So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

『黄色いボート』(原田彩加) [読書(小説・詩)]

――――
人件費削減しようそうしよう浮ついている春の会議は
――――
壇上に追いたてられてスピーチをさせられている手負いの獣
――――
こんなにもひとを嫌っている春は胸の底までぬかるんでいる
――――
帰ったら上着も脱がずうつ伏せで浜辺に打ち上げられた設定
――――
バファリンが効くまで床にうずくまり鵺のことなど考えていた
――――
買ったもの思い出せずにAmazonの箱を開ければまた箱がある
――――


 仕事がつらい。職場がつらい。何でこんな理不尽ばかりまかり通るのか。職場や生活に対する怒りを吐き出すような非正規女性労働歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2016年12月です。


 とにかく仕事がつらい。何もかもつらい。そもそも通勤がつらい。

――――
淡い空 女性専用車の床を踏みしめている無数のヒール
――――

――――
往来で転んだけれど無関心決め込まれている世界がいいね
――――

――――
やってくるひとは途切れず永遠に誰かのためにドアを押さえる
――――


 ようやく職場に到着すると、そこで待っているのは理不尽と意味不明な苦役ばかり。

――――
一斉に鳴っているのに誰ひとり取らない電話駆け寄って取る
――――

――――
そうですねおそれいります意味のない言葉の先でねじれるコード
――――

――――
壇上に追いたてられてスピーチをさせられている手負いの獣
――――


 つのる怒り、あふれるストレス。非正規だからか。女だからか。

――――
花が咲くように怒りはいちどきに溢れてキーボードが壊れそう
――――

――――
ひといきに陸へとあがる苦しさだ誰もわたしに話しかけるな
――――

――――
こんなにもひとを嫌っている春は胸の底までぬかるんでいる
――――

――――
もう二度と開かぬ窓と決めている窓を覗くな窓を叩くな
――――


 でも他人のおかげで状況は悪化してゆくばかり。

――――
引火して辺り一面燃えているなかでようやくひとりになった
――――

――――
もう君に相談したりしなくても火の輪くぐりはひとりでできる
――――

――――
まだ何も失ってない 真四角の窓から見えるアンテナに鳥
――――


 もちろん業績など上がらず、責任だけは下へ下へとスムーズに。

――――
人件費削減しようそうしよう浮ついている春の会議は
――――

――――
議事録は上書きされて 断定で書いたところを直されている
――――

――――
辞めるって決めたら楽になったよと踊り場へ来て同僚はいう
――――


 疲れ切って帰宅しても、ぜんぜん楽にならない。しんどい。

――――
終電のドアに凭れて見ていればこのまま夜明けになりそうな空
――――

――――
帰ったら上着も脱がずうつ伏せで浜辺に打ち上げられた設定
――――

――――
バファリンが効くまで床にうずくまり鵺のことなど考えていた
――――


 こんな毎日の繰り返しがいつまで続くのか。なぜ続くのか。

――――
買ったもの思い出せずにAmazonの箱を開ければまた箱がある
――――

――――
コーヒーはこんなに黒い飲み物か深夜の街に雨が降ってる
――――

――――
夢で長く生きてしまった明け方に目覚めたときのとおい心音
――――

――――
眠ったら遠くへ行けた/目覚めたらまだここにいた 雨の日曜
――――


 どんどんひどくなってゆく労働環境。全方位こづきまわされるような非正規女性社員の扱い。せめて仕事させろよ。そんな状況にあっても決してくじけず、戦い、働き、生き延び、そして苦々しいユーモアにくるんで短歌にする。言葉のちからで理不尽に反撃する、そんな怒りの力強さがひしひしと感じられる労働歌集です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『日本の中でたのしく暮らす』(永井祐) [読書(小説・詩)]


――――
窓の外のもみじ無視してAVをみながら思う死の後のこと
――――
大みそかの渋谷のデニーズの席でずっとさわっている1万円
――――
『とてつもない日本』を図書カードで買ってビニール袋とかいりません
――――

 都会で孤独に生きる若者の寒々しいリアルを詠み続ける都市生活歌集。単行本(BookPark)出版は2012年5月です。

 「季節のうつろい」であるとか「秘めた恋心がどうのこうの」といったことを詠むのがふつうの短歌、という古くさい偏見を捨てきれないでいるのですが、そういうのぶっ飛ばしてくれる歌集です。

