So-net無料ブログ作成
メッセージを送る
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『Last Work ラスト・ワーク』(オハッド・ナハリン、バットシェバ舞踊団) [ダンス]

 2017年10月29日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行ってイスラエルのオハッド・ナハリン率いるバットシェバ舞踊団の公演を鑑賞しました。2015年に初演された、17名のダンサーが出演する65分の作品です。

 舞台の左右には、競馬のスターティングゲートのような仕切りが並んでいます。そこからダンサーが舞台に出たり入ったり。舞台の奥には背もたれのない長い長いベンチが横たわり、ダンサーたちはそこに一列に腰かけたり、ベンチの陰から衣装を取り出したりします。

 舞台の左手奥、ベンチのすぐ向こうに、おそらくランニングマシーンが置いてあり、その上を一人のランナーが延々と一定リズムで走り続けます。時間とか、時代の流れとか、日々の生活、といったものを象徴するかのように、舞台上での出来事と一切干渉することなく。

 心臓の鼓動のように、たっ、たっ、たっ、たっ、と響くその足音が公演中ずっと聞こえています。一時間以上もの長丁場をリズムを崩すことなく走り続けるその体力もそうですが、そもそも精神力が驚異的。

 このシンプルな舞台上で、次から次へとダンサーたちが登場して動いては去ってゆくのですが、その動きが何というか想像したことがないものばかり。思わず自分が何を見ているのか分からなくなるような驚きがあります。圧巻の身体能力。

 ずっと沈鬱なムードの音楽が流れていることもあって、どの場面からもどこか抑圧された苦しみのようなものが漂います。ダンサーひとりひとりの個性は曖昧にされており、場面によっては全員が白いマスクをかぶって見分けがつかなくされます。

 最後になってノリのよい軽快な音楽が流れ、ダンサーたちが歓喜に包まれるシーンは印象的。「個性、多様性、ひとりひとりの人生のかけがえのなさ、そういったもので国家的抑圧に対抗する」という以前の作品に見られたテーマに引きずられて、ついつい「ようやく抑圧から解放されたのね、よかった」と一瞬思うのですが、これが意地の悪い罠。

 煽動に乗せられて騒いだダンサーたちは、ライフル銃を前に、次々とガムテープで拘束されてゆきます。背後で走っているランナーでさえ、国威高揚のための旗を持たされ煽動者にされてしまうという、何ともいえない後味の悪さ。

 というわけで、個性を奪ってのっぺりした動員数にしたがる抑圧体制と、自分だけの感情や欲望や情動がほとばしるようなダンスが、同時に強烈に観客の心を揺さぶってくる作品でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『Sleeping Water』(勅使川原三郎、佐東利穂子、鰐川枝里、他) [ダンス]

 2017年10月27日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って『Sleeping Water』のニューヨーク公演の記録映像を鑑賞しました。パリ・オペラ座バレエ団引退後、芸術監督に就任したオーレリー・デュポン、東京バレエ団の岡崎隼也、など豪華ゲストを含む七名が踊る60分の作品です。


[キャスト他]

振付・演出: 勅使川原三郎
出演: 勅使川原三郎、佐東利穂子、鰐川枝里、加藤梨花、岡崎隼也、
マリア・キアラ・メツァトリ(Maria Chiara Mezzadri)
スペシャルゲスト: オーレリー・デュポン


・2017年2月、フランスのマルティーグにあるTeatro Salins劇場でヨーロッパ初演。

・2017年7月、ニューヨークのリンカーンセンターフェスティバルの一環としてローズシアターで上演。


 というわけで日本ではまだ上演されていない『Sleeping Water』ですが、KARAS APPARATUSにてニューヨーク公演の記録映像を上映してくれました。

 KARAS APPARATUSのホール、奥の壁をスクリーンとして映像が投影されます。映像に映っている舞台と、いつも勅使川原さんや佐東さんが踊っている舞台が繋がって、まるで実際に奥の方で踊っているような錯覚を起こします。さらに、上映されている画像が舞台の床にぼんやり反射している様子がまるで水面のようで、これらは映画館で上映しても得られない効果でしょう。

