So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

『S坂』(森尻理恵) [読書(小説・詩)]

――――
 S坂を上がって地震研に通ったのはもう二十年も前の話である。その後、地震研を訪ねる機会は殆どなくなった。同級生の多くは地球科学をやめて、違う職種へ就職していったし、当時お世話になった東大の人たちも他の研究機関へ移ったりして散り散りになってしまった。
 学生時代のようにS坂を上がって行くと、地震研の古い壁と根津神社の緑はそのままで、ふと甘酸っぱい思いがよみがえってくる。昔の学生もきっと同じように、ある時は将来に悩みながら、ある時は友人と談笑しながら、この坂を上がっていったのだろう。
――――
単行本p.176


 S坂をのぼって東大地震研に通った日々。理系研究者の生活実感をしみじみやるせなく描いた研究者歌集。単行本(本阿弥書店)出版は2008年11月です。


 まず、東大地震研の様子が臨場感たっぷりに描かれているのに驚きました。個人的に、地震研と道路ひとつ隔てた東大工学部で実験に明け暮れた時期があるため、懐かしいというか何というか、どこでも同じやなあというか。


――――
根津駅から全ての角を左折する地震研までは足が覚えいし
――――
地下室へ長い階段降りてゆくぱたんぱたんと足音響かせ
――――
実験棟はいつでも何か回りいるどの部屋からもモーター音漏る
――――
足裏に長周期振動感じたり 隣の分析器動きいるらし
――――
測定器の前にどっかり腰おろし液晶パネルの数値を睨む
――――


 あれから数十年。ふと出会った歌集に、隣の敷地で同じように黙々と実験していた人がその体験をうたった作品が載っているのを発見するという不思議。


――――
今日一日このサンプルと過ごしおり熱磁化曲線描くを見つつ
――――
都合悪き値は赤で囲みおく どう扱うかはあとから決めむ
――――
気力そろそろ萎えて来たりき磁力計に今日六百回目のサンプルセットす
――――
蛇紋岩の磁性がわかってその先は何が出来るかと問いただされし
――――
わが論の不備を指摘し勝ち誇る男の細き指先を見る
――――


 研究所の地下でひたすら実験を続けるのもつらい生活ですが、屋外調査もそれはそれで楽ではありません。


――――
道端にしゃがみこんでは重力を測り測りぬ二百点ほど
――――
「何ですか」と聞かれたときに言うせりふ「国の仕事で地盤の調査」
――――
携帯電話の圏外表示が続く山 何も起こらず無事に抜けたし
――――
注意力がわれからぼろぼろ抜けていく運転と測定十時間続けて
――――


 地味な研究生活がいつか報われる日が来るかというと、別にそういうこともなく。


――――
これからは起業につながる研究に予算を回すと役人は言う
――――
予算とる才覚なければ頭下げ実験装置を借り歩くまで
――――
稼働率とランニングコストのバランスの狭間にわれはラボジプシーなり
――――
博士一人を育てるために注がるる国家予算の額を思えり
――――
たった二年雇われるために博士らが日本中から集まりて来る
――――
実験のことだけ気にするシンプルな幸福感あり忘れたくなし
――――


 同じ研究者仲間と一緒に働くのが楽しいというわけでもなく。


――――
にこやかに話しかけくるる人の目の奥にてわれは値踏みされおり
――――
必要なことだけ話す出張中 余所者はいつでも警戒されおり
――――
謝って欲しいんじゃないのにマニュアルの通りに頭を下げられている
――――
異動希望出してしまえばすっきりと腹痛も頭痛も治る気がする
――――
死ぬくらいなら道を替えても良かったなど正論なれど気易く言うな
――――
研究者の旬の季節は短しと過ぎてようやく理解しはじむ
――――


 やがて歳をとり、いつまでも研究生活を続けるわけにもいかず。


――――
苦しみて十年が過ぎ諦めてもう十年が過ぐ いま折り返し
――――
ぐずぐずと煮すぎた豆腐の角のよう昇格審査の辞退を決めたり
――――
夕焼けを帰りの電車の窓に見る かつて描きし未来は忘れた
――――
それじゃまたと別れてそれぞれの宿へ行く仕事のあとはひとりになりたい
――――
私もまだ公務員なれば世間ではいい気な人種と思われていむ
――――
「お疲れですね」と言って欲しくて五千円払い私はマッサージ受ける
――――
未来など描きしことも忘れたりあと十分でまた明日になる
――――


