So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | -

『七月のひと房』(井坂洋子) [読書(小説・詩)]

――――
露草の青い花冠にスズメ蜂が一匹
日課のように渡ってくるが
あの針ほどの空間に 圧縮されて
原宇宙は入っている
――――
『わたしに祝福を』より


 無からやってきた億万の/偶発の色/たくらみの色。輝きと激しさをはらむあらゆる色彩が紙面に浮かび上がる生彩詩集。単行本(栗売社)出版は2017年1月です。


――――
花は長い間忘れていたことをふと思いだして咲く
忘れてしまうと咲かないという
それが何であったか
花の色は告げているかもしれないが
解読できない
さまざまな色合いをただうつくしい調和と思うだけだ
無からやってきた億万の
偶発の色
たくらみの色か
――――
『未遂産』より


 読んでいて、紙面から浮き上がってくるようなその色彩に圧倒されます。文字の連なりから様々な色がそれぞれのちからを持って立ち上がる。刹那の赤、永遠の青。


――――
壮大な夕日が
巨人がゆっくり倒れていくように沈む
それから
巨人が目を開き
あたりが赤く染まる
――――
『空の鏡』より


――――
遠い島影があおくかすみ
海鳥が灰色の羽をたたんで
透明な入り江に浮かぶ
束の間の午睡
水平線が子どものかいた絵のように一本空色だ
こんなところにいられない、と娘は
きりきりと出ていった
それをぼんやり見ているのは
木立に囲まれた丘の上の
くずれかけた墓石
走り続けた時間の 四角い顔
――――
『意地悪な春』より


 そして黄や緑のイメージが、活き活きと広がってゆきます。


――――
クリーム色のつる薔薇の上に黄蝶がとび
一瞬ごと忘れ果てる 空の頭を
うれしそうにはためかせている
放縦というものは
罪がない
――――
『誕生は偶会』より


――――
いつも思うことだが
バスに揺られるいくつかの頭と
里芋の葉は 音符のようだ
根と切り離されて
リズムをとっている
――――
『七月のひと房』より


 黄は一文字だけ、緑にいたってはまったく明示されていないのに、それぞれの色が鮮やかに「見える」のは、いったいどういうことなのでしょうか。そして、無彩色のちから。


――――
オレンジや巨峰やリンゴ、銀河系の惑星同士の軌道のサイクルか
ら、はぐれた星々が落下し、素焼きの皿に積まれている。それら
を描いた静物画を、隅々まですべて白く塗りつぶす無名の女性画
家のその作品は、ありふれた海岸の白浜から水が引いて、二度と
打ち寄せることなく、浜のみが白濁している。
――――
『やわらかな手』より


――――
黒いマドンナ像
と癌
老いたからだの中に
育つ
ふたつの黒への信仰

黒こそ ゆきつく色であり
闇にまぎれぬ黒が点在している
――――
『薄は光らない』より


 様々な色が虹のスペクトルとなって、ふたたび刹那と永遠を彩ります。


――――
向こうの杉の木から
蜘蛛のながい糸が渡される
雨にもめげず 虹色に光る 一撃を溜めている
エモノを狙う罠は美しい
――――
『シー ウォズ ベルベット』より


――――
丸い橋の上の街灯のつらなり
背後の森が黄緑の手を伸ばす
ほんとうの
彼ら自身は色をもたない
橋にたたずむ黒猫の
長い毛足にも光があたり
闇の奥にたくさんの小さな虹ができる
――――
『旅だてば』より


 色の美しさ激しさ、それを短い文字だけで喚起させる言葉の力。まるで絵画を見るような色彩感あふれる詩集です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『造りの強い傘』(奥村晃作) [読書(小説・詩)]


――――
些事詠んで確かなワザが伴えばそれでいいんだ短歌と言うは
――――
ホームランそれも場外ホームランのようなドデカイ歌が詠みたい
――――
万葉の蟹が哀しくうたう歌 万葉人も蟹を食ってた
――――
所得税累進課税の最高が七〇%の時代があった
――――
正面から見るとやっぱし違うわな一味違うシェパードの顔
――――


