So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
読書(オカルト) ブログトップ
前の5件 | -

『林美登利 人形作品集 Night Comers ~ 夜の子供たち』(林美登利、石神茉莉、田中流) [読書(オカルト)]

――――
 時に恐ろしげに見えるドールが同時に愛らしいイノセントの姿にも映り、時にコミカルな表情をみせる作品はその後ろに魔を抱える。病的でビザールなデザインに彩られたドールが、その逆の聖性をたたえた瞳でこちらを見つめている。
 そこにあるのはなんとはなしの雰囲気で成立するような作品ではない。そこにいるのは、長い時間、林美登利というアーティストの中で受精し分裂し成長してきた“モノ”、誕生までの長いモノガタリを感じさせる佇まいで忽然と現れた“モノ”だ。妖しく見える要素も、残酷に映る装飾的イコンも、そういった表層的な見た目とは明らかに異なる別の顔をもって饒舌に語りかけ、見るものをどこか不安でどこか懐かしく、心地よく秘密めいた別世界に誘う
――――
単行本p.81


 幼い少女と動物や虫などが融合した異形のキメラ。そのグロテスクなカタチにも関わらず、なぜか愛らしく、魅力的で、不思議な共感のようなものを呼び起こす姿。そしてその瞳、確固たる意志と伝えるべき物語をもって私たちを見つめてくる、その瞳。前作『Dream Child』に続く林美登利さんの人形写真集第二弾です。単行本(書苑新社)出版は2017年11月。

 『Dream Child』の衝撃から3年半、林美登利人形写真集の第二弾がついに刊行されました。撮影は田中流さん、短編小説は石神茉莉さん、前作と同じメンバーが揃っています。ちなみに前作の紹介はこちら。

  2014年04月02日の日記
  『Dream Child』(林美登利、石神茉莉、田中流)
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2014-04-02

 収録されている人形は、巻末の作品リストによると34体。前作を凌駕する美しい写真がびっしり詰まっており、どの一枚からも強烈な存在感が感じられます。

 石神茉莉さんの小説に加えて、深泰勉さんによる評論も収録されています。なお小説および評論を含む日本語にはすべて英訳がついており、このまま海外でがんがん売るぞ、という版元の気迫を感じます。出来映えから考えるに、おそらく海外でも大きな話題になるでしょう。

 なお、本書の刊行に合わせてヴァニラ画廊で林美登利さんの個展が開催されています。トーク&サイン会は終了していますが、この日記を書いている時点で人形展は開催中。興味がある方は、ぜひお立ち寄りください。

ヴァニラ画廊
'17/11/7 ~ 11/19 林美登利人形展「Night Comers~夜の子供たち」
http://www.vanilla-gallery.com/archives/2017/20171107a.html


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『UFO事件クロニクル』(ASIOS) [読書(オカルト)]

 今年はUFO時代の幕開けから70周年。せっかくの機会だから、これまでのUFO史を年代ごとに振り返り、一冊にまとめた本を出そう。というわけで、おなじみASIOS(Association for Skeptical Investigation of Supernatural : 超常現象の懐疑的調査のための会)のオカルト謎解き本、その最新刊は、主要なUFO事件を年代ごとにまとめて紹介してくれる一冊。単行本(彩図社)出版は、2017年8月です。

 「ロズウェル事件」や「フラットウッズ・モンスター」のような有名どころから、「ブロムリー円盤着陸事件」や「ベッツ・ボール事件」のようにあまり知られていない(誰の趣味で選ばれたのかなあ)事件まで。米国はもちろん、南アフリカ、フランス、パプア・ニューギニア、そして日本といった具合に、世界各地で起きたUFO事件が紹介されています。

 全体的な傾向として、懐疑的な立場から検証重視で書かれている記事が多くなっています。予備知識がなくても読めるように工夫されていますので、UFO入門にちょうどいいかも。米国における公的なUFO研究プロジェクトの歴史についても学べるし。

 個人的には、「介良事件」に関する最新情報や、「甲府事件」に関するこれまでの検証を詳しく紹介してくれる本城達也さんの記事に感心。また、“とにかく現地に行って関係者にインタビューする”、という加門正一さんの活動には大いなる感銘を受けました。