 そして、時の流れをしみじみと実感させる作品に涙することに。


――――
消息の途切れし幾人ふと思う 庭の辛夷の実が赤くなる
――――
残暑見舞いを出さずに九月も終わりゆく 忙しかったと今頃気づく
――――


 母親として子の成長をよんだ作品なども数多く含まれているのですが、もう個人的に、理系研究者の実感がこもった歌にノックアウトされてしまったので、そういう作品ばかり引用してしまいました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『波うちぎわのシアン』(斉藤倫、まめふく:画) [読書(小説・詩)]

――――
 やねは、だれにとっても、ひつようだ。
 冬のつめたい雨を、しのぐような。
 だけど、それは、ちいさなやねでいい。そのやねは、どこにだってじゆうにひろがって、あなたを守ってくれるのだから。
――――
単行本p.319


 ノルツの多島海に含まれる多種多様な島。その数、八百か、千八百か、それは誰にも分からない。そんな島のひとつに、ある夜、一人の赤ん坊が流れ着く。シアンと名付けられたその子には、不思議な力が宿っていたのだった。『どろぼうのどろぼん』から三年半、詩人・絵本作家である著者によるひさしぶりの長篇小説。単行本(偕成社)出版は2018年3月です。


――――
 この島のちかくだけでとれる、シアンという、青色の巻貝がある。助けだされた赤ん坊は、いずれ、シアン、と呼ばれることになる。左のにぎりこぶしが、その貝のかたちに、そっくりだったから。
 二枚貝なら、いつかはひらくだろう。けど、その左手は、にぎりしめられたまま、まるで巻貝のように、けっしてひらくことはなかったんだ。
――――
単行本p.12


 小さな島に流れ着いた子どもが、その島にある孤児院で育てられるという物語です。語り手をつとめるのは若い猫、名前はカモメ。生命力あふれる力強い雌猫です。「わたしは、カモメ」というセリフとともに彼女の語りが始まるとき、大人の読者なら、女性宇宙飛行士のはつらつとしたイメージをそこに重ね合わせることになるでしょう。


――――
 潮のにおい!
 町のにおい!
 音も、においも、すべてが、おおきな、ひとつにまとまっている。見なくたって、かがなくたって、手にとるようにわかる。わたしには、そんな気がしたんだ。この世界のことも、これから起こることさえも。
――――
単行本p.171


 シアンと名付けられた少年は、親がわりに大切にしてくれる大人たちや、一緒に生活する仲間、そして猫のカモメと共に、孤児院で健やかに育ってゆきます。しかし、彼には不思議なちからが宿っていました。人を助けることも出来る反面、相手を、そしてシアン自身を傷つけることもある、そんなちから。


――――
「それにしても、シアンには、もうこんなことさせないほうがいい」
 フジ先生は、しずかに、いった。「町の子ならともかく、うちは孤児院なんだ。親をおもいださせて、いいことがあるはずがない」
 リネンさんは、うつむき、サンダルから出た、じぶんのあしの指を見ていた。「だけど、あれは、あの子のちからなの」
「ああ」
 フジ先生は、いった。「でも、傷つくことになる」
――――
単行本p.121


 ちからに対して周囲の大人たちは戸惑い、様々な反応を示します。それをシアンに対する脅威と見なす者、シアンの才能と見なす者、そして利用しようとする者。


――――
「ひとの赤ちゃんは、どうして、十ヶ月も、おなかにいるんだ、とおもいますか」
 ネイは、あえぎながら、たどたどしく、いった。「ひとの世界は、きれいなことばかりじゃないから。みんなが祝福してくれるわけじゃないから。十ヶ月をかけて、おとなは準備をするんです。こちら側を、ちょっとでもましな世界にするために。だから、そのまえに、おなかでなにを見聞きしても、おもいださせちゃいけないのよ」
――――
単行本p.113


