So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | -

『眠れる海』(野口あや子) [読書(小説・詩)]

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 ごくありふれた光景からひそやかに繰り出される鋭い刃。愛憎に刺されるような暗器歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年9月です。


 まずは、日常的なシーンに油断しているうちに不意にほとばしる負の激情が胸を刺してくるような作品が印象的です。


――――
バスタブに湯を張りながら憎しみが水中花のようにひらくのをみる
――――

――――
シロップに撓むレモンよこんりんざいよけいなことしたくない
――――

――――
あたためたミルクの膜のひだ寄せて厭世は濡れながらよりきたり
――――

――――
ああきみは首尾よく日々を組み立てて羽毛布団のなかにしずめり
――――

――――
カステラが人気の街でカステラを食べず引っ越す 子供も産まぬ
――――

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――


 親しい人、おそらくは恋人に対して投げかけられる小さな敵意の鋭さ。皮膚にかすかに痛みが走ったあと血がにじんでくるようです。そして出血が意外に止まらない。


――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――

――――
くせのある毛髪にワックス伸ばしあなたはみんなあかのたにんだ
――――

――――
ねむりたるきみののどへと刃をむけるあそびのように追い詰められて
――――

――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――

――――
糸屑を指から指にうつしつつ いっしょう好きよ/死ぬまで嫌い
――――

――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――


 日々の暮らしもまるで戦場。でも逃げない、引かない、折れない。


――――
玄関でショートブーツを脱ぐまでのふりかえったら奈落に落ちる
――――

――――
あまぐもよ 傘ももたずに受け止めてあげるすべての悪意でおいで
――――

――――
うなじから裂けばゆっくりあふれ出る都ありけり、戦場である
――――

――――
ミソジニーとめどなきひとわれを抱きしばらくわれをわすれておりぬ
――――

――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――

――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 というわけで、どこにどんな刃が仕込まれているか分からない、皮膚がちりちりするような気持ちで読む歌集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『短歌タイムカプセル』(東直子、佐藤弓生、千葉聡) [読書(小説・詩)]

――――
 五七五七七の音数律をもつ短歌は、1300年以上も前から現在まで受け継がれている詩形です。教科書に載っている『万葉集』や『古今和歌集』は、タイムカプセルなのです。私たちはそれを掘り返し、開けてみることで、一千年以上も昔の人の思いを知り、その人に心を寄せることができるのですから。
 2000年代の最初の世紀に入った今、私たちは『短歌タイムカプセル』を作りました。まさに現在、多くの人に愛されている現代歌人の作品を、未来に届けたい名歌を、この一冊にまとめました。
 この本が一千年後、タイムカプセルの役割を果たすことを願っています。そして、はるかな未来にいる誰かの笑顔を想像しながら、今、みなさんにこの一冊をお渡しします。
――――
単行本p.7


 現代歌人115人の作品から選ばれた総数2300首を「一千年の未来のためのタイムカプセル」としてまとめた一冊。単行本(書肆侃侃房)出版は2018年1月です。


――――
 ときどき「短歌をもっと読んでみたい」「自分でも短歌をつくりたい」という生徒が現れる。私は嬉しくなって、手もとにある歌集を貸す。それを返しに来るとき、生徒は言う。
「こういう短歌の本は、どこで買えますか?」
 多くの歌集は一般の書店に置かれていないし、わりと高価だ。生徒たちの小遣いで買える短歌の本をつくりたい。できれば一冊で、たくさんの歌人に触れることのできる本がほしい。
 その願いが、この本で叶えられた。これから短歌の世界に入っていく人たちにとって、心強いガイドとなる一冊である。多くの方が、それぞれの心の自由を守れますように。
――――
単行本p.245


 現代歌人115人を取り上げ、それぞれの作品を一人あたり20首選び、さらにそのうち1首につき編者による解説を加える、というフォーマットで書かれた短歌アンソロジーです。

 これまでに紹介したことがある現代短歌アンソロジーとも一部重なっていますが、とにかくこの三冊で現代短歌の全貌に触れることが出来るわけですから、「古典じゃない今の短歌」を読みたいと思った方は、まずはこの三冊から始めるとよいと思います。ちなみに他の二冊の紹介はこちら。


  2017年03月08日の日記
  『桜前線開架宣言』(山田航)
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-03-08

  2017年04月20日の日記
  『太陽の舟 新世紀青春歌人アンソロジー』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-04-20


 本書『短歌タイムカプセル』に収録された現代歌人は次の通りです。(あいうえお順に掲載されています)