 映像はさほど高画質ではありません。素早い腕の動きに画像処理が追いつかず、コマ送りのような残像が出るシーンが散見されます。勅使川原さんの腕の動きときたら、等間隔に並ぶ残像までもが美しい。

 作品としては、2014年8月の『睡眠 -Sleep-』をベースに、2015年9月の『水と祈り(water angel)』を加えた構成になっているようで、そう思うと『Sleeping Water』というのは分かりやすいタイトルです。

 天井から吊られたアクリル製の椅子やテーブル、格子などが静かに降りてくるシーンは印象的。たったこれだけの仕掛けで、舞台は水中になったり、水面になったり、氷の結晶に閉じ込められたり。

 勅使川原さんや佐東さんのダンスが凄いのは当然ながら、オーレリー・デュポンも巧みに溶け込んで違和感なく踊ってみせるのはさすが。『睡眠 -Sleep-』日本初演のときより余裕のようなものを感じました。

 個人的には、鰐川枝里さんが頑張って踊っているのが嬉しい。勅使川原さんが、佐東さんが、あるいはデュポンが、隣で踊っていても、切実な自分のダンスをひたすら懸命に踊り続ける姿に感動します。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『夜はこれから』(カンパニーXY) [ダンス]

 2017年10月22日は、夫婦で世田谷パブリックシアターに行ってフランスのコンテンポラリーサーカスグループ「カンパニーXY」の公演を鑑賞しました。総勢22名が出演する75分の舞台です。

 シーソーや木の板を除けば他には何も道具を使わず、肉体のみでアクロバットを見せるというのが凄い。新鮮な驚きと興奮があります。

 基本的には人間タワー(立っている人の両肩に両足を乗せて立つ、これを二段、三段、さらには四段と増やしてゆく)ですが、三段タワーに向かって下からジャンプした演技者が空中回転しながら着地(着肩)して四段タワー完成とか、タワーのまま回転するとか、最上段の人が片手逆立ちするとか、とにかく見せ方が多彩で飽きさせません。

 登場するやいきなり出演者同士が無差別に乱闘するなど、諍いや仲違いを見せるのがミソで、難しい危険なアクロバットに挑むとき、自然と仲間意識が生まれて友情へと育っていく、ように感じさせます。これが感動的。やがては、数メートルの人間タワーの頂上から仰向けに倒れて落下するなど、仲間に対する絶対的な信頼なしに出来ないようなシーンが出てきて手に汗握ることに。

 意外にダンスシーンが多く、アクロバットの周囲で皆がにぎやかに踊っているという場面が繰り返されます。

 観客席には子供も多く、最初はざわざわしていたのですが、やがて固唾をのんで見守る雰囲気になってゆくのが手にとるように感じられました。やはりサーカス、曲芸は子供たちの注意を惹きつける力が強い。曲芸だけでなく、危険を前にして人と人が信頼しあい助け合い笑いあう姿に子供たちが感動してくれたらいいなあ、と思いました。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『肩書ジャンクション』(井手茂太、斉藤美音子、イデビアンクルー) [ダンス]

 2017年10月21日は、夫婦で東京芸術劇場シアターイーストに行って、井手茂太さん率いるイデビアンクルーの新作公演を鑑賞しました。井手さんを含む9名が踊る70分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: 井手茂太
出演: 斉藤美音子、菅尾なぎさ、福島彩子、後藤海春、酒井幸菜、中村達哉、原田悠、三橋俊平、井手茂太


 舞台の上は道路や芝生、高さも向きもばらばらな街灯が四本、天井には円を描く排気管(立体交差の螺旋状の進入路にも見えます)。このジャンクションのなかで、様々な人々が出会ったりぶつかったりすれ違ったりします。

 日常的なしぐさ(遠くの人に「もうちょっと右、右、あっ、ちょっと左」などと指示するときの上半身の動きとか、自動車運転教習場での大仰な指さし確認動作とか)を使った振付が楽しく、しかも最初はそれなりに状況的に意味のあった動作が何度もくり返しているうちに意味を失って抽象ダンスになっていったりする様も、これが実におかしい。いつまでも始まらないベジャールごっこ、とかも。