――――
「そんなことはない。あれは、すばらしいちからだ」
 イースは、シアンのあたまに手をおいて、いった。「でも、どんなちからも、すぐれていればいるほど、つかいかたに気をつけないといけないものなんだ」
「つかいかた」
 シアンは、顔をあげて、いった。
「そう。もってるちからの、おおきいか、ちいさいかなんて、にんげんの値うちとは、かんけいない。それを、どうつかうかだけが、そのひとの値うちを決めるんだ」
――――
単行本p.198


――――
きみのちからにくらべたら、おれたちの芸なんて、おあそびみたいなもんだ。わかるか、シアン。きみを、この島にねむらしておくのは、もったいないんだ」
――――
単行本p.203


 そしてシアンの身に危険が迫ったとき、みんなが心配し、命にかえても助けようと決意します。猫のカモメでさえ。それは、シアンが特別なちからを持っているからではなく、シアンが他の誰でもない、かけがえのないシアンだから。


――――
「ぼくは、とほうもないばかだ」
「ええ」
「どこの世界に、こんな親が、いるものか」
 フジ先生は、いって、顔を両手のひらで、はげしくこすった。みじかめのひげが、じゃり道を通る荷車みたいな音を立てた。「じぶんの子どもを、危険にさらして、気づきもしない親が」
――――
単行本p.221


――――
「お金は、たいせつよ」
 リネンさんは、はっきりと、いった。「でもね、お金がたいせつなのは、ほんとうにいちばんだいじなものを、それで守ることができるからなの」
――――
単行本p.227


――――
とくべつなんかじゃない、ただの、ふつうの子だ。きのう、あんなちからを見ても、もうおそろしさはかんじなかった。たとえ、この世界にやってくるまえの暗やみに、つれていかれたってかまわない。この子は守られなきゃいけない。
(中略)
わたしは、さけびたかった。なんのために、ねこに、つめがあるとおもってるの。たいせつなものを、守るためじゃないか。
――――
単行本p.200、211


 しかし、どうすればシアンを助けられるのか。今こそ、大人(猫含む)の知恵と勇気と資産、そして行動力が試されるとき。


――――
「うーむ」
 フジ先生は、うなった。「どうやって?」
「なんでも、きかないで」
 リネンさんは、ぴしゃりといった。「すこしは、ごじぶんで考えたら?」
「先生は、こういう現実的なことを考えるの、不むきなんです」
 ネイは、いった。
――――
単行本p.225


 というわけで、不思議なちからをもった少年と、その出生の秘密をめぐる物語です。ストーリー展開や、登場人物の造形、島や海などの風景描写は、いかにもスタジオジブリのアニメーション映画を連想させます。子どもたちはおそらくジブリの絵や声を思い浮かべながら読むことで、すんなりと作品世界に入ってゆけると思います。難しい漢字は使ってないので、小学校高学年から読めるでしょう。

 物語はシオンとその不思議なちからを中心に進みますが、個人的には、背景となっているアーキペラゴに象徴される社会や文化の「多様性」について、子どもたちがそれを大切なことだと感じてくれたらいいな、と思います。



タグ:斉藤倫
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『風のアンダースタディ』(鈴木美紀子) [読書(小説・詩)]

――――
笑いながら「これ、ほんもの?」と指で押すサンプルだって信じてたから
――――
覚め際で最後の一段踏み外しひとりのベッドに放りだされた
――――
うまい棒コーンポタージュ味でごまかしたさびしさという空腹がある
――――
ガリガリ君冷凍庫のなか生き延びて目が合う度に老け込んでゆく
――――
今日もまた前回までのあらすじを生きてるみたい 雨が止まない
――――
ほんとうはあなたは無呼吸症候群おしえないまま隣でねむる
――――


 日常生活や恋愛のささいな光景から、ふと生じる不思議な感覚や空想、それをリアルに表現した生活妄想歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年3月、Kindle版配信は2017年4月です。


