So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | -

『マヨネーズ』(仲田有里) [読書(小説・詩)]

――――
マヨネーズ頭の上に搾られてマヨネーズと一緒に生きる
――――
菓子パンやプリンを食べるのが一番楽であとはしんどい
――――
このシャツもカーディガンもスニーカーもいつかどこかで私が選んだ
――――
マンガにも映画にもおっぱいは出る 湯船に浮かぶ 胸は大切
――――
君のこと考えながら考えすぎないようにわたし桃のように寝る
――――


 暮らしのなかにある小さな喜び、ささやかな感動、みたいもの絶対に詠まない。日々の疲弊感を、ある種の諦念を、そのまま無感動に、ぶっきらぼうに、差し出すような生活歌集。単行本(思潮社)出版は2017年3月です。


 普通、頭からマヨネーズとかそういう面倒事が降りかかってきたり、過労で倒れて病院に行ったり、台風や母親が来たりすれば、何らかのアクションを起こすか、少なくとも心が動くわけですが、そういうそぶりを見せず、無感動に事実をただ述べた、そんな印象を受ける作品が並びます。


――――
マヨネーズ頭の上に搾られてマヨネーズと一緒に生きる
――――

――――
点滴で治しましょうと寝ころんで透明な液大量に
――――

――――
生きている人がたくさんやってきて帰っていくのを毎日見てる
――――

――――
ベランダを掃いたら埃がすごくて、台風が来て、母親が来る
――――

――――
ハブラシが一本立ったコップにも黴が生えてる埃が降ってる
――――


 マヨネーズまみれでも、過労で倒れても、部屋が埃だらけでも、抜本的な対処まで手が回らず、とりあえずそのまましのぐ、そんな生活。

 食事をうたった作品でも、美味しいとか、不味いとか、とにかく味覚描写というものが欠落していて、いつもと同じものをただ食べる、それも「しんどい」と思いながら食べる、そんな作品が続きます。全体的に感じられるのは、疲弊感というか、抑鬱感というか、何もかも面倒になったときの、あの気だるさのようなもの。


――――
食パンとヨーグルトとゆで卵大切な朝食がいつもと同じ
――――

――――
つまらない電車が過ぎるつまらないコンビニへ行くご飯を食べる
――――

――――
菓子パンやプリンを食べるのが一番楽であとはしんどい
――――

――――
いちごかグレープフルーツが食べたくてそれを買ってくる想像をする
――――

――――
ベランダに外れた網戸が立てかけてある豚肉とキャベツ炒める
――――

――――
食べ物を食べてしまう 蛍光灯をつけたらまぶしい 布団を着る
――――


 浴室でも、もう面倒なことはぜんぶ明日まわし、という気持ちが見えます。メディアで性的消費の対象にされるパーツだけ「大切」という表現からは、自分というものに価値を見いだせない悲しみも伝わってきます。


――――
食事中降ってくる虫 ぬるぬるの浴槽 人目を気にしない朝
――――

――――
マンガにも映画にもおっぱいは出る 湯船に浮かぶ 胸は大切
――――

――――
お風呂場で20分ほど水底を見つめていてもわたしはひとり
――――

――――
浴槽に浮いた髪も濡れたまま寝た髪もいずれは乾く日々
――――

――――
星を見て体を洗って洗い物大量に残しわたしは寝ます
――――


 「あきらめ」「無反応」「考えすぎないように」といった諦観を感じさせる言葉も多用され、生々しい印象を残します。


――――
しんしんと降る雪何も起こってない事については無反応です
――――

――――
何もかもある世界で何も起きなくてもいいと思うあきらめ
――――

――――
このシャツもカーディガンもスニーカーもいつかどこかで私が選んだ
――――

――――
君のこと考えながら考えすぎないようにわたし桃のように寝る
――――


 というわけで、「日常のなかにあるささやかな感動」みたいなものを絶対に詠んでやるかという意地を感じさせる歌集です。その依怙地な姿勢の背後から、静かな哀しみのようなものが立ち上ってきます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『モーアシビ 第33号』(白鳥信也:編集、川上亜紀・他) [読書(小説・詩)]