――――
窓の外のもみじ無視してAVをみながら思う死の後のこと
――――

 あ、季節とか、恋とか、関係ないんで。ぼくが生きてるリアルはそういうのじゃないんで。目をあわせないまま、もぐもぐとそうつぶやいているような感じ。でも、絶対に譲らない、合わせない、最後まで自分の都市生活実感をうたう。そんな若さがまぶしい。まぶしくない。

――――
リクナビをマンガ喫茶で見ていたらさらさらと降り出す夜の雨
――――

――――
大みそかの渋谷のデニーズの席でずっとさわっている1万円
――――

――――
昨日と今日の睡眠時間を足してみる足してみながらそば屋へ向かう
――――

 この圧倒的な生活感。どうにもやるせない気持ちになります。仕事も、虚ろな明るさに満ちた感じで、しんどい。

――――
はじめて1コ笑いを取った、アルバイトはじめてちょうど一月目の日
――――

――――
三十代くらいのやさしそうな男性がぼくの守護霊とおしえてもらう
――――

――――
次の駅で降りて便所で自慰しよう清らかな僕の心のために
――――

 心を癒してくれる動物を詠んだ作品もありますが、やっぱりこういうことに。

――――
寒いと嫌なことの嫌さが倍になる気がする動物の番組を見る
――――

――――
ミケネコがわたしに向けてファイティングポーズを取った殺しちまうか
――――

――――
思い出を持たないうさぎにかけてやるトマトジュースをしぶきを立てて
――――

 淡々とした日々の暮らしを詠んだ作品も、ユーモラスなのに笑えない。というか、寒々とした心象風景を前に、思わず立ちすくむような、真顔のまま乾いた笑いでその場をしのいでいるような気持ちになります。

――――
『とてつもない日本』を図書カードで買ってビニール袋とかいりません
――――

――――
グーグルの検索欄にてんさいと書いて消すうんこと書いて消す
――――

――――
今日は寒かったまったく秋でした メールしようとおもってやめる する
――――

――――
さて義務をはたさなきゃコーヒーを買いさて義務をはたさなきゃコーヒーを飲んだら
――――

 というわけで、リアルな都市生活実感を直球でぶつけてくる作品ぞろい。いたたまれないような気持ちになる、でも不快ではなく、むしろ若々しさに対する敬意のようなものを感じてしまう、いやそれは本当なんですよ、そして最後まで読んでからタイトルが実に挑発的だということに気づく。そんな歌集です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『関東戎夷焼煮袋』(町田康) [読書(小説・詩)]

――――
関東に四十年住むうち、私は現地人化してしまった。知らず知らずのうちに大阪人ではなくなっていたのである。
 後醍醐帝は、関東者戎夷也天下管領不可然、と言った。
 この、戎夷、という言葉が私の心に重くのしかかった。
 勿論、天下を管領しようなどと大それたことを考えている訳ではない。ただ、戎夷、という激しい言葉によって故郷喪失の悲しみが実体化したのである。
 それがわかって私は荒れた。自暴自棄になってサイダーの一気のみをしたり、もうこうなったら裏庭でハーブとか育ててやろうか。そして赤福餅を喉に詰まらせて死んでやろうかとも思った。
 しかし、やがてそれは退嬰的な考えだ、と思うようになった。そして、もう一度、本然の自分というものを回復してみよう、と決意した。
 そのために私は、うどん、からやり直した。大阪人のソウルフードとも言うべき、うどん、を自ら拵え、食すことによって大阪の魂を回復しようと試みたのだ。
――――
単行本p.62


 シリーズ“町田康を読む!”第57回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。今回は、関東戎夷に成り果てた我が身を嘆き、大阪魂を回復すべく粉もんを拵えてはわやになる連作短篇集です。単行本(幻戯書房)出版は2017年3月。


後醍醐天皇いわく
「關東は戎夷なり。天下の管領然るべからず」
(関東の幕府など蛮族である。天下を管領する資格はない)
『花園天皇宸記』より


 歴史もない、文化もない、おもろない、蛮族同然。そのような関東戎夷になり果ててしまったことを恥じる作家が、己の魂を取り戻すべく、うどん、ホルモン焼、お好み焼、土手焼、イカ焼など、大阪こってこてソールフードを拵えては食すという修行に挑む連作短篇集です。


[収録作品]

