So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『17's MAP』(構成・振付:近藤良平、コンドルズ) [ダンス]

――――
「け、け、……、け・ん・ぽ・う・か・い・せ・い!」
「い、い、……、い・み・ん・も・ん・だ・い!」
「い、い、……、……、……、い、いも!」
「……、も・ん・ぶ・か・が・く・だ・い・じ・ん・しょ・う・じゅ・しょ・う!」
(盛大な拍手)
――――


 2017年5月12日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、近藤良平率いる大人気ダンスカンパニー「コンドルズ」の新作公演を鑑賞しました。毎年、この時期になるとさいたま芸術劇場にやってくる恒例の「地域の皆様にも初夏の風物詩として親しまれている」(劇場関係者談)コンドルズさいたま公演、第11回です。上演時間95分。

 当日はまさに開演の1時間前に埼京線が人身事故で全面運休するというアクシデントがあり、与野本町へのアクセスが断たれてしまいました。私たちは車内アナウンスを聞いてタクシーを探すべくホームに降りたのですが、その途端にドアが閉まって発車(とりあえず一駅だけ動かすことになったらしい)、小さな駅に取り残され、タクシー全滅、状況不明、というパニック状態に。

 とりあえず何とかぎりぎり開演時間に劇場に駆け込んだのですが、そこで開演を15分遅らせるというアナウンスがあり、とりあえずトイレ時間確保。

 勝山康晴さんが急遽登壇して「ぼくと尾崎豊」みたいなトークで場を持たせます。客席に向かって「コンドルズはどうでもいいけど尾崎豊を聞きにきた」という方はおられますか」と(たぶん冗談で)質問したのに対して、手が挙がったのには驚きました。尾崎ファンすげえなおい。

 結局、30分遅れで開演。大半の観客が何とか間に合ったようです。劇場関係者もコンドルズのメンバーも調整が大変だったろうと思います。ありがとうございました。

 というわけでようやく幕があがると、そこには観客席から見て左手前から舞台奥まで延々と伸びている「壁」が。プロジェクションにより無機質なコンクリート壁に見えたり、フェンスに見えたりします。存在感ならバットシェバ舞踊団のあの「壁」にも負けません。

 これまでのさいたま公演でも、圧倒的なまでの舞台の奥行きを利用した演出が恒例だったのですが、今回は最初から全開。

 で、この「壁」の前でいろいろとやらかすわけですが、何しろテーマが「17歳」ということで、思春期男子の間抜けと体力と妄想が炸裂。コンドルズのトレードマークとなっている学ランが見事に決まっています。

 逆光のなか、やたらかっこいい決めポーズの影となって佇む、という本来「お笑い」であるべき演出が、これが本当にかっこいい、という驚き。

 特殊影絵芝居はありましたが、今回は人形劇は省略。これまでの公演で用いた人形を与野本町駅で特別展示していたのと関係があるかも知れません。ないかも知れません。

 近藤良平さんが踊るシーンはいつもより多く、最後はかっこいいソロで決めてくれました。カーテンコール後、越えられないものの象徴として使われていた「壁」をさっと開いて(一部がドアのように開閉する仕掛け)退場したのには思わず笑ってしまいました。「壁」を前に蹉跌したり叫んだりしていた思春期とは違って、大人だからね。


タグ:近藤良平
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『硝子の月』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

 2017年05月12日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんによる新作公演を鑑賞しました。上演時間60分の作品です。

 文字通り「硝子の月」が床に置かれていて驚きました。ガラスの破片を大量に集めて作られた「満月」が観客席から見て手前と奥に一つずつ、その間に「三日月」が配置されています。

 これらが照明に照らされて青白く光る様子は確かに月で、その神秘的な輝きに目を奪われます。その月の間を縫うようにして、月光を模した蒼白い照明に照らされながら静かにゆるやかに幻覚のように舞う佐東利穂子さん。

 厚手のドレスを着て足元が見えないこともあって、宙に浮いて滑っているように感じられます。何しろ動きが人外に凄いので、まるで天女か妖精か、あるいは妖怪のよう。照明が形作る円錐形の、光の囲いに囚われている、封じ込められている、という風にも見えます。

 一方、勅使川原さんは、どこか困惑したような、おどおどした様子で現れます。三日月を作る光におそるおそる触れてみるなどしながら、手足をぎくしゃくと痙攣させるような特徴的な動きを重ねてゆきます。いつもの神話上の存在みたいなオーラはなく、どこか人間くささを感じさせます。

 後半、やや唐突に泉鏡花の『高野聖』より「山蛭の森」のくだりの朗読が流れ、妖しい美女が登場する直前でぷつりと切れてしまいます。こうなると、どうしても、勅使川原さんが旅僧、佐藤さんが妖女、場面は月光に輝やく谷川、というイメージがぱぁーっと広がって。まあ、種明かしみたいなものでしょう。

 蒼く輝く満月をはさんで腰を下ろした二人が、それぞれガラスの小さな破片を手にとっては月の中央に投げ、ガラスの破片同士がぶつかる鋭い音が響きわたるシーンには息をのみました。ガラスという素材が、これほど美しく、恐ろしく、生々しく感じられる演出は初めてです。

 余談ですが、佐東利穂子さんの手作りという月の形をした飴が物販されていて、青い三日月型のを一つ、購入しました。もったいなくてまだ食べていません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『時の渦 Vortex Temporum』(アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル振付、ローザス、アンサンブル・イクトゥス) [ダンス]

