So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る
年頭回顧 ブログトップ
前の5件 | -

2016年を振り返る(8)[サイエンス・テクノロジー] [年頭回顧]

 2016年に読んだサイエンス本としては、重力波検出という歴史的快挙に至る道のりを活き活きとドラマチックに描いた『重力波は歌う』と、ひたすら詰め込まれたシモネタ(生物種の生殖器の型破りな形状や交尾方法、その進化論的理由)に圧倒され頭が生殖器のことで一杯になる『ダーウィンの覗き穴』が強烈な印象を残しました。


『重力波は歌う アインシュタイン最後の宿題に挑んだ科学者たち』(ジャンナ ・レヴィン:著、田沢恭子・松井信彦:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-21

『ダーウィンの覗き穴 性的器官はいかに進化したか』(メノ・ スヒルトハウゼン、田沢恭子:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-24


 物理天文まわりでは、SETIから系外惑星探査まで地球外生命探求の現状を概観する『五〇億年の孤独』、ヒッグス粒子の検出とその意義について詳しく解説してくれる『量子物理学の発見』、そしてクェーサーの発見から謎解きに至る道のりをミステリのように読ませる『クェーサーの謎』が面白かった。


『五〇億年の孤独 宇宙に生命を探す天文学者たち』(リー・ビリングズ、松井信彦:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-09

『量子物理学の発見 ヒッグス粒子の先までの物語』(レオン・レーダーマン、クリストファー・ヒル、青木薫:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-21

『クェーサーの謎 宇宙でもっともミステリアスな天体』(谷口義明)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-28


 医学生物学まわりでは、急激に発展している生物工学の現状とそれによって引き起こされている問題を俯瞰する『サイボーグ化する動物たち』、脳が下す決定に私たちの自意識はどれほど関与できるのかという法的にも哲学的にも深刻な問題に切り込む『意識は傍観者である』が印象的でした。


『サイボーグ化する動物たち ペットのクローンから昆虫のドローンまで』(エミリー・アンテス、西田美緒子:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02

『意識は傍観者である 脳の知られざる営み』(デイヴィッド・イーグルマン、大田直子:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-10-05


 軽めのサイエンス読み物としては、異常なデータや際立った特徴を示す恒星、意外な特徴を持った生物種など、天文学と生物学における「変わり種」について語りまくる『へんな星たち』と『ざんねんないきもの事典』も楽しめました。


『へんな星たち 天体物理学が挑んだ10の恒星』(鳴沢真也)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-27

『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』(今泉忠明:監修)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-03


 その他、サイエンスとテクノロジーの基本として、160種を超える様々な動物種を進化系統樹に沿って正しく並べそれぞれに正確で美しいイラストをつけた息をのむような動物図鑑『アニマリウム』、知っているつもりで実はほとんど知らなかった家電製品の仕組みから最新テクノロジーまで解説してくれる『すごい家電』、この二冊が印象的でした。

『アニマリウム ようこそ、動物の博物館へ』(ジェニー・ブルーム:著、ケイティー・スコット:イラスト、今泉忠明:監修)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-10

『すごい家電 いちばん身近な最先端技術』(西田宗千佳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-14



2016年を振り返る(7)[教養・ノンフィクション] [年頭回顧]

 2016年に読んだ本で最も感銘を受けたもののひとつが、第二次世界大戦においてファシズムと戦うための「武器」として世界中の戦場に送り込まれた特製ペーパーバック「兵隊文庫」の全貌を明らかにする『戦地の図書館』。すべての読書好きにお勧めしたい一冊です。


『戦地の図書館 海を越えた一億四千万冊』(モリー・グプティル・マニング:著、松尾恭子:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26


 ある種のオタクたちがその執念で世界を変えてしまった経緯を詳しくかつ劇的に語った『誰が音楽をタダにした?』や『数学者たちの楽園』には興奮させられます。血圧あげあげでヤバい。


『誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち』(スティーヴン・ウィット、関美和:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-09

