So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

『ぼくのネコにはウサギのしっぽ』(朽木祥:文、片岡まみこ:絵) [読書(小説・詩)]

――――
 おねえちゃんは、ものすごく“でき”がいい。なんでもできる。勉強も一番だし、ピアノもじょうずで、かけっこも速い。去年もおととしもリレーの選手だった。今年もたぶんそうだ。六年生のチャンピオンなのだ。
 だけど、ぼくの“でき”はすごく、ふつう。勉強もふつうだし、ピアノはバイエルでやめてしまった。サッカーも、試合に出られたり出られなかったり。かけっこは、ようち園のときから、いつだって三着だ。
――――
単行本p.6


 出来のいい姉が拾ってきたのは、ものすごく美しい猫。それに対してぱっとしない「ぼく」が選んだのは、やっぱりぱっとしない猫。でも、この子にはウサギのしっぽがついている。他にはいない、たいせつな、ぼくのネコ。自分や動物、それぞれのかけがえのなさを教えてくれる絵本。単行本(学習研究社)出版は2009年6月、Kindle版配信は2009年6月です。


 ペットが中心となる三つのお話しを収録した絵本です。最初の『ぼくのネコにはウサギのしっぽ』は猫、残り二つの話は犬、を扱っています。


『ぼくのネコにはウサギのしっぽ』
――――
 もし、このネコがメグくらいきれいだったら、もし、おねえちゃんがたのんだら、もし、ぼくが日曜テストで一番がとれるくらいできがよかったら、お父さんは「いいよ」っていうんじゃないだろうか。ぼくは自分でも信じられないくらいはらがたってきた。
 お父さんといいあううちに、ぼくは泣きだしてしまって、ついでに、わけのわからないことをわめいていた。
「とりかえてくればいいんだ、もっとかわいいネコにさあ。ついでに、よそからもらってきたらいい。おねえちゃんのコピーみたいな四年生をさあ。」
 家じゅうが、しんとした。
――――
単行本p.16

 不細工だろうが賢くなかろうが、自分の猫は世界一。猫の優劣を競うことほど無意味なことはない。だったら、自分だって、そうじゃないだろうか。他人と比べては劣等感に悩んでいる子供たちに、本当のプライドとは何かを教えてくれる物語。


『毒物110番』
――――
 大声で、「ダン、ダン!」とよぶと、家のうら手から、ダンが元気よく、かけてきた。
 ぼくは、ほっとした。だが、ダンが口になにかくわえて、ふりまわしているのに気がついた。
 白い粉のようなものが、おしろいをはたいたように口のまわりについている。
 わわわ。ゴキブリ用の毒えさだ! ホウ酸だんごだ!
 うそだろ。
 猛毒だからぜったいさわらないようにって、お母さんに何度もいわれていた、ホウ酸だんご!
 ぼくはあわててダンを追いかけた。
――――
単行本p.40

 一人で留守番をしているとき、飼い犬のダンが毒を食べてしまう。どうしよう、親に電話しても間に合わない。とっさに「毒物110番」に電話した「ぼく」だったが……。いきなり命を守る責任が降りかかってきたとき、逃げずにたった一人で立ち向かえるだろうか。勇気と責任の物語。


『おたすけ犬』
――――
おもちゃで遊んでいたミイの首にひもがまきついて、死にそうになっていたのに、人間はだれも気がつかなかった。
 ぐっすり寝ていた平吉が、がばっと起きあがると、めずらしくうるさくほえたてて知らせたのだ。そのときミイは、もう白目を出していた。
「あと三分おそかったら、助からなかったよ。声も出なくなっていたのに、よくわかったよなあ」と、獣医さんも感心していたそうだ。
 おかげでミイは命拾いした。でも、ちっともありがたいと思っていなくて、なにか気に入らないとすぐ、平吉にネコパンチを食らわせたり、追っかけたりするんだって。それでも、平吉は「すいません」という顔のまま、おっかなそうににげまわるだけ……。
――――
単行本p.77

 近所の卓ちゃんの飼い犬、平吉はとても賢い。「わたし」の飼い犬が困っていたり、ネコが死にそうになったときも、さっと助けてくれた。でも、平吉は偉そうにしない。たれ目で、たれ耳で、まゆが八の字で、いつも「すいません」っていう顔で、ネコにも道をゆずってやるんだって。優しさとはどういうものかを教えてくれる物語。



