So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『ありか』(島地保武、環ROY) [ダンス]

 2017年9月10日は、夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行って島地保武さんと環ROYさんが共演する公演を鑑賞しました。

[キャスト他]

出演・演出: 島地保武、環ROY
振付: 島地保武
音楽: 環ROY

 引き延ばしたダンベル型というか、離れて設置されたそれぞれ三・四畳ほどの四角い舞台ふたつを細い「通路」でつないだというか、そういう形のステージが鎮座しており、観客席はその「通路」をはさむようにして両側に並び、観客は「通路」ごしに向き合って座るという、ファッションショーのような舞台。そこでダンサーとラッパーの「対決」を見守る、という65分の作品です。

 最初はそれぞれ自分の領分(つまりダンスとラップ)でパフォーマンスを披露しあうのですが、次第に相手の領分に踏みこんでゆきます。二人で踊ったり取っ組みあったり、ラップの応酬をやったり、ラップに合わせて強引に形態模写してみせたり。

 島地保武さんの動きはさすがの迫力。至近距離で観ていると、ひとつひとつの動作に力強い説得力を感じます。ただ、振付がどうも単調に感じられたのが残念。つい先日、森山開次さん振付作品『不思議の国のアリス』に出演している島地保武さんを観たのですが、そのときの振付の方が好みでした。こう、はっちゃけた感じで。

 体力温存する工夫を色々と重ねつつも、1時間強の長丁場を二人できっちり踊って発話し続けたのは素晴らしい。即興もかなり入っていたようなので、おそらく公演ごとに内容は少しずつ変わっているのでしょう。気に入った観客は、違いを確認するために何度も観ることになるんだろうなあ。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『イマジネーション・レコード』(矢内原美邦、ニブロール) [ダンス]

 2017年9月3日は、夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行って矢内原美邦さん率いるニブロールの新作公演を鑑賞しました。4名の役者と3名のダンサー、計7名が踊る70分の作品です。


[キャスト]

振付・演出: 矢内原美邦
映像: 高橋啓祐
音楽: SKANK/スカンク
衣装デザイン: 田中洋介
出演:浅沼圭、石垣文子、大熊聡美、中西良介、藤村昇太郎、皆戸麻衣、村岡哲至


 舞台上には円形のエリア。ここに映像が投影されると共に、出演者たちが踊ります。舞台上方にはそれぞれ畳サイズの半透明スクリーンが7枚、天井から吊られています。ここにも映像が投影されることに。他に、舞台左右にそれぞれ2枚ずつ、計4枚の半透明スクリーン、そして2脚の机が置かれており、そう、やはり映像が投影されます。

 映像と音楽とパフォーマンスの一体感は素晴らしく、映像を背景に踊っているというより、映像に囲まれ映像の中で踊っている、という感じです。最後には吊られていたスクリーンも着地して、7枚のスクリーンと床に投影された映像に包み込まれるようにして動き続けるのです。

 モダンダンスのような動きも使われていますが、中心となるのは「ポーズをつけながらの早口長セリフ、しばしば絶叫」という動きです。絶叫しながら倒れる、という動作が何度も繰り返され、緊迫感と切実感を高めてゆきます。

 同じセリフが複数の出演者間で持ち回りされるため、さらには衣装もさり気なく変更されてゆくため、登場人物らしき人々のアイデンティティは非常に希薄に感じられます。というより、誰が誰であるか、言及される過去や経験が誰のものであるのか、登場人物たちにも分かってない、という感じ。わざわざ自撮り棒を使って他人を撮影する、撮影された人は文句をつけながらもついついインスタ映えする決めポーズをとってしまう、という場面など、可笑しい滑稽なシーンのはずなのに、全然笑えないというか、寒々しさを感じます。

 失われるのはアイデンティティだけでなく、映像マジックにより過去・現在・未来、という区切りも失われてゆきます。セリフの意味も、状況も。ただ「逃げろーっ」とか「助けてっ」とか「うそつき!」とか、そういう叫び声が災害(特に津波)や流言・デマの流布という印象を強めてゆきます。

 70分というそれなりの長丁場ながら、最初から最後まで緊迫感が途切れないのは凄い。ずっと走り、叫び続けた出演者たちの体力にも感服させられます。終演後、全員汗だくで息を切らしていたのですが、あの状態で長いセリフを流暢に発声し絶叫しダッシュし足踏みしていたのかと思うと……。


タグ:矢内原美邦
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『月に吠える』(勅使川原三郎、佐東利穂子、鰐川枝里、他) [ダンス]