 詩、エッセイ、翻訳小説などを掲載する文芸同人誌、『モーアシビ』第33号をご紹介いたします。


[モーアシビ 第33号 目次]
----------------------------------------------------------

『風裂』(北爪満喜)
『四月のバスで荻窪駅まで』(川上亜紀)
『夏の姉のための三重奏』(川上亜紀)
『フユアケボノ、@GINZA』(森岡美喜)
『amaoto』(浅井拓也)
『水の貌』(白鳥信也)

散文
『古楽へのお誘い・・・いざなわれ編』(サトミセキ)
『カモシカ生息調査』(平井金司)
『新宿を歩く』(清水耕次)
『風船乗りの汗汗歌日記 その32』(大橋弘)

翻訳
『幻想への挑戦 7』(ヴラジーミル・テンドリャコーフ/内山昭一:翻訳)
----------------------------------------------------------

 お問い合わせは、編集発行人である白鳥信也さんまで。

白鳥信也
black.bird@nifty.com


『風裂』(北爪満喜)
――――
風にワンピースがねじられる
巻きあげられてゆく長い髪は
生きもののように逆巻いて
額を泳ぐ 乱れさせる
目を覆われていても 分けられたあなたの気配が伝わってくる
――――
モーアシビ第33号p.5

 場面が進むにつれて、うねりが段々と強くなり、渦巻き、ヒフを切り裂く。風の印象が鮮烈な詩作。読者を混乱させる人称代名詞のトリッキーな使い方も印象的です。


『四月のバスで荻窪駅まで』(川上亜紀)
――――
八重桜の枝が風に揺れ
消防車のサイレンが響き
明るい四月の光のなかを
バスは窓を開けたまま行く
――――
モーアシビ第33号p.8

 タイトル通りの、のどかな情景。その底から、地震がくればあっけなく失われてしまう日常のもろさ、人工物の儚さ、のような感慨が立ちのぼってくる詩作。


『夏の姉のための三重奏』(川上亜紀)
――――
どうしてもたどりつきたかった
そこへ その場所へ 高い空の彼方
その夏に飛んだ高度はいまも計測不可能だ

わたしは十六歳で空は青く青く広がり
手に楽譜を持たされたまま困っている
――――
モーアシビ第33号p.12

 失われてしまったものへの感傷をのせて三重奏曲が流れる詩作。J-POPの歌詞のような表現を巧みに配置することで、異なるイメージを描き出してゆく手際が見事。


『古楽へのお誘い・・・いざなわれ編』(サトミセキ)
――――
ピアノは感情をダイレクトに鍵盤に流し入れることができるが、たとえばチェンバロはそう簡単にはいかない。楽器と音と自分のあいだに、不思議なギャップもしくは空間があり、それをコントロールできないと音楽が成立しないのだ。
 古楽器の場合、「わたしが楽器を弾きこなす」のではない。わたしが楽器を弾いているのか、楽器にわたしが弾かれているのか。楽器と自分と作曲家の音楽が一体になり、空間にその響きがうまく溶け合って、初めて古楽器の演奏が人の心に届くものとなるのだ。
――――
モーアシビ第33号p.44

 古楽器にハマっているという著者が、その魅力を存分に語る随筆。ものすごく興味深くて、今号収録作品中で個人的に最もお気に入り。


『カモシカ生息調査』(平井金司)
――――
 新潟県教育委員会がカモシカの生息調査をやっていて、調査員に私も加わることになった。欠員の補充としての新任である。本誌に寄稿している浅井拓也さんは調査員を何年もやっているが、私を推薦してくれたのだ。
(中略)
 調査は各自八回、八五〇〇円の日当が支給される。全員が八回調査するとかなりの金額になるが、それだけ予算が計上されているわけだ。簡単な説明を受けただけで生態のことなど知らない私がまともな調査ができるはずはない。拓也さんに相談すると、報告書を出しさえすればいいのだという。
――――
モーアシビ第33号p.46