 意図は通じていると思って一斉に動作してみると全然通じてなかったり、状況にまったくそぐわない動きをいきなり始める相手に戸惑うなど、人間関係の「暗黙の了解」が崩れたときの感じが「わかる!」という共感と笑いを引き起こします。

 変な動きに翻弄されるシーンをショートコントのようにつなげた作品か、と思わせて、意外と緻密に組み立てられている全体構成。同じシーケンスがずっと後で繰り返されるなど、印象的です。

 全体的に昭和感が漂っていますが、ダサいかというと、これが実はカッコいいという、絶妙なところを突いてくるのはさすがでした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『WITHOUT SIGNAL!(信号がない!)』(小野寺修二、カンパニーデラシネラ) [ダンス]

公演プログラムより
――――
小野寺修二さんがベトナム滞在中、交差点ではない場所で車・バイク・人が交差し、ぶつかること無くスムーズに行き交うスリリングな光景を目の当たりにし、その感覚をモチーフにして、ベトナムの人々の生活習慣から生まれてくる無意識な身体感覚や空間感覚を“体内信号”として表現されようとしています。
――――


 2017年10月1日は夫婦でKAAT神奈川芸術劇場に行って、小野寺修二さん率いるカンパニーデラシネラの新作を鑑賞しました。ベトナム人と日本人の主演者総計9名が踊る70分の公演です。


[キャスト他]

演出: 小野寺修二
出演: Nguyen Hoang Tung、Nguyen Thi Can、Bui Hong Phuong、Nung Van Minh、荒悠平、王下貴司、崎山莉奈、仁科幸、Pon Pon


 舞台の床には、オレンジ色に発光するラインが右手前から左手奥へと一直線に伸びています。これが「道路」となって、観客を路地やアパートや料理店など様々な場所に連れてゆくのです。主役、というか、一応の視点人物として立っているのがグエン・ホアン・トゥンさん。個人的な感想ですが、この人、困惑したときの顔つきや動きが小野寺修二さんの演技そっくりに見えます。

 ヒッチハイクしようとして四苦八苦したり、ようやく乗車したと思ったら交通事故に巻き込まれたり、路地を歩きながら謎めいた人々とすれ違いつつ謎めいたリアクションをされたり、混雑する道路をスクーターでぶっ飛ばしたり、女性がベランダから落としたシーツを拾って届けようとしたり、立ち寄った料理店でいきなり誕生日のお祝いに巻き込まれたり。とにかく様々なよく分からない出来事に次々と巻き込まれ続ける視点人物。

 デラシネラお馴染みの演出もありますが(同じシーケンスが繰り返されて困惑する視点人物とか、次々と入れ替わってゆく死体役とか)、小道具をふんだんに駆使した新しい趣向の演出が次から次へと登場して飽きさせません。

 舞台奥に運転手が坐り、舞台手前に助手席に座った視点人物、舞台中央の道路を玩具の自動車が走ってゆく、という映画のマルチスクリーンのような演出。

 ハンドルだけのスクーターにまたがって走るシーンでは、ハンドル中央のライトが映写機になっていって、他の出演者たちが掲げる細長く分割されたスクリーンに「混みあった道路を疾走するスクーターから撮影した映像」を投影しつつ疾走感を出し、カーブではスクリーンの方が傾いて加速感を演出するという驚き。

 キャスター付きの小さな机と椅子を「車」に見立てて足で漕いでる、と思ったら、いきなり現れた「給仕」が机上に食器を置き、さらには複数の「車」が合体したと思ったら料理店のテーブルと椅子に早変わり。

 あと、複数の出演者がスマホ型の照明を床に置いて光を下から浴びて踊るシーンはとても印象的でした。

 グェン・ティ・カンさんと崎山莉奈さんが頻繁にベトナム語と日本語で会話を交わすのですが、一方しか聞き取れず何の話をしているのか微妙に分からない、というのが効果的でした。視点人物も観客も知らない何かのプロットが背後で進行しているような気もしてきます。

 大量に詰め込まれた演出アイデアで、ベトナムの街角や店や生活空間の様子を表現する70分。これまでの小野寺修二さんの作品から大きく雰囲気が変わったような印象を受けます。今後のカンパニーデラシネラの公演が楽しみ。


タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