――――
いつも、
なぜおれはこれなんだ、
犬よ、
青白いふしあはせの犬よ。
――――
『悲しい月夜』(詩集『月に吠える』収録)より


 2017年8月27日は、夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行って勅使川原三郎さんの新作公演を鑑賞しました。イエテボリ・オペラ・ダンスカンバニーからの客演ダンサー2名を含む5名が踊る上演時間70分の作品です。


[キャスト他]

振付・演出: 勅使川原三郎

出演: 勅使川原三郎、佐東利穂子、鰐川枝里、
マリア・キアラ・メツァトリ(Maria Chiara Mezzadri)、
パスカル・マーティ(Pascal Marty)


 萩原朔太郎の詩集『月に吠える』刊行100年記念作品ということで、月も、犬も、竹も出てきます。

 舞台上には、(おそらくLEDを仕込んである)全体が白く発光する太いファイバーが何本も張りめぐらせてあり、これが光ったり消えたりすることで空間が区切られ、また時間が流れてゆきます。基本的には「月の光」に見立てているようですが、壁面に沿って上へ伸びている様子は「竹」みたいに見えます。床をはう何本ものファイバーの束は、竹の根も連想させます。ちなみに舞台奥の背景にゆるやかな弧を描くように垂れるシーンでは、美しい三日月に。


――――
光る地面に竹が生え、
青竹が生え、
地下には竹の根が生え、
根がしだいにほそらみ、
根の先より繊毛が生え、
かすかにけぶる繊毛が生え、
かすかにふるえ。
――――
『竹』(詩集『月に吠える』収録)より


 黒い衣装で登場した勅使川原三郎さんは、やがて上半身が土色の服になり、土地、土壌、土着などのイメージを背負いながら、空中に詩を書いては消し、書いては消し、スピーカーからハウリング音が流れるや天に向かって吠えるという、分かりやすい「青白いふしあはせの犬」を踊ります。若さと苦悩を感じさせる動きが印象的です。

 佐東利穂子さんは真っ白な衣装で登場。照明効果で白く輝くその姿、下半身の黒い衣装と合わせて、夜空に輝く「さびしい空の月」を連想させずにはいられません。なお竹色の衣装を着る場面も。

 月と犬。二人が立っているだけで、そこはすでに『月に吠える』の世界。


――――
ああ、どこまでも、どこまでも、
この見もしらぬ犬が私のあとをついてくる、
きたならしい地べたを這ひまはつて、
わたしの背後で後足をひきずつてゐる病気の犬だ、
とほく、ながく、かなしげにおびえながら、
さびしい空の月に向つて遠白く吠えるふしあはせの犬のかげだ。
――――
『見しらぬ犬』(詩集『月に吠える』収録)より


 前作『イリュミナシオン』終演後の挨拶で、勅使川原三郎さんが「次の公演では、(佐東さんが)爆発するはずです」と予告していたように、佐東利穂子さんは最初から最後まで、激しく、大きく、力強く、踊り続けます。ゆるやかに弧を描く腕の動き、鋭く宙を切り裂く手の動き、しなやかで強靱な脚の動き、そして夢幻のような位置移動。勅使川原三郎さんが人間臭く踊っているのに対して、佐東さんのは、月とか天とか生命力とか、そういったものを連想させるダンスです。

 鰐川枝里さんを舞台上で見たのはひさしぶりですが、全身から感じられる「激しい一途さ」のようなものは健在で、その血のごとく赤い鮮やかな衣装と合わせて、強い印象を残してくれました。

 イエテボリ・オペラ・ダンスカンバニーからの客演ダンサー2名は、正直あまり印象に残りませんでした。ただ、マリア・キアラ・メツァトリさんが空中に浮いてすすっと横滑りしてゆく最初の「吊り」のシーンには忘れがたいものがあります。びびった。

 勅使川原三郎さんの公演にしては珍しい大仕掛けというか、勅使川原さんと佐藤さんを除く4名が宙に吊り下げられる天上縊死のシーンが凄い。人数勘定が合わないというのも凄い。


――――
遠夜に光る松の葉に、
懺悔の涙したたりて、
遠夜の空にしも白ろき、
天上の松に首をかけ。
天上の松を恋ふるより、
祈れるさまに吊されぬ。
――――
『天上縊死』(詩集『月に吠える』収録)より


 しかし最も心を打たれたのは、「つめたい地べたを堀つくりかへした」を含む一連のシーケンス。佐東利穂子さんの圧倒的な悲しみの表現(これが、観ているだけでどうしようもなく泣けてくる)、ひたすら書いては消していた詩人が、一瞬だけ、天に、月に、手が届くシーン。震える。