『数学者たちの楽園 「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち』(サイモン・シン、青木薫:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-09-14


 社会問題を扱った本としては、まさに今こそ急いで目を通した方がよい『共謀罪とは何か』、ネット炎上に参加する人は全体のわずか0.5パーセントに過ぎないという結論が話題となった『ネット炎上の研究』、性別分業という国家総動員体制の呪縛にとらわれ誰も幸福になれない日本社会の病理を鋭くえぐる『「居場所」のない男、「時間」がない女』の三冊が印象的でした。


『共謀罪とは何か』(海渡雄一、保坂展人)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-09-07

『ネット炎上の研究 誰があおり、どう対処するのか』(田中辰雄、山口真一)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-23

『「居場所」のない男、「時間」がない女』(水無田気流)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-12


 医療健康まわりでは、摂食障害に新たな方向から光をあてる『なぜふつうに食べられないのか』と、性的少数者特有のニーズを医師や看護師、ソーシャルワーカーなどの専門家に伝える冊子『LGBTと医療福祉』に感銘を受けました。


『なぜふつうに食べられないのか 拒食と過食の文化人類学』(磯野真穂)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-01-13

『LGBTと医療福祉〈改訂版〉』(QWRC)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-14


 芸術まわりでは、尊敬する舞踊評論家である乗越たかおさんの熱い熱い沸点ごえダンス評論集『ダンス・バイブル』の増補版と、台北で開催された現代アート展示即売会のカタログに大興奮。


『ダンス・バイブル〈増補新版〉 コンテンポラリー・ダンス誕生の秘密を探る』(乗越たかお)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-23

『ART TAIPEI 2016 台北國際藝術博覽會カタログ」(社團法人中華民國畫廊協會、台湾)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-16


 オカルト検証本としては、UMA実在の証拠とされるものを徹底検証した『未確認動物UMAを科学する』が面白く、ASIOSの二冊も安定した面白さ。


『未確認動物UMAを科学する モンスターはなぜ目撃され続けるのか』(ダニエル・ロクストン、ドナルド・R・プロセロ、松浦俊輔:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-08

『「新」怪奇現象41の真相』(ASIOS)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-01-21

『映画で読み解く「都市伝説」』(ASIOS)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-27


 オカルト研究本としては、古事記と妖怪ウォッチ、狐憑きとゆるキャラ、お伽草子とコスプレといった具合に多種多様な分野にまたがる想像力と表現の歴史を俯瞰する『妖怪・憑依・擬人化の文化史』、くねくね、八尺様、南極のニンゲン、探偵!ナイトスクープの封印回、杉沢村といったネットで流布する現代説話とその伝播媒体である「電承体」についての研究書『ネットロア』、そして「円盤搭乗者」と「妖精」との驚くべき類似性に着目し70年代以降のUFO研究にニューウェーブを巻き起こした伝説的名著の翻訳私家版『マゴニアへのパスポート』。


『妖怪・憑依・擬人化の文化史』(伊藤慎吾:編集)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-09

『ネットロア ウェブ時代の「ハナシ」の伝承』(伊藤龍平)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-16

『マゴニアへのパスポート』(ジャック・ヴァレ、花田英次郎:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-22


 そして、上記『マゴニアへのパスポート』の刊行を記念してジャック・ヴァレの特集を組んだオカルト同人誌『UFO手帖 創刊号』が素晴らしい。何といっても私(馬場)も参加しているのでためらいなく推薦させて頂きます。さあ、今すぐ通販を申し込もう!