 ちなみに加門正一さんの記事で「筆者は現地を訪れたことがある」と明記されているのは、「フラットウッズ・モンスター」「ケリー・ホプキンスビル事件」「ソコロ事件」「パスカグーラ事件」「キャッシュ・ランドラム事件」そして「毛呂山事件」の6本。すごいなあ。

 他に、UFOにまつわるコラム、人物事典、用語集、年表などが付いています。物理的に軽量なのもありがたい。必要なとき(例えば、創刊号が大きな話題となり今年の11月には早くも第2号が出るという噂の超常同人誌『UFO手帖』を読むときなど)に、手軽にさっと調べられる参考資料として本棚に並べておくと重宝しそうです。


[目次]

第一章 1940年代のUFO事件

 モーリー島事件
 ケネス・アーノルド事件
 ロズウェル事件
 マンテル大尉事件
 アズテック事件
 イースタン航空機事件
 ゴーマン少尉の空中戦

 コラム:ナチスドイツとUFO

第二章 1950年代のUFO事件

 捕まった宇宙人の写真
 ワシントンUFO侵略事件
 フラットウッズ・モンスター
 プロジェクト・ブルーブック
 ロバートソン査問会
 チェンニーナ事件
 ケリー・ホプキンスビル事件
 トリンダデ島事件
 ギル神父事件

 コラム:実在した空飛ぶ円盤 円盤翼機、全翼機の世界

第三章 1960年代のUFO事件

 イーグルリバー事件
 リンゴ送れシー事件
 ヒル夫妻誘拐事件
 ウンモ事件
 ソコロ事件
 ブロムリー円盤着陸事件
 コンドン委員会
 エイモス・ミラー事件

 コラム:宗教画に描かれるUFO

第四章 1970年代のUFO事件

 介良事件
 パスカグーラ事件
 ベッツ・ボール事件
 甲府事件
 トラビス・ウォルトン事件
 セルジー・ポントワーズ事件
 バレンティッチ行方不明事件
 ブルーストンウォーク事件

 コラム:円盤の出てくる活字SF

第五章 1980、90年代のUFO事件

 レンデルシャムの森事件
 キャッシュ・ランドラム事件
 毛呂山事件
 開洋丸事件
 日航ジャンボ機UFO遭遇事件
 マジェスティック12
 カラハリ砂漠UFO墜落事件
 ベルギーUFOウェーブ
 異星人解剖フィルム

 コラム:7人のオルタナティブ・コンタクティー
 コラム:オカルト雑誌「ムー」 正しいUFO記事の読み方

第六章 UFO人物事典

 海外のUFO関連人物
 日本のUFO関連人物

巻末付録

 UFO用語集
 UFO事件年表


タグ:ASIOS
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『石黒亜矢子作品集』(石黒亜矢子) [読書(オカルト)]

 妖怪画で有名な石黒亜矢子さんの、意外にも初の作品集。単行本(玄光社)出版は2016年12月です。

 石黒亜矢子さんが手がけた絵本で、これまで日記で紹介したことがあるものは次の通りです。


  2015年10月14日の日記
  『[現代版]絵本 御伽草子 付喪神』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2015-10-14

  2015年06月18日の日記
  『おおきなねことちいさなねこ』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2015-06-18

  2015年06月02日の日記
  『ばけねこぞろぞろ』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2015-06-02


 本書はこれらを含む石黒亜矢子さんの作品を集大成した一冊で、まずは擬猫化妖怪というか、化け猫の妖怪コスプレ大会というか、とにかく猫の顔をした妖怪たちが大集合です。

 かさねこ、つちねこ、ねこぼうず、ねこかしゃ、みあげにゃうどう、にゃっぺらぼう、にゃっぺふほふ、いっぽんにゃだら、ねこしゃりん、ぶるぶるねこ、ぶんぶくにゃがま、ねこだま、にゃとろし、……。

 「化け猫」の章に続いて、「化け猫団扇」「猫舌茸」「猫カルタ」という具合に猫画が続き、さらに「干支」「妖精」「その他」「妖怪」「線画」という具合に分類されています。