タグ:絵本
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』(矢崎存美) [読書(小説・詩)]

――――
「あなたは自分の傷をおいしく、本当に食べて、自分の中で消化するんです。死なないために」
 生きるために、と言わず「死なないために」と花は言った。そうか。あたしは、それほどまでに追い詰められていたのか。
 ひっそりと死んでいたかもしれない自分を、この人だけが引き止めてくれる。早希は再び咀嚼を始めた。死なないために。生きるために。
――――
文庫版p.40


 他人の悪夢の中に入り、心の傷を調理して食べさせることで本人を癒す「繕い屋」。平峰花は、今日も「繕い屋」としての危険な仕事に取り組む。誰かを悪夢から救うために。ぶたぶたシリーズで知られる著者による連作短篇集。文庫版(講談社)出版は2017年12月、Kindle版配信は2017年12月です。


「矢崎電脳海牛ブログ」 2017年12月22日 (金)
「『繕い屋 月のチーズとお菓子の家』本日12/22発売!」より
――――
ほのぼの、癒やし、ハートウォーミングであり、おいしくもあり、ほんのりホラーテイストでもあり、しかも猫まで出てきます。私の持ち味が、かなり詰まっている作品となりました。
――――
http://yazakiarimi.cocolog-nifty.com/butabutanikki/2017/12/1222-8427.html


「わたしはあなたのことを、よく知ってますよ。あなたがすごく孤独で、傷ついていて、いやな夢を毎晩見ているってことを、知ってます」(文庫版p.13)


 傷ついた人を猫のゴロゴロで眠らせて、悪夢の「素」を調理して本人に美味しく食べさせることで心の傷を癒すという「繕い屋」。

 夢、食いしん坊、癒し、猫。つまりいつも通りの矢崎存美さんだな、だと思って読み始めると、意外と重たい話(孤独、閉塞感、パワハラ、家庭内暴力、精神的虐待、希死念慮など)が続くので驚かされます。ハートウォーミングの印象が強い「ぶたぶた」シリーズにも深刻で重い話が散見されますが、あれだけを集めてホラー風味を強めた感じ、といえばお分かりでしょうか。

 といっても、嫌な読後感は残りませんし、血もそれほど出ないので(ということは出るんだ!?)、そういうの苦手な方でも大丈夫。むしろ、サイコホラー要素をスパイスとしてきかせたことで味に深みが出ているハートウォーミング、というべき連作短篇集です。


[収録作品]

『温かな湖』
『お菓子の家』
『月と歩く』
『呪いのようなもの』
『透明な夢の中に』


『温かな湖』
――――
「どういうこと?」
「傷を食べるんです」
「……消化する、ということ?」
 よく例え話では聞くが。「傷ついたことを自分の中でどう消化するのか」というように。
「そうです。わたしは、それを食べさせることができる。そうやって傷を繕う『繕い屋』なんです、わたし」
――――
文庫版p.35

 孤独感に追い詰められていた語り手の前に現れた、不思議な娘と謎めいた猫。
 「繕い屋」平峰花と猫のオリオン、魔女と使い魔のコンビが初登場する物語。


『お菓子の家』
――――
『なんでいい人ばかりが傷つくんだろうね』
 オリオンが言う。
「傷つかない人は、おいしくないんだよ」
 怪物が食らうのは、優しい人の傷ばかり。傷つかない人は、人間的に味がない。
「むしろ、そういう人こそ優しい人を食い尽くすでしょ」
――――
文庫版p.92

 両親の離婚にまつわる事情により深く傷つけられた語り手は、「顔のない男が外から部屋の扉をノックする」という地味に嫌な悪夢を繰り返し見るようになった。ダークファンタジーめいた前作から一転して、本シリーズの基本テイストにもってゆく物語。


『月と歩く』
――――
 自分のやるべきことが、この子は明確にわかっているのだ。なんだか申し訳なさそうな表情だが、こっちこそ申し訳ない。
「そういうのもしんどそうだな」
「そうかもしれません。人には言えないので」
「どっちがつらいんだろうか。何者であるかわかっている人間と、何者でもないという自信のない人間は?」
「どっちもつらいんです。だって、あなただってつらかったから、今わたしとこうしているわけですし」
――――
文庫版p.127

