So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『特別公演』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

――――
歌の力こそぼくらの目に光をそそぎ、
  あらゆる芸術を解する力を授けてくれる。
  だから心うれしきひとも疲れたものも、
  つつましやかにこよなき味をたのしむ。
――――
『青い花』(ノヴァーリス、青山隆夫:翻訳)より


 2018年4月14日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんの公演を鑑賞しました。キューバでの公演から一時帰国して二日間だけ特別公演を行うとのことで、先月の特別公演と同じく、新作を踊ってくれました。上演時間60分の舞台です。


[キャスト他]

演出・照明: 勅使川原三郎
出演: 勅使川原三郎、佐東利穂子


 ドイツ・ロマン主義の作家ノヴァーリスの小説『青い花』にもとづくダンス作品です。「青い花」を佐東利穂子さんが、その青い花を追い求め各地を遍歴する「詩人」を勅使川原三郎さんが、それぞれ踊ります。

 最初のシーンは、時計や風の音が流れるなか、「詩人」が夢をみる場面。


――――
壁の時計がものうげに時をきざみ、がたがたなる窓の外で、風がうなり声をあげていた。月の光が射して部屋が明るくなったかとみると、また暗くなった。青年は眠られぬまま寝台の上を輾転として、あの旅の人のこと、その口から語られたあれこれを思いだしていた。
――――
『青い花』(ノヴァーリス、青山隆夫:翻訳)より


 やがて彼は夢のなかで出会った「青い花」を求めて様々な場所をさまようことに。潮騒や嵐、轟く雷鳴など、多様な音が流れ、この音響効果と照明効果によって場所や天候の変化が劇的に示されます。

 憧れ、困惑、焦り、人間的な表情を浮かべる勅使川原さん。青い照明を浴びて目の前に立つ夢幻のような佐東利穂子さん。どちらも強烈な印象を残します。


――――
葉が輝きをまして、ぐんぐん伸びる茎にぴたりとまつわりつくと、花は青年に向かって首をかしげた。その花弁が青いゆったりとしたえりを広げると、中にほっそりとした顔がほのかにゆらいで見えた。この奇異な変身のさまにつれて、青年のここちよい驚きはいやが上にも高まっていった。
――――
『青い花』(ノヴァーリス、青山隆夫:翻訳)より


 大きく、激しく、きっぱりとした動きが特徴的で、とにかく大盤振る舞いというか、かっこいいダンスがたくさん観られて単純に嬉しい。勅使川原さんの作品をはじめて観るなら、これが最適ではないでしょうか。いずれアップデートされて劇場で公開されることを期待したいと思います。

 来月はシアターΧで新作公演『調べ』、続いてアップデートダンス新作も公開されるそうで、もうこうなったら、ぜんぶ観る。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『分身』(小野寺修二、カンパニーデラシネラ) [ダンス]

 2017年3月18日は夫婦で世田谷パブリックシアターに行って、小野寺修二さん率いるカンパニーデラシネラの再演(二本立て)を鑑賞しました。二本目の演目は、カンパニーデラシネラ「白い劇場シリーズ」第一弾である『分身』(2015年3月初演)。総計13名が踊る90分の公演です。


[キャスト他]

演出: 小野寺修二
出演: 王下貴司、辻田暁、名児耶ゆり、宮河愛一郎、宮崎吐夢、伊吹卓光、植田崇幸、大樹桜、田中美甫、遠山悠介、友野翔太、豊島勇士、浜田亜衣


 「白い劇場シリーズ」第一弾である本作は、フョードル・ドストエフスキーの『分身』(または『二重人格』)を原作とする演劇的ダンス作品です。主人公を演じるのは王下貴司さん。

 自らの分身にすべてを奪われてゆく(という妄想に追い詰められ発狂してゆく)下級役人の悲劇という物語ですが、舞台は最初からずっと主人公の内面世界を描いているようで、ひたすら悪夢的な雰囲気が続きます。

 何より神経にこたえるのは、周囲の人々は何やらきちんと定まったルールやしきたりに沿って行動しているらしいのに、自分だけがそのルールがまったく分からず取り返しのつかないミスをやって恥をかく、でも何が悪いのかさっぱりわからないままどんどん出世から脱落してゆく、という神経症的な恐怖。うわあ。

 何しろ舞台上はこれすべて悪夢なので、不機嫌というか攻撃的な雰囲気のダンスが多用されます。両手両足に結ばれたロープを背後から引っ張られながら上司に書類を手渡そうと奮闘するがどうしても出来ない、といった悪夢あるあるシーンの動きなど強烈。辻田暁さん(もと「21世紀ゲバゲバ舞踊団」メンバー)の激しいダンスもとても印象的でした。



タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『椿姫』(小野寺修二、カンパニーデラシネラ) [ダンス]

 2017年3月18日は夫婦で世田谷パブリックシアターに行って、小野寺修二さん率いるカンパニーデラシネラの再演(二本立て)を鑑賞しました。最初の演目は、カンパニーデラシネラ「白い劇場シリーズ」第二弾にして「CoRich舞台芸術まつり!2016春」グランプリを受賞した『椿姫』(2016年2月初演)。総計9名が踊る90分の公演です。