 特に何ということもない当たり前のことをあえて詠む「ただごと歌」の第一人者による、ただごと歌集。単行本(青磁社)出版は2014年9月です。


『桜前線開架宣言』(山田航)より
――――
 現代短歌の中には「ただごと歌」と称されるジャンルがあって、特に何ということもない当たり前のことを短歌にしてしまうというものである。奥村晃作という1936年生まれの歌人が主な標榜者で、橘曙覧など江戸時代に生きた歌人たちの伝統を受け継いだものと主張している。
――――
単行本p.10


 だから何? という反応を気にするそぶりも見せず、あえて詠む。「ただごと歌」の妙味を味わうことが出来る歌集です。

 わざわざ五七五七七で表現するまでもなく、日記かブログに書いときゃいいじゃん、というような「ただごと」をあえて短歌にする、その「あえて短歌にした」というところに、その心意気のようなものに、何だかメタな抒情を感じます。


――――
所得税累進課税の最高が七〇%の時代があった
――――

――――
信号の〈緑の人〉は自らは歩かず人を歩き出させる
――――

――――
放置せしわが自転車を請け出しぬ四千円を区に支払って
――――

――――
参加した皆が失格するなんて それってないよね今年のSASUKE
――――


 「ただごと」のなかには、ふと気づいた「発見」というべきものも。


――――
綱引きの綱作る人居るわけで年間なん本作るのだろう
――――

――――
屋根の上のテレビアンテナ眺めつつ大変だなあ電気屋さんも
――――

――――
万葉の蟹が哀しくうたう歌 万葉人も蟹を食ってた
――――

――――
正面から見るとやっぱし違うわな一味違うシェパードの顔
――――


 「いいね」狙いでツィートすりゃいいじゃん、というような発見が多いのですが、それでも「万葉人も蟹を食ってた」とか「正面から見るとやっぱし違うわな一味違う」とか、不思議と心に残ります。

 個人的に気に入ったのは、夏を詠んだ作品。


――――
局地的豪雨頻発、激烈な竜巻二回、猛暑日続く
――――

――――
リモコンのボッチを指で押すだけで部屋はたちまち涼しくなりぬ
――――

――――
クーラーがサーモスタットが働いて夜通し二十七度を保つ
――――

――――
熱帯夜なれども器機が作動して朝まで眠る 器機よありがとう
――――

――――
近頃のキュウリ形は良いけれど切ってるときの匂いが薄い
――――


 やたら「クーラーって涼しくていいよね」と感動しているのが妙に可笑しい。他に、「食べる」という行為を身も蓋もなく表現した作品にも心惹かれます。


――――
竹串を尾から突き刺しまだ動く海老に塩振りバーナーで焼く
――――

――――
トゲいまだ動くウニの身スプーンですくい食うなり、五〇〇円なり
――――

――――
生卵肉に掻き混ぜ紅ショウガ添えて吉野屋の牛丼を食う
――――


 そして、歌人としての素直なつぶやきを「ただごと」として提示する作品。


――――
帯・カバー外し〈新刊歌集〉読む二度目はうしろの頁から読む
――――

――――
ホームランそれも場外ホームランのようなドデカイ歌が詠みたい
――――

――――
些事詠んで確かなワザが伴えばそれでいいんだ短歌と言うは
――――


 「些事や日常生活のなかに見つける非日常的な瞬間」を見つけるのも詩歌なら、そんなもの見つけないぞ吉野屋の牛丼くうぞ卵もかけるぞというかたくなさもまた詩歌に成り得る。詩歌の広がりと可能性を感じさせる「ただごと」歌集です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『転校生は蟻まみれ』(小池正博) [読書(小説・詩)]


――――
瓶を倒す匈奴が攻めてくる
――――
単発の煮込みうどんに院政される
――――
アウトなど阿部一族は認めない
――――
乱取りはそろそろ止めて火遊びに
――――
辻斬りの相手は弱くていいのです
――――