安藤美保
飯田有子
池田はるみ
石川美南
伊舎堂仁
井辻朱美
伊藤一彦
内山晶太
梅内美華子
江戸雪
大口玲子
大滝和子
大塚寅彦
大辻隆弘
大西民子
大松達知
大森静佳
岡井隆
岡崎裕美子
岡野大嗣
荻原裕幸
奥村晃作
小野茂樹
香川ヒサ
春日井建
加藤治郎
加藤千恵
川野里子
河野裕子
北川草子
木下龍也
紀野恵
葛原妙子
栗木京子
黒瀬珂瀾
小池純代
小池光
小島なお
小島ゆかり
五島諭
小林久美子
今野寿美
三枝昂之
斉藤斎藤
佐伯裕子
坂井修一
笹井宏之
笹公人
笹原玉子
佐藤弓生
佐藤よしみ
佐藤りえ
陣崎草子
杉﨑恒夫
仙波龍英
染野太朗
高野公彦
高柳蕗子
竹山広
辰巳泰子
田丸まひる
俵万智
千種創一
千葉聡
塚本邦雄
寺山修司
堂園昌彦
土岐友浩
永井祐
永井陽子
中島裕介
永田和宏
永田紅
中山明
西田政史
野口あや子
服部真里子
花山周子
花山多佳子
馬場あき子
早川志織
早坂類
林あまり
東直子
平井弘
福島泰樹
藤本玲未
藤原龍一郎
フラワーしげる
干場しおり
穂村弘
前田透
正岡豊
枡野浩一
松平盟子
松村正直
松村由利子
水原紫苑
光森裕樹
三原由起子
村木道彦
望月裕二郎
柳谷あゆみ
山崎郁子
山崎聡子
山下泉
山田航
山中智恵子
雪舟えま
横山未来子
吉岡太朗
吉川宏志
吉田隼人
米川千嘉子
渡辺松男


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『Down Beat 11号』(柴田千晶:発行者代表) [読書(小説・詩)]

――――
          大森、ああ哀愁のふたり
くるったようにへんな貝をばくばく喰っている
          モース博士ごめんなさい
       死んだことや生きていることが
           まるで他人事のように
    とてもせんめいに晴れわたっています
――――
『大森貝塚』(廿楽順治)より


 詩誌『Down Beat』の11号を紹介いたします。お問い合わせは、次のフェイスブックページまで。

  詩誌Down Beat
  https://www.facebook.com/DBPoets


Down Beat 11号
[目次]

『帰路』『夏下』(小川三郎)
『アヴェ・ヴェルム・コルプス(k618)』『一杯の珈琲』(金井雄二)
『青空 scene11』(柴田千晶)
『歩く』『走る』(谷口鳥子)
『大森貝塚』『高幡不動様』(廿楽順治)
『たぬきばやし』(徳広康代)
『堕秋』(中島悦子)
『冬の旅/オートバイ』(今鹿仙)


――――
電車の乗客が
川の流れを見下ろしていた。
川には魚が住んでおり
電車の乗客を見上げていた。

何人かの乗客は
その川が終点だと思い込んで
飛び込んだ人もいた。

魚どもは優雅に円を描いて泳ぎ
川の面と川の底から
時間を消失させていた。

雲はどんどん湧き上がり
いまや空の頂点にまで達していた。
――――
『夏下』(小川三郎)より



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『モーアシビ 第34号』(白鳥信也:編集、川上亜紀・小川三郎・他) [読書(小説・詩)]

 詩、エッセイ、翻訳小説などを掲載する文芸同人誌、『モーアシビ』第34号をご紹介いたします。


[モーアシビ 第34号 目次]
----------------------------------------------------------

『神無月に (2017年10月)』(北爪満喜)
『沼に水草』(小川三郎)
『折り返す、七月』(川上亜紀)
『境界』(森ミキエ)
『護岸』(島野律子)
『美しい時間』(森岡美喜)
『ノウサギとテン』(浅井拓也)
『とぜん』(白鳥信也)

散文
『熊楠をさがして熊野古道を歩く』(サトミセキ)
『福次郎さんと砂防ダム』(平井金司)
『灰色猫のよけいなお喋り 二〇一七年夏』(川上亜紀)
『風船乗りの汗汗歌日記 その33』(大橋弘)
『よくぞ飽きずに』(清水耕次)

翻訳
『幻想への挑戦 8』(ヴラジーミル・テンドリャコーフ/内山昭一:翻訳)
----------------------------------------------------------