 伝統的な日本画・妖怪画のテイストを活かしつつ、こっけいおそろしな猫の姿を描いた石黒亜矢子さんの画風。作品の一部がネットで公開されていますので、ご存じない方はまずは以下のページからいくつかクリックして眺めてみて下さい。

石黒亜矢子 作品画像
https://ishi96ayako.wixsite.com/ishiguroayako/picture



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『山怪 弐 山人が語る不思議な話』(田中康弘) [読書(オカルト)]

――――
普段はマンションで快適に暮らし、明るいオフィスで仕事をする現代人たちも、山へ入ればたちまち古代人と同じ土俵に立たされる(もちろん装備は違うが)。そこは普段自分たちが生活している日常とはかなり異なっている。静かすぎて耳が勝手に妙な音を拾ってくる世界、暗すぎてその闇の奥をじっと覗き込んでしまう世界。そんな独特の世界では空気の微妙な変化や鼻腔に入るかすかなにおいにも体は敏感に反応する。闇の中に佇むモノに気がつき体が緊張したり、藪の中を進む姿無きモノに遭遇し思わず目を向ける。かと思えば今まで歩いていたはずの道が突如消え失せて森に孤立したり、信じられないくらい立派な建築物に迷い込んだりする。誰もが平等に無防備な山の中では、少なからぬ人がこのような山怪に遭遇するのだ。
――――
単行本p.12


 全国の山々を巡って、怪談でもなく、民話でもなく、それらの「原石」のような不思議な体験談を集めた『山怪』、待望の第二弾。単行本(山と渓谷社)出版は2017年1月、Kindle版配信は2017年1月です。


――――
時々あれは何だったのかと思い出し、それを他人に話したりする。そして最後に“あれは錯覚だったのだ”と再確認しようとする。
 一生のうちに何度もこの作業を繰り返すことこそが、怪異を認めている証拠ではないだろうか。中には完全に記憶から消し去る人もいる。しかしそれがふとした弾みで口から飛び出す場合もあり、そんな時は当の本人が一番驚いているのである。
――――
単行本p.254


 日本全国をまわって、山に住んでいる人々の不思議な体験談を丹念に聞き取ってまとめたのが前作『山怪』。狐や狸に化かされた、狐火が飛んだ、山小屋の外を歩き回る足音がした。素朴というか、因縁も尾ひれもついてない、「怪談」としては未加工の体験談がぎっしりと詰まっています。ちなみに紹介はこちら。


  2015年06月15日の日記
  『山怪 山人が語る不思議な話』(田中康弘)
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2015-06-15


 本書はその続篇です。内容的には前作と同じで、昨今の先鋭化された怪談実話に慣れた読者には物足りないかも知れませんが、そのライブ感というか、「あ、これは、語られた話そのままだな」という感触が、これが実に味わい深いのです。未加工の原石というか。


――――
「家のすぐ後ろが山なんですよ。そこにね、侍が埋まっている場所があるんですよ」
「侍ですか?」
「そう。よくは分からないんですけど、少しこんもりした所に侍が埋まっているって言われてましてね」
――――
単行本p.16


――――
「午後三時過ぎにね、山に入っていくお爺さんを見たことがあるんですよ。格好はとても山歩き様じゃないんです。白い服に白い靴を履いてね。ああいうの見ると心配になりますよね」
――――
単行本p.54


――――
 川で流されて行方不明になった若者がいた。いくら探しても見つからず、村人が法者に頼み込んだところ……。
「樽をな、川に投げ入れろ言うんじゃな。それが流されて止まった所に沈んどると。まあ自然に行き着くいう話なんじゃろけど」
 言われるままに樽を川に投げ込んだが、結局若者は見つからなかった。
――――
単行本p.63


――――
「へとへとになって宿に入ると、そこのおばさんがな、夜中にオオカミ(大神)様が来るから朝起きたら廊下を見ろ言うんだよ。足跡が付いとるらしい」
「見ましたか足跡?」
「いやあ、朝になったら誰もそんなこと覚えとらんで、確かめとらんな」
――――
単行本p.67