 会社をリストラされて生まれて初めての挫折を味わい、うつ病も発症した語り手は、ふらふらとビルの屋上にのぼる。頭上には月。だが、「歩いているといつまでも自分についてくる月」という悪夢を思い出すので、彼は月が嫌いだった……。「自分自身にかけた呪い」というテーマが、本作と次作で展開されます。


『呪いのようなもの』
――――
「あたしはもう、逃げ方がよくわからないのよね」
「そんなに難しいことですか?」
「『逃げない』っていう呪いがかかってるのよ。一度逃げて失敗しているから、余計に強くなっているの」
――――
文庫版p.168

 職場でのパラワラ、夫の浮気癖、破綻した結婚生活。強迫的に「逃げてはいけない」という思考が染みこんでいる語り手は、すべてを我慢してきたが……。非常にリアルな苦しみが描かれますが、こういう傷ばかり対処している19歳の花が気の毒になってきます。


『透明な夢の中に』
――――
 水の中に沈んでいくようだ。
 いつもいつも思う。悪夢がなくなった人の中から脱出する時、ものすごくきれいな水の中に落ちていくような感覚に襲われる。暗くも明るくもなく、冷たくも熱くもない、ただただ透明な水の中に。
 ああ、これが普通の人の夢なのかも、と花は思う。悪夢がなくなった人の中は、こんなにも澄みきっている。
――――
文庫版p.222

 これまで「患者」の視点から語られてきた物語ですが、今作でついに花の立場からどういう事情で何をやっているのかが明らかにされます。それまで魔女や精霊のように何となく実在感に乏しかった彼女が、(その能力を別にすれば)普通の19歳の娘として描かれ、生活や仕事のことがリアルに語られます。え、それ、めっちゃキツくないですかっ、という花の境遇。ちょっと気の毒なので、続篇が書かれるといいな。そのためにも売れるといいな。コミック化されたりするといいな。



タグ:矢崎存美
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『鉄砲百合の射程距離』(内田美紗:俳句、森山大道:写真、大竹昭子:編集) [読書(小説・詩)]

――――
十年ほど前、森山大道さんの関係者に取材した際に、内田美紗さんにお会いした。俳句をやっておられるというので句を拝見させていただいたところ、その破天荒ぶりに驚愕し、森山さんの写真と合わせて一冊の本にしてみたいという野望を抱いた。言葉が写真に、あるいはその反対に写真が言葉に寄りかかることなく、互いが独立していながら刺激しあい、新たな地平を切り開くことは果たして可能かと、それ以来、自問しつづけてきたが、本書はそれへの一つの答えである。
――――


 森山大道さんのモノクロ写真と内田美紗さんの句が化学変化を起こし、何やらとてつもないインパクトを秘めた不穏さが生まれる。写真集にして句集という破天荒な一冊。単行本(月曜社)出版は2017年4月です。


――――
待たれゐる死やかすかなるバナナの香
――――

――――
おとうとと揚羽と覗く墓の穴
――――

――――
慕情いま鉄砲百合の射程距離
――――


 女体接写、不穏な風景、工場や機械のクローズアップ、何が写っているのかもさだかでないぼやけた写真。昭和感あふれる薄気味悪いモノクロ写真に、思わず「はっ」とするような不穏さを漂わせる句が重ねられています。写真と句の間には明白な関係はないのですが、両者がそこで出会ったことで何かが生じた、生じてしまった、そんな印象を与える作品集です。


――――
亀鳴くや携帯電話飼つてをり
――――

――――
口中に残りし麻酔遠くに火事
――――

――――
海鼠腸に昵懇の箸汚しけり
――――

――――
をとこ来て穴堀りはじむ花の下
――――

――――
ががんぼや賛同の手のまばらなる
――――


 写真を選び、句を選び、それぞれを組み合わせて新しい表現を創り出す。大竹昭子さんの編集は、どうもこの世の調和を崩してしまう錬金術にも似ています。


――――
昼寝覚この世の水をラツパ飲み
――――

――――
ミック・ジャガーの小さなおしり竜の玉
――――

――――
瘡蓋のかぱとはがれて冬来る
――――

――――
目の玉の奥行き想ふ春の闇
――――

――――
台風のほかにもなにか待つ気分
――――


 句だけ読んでも何やら迫り来る感じですが、実際にこれらの言葉が写真の上に乗せられたとき、何が起きたのか、実際に本書を開いて確認してみて下さい。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『狸の匣』(マーサ・ナカムラ) [読書(小説・詩)]