 まず、普通はくっつかない複数の言葉や状況をあえて組み合わせることで、日常のなかで感じる奇妙な感覚や空想を巧みに描いた作品が印象に残ります。


――――
だとしてもいつまでたってもとけきらぬオブラートの味すこしこわくて
――――
「最近は眠れてますか」と問う医師の台詞のあとのト書きが知りたい
――――
笑いながら「これ、ほんもの?」と指で押すサンプルだって信じてたから
――――
覚め際で最後の一段踏み外しひとりのベッドに放りだされた
――――
会見の総理の横の手話だけが本当のことを伝えてくれそう
――――
うまい棒コーンポタージュ味でごまかしたさびしさという空腹がある
――――
カラコロと返却口へ落ちてゆくコインの気持ちをつかみかけてた
――――
わたしが、と思わず胸にあてた手がピンマイクを打ち爆音となる
――――
できるだけ人道的に捨ててきたサンドイッチのパンの耳なら
――――
できるなら絶対誰ともかぶらない(仮名)を探りあてたい
――――
押しボタン式だとずっと気づかずに見つめ合ってた横断歩道
――――
単3か単2か迷うその間ひかりのことだけ思っていたい
――――
さくらにも運命はありあんぱんのへそにすわってしっとりと咲く
――――


 また、実際にはありえないけれど、なぜか不思議なリアリティというか実感のこもった妄想を扱った作品もたくさんあります。


――――
早送りすればテレビの画面から通過電車のような風受く
――――
ガリガリ君冷凍庫のなか生き延びて目が合う度に老け込んでゆく
――――
〈*画像はイメージです〉というテロップを見つけてしまう星空の窓
――――
ペンネームだったんですかと戸惑いぬトマトを包む生産者の名に
――――
今日もまた前回までのあらすじを生きてるみたい 雨が止まない
――――
〈散骨の代行サービスございます〉海のきらめくパンフレットに
――――
路地裏でひっそり月を待っている〈刃物研ぎます〉という看板は
――――
わたしからはみ出したくて真夜中にじわりじわりと伸びてゆく爪
――――
イソジンのうがい薬の褐色でひとり残らず殺せる気が、した
――――
自販機に〈なまぬるい〉のボタン見つけたらわたしはきっと次の段階(ステージ)
――――
プラチナのペーパーナイフで空を裂き回想シーンから出て行かなくては
――――


 定型的あるいは形式的で陳腐な表現を、巧みに「ずらす」ことで、何とも言えないおかしさと不気味な緊張感が同時に漂う作品。


――――
私を何でお知りになりましたか? ①ブログで②口コミで③真夜中の悲鳴で
――――
今後の参考にさせて下さい。その他に○がついていますね
――――
参考になったでしょうか失敗をしない訂正印の捺し方なども
――――
「ありのままのあなたを誰も愛さないでしょう」にこやかに告ぐ気象予報士
――――
紅茶葉をひらかせながらこの秋も平年並のさびしさでした
――――
これ以上きみには嘘をつけないと雨は霙に姿を変えた
――――


 恋愛妄想(準備中)


――――
見つめられ息を止めれば皮膚呼吸 器用にできてる 進化している
――――
好かれたいひとにはいつも好かれないシステムだけがわたしを守る
――――
取説の「故障かなと思ったら」の頁に差し込む指がほしくて
――――
ほしいのは「トイレの電気点けっぱなし!」と叱ってくれるアンドロイド
――――


 恋愛妄想(前期)


――――
ああ君が空を見上げてるってことはもうこの世にわたしがいないってこと
――――
本心が読み取れなくて何回もバーコードリーダー擦り付けてた
――――
前髪の分け目をひだりに変えました今度はあなたがひざまずく番
――――
〈起こさずにこのまま行くよ〉と右頬にポストイットを貼られた夜明け
――――
同罪だ。魚肉ソーセージのビニールを咬み切るわたしとみているあなた
――――
帰るならウェットスーツ脱ぐようにあなたのからだ置いていってよ
――――
伝書鳩の味がしたんだほろほろと君を想って食むハトサブレー
――――


 恋愛妄想(後期)


――――
「一時間経ったら起こせ」と言ったきりあなたは隣で内海になる
――――
この指輪はずしてミンチをこねるときわたしに出来ないことなんてない
――――
ほんとうはあなたは無呼吸症候群おしえないまま隣でねむる
――――
車いす押して海辺を歩きたい記憶喪失のあなたを乗せて
――――
無意識に肩紐のよじれ直すだろうあなたが死んで号泣する夜も
――――