 国の特別天然記念物であるニホンカモシカ。その生息調査に参加したときの、わりと赤裸々な体験記。


『風船乗りの汗汗歌日記 その32』(大橋弘)
――――
帰宅後はスペクトルマンですよ。いよいよ流星仮面ですよ。この回はどちらも巨大化せず人間並みのサイズで戦う。仮面ライダーを見るような気分。流星仮面はそのネーミングに負けない大げさなマントがどうしても接近戦には邪魔だろうから、光線類の「飛び道具」で仕事をしているのだろう。ゴルゴみたいだね。二人とも表情がないので、ストーリー展開上随所で、とりわけ流星仮面には激しくあるはずの感情の揺れが、戦闘中もことさら表面化しない。(中略)うっかりすると見ていて目頭が熱くなる。やばいですな。ただ、ゴリやラーが邪悪なのを通り越してどうかすると無邪気な感すら覚えるのに比べると流星仮面は情に厚くて生真面目で、と何とも追い込まれやすいキャラクターなので、かえって遣る瀬無い気分になる。
――――
モーアシビ第33号p.56

 仕事のこと、書籍購入、読書録、旅など、つらつらと綴ってゆく身辺雑記。静かに、やや抑鬱的なトーンで語られる日々の暮らし。という文章のなかに「今日もスペクトルマン。午前中からスペクトルマン」「朝っぱらからスペクトルマン」「ストーリー、無理があるような気がするのは気のせいか…」などと生真面目に書かれているのが妙におかしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『玉繭の間取り』(中家菜津子、装幀:カニエ・ナハ) [読書(小説・詩)]

――――
【緊急告知】文フリ F-1カニエ・ナハさんのブースで、昨年びーぐるに連載させていただいた「玉繭の間取り」をまとめた詩集を少数販売します。もちろん装幀はカニエさんです。立体的に飛び出す詩。隙間から覗くと一行だけが見えたり、見る方向を変えると短歌が消失したり。ぜひ遊びに来て下さいね
――――
これはもはや本なんだろうか。建築みたいでもあり、好きに間取りをつくれるドールハウスみたいだし、ピクニックセットとかレジャーシートみたいだし、アートピースみたいだ。
――――
中家菜津子氏による2017年5月6日付けツイートより
https://twitter.com/NakaieNatsuko/status/860826975337725953
https://twitter.com/NakaieNatsuko/status/860827757076291587


 2017年5月7日に開催された第二十四回文学フリマ東京にて入手した中家菜津子さんのポップアップ詩集。発行は2017年5月4日。装幀(というか製作)はカニエ・ナハさん。

 「季刊びーぐる」第31号から第34号に連載された詩作を、いわゆる飛び出す絵本、ポップアップブック仕立てにしたものです。折り畳まれた台紙を開くと、詩の書かれた紙パーツが立体的に飛び出してくるという仕掛け。これを何部も手作りした労力を考えると頭が下がります。

 各台紙はそれぞれ居間、台所、書斎、玄関という部屋を模していて、全体でタイトル通り「間取り」になっている、というこだわり。目次と表紙を合わせたようなページが一枚付いていて、こちらは裏面が銀色の反射鏡。姿見でしょうか。

 それぞれの部屋に対応する詩作がポップアップ部分に印刷されているのですが、分割されていて同時に全体を見ることが出来なかったり、隙間から覗き込むようにして読むしかなかったり、全体をひっくり返しつつ様々な角度から見ないと読めなかったりと、これまたびっくりするほどのこだわりデザインを感じさせます。


「Living Room」
――――
 雨上がり、死んでしまった人に裸を見つめられる。遺影の中の微笑みは、くだらない善悪から解き放たれているのに、抱きあったあとのわたしたちは、後ろの正面あたりがうしろめたい。れんめん、れんめん、連綿と遺伝子を交歓してここが、終点なのですか。
――――