 2017年5月6日は、夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行ってローザスの公演を鑑賞しました。先日の『Fase』がローザスの原点だとすれば、こちらは現時点における到達点ともいえる『時の渦』、日本初演です。ローザスとイクトゥスによって「演奏」される60分。


[キャスト他]

振付: アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
作曲: ジェラール・グリゼー
演奏: アンサンブル・イクトゥス


 アンサンブル・イクトゥスの七名と、ローザスのダンサー七名が、フランスの作曲家ジェラール・グリゼーの『時の渦 Vortex Temporum』を演奏します。

 『ドライアップシート』や『レイン』でのローザスとの共演を観たせいで、個人的にはローザスとセットで印象づけられているアンサンブル・イクトゥス。そのメンバーが、ピアノ、フルート、クラリネット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを演奏します。

 第一楽章が終了すると、ローザスのメンバー六名が登場。各ダンサーがそれぞれ一つの楽器パートを担当し、それまで演奏されていた楽器のパートを、身体の動きにより「変奏」してゆきます。

 第二楽章以降はイクトゥスもローザスも一名追加されてそれぞれ七名になり、全員で舞台上をゆっくりと渦巻きのように動いてゆきます。歩きながら演奏するイクトゥスも凄い。グランドピアノすら渦に巻き込まれるようにして舞台上をゆっくりと移動します。

 先日の『Fase』では音楽の構造そのものをダンスで表現していましたが、今や楽譜を身体で「演奏」するところまで到達した振付には驚かされます。楽器による演奏と身体による演奏が合わさって、視聴する音楽が形成されてゆく様には大興奮。

 渦を巻く最終楽章のうねりもかっこいいのですが、個人的に最も印象深かったのは、第二楽章のあたりで照明が次第に暗くなり、風の音(というか、いびき音に聞こえた)が静かに響く場面。これから何かが起こるという予感のような期待と怖さに感情が昂ります。


タグ:ローザス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『ファーズ Fase』(アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル振付、ローザス) [ダンス]

 2017年5月3日は、夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行ってローザスの公演を鑑賞しました。ローザスの原点ともいわれる『Fase』、15年ぶりの来日公演です。しかもケースマイケル自身が出演、ほぼノンストップで踊るという、貴重な70分。


[キャスト他]

振付: アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
出演: アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル、ターレ・ドルヴェン


 スティーヴ・ライヒの初期作品より『ピアノ・フェイズ』『カム・アウト』『ヴァイオリン・フェイズ』『クラッピング・ミュージック』という四つの作品を用いて、音楽に合わせて踊る、というより音楽の構造を分析しそれを身体の動きで表現してみせる、という驚異の作品です。

 同じフレーズが無限に繰り返されるなか、それまで同期していた複数のフレーズが次第にずれて「うなり」を生じたり、再同期したり、自由自在に聴衆を翻弄するライヒの音楽。それを二人のダンサーが見事に視覚化してゆきます。

 市販DVDで何度も観て“知ってる”つもりになっていた作品ですが、実際の舞台は今回がはじめて。冒頭、白いワンピースを着た二人のダンサーがすっと立ち、背後の白い壁に三つの影が投影されている光景だけで、臨場感の違いにのけぞりました。二人の動きが少しずつずれて、重なる影に視覚的「うなり」が生じるシーンなども想像以上の迫力で、ライヒの音楽とも相まって目眩が誘発されます。

 映像との印象の違いが最も大きかったのは、ケースマイケルがソロで踊る『ヴァイオリン・フェイズ』。映像は森の中で踊っているせいかふわふわした印象も受けるのですが、無機的な背景で踊られると、その幾何学的に精微な反復運動に何ともいえない凄みを感じます。


タグ:ローザス
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『トリスタンとイゾルデ』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

 2017年04月30日は、夫婦でシアターχに行って勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんによる公演を鑑賞しました。上演時間60分の高密度『トリスタンとイゾルデ』です。

 黒一色の舞台です。佐東利穂子さんは黒いドレス、勅使川原三郎さんは黒い外套を身にまとい、舞台の周囲は黒い垂れ幕に囲まれています。暗い森のようにも見えます。これが魔術レベルの照明と相まって舞台上に深い暗闇を作り出し、恐ろしいほどの演出効果を生み出すのです。

 照明が当たっている空間だけが輪郭をにじませながら幻想のように浮かび上がり、一方で光が当たってないところは完全に漆黒の闇に隠されてしまいます。光と闇の演出により二人が全く別々の時間を生きていることが視覚的に示される演出がもの凄くて、さらに二人の身体が、限りなく接近しながらも決してコンタクトしない、という振付により、悲恋感が劇的に盛り上がります。

 『シェラザード』もそうでしたが、互いに恋い焦がれながらもコンタクトしないままゼロ点距離でひたすら踊り続ける二人、というシーンが、とにかく、ぐっとくる。

 ワーグナーの音楽が大音量で鳴っているにも関わらず格調高さを失わず厳かに力強く踊られるダンスの芯の強さは圧倒的です。勅使川原三郎さんもそうですが、佐東利穂子さんのそれがとにかく圧巻で、舞台上に満ちる感情のエネルギーを鋭くかき混ぜてゆくような、圧縮したり解放したり自在に操るような、人外の動きに目を奪われます。

 愛の死、というか外套のシーン(トリスタンの遺体に見立てた外套をイゾルデが被り、そのまま悲嘆のダンスを爆発させる)から先のソロには身震いが出ました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