 お問い合わせは、編集発行人である白鳥信也さんまで。

白鳥信也
black.bird@nifty.com


『神無月に (2017年10月)』(北爪満喜)
――――
神無月に
大空の目は白い巨大な渦をともなって近づいてくる
多雨の朝 風はまだ
砂の上のみずたまりに
雫のざわめきが歓声となって昇るここ
雨の流れの広がりは 深まりうねり川となり
速まり削り合流する
砂上の水は
いつか遥か高見から見下ろしたシベリアの大河のうねり
ミクロになって一粒の砂に捉まり
河岸で雨水の流れを見つめる
見飽きなかった子どもの私が笑いだすと
声に誘われ 巨大な渦の雲の目をくぐり
笑いながら駆けてくる限りない天を守る童子の気配が
解き放たれてくる
――――
モーアシビ第34号p.3

 雨の流れの広がりは 深まりうねり川となり/速まり削り合流する
 視点の移動変化、言葉のリズム、それらを巧みに活かしながら、台風接近にともなう気配やざわめきを描き出した作品。


『沼に水草』(小川三郎)
――――
私の腹に広がる波紋は
妊婦のそれにも似ているもので
しかし私の痛みではなく
ふくらはぎから
沼へと抜けた。
泥がごくりと喉を鳴らして
水がむんと匂い立った。

私はまるで力が抜けて
なにを思って生きてきたのかいつからここに来ていたのかさえ
別段気にならなくなった。
上下左右も硬い柔いも
ひとつのものに感じられた。
――――
モーアシビ第34号p.10

 泥がごくりと喉を鳴らして/水がむんと匂い立った。
 詩誌『Down Beat』でもおなじみ、小川三郎さんの変身譚。


『折り返す、七月』(川上亜紀)
――――
わたしは白い紙を折る
山折り 谷折り 折り返す
色々な折り紙のことはもう忘れているので
できあがるのは不格好な鶴や四角い箱だけ

それでもまた折り返し
      折り返して
         戻ってくるこの場所

鶴は空に飛ばしてしまって
箱には豆を入れておこうか

七月の色を探せ
残された時間のために

どこかで絹糸を燃やすにおいがして
振り返るわたしの頭越しに最初の太陽の光が届く
――――
モーアシビ第34号p.14

 七月の色を探せ/残された時間のために
 七月初日。年の半ばを過ぎた折り返し地点にいる、そのことの切実さが胸を打つ作品。


『灰色猫のよけいなお喋り 二〇一七年夏』(川上亜紀)
――――
 こんどの自分の治療が終わったらやりたいことっていうのを飼い主はノートにわざわざ書き出していたからこのあいだちょっと覗いてみたら「ピンクのシャツを着たい」とか「阿佐ヶ谷カフェめぐり」とかそんなどうでもいいことばっかり。ボクは偉大な詩人や作家の猫として後世に語り継がれることはまるでなさそうだから、今のうちに自分で語っておくことにしたの。人生は百年、猫生は二十年の時代。飼い主は「阿佐ヶ谷の黒猫著棒茶房のマスターが飼っていた黒猫さんは二十歳までとても元気だったそうだよ」なんてボクに言うけど、飼い主にももう少し頑張ってもらわなくちゃ。だってボクのカリカリと缶詰めを買いに行くのは飼い主の仕事なんだから。ほらガンバレ飼い主、ゴハンは寝て待つ!ピンクのシャツでも何でも好きにすればいいのよまだ若いんだしね。
――――
モーアシビ第34号p.58

 ほらガンバレ飼い主、ゴハンは寝て待つ!
 作者の飼い猫が大いに語る、来歴、日々の生活、そして命。


『風船乗りの汗汗歌日記 その33』(大橋弘)
――――
 日曜日、日曜日。でも掃除が終わらないので実家に。父が買ったサイクロン式「的」掃除機がヒジョーに扱いにくい。本体もパイプもシースルーなのでごみの溜まり具合がわかるのはいいが、吸入力が弱い。長いパイプ部分から本体に肝心のごみが吸い込まれていかない。そういうわけでゴキブリの死骸が「通路」でぐるぐる回転している様をいつまでも見せつけられるのだった。俺はこの掃除機を初めて使うので、ゴキのやつは勝手にここまで入り込んで死んだか、相当以前に父がやったのかのいずれかだ。家の中で跳梁跋扈していたバチじゃとは思うが、そう思うことも含めて失笑を禁じ得ない。もっとも、回転され過ぎてしだいに死骸がバラバラになりはじめ、刻一刻と世の無常が明らかになってきたので止めると、御器被りの死骸はパイプ下部で倒立するような形態に。この掃除機を使うのはやめ。
――――
モーアシビ第34号p.61