 異質な言葉の組み合わせから生ずる不思議なおかしさ漂う現代川柳。小池正博さんの第二句集。単行本(編集工房ノア)出版は2017年3月です。


 まずは、普通は同居しないような、互いに使われる文脈が異なる言葉を、無造作につなげてみたような作品。何とも言えない違和感が可笑しいのです。


――――
瓶を倒す匈奴が攻めてくる
――――

――――
単発の煮込みうどんに院政される
――――

――――
油舐めてから民族大移動
――――

――――
駅前でぷりぷり怒るモアイ像
――――

――――
アルパカの居場所としての待合室
――――

――――
虫を喰う植物のいる中二階
――――


 地名など固有名詞をうまく使った作品。文脈をかくんと外されてつんのめる感覚が楽しいのです。


――――
アウトなど阿部一族は認めない
――――

――――
頷いてここは確かに壇の浦
――――

――――
鎌倉にサラダを添えて攻めのぼる
――――

――――
道のべの火を吐く餓鬼は京育ち
――――

――――
逗子まで明るい妖怪ついてくる
――――


 格言というか、箴言というか、うっかり含蓄を感じてしまう作品も。一瞬おいてから、特に教訓など存在しないことに気づいたときの謎の騙された感。


――――
猫脚がついているから叩かれる
――――

――――
公家式の二行に詰めを誤るな
――――

――――
言い訳はするな山椒魚を食う
――――

――――
辻斬りの相手は弱くていいのです
――――


 ごくありふれた社交会話に見える作品もあります。実際、人が会話しているとき、意外にこういう意味不明なことを口走っているのではないでしょうか


――――
乱取りはそろそろ止めて火遊びに
――――

――――
こんなときムササビはよしてください
――――

――――
礼儀知らずにも高山病になりました
――――

――――
セスナ機で決済をしに来てほしい
――――

――――
正直に言います狢を呼びました
――――


 数はさほど多くはありませんが、天文学の言葉を使った作品にも光るものが。


――――
稽古はやめだ君が火星を狂わせる
――――

――――
レーダーに土星の動く気配あり
――――

――――
あとあしで土を蹴るとき天球儀
――――

――――
島宇宙から島宇宙へと枢機卿
――――


 というわけで、特定の文脈ではこういう言葉を使う、こういう言葉にはこういう言葉がコロケーション、といった暗黙のルールを取っ外してみたら、すごく楽しくて意味不明な日本語が出来上がるということをまざまざと見せてくれる、驚きとくすぐりに満ちた句集です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『カブールの園』(宮内悠介) [読書(小説・詩)]


――――
けれど二十一世紀のいま、もはやその者たちに最良の精神は宿らないと感じもしてしまう。インフラが発達し、有象無象の神秘が解かれ、言葉ばかりが溢れかえった、いまはもう。(中略)弱者のあふれたこの街で、しかしもうブルースは聞こえてこない。
 わたしたちの世代の最良の精神は、いったい、いかなる生にこそ宿るのだろう?
――――
単行本p.30


 きらびやかなプレゼンテーション、華々しいプロレスショー、そして仮想現実。虚構に飲み込まれ空虚な言葉だけがあふれるこの場所で、人種的マイノリティとして生きるということは何を意味するのだろうか。現代アメリカを生きる日系人の若者たちの姿を通じて現代の祈りを追い求める中篇二篇を収録。大きな飛躍を感じさせる作品集。単行本(文藝春秋)出版は2017年1月、Kindle版配信は2017年1月です。


『カブールの園』
――――
誇りや文化や伝統を、クオーターに換えてしまっていいのか。外部から、とやかくいうことは簡単だ。でも、一つ確実にいえることがある。マイノリティがどう生きるかは、当の本人がきめるということだ。(中略)諦念を受け止め、ありうべき世代の最良の精神を守り通すこと。そのためにこそ、このカブールの園で笑みを絶やさないこと。クオーターを投げてもらってかまわない。わたしは踊る。
――――
単行本p.84、89

 母親との確執、子供時代に受けた苛めのトラウマ、人種差別。様々な葛藤を抱えながらアメリカの今を生きる日系三世の語り手。プログラマとして勤務しているスタートアップ企業の上司から休暇を命じられ、大戦中の日系人強制収容所跡を訪れた彼女は、そこで自分の過去との思いがけないつながりを見つけて衝撃を受ける。

 表題は、語り手が受けているセラピーで使われる仮想現実のあだ名なのですが、虚構や虚言に覆い尽くされてしまった世界の象徴とも感じられます。人種的マイノリティとして生きること。支持するふりをしながら定型に押し込め不可視化しようとしてくる社会。それに抗うか、それともしたたかに乗りこなすか。真実なき現代を生きることへの覚悟を問う中篇。