 というわけで、親近感しみじみあふれる妄想が群れなす歌集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『耳ふたひら』(松村由利子) [読書(小説・詩)]

――――
行儀よく方解石が割れるごと予定調和のニュース解説
――――
時に応じて断ち落とされるパンの耳沖縄という耳の焦げ色
――――
「ヤフー」への嫌悪あふれて救いなき暗さに終わるガリヴァー渡航記
――――
全天を震わせ雷雨来るときに怒髪というものわたくしにある
――――
それは小さな祈りにも似てほの暗き森に灯れる発光キノコ
――――
耳ふたひら海へ流しにゆく月夜 鯨のうたを聞かせんとして
――――


 沖縄の自然、そして日本社会の理不尽さ。石垣島に移り住んだ歌人が刻みつける離島歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2015年4月、Kindle版配信は2016年2月です。


 まずは南国の美しい自然をうたった作品のまぶしさに心惹かれます。


――――
明け方のスコール上がり大空に二重の虹をかける太陽
――――
転調ののちの明るさスコールが上がれば島は光を放つ
――――
不意打ちの雨も必ず上がるから島の娘は傘を持たない
――――
子どもらは青き夏野を駆けてゆく積乱雲の育つ速さに
――――
海洋性気候という名の簡潔よ風が変われば季節も変わる
――――
ハイナップル・ピパーツ・パパイヤ南島に半濁音の明るさは満つ
――――
島時間甘やかに過ぎマンゴーの熟す速度にわれもたゆたう
――――


 激しい恋の歌も、いかにも躍動感に満ちています。


――――
てのひらのその先にある急カーブ曲がり切るにはアクセルを踏め
――――
握手したのちのぬくもり頬に当て違うんだなあとつぶやいている
――――
告げられぬ愛あるときにてのひらは遠い草原行き着けぬ場所
――――
巡り来る季節をいくつ重ねても飼い馴らされぬもの潜む森
――――
しなやかな獣いきなり抜け出して咆哮せし夜 月も見ていた
――――


 自然は分け隔てなしにしても、人間はそうではありません。島で生まれたわけでなく、あくまで余所者として扱われることへの屈託もたまってゆきます。


――――
南島の陽差し鋭く刺すようにヤマトと呼ばれ頬が強張る
――――
夜明け前の最も暗き夢の中おまえは来るなと山に言われる
――――
寄留者であった会社のわたくしも離島へ移り住んだわたしも
――――
面倒な外来種だと思われているのだろうかクジャクもわれも
――――
導火線と思ういくつか避けながら会話しており家族も他人
――――
言えぬこと呑みこむ夜に育ちゆくわが洞窟の石筍いくつ
――――


 やがて沖縄をめぐる情勢、日本国において沖縄がどのように扱われているのか、観光客には見えないその姿が次第に見えてきます。


――――
手つかずの自然という嘘 除草剤撒かねば道が塞がれる島
――――
来ては去る観光客に消費されどこか痩せゆく島の風景
――――
長き夏長き戦後を耐えてきて楽園なぞと呼ばれたくなし
――――
英霊と呼ばれることを喜ばぬ母の数など統計になく
――――
ソメイヨシノの咲かない島の老若に散華教えし国ありしこと
――――
ハイビスカスくくと笑いぬ東京と米国ばかり見ているメディア
――――
行儀よく方解石が割れるごと予定調和のニュース解説
――――
時に応じて断ち落とされるパンの耳沖縄という耳の焦げ色
――――
縦と横きっちり測り男らは世界の耳をまた切り落とす
――――


 沖縄と日本の現実がクローズアップされ、怒りをこめて書き綴られてゆきます。


――――
春の夜の夢ばかりなる愚かしさ きれいな海が埋め立てられる
――――
みなテロと断じる時代かつてそれは抵抗(レジスタンス)と呼ばれしものを
――――
息詰めて腐臭を放ち開き行く花と見ており秘密保護法
――――
知らぬ間に桜は咲いて武器輸出三原則もあっさり消える
――――
棋士を負かす人工知能つくる知も停止させ得ぬ原子炉あまた
――――
年々歳々世界は縮みゆくばかり私の足を踏む足がある
――――
新聞が輝いていた日々思う1クリックでニュースを読めば
――――
「ヤフー」への嫌悪あふれて救いなき暗さに終わるガリヴァー渡航記
――――
あめりかの映画を観ればあめりかの女の人はまだ頑張っている
――――
全天を震わせ雷雨来るときに怒髪というものわたくしにある
――――