[キャスト他]

演出: 小野寺修二
出演: 崎山莉奈、野坂弘、斉藤悠、大庭裕介、増井友紀子、仁科幸、菅彩美、宮原由紀夫、牟田のどか


 アレクサンドル・デュマ・フィスの小説『椿姫』(La Dame aux camelias)を原作とする演劇的ダンス作品です。マルグリット役は崎山莉奈さん、アルマン役は野坂弘さん。

 舞台上に置かれているのは、簡素なテーブルと椅子。テーブルはしばしば即興の舞台となって、その上で登場人物が踊ります。椅子も活躍します。座っている相手の身体を片手で支えながらすっと椅子を抜いてしまう(が相手はそのまま空気椅子)といった振付など。

 セリフもけっこうあるのですが、登場人物の心理やその場の雰囲気など、ほとんどすべてダンスで表現してしまうところが凄い。動きとしては、ノイマイヤーによるバレエ版『椿姫』を連想させるものが多い、という印象を受けます。あと椅子を駆使した群舞や、椿の花が大量に床に置かれるシーンなど、ピナっぽく感じられる演出も素敵。

 終始シリアスな雰囲気で展開しますが、時系列も適度にシャッフルされ、遺品オークションの場面など小野寺さんらしい不条理ユーモアが炸裂するシーンもちゃんとあって、実に巧みな構成だと思いました。



タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『特別公演』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

 2017年3月2日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんの公演を鑑賞しました。仕事で世界中を飛び回っている二人が一時帰国して二日間だけ特別公演を行うとのことで、さすがに準備期間がないので、おそらく過去作品からの抜粋だろうなあなどと思っていたら、何と新作を踊ってくれました。上演時間60分の舞台です。

[キャスト他]

演出・照明: 勅使川原三郎
出演: 勅使川原三郎、佐東利穂子

 二つの音源が交互に流れます。終演後トークによる伝聞ですが、クラシックのヴァイオリン曲がバッハの『無伴奏ヴァイオリンソナタ』(演奏は庄司紗矢香)、ジャズのピアノ曲が『Blackberry Winter』(ピアノ演奏はキース・ジャレット)。執拗に繰り返されるこれらの曲に乗せて、勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんが踊ります。

 二人とも最初はほとんど動いているように見えず、照明のぎりぎりな薄暗さと相まって、まるで彫像のようにも影のようにも感じられます。

 やがて少しずつ少しずつ動きが見えてくるのですが、動いたら動いたで、これが幻を見ているような凄さ。後半になると激しい動きも出てきますが、とにかく佐東さんのなめらかで解像度の高い腕の動きや、勅使川原さんの決然とした一振りなど、思わずはっとする動きが印象的です。

 全体的にどこかもの悲しい雰囲気が漂っています。途中までお互いに無関係に踊っているように見えた二人が、最後の最後に並んで立ち、はじめて相手の存在に気づいたかのようにやや驚いたような表情で、顔を見合わせるラストは感動的。

 これも終演後トークによる伝聞ですが、タイトルをつけるとすれば「赦し」とのこと。不寛容さと攻撃的な言説によりギスギスしている世の中に向けて何か大切なものを表現したかったそうです。あ、勅使川原さんが思い詰めたような表情で何やらつぶやきながら壁に触れていたのは、あれはスマホの画面だったのか(個人の感想です)。

 あと終演後トークでこれから入っている予定を教えてくれましたが、香港(『トリスタンとイゾルデ』@香港シティホール)、キューバ(新作『One thousand years after』『Lost in Dance』他@グラン・テアトロ・デ・ラ・ハバナ(アリシア・アロンソ劇場))、北欧(新作オペラ『ピグマリオン』)、そしてフランスといった具合に、とにかく過密スケジュール。

 加えて5月にはシアターΧで新作公演『調べ』、さらにアップデートダンス新作(「4カ月ぶりの新作公演!」という宣伝文句がすごい)。こんなに仕事を詰め込んで大丈夫なのかと心配になるような充実っぷりです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『A O SHOW』(Lune Production) [ダンス]

 2018年2月25日は、夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行ってベトナム発の現代サーカス公演を鑑賞しました。18名(パフォーマ15名、歌手1名、演奏家2名)の出演者による70分の舞台です。

 ベトナムで日常的に使われる素材、特に竹や籠を駆使した作品です。特に明確なストーリーはなく、ベトナムを舞台とした様々なシーンが展開してゆきます。ベトナムの歴史的情景、港や市場の喧騒、カエルや虫など生き物の世界、かと思うと現代の若者たちが暮らす安アパートや交通量激しい道路事情など。

 底の丸い籠を次々と受け渡したり、平たい籠をフリスビーのようにどんどん投げて次々とキャッチしたり、さらにはエアリアル・フープで使われるリングまでが籠を模していたりと、竹で編んだ籠のイメージが最初から最後まで大活躍。ベトナムのシンボルのように扱われています。

 ベトナム楽器による生演奏も効果的で、ヌーベルシルクというより、ベトナムを題材にしたエンターティメントショーという印象の強い公演でした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