――――
 丹沢で猟をする服部啓介さんは山で下半身を丸出しにして振り回したことがあるそうだ。その時は効果てきめん、ブラブラさせているとすぐ横の斜面に複数の鹿が現れる。これは凄いと、また次の猟でも下半身丸出しでブラブラさせた。はっと気がつくと、すぐそばに鹿の姿があるではないか。ブラブラはひょっとして凄い効果があるのではないかと思った。しかし最大の問題点は、とても銃を撃てる状況に無いということである。
――――
単行本p.89


 いわゆる怪談実話の聞き取りなら、おそらく真っ先に捨てられてしまうような語りが一杯で、個人的にすごく惹かれるものがあります。

 怪異がはっきりと現れるケースでも、特に気にしてないというか、ごく普通のこととして受け入れられている感じがまた素敵です。


――――
ほとんどの施設従業員が彼らを見ているが、不思議なことに誰も怖がらないし、怪談話にもなっていない。
「最初は驚くんだけどねえ、すぐ慣れるみたいだよ。何かする訳じゃないし、怖いと感じもしないらしいね。ただ歩いているだけだから」
 ほぼ毎日のように彼らは施設内を彷徨い、そして消えていく。従業員たちは少し可哀想な魂だと感じて、特に騒ぐこともなくそのままにしておいた。
――――
単行本p.18


――――
 御獄神社までは鬱蒼とした杉林の中をうねるように参道が下界から続いている。この道にはいわゆる“出る”場所があるそうだ。そこは大きく参道が曲がる地点で、白い着物を着た女の人がよく立っているらしい。見た感じではかなり昔の方らしく、ここは歴史ある場所なんだなあと改めて思うそうだ。
――――
単行本p.60


――――
 お父さんが亡くなって半年経つが、未だに何の音沙汰も無いのが少し残念らしい。その話を隣の婆ちゃんにすると、“まだ来てないの?”と驚かれたそうである。
――――
単行本p.62


 受け入れるのとは別に、「怪異だと思っていたら、正体見たり枯れ尾花というやつで、実はこういうことだった」と、いわばタネあかしをするパターンも多く。


――――
「作業中に地響きがする時もありますよ。ドンドンって。最初は何か分からないから不気味でしたよ。でもその原因を調べた人がいたんです。富士山の演習場の音らしいですね」
「富士山? 自衛隊の火力演習ですか?」
「そうです。それが雲に反射して、ちょうどこの辺りで聞こえるらしいんですよ」
――――
単行本p.55


――――
 その内臓はまるで誰かが意図的に乗せたかのようだった。綺麗な乗せ方、そして一番妙だったのは血がまったく滴っていないことである。岩の上には内臓のみが丁寧に飾ってあった。新鮮な内臓は今までここにいたはずの鹿の物に違いない。そこで今村さんは探索範囲を広げて鹿を探した。百メートルぐらいの間を探し回ると、案の定一頭の鹿が倒れている。近寄って調べると、その体内からは内臓がすっぽりと抜け落ちていた。
「まあ撃った弾が腹に当たって内臓を吹き飛ばしたんでしょうねえ。あんなに綺麗に岩に乗るのは不思議ですが、単なる偶然なんでしょう」
――――
単行本p.93


――――
「あれは中学生の頃だねえ。ちょうどこの畑の下の道を夜歩いていたら、人魂が光ってたんだ。大きさはバスケットボールより少し大きい感じだったね」
 彼はその物体を見て足がすくむ。初めて見る人魂に全身が硬直するのが分かった。
「凄く怖かったよ。でもそこを通っていかないと家に帰れないんだから大変だよ。それ何だと思う?」
「何ですか?」
「螢なの。螢が固まって玉になってるのよ」
「はあ、螢ですか……」
――――
単行本p.252


 聞いているときは「なあんだ」と一緒に笑って、原稿起こしの段階で「ん?」となる。そういう感じが素晴らしい。

 もちろん、かなり奇妙な、不思議な体験談も収録されています。

 夜中に山の上のほうにある集落で大火事が起き、そこの住人たちが慌てふためいている様子を見て、朝になって駆けつけたところ何も起きてなかったという話。

 山に登る途中で、同じ軽トラ(ナンバーも同じ)が停まっているのを何度も繰り返し目撃する話。

 笈ヶ岳近辺で迷った猟師が巨大な石塔を発見。そんな巨大建造物は知られてなかったので、記者が取材して新聞記事になった。その後多くの人が捜索したにも関わらず、石塔はいまだに見つかっていない。しかし、山中で道に迷ってふと石塔に辿り着く者はいまでもいる、という話。これは「迷い家」「隠れ里」系では有名な話らしい。