 「坂道をいろいろ殺しあいながら下りゆくかな秋のゆうぐれ」
 「やばい。でもゆっくりやろうおれたちもしょせんは割れるビスケットだし」
 生活の細部を描く身辺雑記と短歌の組み合わせ。やたらと本を買うのがちょっとうらやましい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『生の肯定』(町田康) [読書(小説・詩)]

――――
 あのとき余は、生きよう、と思った。死に向かうのではなく、生の方へ向かおうと思った。
 もっと言うと、貪欲に生きよう、と思った。
 そう。これまで余は超然たらんとするあまり、ひとが天然自然に抱く欲望を意図して遠ざけていた。虚無的な冷笑主義に陥っていた。
(中略)
 しかしこれからは違う。いろんな人と触れ合い、いろんなことを自然に受け止め、心と心。真心。そうしたものを大事に生きていく。
 蓋し超然とは人間拒絶主義であった。それは虚無と絶望を産み、人を死の方へ向かわせる。事実、余は何度も死のうとした。
 しかし繰り返し言おう。
 余は生の方へ向かう。グリーンアスパラガスを塩茹でにして食べる。食べよう。
――――
単行本p.8、9


 シリーズ“町田康を読む!”第62回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。今回は、『東京飄然』、『どつぼ超然』、『この世のメドレー』に続く大河余小説完結編。単行本(毎日新聞出版)出版は2017年12月です。

 最近の小説はダザイ不足で物足りないとおっしゃる読者に向けて放たれた、文学とパンクロックが炸裂する抱腹絶倒の余小説。本当に完結したのか。いいのか。


『東京飄然』あらすじ

 飄然たる生き方を目指して旅に出た余は、大阪梅田の「串カツ自分だけ一本少なかった事件」に打ちのめされ、世を拗ねてしまうのであった。

『どつぼ超然』あらすじ

 心機一転、東京から熱海に引っ越し、「もはや余が目指すのは飄然ではない。“超然”である」と宣言した余は、熱海の町をひたすら放浪し、あまりに超然からほど遠い様に絶望するのであった。

『この世のメドレー』あらすじ

 悟りを開いて超然者となった余。来る日も来る日もチキンラーメンや握り飯ばかり食していたところ、小癪な若造が尋ねて来たので一緒に熱海の町に飯を喰いに。帰りにふと沖縄に飛び、なりゆきでロックバンドを結成してデビューコンサートへ。そして「余は超然者などではなかった。余はただの世を拗ねたおつさんだ」と悟るのであった。

『生の肯定』あらすじ

 自分がただの世を拗ねたおつさんだったと悟った余は、これからは生を肯定して生きようと決意する。具体的に云うとグリーンアスパラガスを塩茹でにして食べる。スーパービュー踊り子号に乗る。だが脳内参議院議員の狗井真一との出会いにより、余は超然者どころか、自然、そのものであることを悟り、神と対峙するのだった。自然主義文学大河余小説、堂々の完結編。


  2009年03月16日の日記
  『東京飄然』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2009-03-16

  2010年10月19日の日記
  『どつぼ超然』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2010-10-19

  2012年07月31日の日記
  『この世のメドレー』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2012-07-31


 というわけで、まずは前作のおさらいから。


――――
 そも余の生の肯定は超然の蹉跌より始まった。
 絶海の孤島。そして沖縄。余は日本国中を経巡って、深く思索した。その深さは人間の精神の限界を遥かに超えていた。
 そして余は生死を超越し、この世の終わりと始まりを目撃した。
 そしてひとつのことがわかった。
 それは余がただのアホである、ということであった。普通の人間であればその時点で絶望して考えるのをやめ、ダラダラした人生を送ることだろう。しかし、余は諦めなかった。諦めないでなお思索した。
 そして得た結論が、生の肯定、である。
――――
単行本p.96