『うどん』
『ホルモン』
『お好み焼』
『土手焼』
『イカ焼』


『うどん』
――――
 それでも所用があって大阪表に参るたんびに、大阪の通常のうどんを食し、これこそが本来のうどん、通称・本来うどんである、と確認するようにしていた。しかし、それも次第にやらなくなり、関東滞在二十年を過ぐる頃より、うどんに東西なし、という思想を抱くようになっていた。
 しかし、自分は自分を大阪におった頃の自分と変わらぬ自分と信じ、豚キムチチャーハンを食べたり、浜崎あゆみの楽曲を聴くなどして楽しく生きていた。喋ろうと思えばいつでも大阪弁を喋ることができたし、富岡多恵子さんと対談したし、河内家菊水丸師の番組にも呼ばれたし、上方落語を聴いて笑うこともできたし、っていうか、六代目笑福亭松鶴の物真似すらできた。関東になって自分の上方性はより純化されているとすら思っていた。
 ところが先日、自分はもはや大阪人ではないということを思い知った。
――――
単行本p.9

 とっさに「そんなバカな、俺は紛れもない上方者なのに!」という言葉が出たとき、作家は自分がもはや大阪人ではないことを悟った。故郷と魂の喪失。もはや自決あるのみ。いや、まだ手はある。うどん、である。そこらの黒い汁につかった偽物ではない、本物の、うどん、を食しさえすれば、きっと……。こうして大阪ソウルフードへの挑戦が始まった。


『ホルモン』
――――
はっきり申上げる。やはり時間がなくなってホルモンをこの場では焼けなかった。でも俺、焼きましたよ。結果はいまは言いません。まだ結果が出たとは思ってないから。俺らは永遠に途上で、死んでなお振り返る背中を持っているから。それが文学ということとちゃいますか? 俺にこの原稿を頼んでくれた人よ。
――――
単行本p.55

 「本然の自分のためにホルモンを焼きてほんねんホルモンほんねん」(単行本p.45)
 とりあえず、うどん、に続いて、ホルモン、も駄目だったが、大阪を、故郷を、取り戻すための魂の遍歴は始まったばかりだ。


『お好み焼』
――――
 あはは。なんという皮肉だろう。あほほ。なんという茶番だろう。なによりも関東戎夷に成り果てたことを悔い、涙を流して更正を誓った私がこんなことになるなんて。ラララ、楽しいわ。ラララララ、美しいわ。私は一匹の馬鹿豚として関東でもっともポピュラーなお好み焼きを食べて、それこそ豚のようにブクブク肥えて死ぬるのよ。美しいわ。美しきことだわ。そのお好みには豚肉が入っているのよ。キャー、夢のような共食いよ。
 と、私は半ば錯乱状態に陥っていた。そして、こうなってしまっては、こんな身分になってしまえばそれより他に頼るものがない、それに縋って生きていくしかない、というのはつまりそうお好み焼きミックスの袋の裏の解説書が自分にとってますます重要なものになっていた。
――――
単行本p.123

 お好み焼きを食すことで魂を回復させようとする作家は、ついつい「お好み焼きミックス」なるインスタントでお手軽なものを買ってしまう。裏面に書いてある説明通りにやれば誰でも本格お好み焼きが出来るという。しかし、そんなことで魂が回復するのか。大阪の魂はそんな安っぽいものなのか。苦悩する作家は、とりあえず説明通りに焼いてみるが……。


『土手焼』
――――
私は土手焼に向けて気持ちを高めていった。ただでさえ高まる気持ちを意図的に高めるのだから、気持ちがムチャクチャに高まり、気持ちが天窓を突き破って頭と言わず顔と言わず血まみれになった。その血まみれの顔のまま、自ら考案した、すじ肉踊り、という踊りをぶっ倒れるまで踊った。そして気がつくと真夜中で、土砂降りの雨の中、号泣しながら見知らぬ土手をよじ登っていた。土手下には汚らしいバラックが土手にへばりつくように建ち並び、養豚の匂いが立ちこめていた。ぶひいいいいいいっ、きいいいいいいいいいいっ。という豚の絶叫が聞こえていた。その音が頭のなかに入ってきて藤の花になった。頭が藤の花で一杯になり、ふわふわしてものが考えられなくなった。耳や鼻から藤の花が湧き出てきて、顔全体が花になり、目も見えず耳も聞こえなくなった。手もなくなった。足ももげた。気がつくと濁流に流されていた。
――――
単行本p.155

 「頭のなかではつねに、土手が紅蓮の炎に包まれて燃えている。焼きたくってたまらない。(中略)よし、作ろう。土手焼きを作ろう。作ろう。作ろう。ああああああああああああああっ」(単行本p.154、156)
 土手焼きへの気持ちが高じて半狂乱になった作家は、ついに味噌をどばどば投入するのだが……。


