、分からないと思うので、まずは、ご自分でこの訳の分からないことを体験してみていただきたい。
――――
単行本p.198



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『美術ってなあに?』(スージー・ホッジ、小林美幸:翻訳) [読書(教養)]

――――
 世のなかには、かしこくないと芸術作品を理解できないって考えている人たちがいる。
 そうかと思えば、芸術作品を見るとかしこくなれるって考えている人たちもいる。でも、ほとんどの作品は、何を見るべきかさえ知っていれば、ちゃんと理解して楽しむことができるんだ。
――――
単行本p.84

 アートって、何だかよく分からない。どうして四角や三角を並べただけで「芸術」なの? 子供が、そして口に出さないだけで実は大人も、素朴に抱いているアートに対する疑問の数々に、様々な名画を見せながら、易しく答えてくれるアート入門書。単行本(河出書房新社)出版は2017年9月です。


――――
 アートって、ときどき、ほんとうにわけがわからなくなるよね。写実的じゃない絵については、とくにそうだ。
 1800年代の後半から、芸術家は抽象的な作品や、現実の世界とはかけはなれたものごとをテーマにした作品を生みだすようになった。そして、とんでもない材料や色を使ったり、おかしな形を描いたりつくったりするようになった。彼らは芸術的な実験をして人々の反応をためしたいと考えていた。
 そうするうちに、どんな作品がよくって、どんな作品がよくないか、人々の意見もどんどん変わっていったんだよ。
――――
単行本p.80


 画集のような大型本です。めくってみると、どのページにも有名な絵画や彫刻が載っていて、単純に名画集としても楽しめます。しかし、本当に面白いのは本文。子供が抱きがちな疑問に一つ一つ丁寧に答えてくれるのです。疑問というのは、こんな感じ。

「どうしてアートは、わからないことだらけなんだろう?」

「目も鼻もない棒みたいな人の絵が、なんでアートなの?」

「どうしてはだかの人だらけなの?」

「どうして、美術館ではしずかにしてなきゃいけないの?」

「こんなの、ぼくの妹にだって描けるよ」

「アート作品って、どうしてものすごく値段が高いの?」


 こうした素朴な疑問に対して、著者は例えばこんな風に答えてくれます。


――――
お墓のなかの壁画は、生きている人たちに見せるために描かれたんじゃない。埋葬された人がどんな人生を送ったのか、神々に伝えることが目的だった。壁画が平面的にかかれているのは、神々たちにわかりやすい絵にするためだったんだよ。
――――
単行本p.21


――――
 この作品は、ちょっと見ただけでは家族のすがただと思えないかもしれない。だけど、ヘップワースは自分が好きな形で家族を表現したんだ。
 どれがお母さんだと思う? ほらね、わかってきたんじゃない? 〈抽象芸術〉っていうのは、だいたいそういうもんなんだ。ぼくたちが知ってるものにはぜんぜん似てないのに、見ているとなぜか、それが何を表しているのか、わかっちゃうんだよ。
――――
単行本p.59


――――
 ジャン・メッツァンジェは一般的な遠近法のルールにはしたがわなかった。それでもやっぱり、立体的に見える絵をかきたいと思っていた。そこで、さまざまな角度から見たものをぜんぶ、1枚の絵にかきこむことにしたんだ。この技法は〈キュビスム〉って呼ばれているんだよ。
――――
単行本p.23


――――
 モンドリアンはみんなに自分の作品を楽しんでもらいたかった。なんだかちょっと遠いところにあるものだと、思ってほしくなかった。そこで、カンヴァスのはじっこのギリギリのところまで絵をかいたり、色をぬったりした。ときには、カンヴァスのフチの横のところまで。そうやって、モンドリアンは自分の作品と見る人のあいだの壁をぶちこわしたんだ!
――――
単行本p.17


――――
〈抽象芸術〉の初期の作家たちは、現実の世界とかけはなれた形や色を作品にしようとした。ジョアン・ミロとなかまたちは、無意識の世界を描いた。つまり、自分がかいているものについて、何も考えないようにしたんだ。
――――
単行本p.57


 こんな風に、アートを鑑賞するときの基本的な知識を分かりやすく伝えてくれます。一般的・概念的な回答だけでなく、具体的な作品を例示して「なるほど」と納得させるところがうまい。

 例示されている名画にも、「見て見て! この絵はフレームに入れるべきだと思う?」とか、「この絵はもっと細かくかくべきだと思う?」とか、「鏡にうつっているのはだれでしょう?」「道化師はどこかな?」といった、鑑賞のてがかりとなるコメントがついていたりして、隅々まで親切。

 というわけで、子供向けと言い切るには惜しい、大人が読んでも勉強になる、何よりも楽しい、素敵なアート入門書です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(教養) ブログトップ