『UFO手帖 創刊号』(Spファイル友の会)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-24



2016年を振り返る(6)[随筆・紀行・ルポ] [年頭回顧]

 2016年は、「〆切」や「誤植」といった出版業の内情をテーマにしたアンソロジーが面白かった。七転八倒しつつ、言い訳したり逃げたりする作家たちの醜態をこれでもかと集めた『〆切本』が、個人的にはいっとうお気に入り。


『〆切本』
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-22

『誤植文学アンソロジー 校正者のいる風景』(高橋輝次:編著)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-28


 辺境作家の高野秀行さんの著作としては、アジア各地の「納豆」を探求した『謎のアジア納豆』と、トルコのUMAを探求した『怪獣記』、この二冊を読みました。どちらも眠れなくなるほどの面白さ。ぜひ多くの人に読んでほしいと思います。たぎるぞ。


『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-08-30

『怪獣記』(高野秀行)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20


 作家のエッセイ集としては、津村記久子さんのぼやきエッセイと読書エッセイ、松田青子さんのこれが好き好き大好きエッセイが印象的でした。


『くよくよマネジメント』(津村記久子)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-24

『枕元の本棚』(津村記久子)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-13

『ロマンティックあげない』(松田青子)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-08-04


 上田早夕里さんは、トークショーなどの場で行った自作解説をまとめて電書化してくれました。作品を読んで気に入った方にはお勧めです。


『ミューズ叢書<1> 特集『妖怪探偵・百目』対談&インタビュー』(上田早夕里、八杉将司)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-04

『ミューズ叢書<2> トークイベント記録』(上田早夕里)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-13


 他に、町田康さんの人生相談、東山彰良さんの熱いハードボイルドエッセイ、万城目学さんの脱力エッセイなど。

『人生パンク道場』(町田康)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-03

『ありきたりの痛み』(東山彰良)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-23

『ザ・万遊記』(万城目学)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-01-20


 実話系怪談は避けているのですが(だって怖いんだもん)、『セメント怪談稼業』の松村進吉さんだけは例外として読んでいます。森絵都さんの絵本は、放射能汚染による立入禁止区域内にある牧場で牛を守り続ける実話が元になっています。『おいで、一緒に行こう』に感動した方はこちらもどうぞ。


『「超」怖い話 丙(ひのえ)』(松村進吉)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-08-03

『希望の農場』(森絵都:作、吉田尚令:絵)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-06


 猫エッセイのコーナー。猫歌人・猫エッセイストの二尾智さんが短歌とエッセイで綴る猫馬鹿あるある、四季折々の猫を詠んだ俳句から88句を選び解説とマンガを付けた猫好きのための句集、それぞれ猫好きにはたまりません。

『これから猫を飼う人に伝えたい10のこと』(仁尾智、小泉さよ:イラスト)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-07

『ねこのほそみち 春夏秋冬にゃー』(堀本裕樹、ねこまき:漫画)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-06


 猫といえば台湾、猫夫人の猫写真集は鉄板。他に味わい深いロゴやタイポグラフィ、レタリングを鑑賞・収集する路上文字観察の台湾篇、料理研究家による台湾美食ガイド、などが印象に残りました。


『店主は、猫 台湾の看板ニャンコたち』(猫夫人、天野健太郎・小栗山智:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-10

『タイポさんぽ 台湾をゆく』(藤本健太郎、柯志杰)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-30

『私的台湾食記帖』(内田真美)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-08



2016年を振り返る(5)[詩歌] [年頭回顧]

 2016年には、東京国立近代美術館で開催された「声ノマ 全身詩人、吉増剛造展」が強烈なインパクトを残してくれました。また、児童文学総合誌「飛ぶ教室」の詩歌特集号も忘れがたい。


『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01

『飛ぶ教室 第44号(2016年冬) 金原瑞人編集号 えっ,詩? いや,短歌! それとも俳句?』(斉藤倫、最果タヒ、文月悠光)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-03


 詩集では、異国における生活の断片を静かに散りばめてゆく、三角みづ紀さんの『よいひかり』と和田まさ子さんの『かつて孤独だったかは知らない』の二冊に強い感銘を受けました。


『よいひかり』(三角みづ紀)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-01

『かつて孤独だったかは知らない』(和田まさ子)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-09


 読者を異界へ誘い込んでゆく詩集は個人的に好みなのですが、とにかくじんわり怖くなる日和聡子さんの『砂文』、戦争や虐殺に逃げずに向き合おうとするカニエ・ナハさんの『馬引く男』、ほのぼのしているようでどこかひやりとしたものも感じる岩佐なをさんの『パンと、』が印象的でした。