――――
 喉の奥に臭い狸の箱がある。口を閉ざすとふたがあく。箱の中は常に夜で、狸が焚き火を続ける世である。二つ岩がある。一方は狸が腰掛ける。鳥足に似た木棒を、苛立たしげに火の中に突く。炭化した薪は息を吐き、火の粉がのぼるが見上げる前には消えてしまう。顔にかかる赤橙色を飲み込むように抵抗しない狸を見る。覆うように、三方を山が囲い、頂に「おんおん」と鳴きながら星を下ろす子狸が見える。湯気がたつ。リールをかけて、欲しい星を引いているのだ。
――――
『背で倒す』より


 民話のような、怪談のような、奇妙な話の断片たちから構成された不思議なイメージに彩られた詩集。単行本(思潮社)出版は2017年10月です。


 まるで素朴な民話のよう、などと思って、うかうか読み進めると、さっと足払いをかけられるような作品が並びます。


――――
犬のフーツクは、小さいお爺さんを探しているときに見つけた。
木々の暗い隙間に、あぐらをかいて座っている、茶色に黒いぶちのある犬が見えた。
「いち、に、さん、し……」
フーツクは、獣で作った押し花を、指を折り曲げて、器用に数える。
「押し花」は、私の手くらいの大きさで、狸や犬や熊などが、固く眼をつぶって紙のような薄さになっていた。
――――
『犬のフーツク』より


――――
最近では、目の端でなにか白いものが床に落ちていくのが見える。
目の下にできた白い腫れ物が、鏡で見るたびに虫に変わって、顔から降りていく。
車のダッシュボードの上では、小さな虎が横切っていくのが見える。
自律神経が、ある一日を境におかしくなっていく。
(中略)
横断歩道の前にある信号機で停まったときに、「通りゃんせ」のメロディーが流れてきた。
見ると、ダッシュボードの上に乗った虎が上手に歌っているのだった。
呆気にとられていると、友人が虎が歌うのを見て叫ぶように笑い声をあげた。
「ふ、ふ、ふ、ふ」
つられて、私も大いに笑った。
我々は腹を抱えて、後ろで鳴るクラクションの音も構わず笑い転げた。
もう事故で死んでも構わない。
私たちが楽しく笑うのを見て、虎も嬉しそうに微笑んでいた。
――――
『会社員は光を飲みこむ』より


――――
タ テ タ テ という音がなったが、
人が戻った音でも 雨粒が落ちた音でもなく、
参列にきた狐が(意味も分からず)
狸の背をたたいているのである。
――――
『柳田國男の死』より


 虎や狸や犬が出てくる、民話か、童話か、そんな話。印象はそうなんですが、読めば読むほど、どうにも不安でとらえがたい印象ばかりが募ります。

 なかでも川辺を舞台にした作品のイメージは強烈。


――――
近くの川に、時々天狗の下着が流れてくる。
子どもの天狗が 分からずに、
私の下着の行方を聞きにくることがある。
――――
『石橋』より


――――
伯父が立ち止まる地点には、決まった時間になると、
上流から母の笑った顔が川幅いっぱいに広がって流れてくるのである。
(中略)
いつものように、伯父が長い竹竿ですくうと、
長い湯葉のようなものが竿に垂れ下がる。
薄白い物体にはなんの印刷も施されていないことを確認して川へ戻すと、
母の顔は少しひしゃげて、下流へ流れていくのであった。
――――
『湯葉』より


 川だけでなく、海というか浜辺もけっこうヤバイ。


――――
シャベルが、ずるりと白い紙切れを引っかいた。反射的に、私はその紙を引き抜いた。経年を全く感じさせないほど、紙は真白だった。人肌程の温みをもった砂浜に腰を下ろして、紙を広げた。

しにかたは
えらべない
しは
おしつけられるもの

 黒のボールペンで、細長い文字が綴られていた。紙は濡れているのに、インクは滲んでいなかった。
 私はその紙を元のように折りたたんで、砂浜に埋めた。手のひらで砂を押してからふと思うことがあって、もう一度そこを堀り返してみた。しかし、どんなに深く掘っても、その紙切れはもう見つからなかった。
――――
『発見』より