 生を肯定する。それはどういうことか。


――――
 しかし、余はなぜ、そんな恥ずかしい、自慢たらたらの文章を書いた/書く、のだろうか。
 それは、それこそが生の方向である、ということに気がついたからだ。
 もちろんいまもみたように、この、全行これ自慢、という文章は誰が見ても恥ずかしい。じゃあ、その恥ずかしい部分を改めてどうなるだろうか。まったく恥ずかしくない文章になるだろうか。恥ずかしくない生き方ができるだろうか。
 余はできないと思う。なぜなら人間という生き物の根底にそうした恥ずかしいものが間違いなくあるからで、それがなくならない限り、必ず恥ずかしい言動に及んでしまう。
 超然主義とは、その恥ずかしさに極限まで抗う姿勢であるが、その果てにあるのが個人としては死、世界としては滅亡しかないのは余が実地に体験した。
 つまり生の方向へ向かう、ということは、この恥ずかしさを丸ごと認めること、つまり欲望の肯定なのだ。自分のなかに、自慢をしたい。他に向かって誇りたい。という気持ちがあるのであれば、これを隠そうとしたり、超然主義で無化しようとするのではなく、丸ごとこれを認める。認めて自慢する。
 余はこれからはそういう生き方をしようと思ったのだ。
(中略)
 つまり、為せば成る。為さねば成らぬ。そんなことを余は言いたいのかも知れない。
 といった陳腐で無内容なことを恥ずかし気もなく、堂々と書く。それが欲望全開の生の肯定のパワーである。自分にはたいした識見もないのだが、識見があるように振る舞って、人から識見があるように思われたい。これは見栄、虚栄心である。そうしたものが自分のなかになければよいが、あるのであればこれを堂々と前面に押し出す。
――――
単行本p.12、17


 というわけで、生を肯定すべく余はスーパービュー踊り子号に乗る。まず駅に行く。


――――
 あはははは。ブラボー。踊り子号よ。そしてそれを影で操る不思議の集団よ。
 ブラボー、ブラボー。あはははははは、目がもげていく。あの梨もぎの夜のことをよもやおまえは忘れたわけではあるまいな。よいとまけをやり過ぎてヨイヨイになったあの哀れな男のことも!
 といった具合でなんだか昂奮しちまった余は、昂奮のあまり、無意識裡にちょっとした舞踊のようなことをしてしまったらしく、衆人が半ばは軽蔑したような、半ばは恐怖したような目で余を見ていた。いやなことだ。
――――
単行本p.75


 踊り子号に乗るためには、駅の階段を昇らねばならない。その先にあるものははたして何か。


――――
そうして登り切ったところは間違いなく天国である。なんてことは讃岐の金比羅様に参った人なら誰でも知っていることなのだろうか?
 という巧妙な疑問形。こんな手口に騙されてはならない。信じることと騙されること。同じことだが違うことだ。法然上人にすかされまいらされて。ということがつまり必要ということだ。
 オレオレ詐欺。という。そんなものはもう旧い。これから必要になってくるのは君君詐欺だ。あんた誰ですか。君だよ。俺は君だよ。え? 君って俺なの。そうだよ。君君。君だよ。I am you. だよ。
 ということになればもはや犯罪ですらない。なぜなら自分で自分に振り込むむけだからね。単なる資金移動。そして、その先に広がっているのは果てしない荒野のような天国。渺々たる神の国。天国。神の典獄。そんなものに敢えてなる覚悟。それが生を肯定するということなのだ。
 そんなことを心の底で本当の本当の本当に思い念じながら余は階段を昇っていった。
 さて、その先に天国が、渺々たる神の国が広がっていただろうか。
 そこにあったのは立ち食いうどん店であった。
――――
単行本p.80


 ついにスーパービュー踊り子号に乗った余は、眼力を往還させ、悟りに至るのだった。何だか悟ってばかりですが。


――――
 夢破れたそのうえで生を肯定せんとして眼力を往還させて生きる姿勢としての眼力の往還をなしたいま、それは以前の超然ではない。
 ではそれはなにか。
 余はそれを、自然、であると思う。
 それは世に言う、自然体、などという浅薄なものではない。
 余はここに宣言する。
 余は、自然、である。
 余は、自然、としてこの世に存在する。
 余は、雨や風や海や山と同じものである。
 ははは。往還する眼力でスーパービュー踊り子号車内の風景を眺める余は、あははははははははははは、自然であったのだ。
――――
単行本p.124


 そして、自然、となった余は、神と対峙するのだった。


――――
「うるせぇわ。そりゃあ、こっちは土地神に過ぎないかもしれない。でも神には違いない。けど、なんだよ? てめぇは。ヘドロじゃん、結果、出てんじゃん。そいでその前はただの自慢したいだけの生活自慢親爺じゃん。それを自然とか言って馬鹿じゃねぇの」
――――
単行本p.246


 あ、言っちゃった。


タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(小説・詩) ブログトップ