 ポップアップしたパーツが合わさってドアも窓もない部屋が立体的に構成されます。詩は部屋の内側に書かれているので、上からこう、覗き込むようにして読むことに。他人の部屋や心を盗視しているような後ろめたさ。


「Dining Kitchen」
――――
 「蚕を飼ってみたいの、豚や牛と同じで家畜として殺す運命にあるもの」
君はそう言ったのに、「翼の退化した天使みたい」なんて言って愛玩している。愛を捧げたら飼われているのは君の方で。繭から羽化した白兎と昆虫のキメラみたいな生きものは、飛べないけれど翅を持ち、食べられないから口はない。
――――

 台紙を90度開くと細いパーツが三つ、テーブルのように、あるいは食器棚や食洗機の仕切りのように、立ち上がります。そのパーツに印刷された三行だけが、詩の中から、文字通り浮き上がって見えるのです。


「Library」
――――
 ひらけごま。薄暗い書斎のドアを開けよう。チェリーの床、オークの机、楢の書棚、そしてその棚に収められた本のページは樅や松やユーカリやポプラ、それに桑のパルプからできていて。加工された針葉の、広葉の木々が、今も森閑と立っていることに、君は気づく。言葉の葉擦れの音がざわめき出し、そのざわめきが君の耳と相似の葉を探した。
――――

 波形のパーツが貼り付けられており、書棚に見えます。台紙を開いている途中だと空っぽの白い書棚、十分に開いて別角度から見ると、一つ一つの「本背」に短歌が印刷されていることに気づきます。台紙の反対側には二つに折られた紙片が貼り付けられており、本を開くようにして紙片を開いて中身を読むことに。


「門出」
――――
玉繭の一頭孵り
   残された
 鱗粉まみれの
  蛹きらめく
――――

 ポップアップするパーツが三つ、玄関から外門までの石畳と塀でしょうか。詩と短歌が様々な方向に印刷されており、上から読んで、手前から読んで、ひっくり返してまた読むことに。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『太陽の舟 新世紀青春歌人アンソロジー』 [読書(小説・詩)]

――――
 ここに二十代、三十代の新鋭歌人によるアンソロジーが完成した。結社や地域を超えてこの世代のアンソロジーがまとまって編まれるのは、初めてのことだろう。(中略)歌壇ヒエラルキーに捉われず、新世紀の青春の生身の声が、短歌として響いてくる一冊といえるだろう。「太陽の舟」にこの世、あの世を超えた共同性の幻像をみたい。
――――
単行本p.266


 若手歌人から選ばれた42人について、それぞれ「自選六十首」を掲載した短歌アンソロジー。単行本(北溟社)出版は2007年11月です。

 先日読んだ『桜前線開架宣言』(山田航)があまりにも面白かったので、同じく若手歌人の短歌アンソロジーということで本書も読んでみました。ちなみに『桜前線開架宣言』の紹介はこちら。


  2017年03月08日の日記
  『桜前線開架宣言』(山田航)
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-03-08


 おそらく何人も同じ歌人が選ばれているだろうな、と予想していたのですが、何と一人も重複していません。『桜前線開架宣言』の出版は2015年12月、本書は2007年11月ですから、8年の開きがあります。それを考慮しても、「注目すべき若手歌人」の数がこんなに多く、途切れることなく次々とデビューしているという事実には驚かされます。

 というわけで、この二冊に目を通せば、今世紀に入ってから注目された歌人の代表的な作品を一度に読めるわけで、短歌入門としてお勧めです。

 本書に掲載されている歌人は次の通り。あえて「あいうえお」順に掲載することで、結社やグループと無関係だということを強調しているようです。ちなみに、1人につきそれぞれ紹介1ページ(顔写真付き)、自選作品60首(4ページ、1ページあたり15首)、自己紹介エッセイと年譜が1ページ、総計6ページが割り当てられています。