『砂文』(日和聡子)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-27

『馬引く男』(カニエ・ナハ)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-11-30

『パンと、』(岩佐なを)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-17


 詩はいわゆる詩的な言葉から生まれるとは限りません。一昨年は少女マンガの言葉から先鋭的な現代詩が生まれる様を目の当たりにして感激したのですが、昨年はロックのベタベタな歌詞や表現からクールな現代詩を紡いでみせた山﨑修平さんの『ロックンロールは死んだらしいよ』、ひらがな連打でリズムを刻む橘上さんの『うみのはなし』、知覚対象ではなく知覚体験をそのまま表現するための意表をつく技法が冴える貞久秀紀さんの『貞久秀紀詩集』という三冊が、先入観をぶちぶちにしてくれました。


『ロックンロールは死んだらしいよ』(山﨑修平)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-26

『うみのはなし』(橘上)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-16

『貞久秀紀詩集』(貞久秀紀)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-05


 四元康祐さんの長篇小説とエッセイ集も面白かった。特に、文学ムック『たべるのがおそい vol.2』に掲載された『ミハエリの泉』と、詩のオリジナリティとは何かという疑問を扱った長篇『偽詩人の世にも奇妙な栄光』。


『たべるのがおそい vol.2』(石川美南、宮内悠介、穂村弘、津村記久子、四元康祐、西崎憲:編集)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-10-19

『偽詩人の世にも奇妙な栄光』(四元康祐)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-01

『現代ニッポン詩(うた)日記』(四元康祐)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-25


 歌集はあまり読めなかったのですが、何といっても木下龍也さんの第二歌集は素敵でした。


『きみを嫌いな奴はクズだよ』(木下龍也)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-29


 短歌エッセイから絵本まで、どんどん出版される穂村弘さんの本はどれも面白い。これで歌集も読めれば、と。


『短歌ください その二』(穂村弘)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-30

『短歌ください 君の脱け殻篇』(穂村弘)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-19

『ぼくの短歌ノート』(穂村弘)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-04

『まばたき』(穂村弘、酒井 駒子:絵)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-09



2016年を振り返る(4)[SF・ミステリ] [年頭回顧]

 2016年に読んだ海外SFでは、まずはケン・リュウの『蒲公英王朝記』が印象に残っています。楚漢戦争の史実をベースに、架空の群島世界で繰り広げられる「項羽と劉邦」の物語。二冊が刊行されましたが、これでまだ三部作の第一部なのだそうで、続きが気になります。


『蒲公英王朝記 巻ノ一 諸王の誉れ』(ケン・リュウ、古沢嘉通:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-09-08

『蒲公英王朝記 巻ノ二 囚われの王狼』(ケン・リュウ、古沢嘉通:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-09-12


 本格SFとしては、クレオール文化やAIの自己認識など今日的な問題意識を巧みに設定に落とし込んで注目された『叛逆航路』(アン・レッキー)、第二次世界大戦で枢軸側が勝利した世界を舞台とした21世紀の『高い城の男』(P.K.ディック)こと『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』が良かった。銀河帝国や巨大ロボット、さらには後述する宇宙海賊など、古めかしいSFガジェットを、パロディや懐古趣味ではなく、現代SFとしてきちんと蘇らせる試みはこれからも続くだろうなと思います。


『叛逆航路』(アン・レッキー、赤尾秀子:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-25

『ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン』(ピーター・トライアス、中原尚哉:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-05


 短篇集では、とにかくぶっちぎりだったのがジェイムズ・ティプトリー・ジュニア『あまたの星、宝冠のごとく』。SFに何が出来るかをまざまざと見せつけた孤高の作家の最後の一撃。


『あまたの星、宝冠のごとく』(ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア、伊藤典夫・小野田和子:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-17