『イカ焼』
――――
いまの若い人は五十年前からいまにいたるまで、イカ焼がずっと隆盛を誇っていたように思うだろうが、私の経験上、四十年くらい前にいったん廃ったことは間違いがないし、それに隆盛など言って威張っているが、いまでもタコ焼に比べればぜんぜん大したことないっていうか、知らない人も多く、隆盛とか言いたいのであれば、タコ焼とは言わないが、好み焼とすら言わぬが、せめて文字焼くらいな知名度を得てからにして貰いたいと苦言を呈したくなる。
 それに、もっと考えてみれば私はもう五十を過ぎた立派なおっさんだ。人間五十年、といった昔であれば死ぬ歳だ。そのおっさんが、まるで女学生のように、恥ずかしい思いをして心が乱れた、自尊心が傷ついて動揺した、なんていっているのはどうなのだろうか。
(中略)
 という風な論理で私は乱れた魂を整理して、真っ直ぐに整った状態にしたうえで、さあ、記憶の味、郷愁の味、イカ焼きを再現し、これを食することによって、その効果を十分知って自らの感情を刺激して涙を垂れ流して、いやさ、もっと感情を解放して、小便も垂れ流しながらオイオイ泣き、床を転げ回って、よい気分に浸ろうかな、と思うのだけれども、何度も言うように、私はイカ焼の作り方がわからない。
――――
単行本p.213、214

 子供の頃に食べた思い出の味、イカ焼。通販で取り寄せたイカ焼セットに飽き足らず、ついに新幹線のグリーン車に乗って大阪へと旅立つ作家。イカ焼との出会いは待っているのか。イカ焼の煙のなかに真言をつかもうとする最終話。



タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『みかづき』(森絵都) [読書(小説・詩)]


――――
「私、学校教育が太陽だとしたら、塾は月のような存在になると思うんです。太陽の光を十分に吸収できない子どもたちを、暗がりの中で静かに照らす月。今はまだ儚げな三日月にすぎないけれど、かならず、満ちていきますわ」
――――
単行本p.25


 昭和三十年代。小学校の用務員だった吾郎は、学校から独立した教育施設である「塾」の必要性を熱く訴える女性、千明に出会う。彼女の情熱に引き込まれるようにして乗り出した塾の運営は、しかしきれいごとでは片づかない艱難辛苦の道だった。黎明期から現在に至るまでの塾の歴史を背景に描かれる、三代に渡る家族小説。単行本(集英社)出版は2016年9月、Kindle版配信は2016年12月です。


――――
「君はけっして丸くなどならない、鋭利な切っ先みたいな人だ」
「切っ先?」
「こうと狙いをつけたらどこまでも飛んでいくナイフのようでもあるし、けっして満ちることのない月のようでもある」
――――
単行本p.310


 学校を「太陽」だとすれば、その光を受けられない子どもたちを照らす「月」。常に何かが欠けており、満ちよう満ちようと真っ暗な空をひたむきに進む三日月。

 学校に対する塾の立場、ヒロインである千明の人柄、そして世代を越えて受け継がれてゆく教育改革への情熱。様々なものを月や月齢にたとえつつ、塾の経営に携わったある一家の三代に渡る家族史が描かれます。

 背景となるのは、塾というものが乗り越えてゆかなければならなかった様々な試練。文部省との確執、世間からの非難や中傷、過当競争と淘汰。


――――
「正義や美徳は時代の波にさらわれ、ほかの何ものかに置きかえられたとしても、知力は誰にも奪えない。そうじゃありませんか。十分な知識さえ授けておけば、いつかまた物騒な時代が訪れたときにも、何が義であり何が不義なのか、子どもたちは自分の頭で判断することができる。そうじゃありませんか」
――――
単行本p.17


 夫婦として塾の経営に乗り出した二人。だが税金対策やら同業者対策やらに駆けずり回っている千明と、高らかに教育理念を唱えつつ面倒事はすべて妻に任せている吾郎の間には、いつしか修復できない溝が生まれてゆきます。補習塾から進学塾への転進をめぐる激しい対立は、子供たちも巻き込んで、ついには一家離散状態に。

 それでも信念と情熱を捨てない千明。時代の荒波に押し流されまいとしてたった一人で闘い続ける彼女のもとに、また月が満ちてゆくように、少しずつ再集結してゆく家族。そして時代は昭和から平成へと流れてゆき……。