 他に、誰もいない場所から鈴の音や雅楽の演奏が聞こえる話、山奥に車を停めていたら周囲をびっしりと女工さんに取り囲まれていた話、などが印象に残りました。もちろん、狸や狐に化かされる話、狐火や人魂が飛ぶ話、なども数多く収録されています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『未確認動物UMAを科学する モンスターはなぜ目撃され続けるのか』(ダニエル・ロクストン、ドナルド・R・プロセロ、松浦俊輔:翻訳) [読書(オカルト)]


――――
ロクストンとプロセロの二人で、未確認動物学について、狭くは懐疑論の文献、広くは科学の文献の歴史にしかるべき位置を占めるような、これまでで最も重要な成果と言ってもいいものを書いている。本書は現代の未確認動物学に関する決定版となる本である。
――――
単行本p.9


 イエティとナチス、ネッシーと『キングコング』、シーサーペントの図像学、モケーレ・ムベムベと創造主義など、類書とは一味違った興味深い論点を織り込みながら、未確認動物UMAについて懐疑的に検証してゆく一冊。単行本(化学同人)出版は2016年5月です。


――――
子どもの頃の私には、答えは明らかに見えた。海の怪獣だ。そして私はそれを捕まえようと思った。
 何年もの間、そのことだけを夢に見ていた。怪獣狩りの道具のカタログをあさった。将来のキャドボロサウルス探索隊のロゴも考えた。地元の図書館で、ネス湖現象調査局へ手紙を書く手伝いもしてもらった。そして今日、奇妙なことに、実際に怪獣を調べる立場の仕事をしている(懐疑的にだが)。
――――
単行本p.256


 ビッグフットやネッシーなどの未確認動物、いわゆるUMAについての検証本です。対象動物についての伝承史、目撃証言、映像などの証拠について詳しく調べてゆくと共に、未確認動物学そのもの、その支持者、その社会的影響についても論じられます。個人的には、宗教運動、図像学、映画、サブカル社会学など、意外なものがUMAに深い関係を持っているという指摘に感銘を受けました。

 全体は7つの章から構成されています。


「1.未確認動物学 本物の科学か疑似科学か」
――――
 今なお毎年それほどの動物が発見されているのなら、なぜビッグフットやネッシーの研究が「境界(フリンジ)科学」扱いされるのだろう。科学に新しく知られた動物と未確認動物との間には、伝承的な要素を措いても、重要な違いがある」
――――
単行本p.42

 最初に、科学とは何か、科学的手法とは何かを概説し、未確認動物学がなぜ「まともな」科学として扱われないのかを説明します。さらに未確認動物学が抱えている一般的な課題(生物学、生態学、地質学、そして古生物学がすでに明らかにしている知見との深刻な矛盾)をまとめます。


「2.ビッグフット あるいは伝説のサスクワッチ」
――――
 支持派は死骸がないことがこの分野の問題の中心だということを承知している。この問題は日がたつごとに深刻になる。サスクワッチ時代が始まった頃なら、懐疑派にもうちょっと待ってくれと言っても通じた。(中略)しかし何十年も待ったが空しい(また何十万ドルという報奨が求められることもない)となると、ビッグフッターは、アラスカヒグマほどの大きさがあると考えられる種の動物の居場所をまだ特定できていない理由を説明しなければならない。
――――
単行本p.109、110

 ビッグフット(サスクワッチ)の主要な目撃談をとりあげ、また足跡や毛、写真や動画など、様々な「証拠」について、その信憑性を確かめてゆきます。見間違いや捏造といった未確認動物学につきものの問題についても、ここで詳しく解説されます。