朝倉美樹
天野慶
天野陽子
今村章生
上原康子
内田彩弓
大石聡美
大木恵理子
大隅信勝
大橋麻衣子
小田何歩
神尾風碧
岸野亜沙子
北川色糸
木戸孝宣
栗原寛
小玉春歌
小林幹也
近藤武史
鷺沢朱理
笹岡理絵
佐々木実之
佐藤晶
鹿野氷
清水寿子
高山雪恵
田中美咲希
棚木恒寿
千坂麻緒
月岡道晴
當麻智子
中川佳南
縄田知子
本多忠義
宮坂亭
三宅勇介
矢島るみ子
横尾湖衣
渡邉啓介
渡辺琴永
渡辺理紗
由季調


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『たべるのがおそい vol.3』(星野智幸、最果タヒ、山尾悠子、他、西崎憲:編集) [読書(小説・詩)]

 小説、翻訳小説、エッセイ、短歌。様々な文芸ジャンルにおける新鮮ですごいとこだけざざっと集めた文学ムック「たべるのがおそい」その第三号です。掲載作品すべて傑作というなんじゃこらあぁの一冊。号を重ねるごとに次のハードルを目一杯あげてゆくような、スリルに満ちたvol.3。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年04月です。


[掲載作品]

巻頭エッセイ 文と場所
  『Mさんの隠れた特技』(小川洋子)

特集 Retold 漱石・鏡花・白秋
  Retold 鏡花『あかるかれエレクトロ』(倉田タカシ)
  Retold 漱石『小詩集 漱石さん』(最果タヒ)
  Retold 白秋『ほぼすべての人の人生に題名をつけるとするなら』(高原英理)

創作
  『白いセーター』(今村夏子)
  『乗り換え』(星野智幸)
  『エスケイプ』(相川英輔)
  『虫歯になった女』(ノリ・ケンゾウ)
  『親水性について』(山尾悠子)
  『一生に二度』(西崎憲)

翻訳
  『ピカソ』(セサル・アイラ、柳原孝敦:翻訳)
  『カピバラを盗む』(黄崇凱、天野健太郎:翻訳)

短歌
  『すべてのひかりのために』(井上法子)
  『黙読』(竹中優子)
  『隣り駅のヤマダ電機』(永井祐)
  『二〇一七年、冬の一月』(花山周子)

エッセイ 本がなければ生きていけない
  『『本がなければ生きてこれません』でした。』(杉本一文)
  『本棚をつくる』(藤原義也)


『白いセーター』(今村夏子)
――――
 ……離婚しますか、わたしは伸樹さんにきいた。伸樹さんは、結婚しないと離婚できないよ、といった。
 あの晩、伸樹さんの黒いコートにくるまれていたわたしの白いセーターは、汚れからは守られたけど、においからは守られなかった。
――――
単行本p.33

 婚約者の姉から「クスマスイブの午前中だけ、子どもたちを預かってほしい」と頼まれた語り手。ごく簡単な用事のはずだったが、予想外のトラブルが起きて……。子どもというものの嫌な側面が生々しく心に刺さってくる短編。vol.1に掲載された『あひる』もそうでしたが、やわらかにネグレクトされる弱い立場の人、を表現するのがうまい。こわい。


『乗り換え』(星野智幸)
――――
いやいやいや、おまえじゃないから。同じ星野智幸だけど、おまえは俺じゃないから。俺にはならなかった俺ってことは、俺じゃないから。同じ星野智幸でも、違う人生送ったら別人だから。共通するところはたくさんあるけど、そんなの双子だって別々の人生送ればまったくの別人だろ。
――――
単行本p.46

 サッカー観戦から帰宅する途中、ふと立ち寄った店で出会った星野智幸。同じ星野智幸なのに人生どこで分岐したのか、それぞれの記憶を確認してゆく二人。『俺俺』にも似た奇妙なシチュエーションを駆使して語られる「私小説」。自民党公認、保守派の県議候補である星野智幸、というのがすごい。「感銘も受けている。打ちのめされてもいる」(単行本p.48)