 最終章「新月」にいたって物語は現代(東日本大震災の前)に到達。千明の孫が、やむにやまれぬ情熱に突き動かされるようにして新たな塾の在り方を模索する姿が描かれます。


――――
 教育は、子どもをコントロールするためにあるんじゃない。
 不条理に抗う力、たやすくコントロールされないための力を授けるためにあるんだ――。
――――
単行本p.457


 貧困ゆえに学校に通うことも困難な子どもたち。たやすくコントロールできる国民を育てることしか念頭にないような国の施策。そんな時代に本当に必要な教育とは何か。孫の決意を聞いた吾郎はひと言だけつぶやく。「そうか、新しい月が昇るのか……」(単行本p.398)と。

 塾という教育界の鬼っ子が辿ってきた紆余曲折の歴史と三代に渡る家族の物語が巧みにより合わされ、深い感動を生む長篇小説。登場人物がそれぞれ印象的で、家族小説が好きな方はもとより、教育問題に感心のある方にもお勧めします。


タグ:森絵都
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『親切な郷愁』(松木秀) [読書(小説・詩)]

――――
さんさんと夜の光のコンビニにいると死なないような気がする
――――
安全と言えば即座に負けになる原発しりとり 危険でも負け
――――
「中央線で死ぬことなんてやめてほら日高本線でのびのびと死ね」
――――
とりあえず花折りすぎと言っておこう古今和歌集少しずつ読む
――――
事実ではあるがリアルでないことのこの世にあふれ短歌が困る
――――


 北海道の片隅で怒りと空しさを抱え希望なく生きる若者が、破れかぶれの一撃ねらい、社会や世相に対して皮肉と風刺を投げつける辛辣歌集。単行本(いりの舎)出版は2013年4月です。


――――
放射能を避ける歌人は西や南ばっかりに行き北へは行かず
――――

――――
北海道の略図を描けば室蘭は海の藻屑となること多し
――――

――――
「中央線で死ぬことなんてやめてほら日高本線でのびのびと死ね」
――――


 北海道という土地柄を自嘲するような、地方に対する日本社会の冷淡さをえぐるような、皮肉のきいた作品がまず目を引きます。そこから、職も希望もない、生活の空しさを吐き出すような作品へと。


――――
さんさんと夜の光のコンビニにいると死なないような気がする
――――

――――
「職業に就きたいのだが職業に就くためにまず職歴が要る」
――――

――――
実感をしてくださいとジャパネットたかたに言われ実感をした
――――

――――
この世には赤いきつねはいそうだがいそうにもない緑のたぬき
――――

――――
わたくしが独裁者ならムの音に「夢」を当てはめるのを禁止する
――――


 やがて空しさは怒りへと転じ、社会風刺という色が濃くなってゆきます。


――――
安全と言えば即座に負けになる原発しりとり 危険でも負け
――――

――――
対策と呼ぶかバラマキと呼ぶのかは利権の大きい小さいの違い
――――

――――
平等に扱ったほうが安くすむ分野においては平等である
――――

――――
「頑張った」高校野球を讃えたるひとたちが生むブラック企業
――――

――――
自殺者が三万人を下回る 変死者の数が急に増えてる
――――

――――
最近の若い者はと吐き捨ててカインはアベルを殺したりけり
――――


 一方で、短歌そのものと自分との関わり合いを詠んだ作品も記憶に残ります。


――――
とりあえず花折りすぎと言っておこう古今和歌集少しずつ読む
――――

――――
事実ではあるがリアルでないことのこの世にあふれ短歌が困る
――――

――――
私には短歌があるかも知れないと(午後を運命論にかたむく)
――――

――――
わたくしが短歌を詠みし十五年単なる空白の十五年
――――


 読んでいると、国政から見捨てられ衰退してゆく地方都市に住み、怒りと空しさを抱えながら短歌に向かう若者の姿が浮かんできます。「単なる空白の十五年」と自嘲しながら、でも止めない。

 ちなみに標題には「SFとオカルトと」「無粋なうた」「あ段だけ使った五首」など印象的なものが多いのですが、何といってもすごいのは「石川美南さんに酷評された五首」でしょう。その石川美南さんに酷評されたという五首のうち、最後の作品をここに引用しておきます。


――――
愛知県に似たかたちにて猫眠る眠りよ猫も幸福にあれ
――――



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | 次の5件 読書(小説・詩) ブログトップ