「3.イエティ 「雪男」」
――――
 ほぼ10年にわたる中国によるチベットの閉鎖のせいで、イエティの証拠探しのためにこの地方へ行くのは難しかった。1960年以前におこなわれた様々な遠征は何も見つけていなかった。チベットの僧院にあった「イエティの頭皮」なるものはシーローの皮だったし、「イエティの手」は人間の手だった。「イエティの糞」や毛は、既知の動物のもので、「イエティの通った跡」はやはり説得力がなかった。
――――
単行本p.155

 イエティ(雪男)探索の歴史を追い、有名な足跡写真や頭皮などの「証拠」を検証してゆきます。


「4.ネッシー ネス湖の怪獣」
――――
 80年にわたり、まじめな研究者が資金、評判、長年の労力を、ネス湖の深みに投じてきた。しかしそれがいる徴候はまったくない。この結果はどうしようもない。注入された科学と技術のすべてをもってしても、ネッシーは魔法の産物だ――スコットランドのケルピー伝承とハリウッド映画の魔法による。
――――
単行本p.251

 目撃談とその姿の変遷、主要な映像証拠、大規模な科学調査プロジェクトの結果など、ネッシー探査の歴史を明らかにしてゆきます。ネッシー伝説は、映画『キングコング』の恐竜登場シーンから直接生まれた可能性が高い、という興味深い指摘も。


「5.シーサーペントの進化 海馬からキャドボロサウルスへ」
――――
この二つの主なシーサーペントがどれほど劇的に異なっていても、世界中の海と怪獣のいる湖全体で互いに簡単に入れ替わる。目撃者はその場その場で、自由に文化的に使えるひな形を好きなように利用する。その結果、報告と再構成がきりなく入り交じった怪獣をもたらす。(中略)プレシオサウルスが優勢になるニッチもあれば(ネス湖の怪獣の場合のように)、海馬型のサーペントが突出する怪獣として現れることもある(キャディがそう)。しかし真相は、シーサーペントは形を変えるということだ。どうしてそうなれないことがあろうか。シーサーペントは要するに、自然の産物ではなく、文化の産物なのだ。
――――
単行本p.319、361

 海の怪物はどのように描かれてきたのか、その図像学が詳しく紹介されます。海馬のイメージと古生物学が明らかにしたプレシオサウルス(首長竜)の復元図が、文化的に混淆してシーサーペント(大海蛇)を形作ってきた歴史、そして誤認と捏造といういつもの問題が、詳しく解説されます。


「6.モケーレ・ムベムベ コンゴの恐竜」
――――
その存在には、思想的あるいは教義的に重要な結果があるということだ。何らかの理由で、創造主義者はアフリカで恐竜が発見されれば、進化論がすべて成り立たなくなると信じている。(中略)つまり、モケーレ・ムベムベ探しはただ未確認動物を探すことではなく、創造主義者が進化論を覆し、科学の教えを可能などんな手段によっても崩そうとする試みの一部である。
――――
単行本p.408

 アフリカ大陸、コンゴの湖に棲息するというモケーレ・ムベムベ。その探査活動の実態と、背後にある創造主義者による進化論否定の試みについて論じます。


「7.人はなぜモンスターを信じるのか 未確認動物学の複雑さ」
――――
 本書の著者二人は、未確認動物を信じること、その熱意の正味の影響の評価については立場が分かれている。ダニエル・ロクストンは未確認動物学に対してかなり共感しており、ドナルド・プロセロはそれよりずっと批判的だ。(中略)
 未確認動物学はロクストンが信じるように「ほとんどは無害」だろうか。この点について、プロセロは確信できない。モンスターの謎にどんなロマンチックな魅力があろうと、現実に存在する未確認動物学は、疑問の余地なく疑似科学である。(中略)未確認動物が実在すると広く受け入れるのは、単に時間と資源を無駄にするというより、無知、疑似科学、反科学という一般的な文化の火に油を注ぐことになるかもしれない。
――――
単行本p.459、463

 未確認動物学の支持者はどのような人々なのか。未確認動物学は社会にどのような影響を与えているか。そして科学者は未確認動物学に対してどのような立場をとるべきなのか。様々な観点から、未確認動物学そのものを評価してゆきます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - 読書(オカルト) ブログトップ