『小詩集 漱石さん』(最果タヒ)
――――
美しいひとが生き抜いていくには、その美しさを許容できるほどの美しい世界が必要で、そんなものはこの世にない。長く伸びた花が、きみどりの細い茎をどうしてか空に向けて張り詰めていて、彼は空に呼ばれているのかな、だから重力に負けないのかなと悲しくなった。詩を書いても、絵を描いても、世界には私が溶け込めない部分があって、私を燃やしても残る骨と髪があって、孤独という言葉は、だからチープだと知っている。
――――
単行本p.68

 夏目漱石をイメージした四篇『夢の住人』『走馬灯』『先生』『文学』から構成された小詩集。


『ピカソ』(セサル・アイラ、柳原孝敦:翻訳)
――――
 ある日、魔法の牛乳瓶から現れた精に、ピカソを手に入れるのとピカソになるのとどちらがいいかと訊ねられた、そこからすべてが始まった。どちらでも願いを叶えてあげよう、と精は言った。ただし、どちらか一方だけ。
――――
単行本p.78

 ピカソの絵か、ピカソになるか、叶う願いはどちらか一つだけ。
 モスラの幼虫が大暴れする『文学会議』や、不良少女二人組〈愛の襲撃部隊〉がスーパーマーケットで殺戮を繰り広げる『試練』で、読者を大いにたじろがせたセサル・アイラのたじろぎ小説。ちなみに『文学会議』の紹介はこちら。

  2016年03月08日の日記
  『文学会議』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-08


『カピバラを盗む』(黄崇凱、天野健太郎:翻訳)
――――
 今ほど、カピバラを盗むのに適した頃合いはあるまい。この島国がまるごと、対岸からのすさまじい口撃にさらされている。頭がいかれた総統が、中国への「反攻」、つまり宣戦布告をしたのだ。その瞬間、オレは、ワンパク・サファリパーク(頑皮世界)に忍び込み、カピバラを盗み出すことに決めた。
――――
単行本p.106

 「大陸反攻」とか、今さら、マジで宣告。ついに始まった中台戦争。というかそのはずなんだけど、ミサイルが飛んでくるわけでもなく、軍が動くことすらなく、街は人出で賑わっているし、ネットも遮断されずみんな好き勝手につぶやいている。台湾が置かれてきた不安定で先の見えない状況は、戦時中でさえ変わらないのかよ。こうなったら、カピバラを盗むしかない。今がそのときだ。
 現代の台湾社会と政治に対する若者の感覚を鋭くとらえた短編。話はシリアスですが、でもやっぱり台湾料理うまそう、カピバラかわいい。


『親水性について』(山尾悠子)
――――
 停滞することなくつねに神速で移動せよ。速度のみが我らの在るところ。言の葉は大渦巻きを呼び、ものみなさかしまに攪拌されながら巻き込まれていく――堕ちていく――肺は水で満たされ、密かに鰭脚をそよがせると額に第三の目がひらく。
――――
単行本p.149

 永遠に漂い続ける巨大船に乗っている姉と妹。神話的イメージを連打してくる高純度山尾悠子。


『一生に二度』(西崎憲)
――――
 みすずの生活はそういうふうに空想というものに特徴付けられている。
 そして空想のほうがみすずの許にやってきたこともある。大学二年生の時だった。ある男の姿をとって。
 その男のことを思いだすと、いつも全体がひとつの夢であったような錯覚におちいる。
 たしかに期間も長くなく、深くつきあったわけではないので、そう思えてもおかしくはない。
 大学二年の時だった。
 大学は中央線の先にあった。
 オスカー・ワイルドの小説の話。
 つづきを知っているとその人は言った。その先を知っていると。
――――
単行本p.153

 空想癖のあるみすずが出会った男は、『ドリアン・グレイの肖像』がその後どうなるのか続きを知っているという。それどころか、どんな物語についても彼はその後どうなるかを知っていた。日系人強制収容所における迷信と噂話の流布。フィンランドで起きた奇怪な殺人事件。理由不明なまま繰り返される海難。謎めいた魅力的な物語が、結末を欠いたまま次々と投入され読者を魅了してやまない傑作。素晴らしい。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(小説・詩) ブログトップ