 軽めの娯楽SFでは、多くの人々が遠隔操縦ロボットにリンクして社会生活を送っている世界での殺人事件という奇抜な設定がうまいジョン・スコルジー『ロックイン』、宇宙海賊なる古めかしい存在をハードSFとして書いてみせたジェイムズ・L・キャンビアス『ラグランジュ・ミッション』、そして二丁拳銃かまえたエースパイロットの猿がサイボーグ女や凄腕ハッカー少女と組んで大活躍という有無を言わさぬガレス・L・パウエル『ガンメタル・ゴースト』、この三冊が素敵でした。


『ロックイン -統合捜査-』(ジョン・スコルジー、内田昌之:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-26

『ラグランジュ・ミッション』(ジェイムズ・L・キャンビアス、中原尚哉:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-04-21

『ガンメタル・ゴースト』(ガレス・L・パウエル、三角和代:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-02-10


 日本SFでは、とりあえず読んどけという年刊日本SF傑作選。これ一冊で今注目すべき作家は誰なのかが分かります。


『アステロイド・ツリーの彼方へ 年刊日本SF傑作選』(大森望、日下三蔵、藤井太洋、宮内悠介、上田早夕里)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-12


 年刊日本SF傑作選の表題作の作者、上田早夕里さんについては、本格SF短篇集『夢みる葦笛』と、海洋冒険小説『セント・イージス号の武勲』を読みました。前者はもちろん、後者も「SFの気配」が濃厚で、歴史小説やミステリの読者よりもむしろSF読者にお勧めしたい。


『夢みる葦笛』(上田早夕里)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-10-06

『セント・イージス号の武勲』(上田早夕里)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-01-26


 2016年に最も活躍した作家の一人が宮内悠介さんでしょう。どう考えてもSFな『スペース金融道』、純粋ミステリ『月と太陽の盤』、さらに青春音楽小説『アメリカ最後の実験』やオカルトネタ満載の『彼女がエスパーだったころ』を出すという、傑作・話題作の連射には圧倒されました。


『アメリカ最後の実験』(宮内悠介)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31

『彼女がエスパーだったころ』(宮内悠介)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-06-13

『スペース金融道』(宮内悠介)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-09-27

『月と太陽の盤 碁盤師・吉井利仙の事件簿』(宮内悠介)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-12-08


 恒例の短篇ベストコレクションに収録された作品を読んで、その馬鹿馬鹿しいまでの変な状況を大真面目に書くという作風を個人的に気に入ったのが両角長彦さん。ついつい気になって、デビュー作から2014年までの単行本を読みました。読んだ範囲で一番いいと思うのは『ハンザキ』かな。今年は2014年以降の作品を読んでいこうと思います。


『短篇ベストコレクション 現代の小説2016』(日本文藝家協会:編)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-07-28

『ラガド 煉獄の教室』(両角長彦)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-10-26

『大尾行』(両角長彦)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-10-13

『デスダイバー』(両角長彦)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-09-29

『便利屋サルコリ』(両角長彦)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-08-31

『ハンザキ』(両角長彦)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-08-24


 その他ミステリとしては、死が「日常」である戦場で起きた「非日常」の謎に挑むコック兵たちの姿を通じて戦争の狂気を描く深緑野分『戦場のコックたち』が圧巻でした。他にポーランド文学史上ほぼ唯一といってよい古典ホラー作家による鉄道奇譚集、ステファン・グラビンスキ『動きの悪魔』が、鉄道マニアの心情を見事にとらえていて印象的。変化球として、現代の人気作家たちが怪人二十面相の謎に挑む『みんなの少年探偵団』も面白かったです。


『戦場のコックたち』(深緑野分)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-05-23

『動きの悪魔』(ステファン・グラビンスキ、芝田文乃:翻訳)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-01-14

『みんなの少年探偵団』(万城目学、湊かなえ、小路幸也、向井湘吾、藤谷治)
http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2016-01-18



前の5件 | - 年頭回顧 ブログトップ