――――
わたしは棗の木の下を掘つてゐた、
なにかの草の種を蒔かうとして、
きやしやの指を泥だらけにしながら、
つめたい地べたを堀つくりかへした、
ああ、わたしはそれをおぼえてゐる、
うすらさむい日のくれがたに、
まあたらしい穴の下で、
ちろ、ちろ、とみみずがうごいてゐた、
そのとき低い建物のうしろから、
まつしろい女の耳を、
つるつるとなでるやうに月があがつた、
月があがつた。
――――
『白い月』(詩集『月に吠える』収録)より


 若き詩人が、苦悩の果てに詩の霊感をとらえる一瞬。前作『イリュミナシオン』でも「光芒をつかむ」という形で表現されていたシーンを、「月に触れる」という形で表現してくれたことに、不思議なくらい感動を覚えました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『スーパースーハー』(かえるP) [ダンス]

 2017年7月30日の午後は、夫婦で駒場アゴラ劇場に行って、かえるP(大園康司、橋本規靖)の新作公演を鑑賞しました。私たちにとって初めての「かえるP」公演。5名が踊る60分の作品です。


[キャスト他]
振付演出: 大園康司、橋本規靖
出演: 小野彩加、金子愛帆、新宅一平、大園康司、橋本規靖


 公演前に観客に薄荷飴が配られ、今回は「呼吸」をテーマにした作品だという主旨のトークと共に口に入れるように指示されます。もちろん、スーハー。呼吸を意識しながら鑑賞することに。

 出演者全員が舞台上を摺り足で歩き回る、てんで勝手に歩いているようなのに、でもぶつかりそうでぶつからない。ときどき追いかけ回したりする。やがてベタベタのJ-POPに乗せてポップな群舞(ベタな演出が無駄にカッコいい)、そしてソロで踊るシーン。

 とらえどころがないというか、動きも構成もうまく把握できないというか、不思議なダンスです。床にダイブして腹でざざーっと滑るとか、どうということもないはずなのに、なぜか驚いてしまうのが不思議。ありふれた動きを使って独創性を出しているように思えてきます。すごいな。でも呼吸あんまり関係ないような気もする。

 やがて出演者同士で二人一組になって取っ組み合いの喧嘩が始まります。手を振りまわして突っかかるとか、背中から相手にぶつかってゆくとか、完全に子供の喧嘩。けっこうマジでダメージ入っているじゃないかと心配になる。相手を変えながら延々と取っ組み合いシーンが続くのには感動しましたが、後で人から聞いたところによると、かえるPは毎回これをやるそうで、それはそれは、次作も観たいなと。


タグ:かえるP
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『不思議の国のアリス』(森山開次) [ダンス]

 2017年7月30日の午前は、夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行って森山開次さんの新作公演を鑑賞しました。森山開次さんを含む6名が踊る70分の作品です。

 KAATキッズ・プログラム2017ということで、ほとんどの観客が親子連れ。大人も子供も、中スタジオを取り囲むように床に坐って、一緒に楽しむ舞台となっています。

[キャスト他]

演出・振付・出演: 森山開次
出演: 森山開次、辻本知彦、島地保武、下司尚実、引間文佳、まりあ
テキスト: 三浦直之
衣裳: ひびのこづえ
音楽: 松本淳一


 出演者は豪華で、Noismやフォーサイス・カンパニーで活躍していた辻本知彦さんや島地保武さんが、がんがん踊ります。芋虫が羽化して飛んでゆくシーンや、チェシャ猫が消えたり現れたりするシーンなど、特殊効果が必要となる場面は、全力の振付というか、ものすごいダンスで表現されます。辻本知彦さんや島地保武さんがガチで踊るとこういうことに。本気のダンスは必ず子供を魅了する、という森山開次さんの信念を見た。

 森山開次さん自身は白ウサギの役でしたが、それほど踊らないのが残念でした。四つんばいウサギ跳びで客席間を飛び回り、子供たちをおびやかしていたのが印象的(やると思った)。不思議でちょっと怖い謎の生きものになると実にぴったりというか、NHK Eテレ「からだであそぼ」のカイジ君を思いだします。

 引間文佳さんの新体操技(リボン、ボール)など、ダンス以外にも様々な技術が駆使されます。圧巻なのはスタジオの壁面、巨大な鏡を利用した赤の女王の登場シーンの演出で、そこから始める一連のクライマックスときたら、ひびのこづえさんがデザインした衣装(すごい)と、観客を惹きつける下司尚実さんの大仰な演技で、とても目が離せません。子供もおおうけ。

 オーディションでアリス役を射止めた新人女優「まりあ」さんは、これが初舞台とは思えない堂々たる演技で舞台を盛り上げてくれました。英語と日本語がごちゃ混ぜになったセリフの発声が素敵。


タグ:森山開次
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