――――
会社の慰安旅行で海水浴場へ行った。
職場の人々から離れ、一人海に浸かり、浅瀬に腰を下ろしていた。
ふと見ると、海中の砂山から貝の口が伸びている。
手の指で触れると、貝の口と思っていたものは羽虫の長い尻で、
羽根を動かして、沖の方へと泳いでいった。
――――
『貝の口』より


 こんな風に、さりげないインパクトを与える物語、というかその断片から、ストーリー構成とかプロット展開とかそういうのとは明らかに違う謎ロジックで組み立てられた作品が多く、個人的に好みの詩集です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『「猫」と云うトンネル』(松本秀文) [読書(小説・詩)]

――――
行方不明の世界を探すために
カタツムリの丘にある図書館に出かける猫たち
あらゆる書物のページを注意深くめくりながら
「世界はおそらく元気です」と結論(まとめ)
――――
単行本p.62


 犬のアレが神様の自伝『神です』を書いている
 「猫」と云うトンネルに入る前に、あなたは考えなければならない
 この世のことわりについて語りそうで語らない猫詩集。
 単行本(思潮社)出版は2017年10月です。


――――
「猫」というトンネルに入る前に
あなたは考えなければならない
今あなたが考えていることは
どれもくだらないことで
気にすることなど何ひとつない
そのトンネルに入ってしまうと
何もかもくだらないことだと
はっきりとわかる
――――
単行本p.104


 猫のように気ままに、犬のように熱心に、この世のしくみを洞察するかのような作品が並びます。個人的に猫びいきなので、猫が登場するところばかり引用してしまう。


――――
哲学猫
朝は寝て昼は書棚に一日中見惚れることが仕事です
「いい加減お仕事をしてください」と妻
夜はさみしがり屋の先祖に首輪をつけて鈴を鳴らす
暗鬱な世界をパッと明るくするのが哲学の仕事です
――――
単行本p.34


――――
文章が書けなくなったことについて執筆をする哲学猫
石臼をひきつづける古代猫(年齢不詳)からの教えで
文章が書けてしまうことへの疑いを手放さないでいる
――――
単行本p.38


――――
「わたしは猫です」と述べるだけでは自分の解説として不充分と考えている猫
わかりやすく伝えるためにうしなってしまうものについて正確に話そうとする
――――
単行本p.70


――――
つながらないことを選択した猫
つながることがすべてではない
つながる時はきっと閃光を放ち
一瞬でとだえてほろびるだろう
そんな迷信のようなことを想う
――――
単行本p.54


――――
深い孤絶によって自らを成立させている猫がいる
弱さと貧しさを魂の支点として自由に生きている
おしだされるようにしてなきながらうまれてきた
花の名前を忘れてじっと色や香りに見惚れている
――――
単行本p.66


 猫は哲学者ではなくて、たぶん詩人なんだと思います。

 他にも、猫のトンネルというだけあって、あちらこちらに猫の姿が。そして生と死と存在の有限性について語りそうで語らない気にしない寝る。


――――
拾われて洗われて煮こまれて死ぬ
湯加減を尋ねる猫の声に煽られて
蜆「いい出汁(ダシ)が出ると思います」
――――
単行本p.19


――――
風邪気味の猫がお辞儀してあなたを迎えてくれる
これまでの「生」を要約した映画を共に鑑賞する
「生涯はたった一行の終わりなき反復なのです」
――――
単行本p.47


――――
猫たちが並んで月を眺める川沿いの屋台「笹舟」
死んだ友達と酒を飲みながらくだらない話をする
神様は「そろそろ引退ですが……」と前口上して
ゆれる月を見ながら風に気持ちよく吹かれている
――――
単行本p.43


――――
晴れた日に坂道をくだりながら
この世界に留まる必要がないことにおびえる
文章を書いては消すだけの幻燈のような一生
青空から誰かの血のように滴り落ちるインク
「夜はおいしいものを食べることにしよう」

空が雲を笑わせているのか
雲が空を笑わせているのか
わからないまま猫は昼寝をしている
――――
単行本p.77


 生真面目だけど投げやり、そんな猫らしさが横溢している一冊。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | 次の5件 読書(小説・詩) ブログトップ