 絶望感とともに、遠い未来を幻視するような作品が並びます。


――――
人類史のページ繰りゆく電子化され残り何ページか分からぬが
――――
もはや発芽させることなき硬き土おやすみおやすみ私のからだ
――――
冬の卵ひとつ湖底に沈めたり千年のちの春に目覚めよ
――――
憲法改正そののちの闇思うときはつか明るき種子の方舟
――――
人類が死滅したのち一斉に芽吹く春あれ永久凍土に
――――


 そして再び沖縄の自然、ただし人がいない自然の姿がうたわれ、その透明な悲しみが胸を打ちます。


――――
月のない夜にむりりとガジュマルの押し広げたる粘性の闇
――――
それは小さな祈りにも似てほの暗き森に灯れる発光キノコ
――――
海に降る雨の静けさ描かれる無数の円に全きものなし
――――
耳ふたひら海へ流しにゆく月夜 鯨のうたを聞かせんとして
――――


 様々なトーンの言葉を注意深くバランスよく配置することで、沖縄の美しい自然と日本社会の理不尽さを掃き寄せたような状況を、深く岩に刻み込むような強い印象を受ける歌集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『眠れる海』(野口あや子) [読書(小説・詩)]

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 ごくありふれた光景からひそやかに繰り出される鋭い刃。愛憎に刺されるような暗器歌集。単行本(書肆侃侃房)出版は2017年9月です。


 まずは、日常的なシーンに油断しているうちに不意にほとばしる負の激情が胸を刺してくるような作品が印象的です。


――――
バスタブに湯を張りながら憎しみが水中花のようにひらくのをみる
――――

――――
シロップに撓むレモンよこんりんざいよけいなことしたくない
――――

――――
あたためたミルクの膜のひだ寄せて厭世は濡れながらよりきたり
――――

――――
ああきみは首尾よく日々を組み立てて羽毛布団のなかにしずめり
――――

――――
カステラが人気の街でカステラを食べず引っ越す 子供も産まぬ
――――

――――
奔馬のよるの・水道のさびしきうねり・水の奥には過去があること
――――


 親しい人、おそらくは恋人に対して投げかけられる小さな敵意の鋭さ。皮膚にかすかに痛みが走ったあと血がにじんでくるようです。そして出血が意外に止まらない。


――――
失速はしないしきみもゆるさない 前のボタンははずして言えよ
――――

――――
くせのある毛髪にワックス伸ばしあなたはみんなあかのたにんだ
――――

――――
ねむりたるきみののどへと刃をむけるあそびのように追い詰められて
――――

――――
白いシャツにきれいな喉を見せている 少し刺したらすごくあふれる
――――

――――
糸屑を指から指にうつしつつ いっしょう好きよ/死ぬまで嫌い
――――

――――
風邪ひかないようにねいずれは死んでね 煙草の丸い断面燃やす
――――


 日々の暮らしもまるで戦場。でも逃げない、引かない、折れない。


――――
玄関でショートブーツを脱ぐまでのふりかえったら奈落に落ちる
――――

――――
あまぐもよ 傘ももたずに受け止めてあげるすべての悪意でおいで
――――

――――
うなじから裂けばゆっくりあふれ出る都ありけり、戦場である
――――

――――
ミソジニーとめどなきひとわれを抱きしばらくわれをわすれておりぬ
――――

――――
芹吐けり冬瓜吐けりわたくしのむすめになりたきものみな白し
――――

――――
大丈夫だいじょうぶなどと子を抱いて隣人を殺しに行くような日々
――――


 というわけで、どこにどんな刃が仕込まれているか分からない、皮膚がちりちりするような気持ちで読む歌集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | 次の5件 読書(小説・詩) ブログトップ