『半地下』
――――
 あるいは、単なる脚本の誤植だったのかもしれない。そんなふうに思うこともある。
 しかし、エディの言葉は深く僕に届いていた。そしてショーはつづく。リングに上がろうが上がるまいが、読みあげなければならない諸々のろくでもない脚本は、いくらでもある。それらを前に、僕はこの誤植を手垢がつくまで読み返し、くりかえし咀嚼するのだ。
――――
単行本p.128

 父親の失踪により米国に取り残された幼い姉弟。英語と日本語という異なる言語と思考形式にアイデンティティを揺さぶられながら成長してゆく語り手。プロレスという虚構そのもののショービジネス界に引き取られ、リングの上で痛めつけられ続ける姉。「この国は偽善にまみれているけれど、子供だけは絶対に受け入れる」(単行本p.97)という言葉はどのレベルまで本当なのだろうか。

 偽善と建前と物語だけで支えられているこの世に、真実がないのであれば、せめてそれに代わるような何か確かなものがあってほしい、だが、はたしてあるだろうか。祈るような切実な問いかけが心をうつ力強い中篇。



タグ:宮内悠介
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『永遠でないほうの火』(井上法子) [読書(小説・詩)]


――――
駅長が両手をふってうなずいて ああいとしいね、驟雨がくるね
――――
月を洗えば月のにおいにさいなまれ夏のすべての雨うつくしい
――――
紙風船しずかに欠けて舞い上がる 月のようだねいつか泣いたね
――――
紺青のせかいの夢を翔けぬけるかわせみがゆめよりも青くて
――――
だんだん痩せてゆくフィジカルなぺんぎんが夢の中にも来る、ただし飛ぶ
――――


 火と水と、雨と月と、かわせみ。花鳥風月、風景に心をよせ抒情を読み解く紺青歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2016年6月、Kindle版配信は2016年7月です。

 風景を見たときに生ずる心のざわめきをとらえた作品が目につきます。特に、火と水。


――――
煮えたぎる鍋を見すえて だいじょうぶ これは永遠でないほうの火
――――

――――
日々は泡 記憶はなつかしい炉にくべる薪 愛はたくさんの火
――――

――――
こころでひとを火のように抱き雪洞のようなあかりで居たかったんだ
――――

――――
ああ水がこわいくらいに澄みわたる火のない夜もひかりはあふれ
――――


 これは永遠でないほうの火。雨、雪など気象を詠んだ作品も、静かに心を動かしてきます。


――――
駅長が両手をふってうなずいて ああいとしいね、驟雨がくるね
――――

――――
いつまでもやまない驟雨 拾ってはいけない語彙が散らばってゆく
――――

――――
オルゴールから雑音が消えそれはめずらしいほど雪の降る日で
――――

――――
あんまりきれいに降るものだから淡雪をほめたらなぜか北風もよろこぶ
――――


 ああいとしいね、驟雨がくるね。月や夜の光景を詠んだと思しき作品は、何というか過剰なほどの叙情が感じられて、文学少女ここにあり、というような気持ちになります。


――――
月を洗えば月のにおいにさいなまれ夏のすべての雨うつくしい
――――

――――
紙風船しずかに欠けて舞い上がる 月のようだねいつか泣いたね
――――

――――
どんなにか疲れただろうたましいを支えつづけてその観覧車
――――


 月のようだねいつか泣いたね。花鳥風月というくらいなので、もちろん鳥も何かを背負ってそこにいます。


――――
紺青のせかいの夢を翔けぬけるかわせみがゆめよりも青くて
――――

――――
かわせみよ 波は夜明けを照らすからほんとうのことだけを言おうか
――――

――――
憧れは煮られないからうつくしい町のプールにかるがもが住む
――――

――――
だんだん痩せてゆくフィジカルなぺんぎんが夢の中にも来る、ただし飛ぶ
――――


 ただし飛ぶ。鳥だけでなく魚や虫など動物はちらちらと登場するのですが、いずれも野生です。人間との距離が近い動物は出てきませんが、ときどき猫の影。


――――
煙草屋の黒猫チェホフ風の吹く日はわたくしをばかにしている
――――

――――
わたくしのしょっぱい指を舐め終えてチェホフにんげんはすごくさびしい
――――

――――
堕ちてゆく河のようだね黒猫の目をうつくしい雨が濡らして
――――

――――
青年に猫の轢死を告げられてことば足らずの風が
――――



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(小説・詩) ブログトップ