So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

『たべるのがおそい vol.7』(銀林みのる、小山田浩子、高山羽根子、他:著、西崎憲:編集) [読書(小説・詩)]

――――
「たべるのがおそい」は未来のための本だった。
 口上はこれくらいにしておこう。列車は絶えることなく入線してくる。
つぎの駅でお会いしましょう。
――――
編集後記より


 小説、翻訳、エッセイ、短歌など、様々な文芸ジャンルにおける新鮮ですごいとこだけざざっと集めた文学ムック「たべるのがおそい」その第7号にして最終号です。単行本(書肆侃侃房)出版は2019年5月。


[目次]

巻頭エッセイ 文と場所
  『文とふん』(斎藤真理子)

特集 ジュヴナイル―秘密の子供たち
  『上水線83号鉄塔』(銀林みのる)
  『ジュヴナイル』(飛浩隆)
  『作文という卵から小説という鳥は生まれない』(岩井俊二)
  『米と苺』(櫻木みわ)
  『物置』(松永美穂)
  『おまえ知ってるか、東京の紀伊國屋を大きい順に結ぶと北斗七星になるって』(西崎憲)

創作

  『ラピード・レチェ』(高山羽根子)
  『けば』(小山田浩子)
  『儀志直始末記』(柳原孝敦)

翻訳

  『退社』(チョン・ミョングァン:著、吉良佳奈江:翻訳)
  『ハイミート・フォン・ドーデラー「ヨハン・ペーター・へーベル(1760-1826)の主題による七つの変奏』(ハイミート・フォン・ドーデラー:著、垂野創一郎:翻訳)

短歌

  『三日月の濃度』(熊谷純)
  『手をつないだままじゃ拍手ができない』(佐伯紺)
  『天国と地獄』(錦見映理子)
  『インフルエンザに過ぎる』(虫武一俊)

エッセイ 本がなければ生きていけない

  『心にプロなんてない』(梅﨑実奈)
  『安住の書庫を求めて』(東雅夫)




『ラピード・レチェ』(高山羽根子)
――――
 その場では文字を読むことはできなかったけど、私は後になって、
『前にいるプレイヤーの首に、できるだけ速やかにスカーフを巻く、東洋で開発された競走の指導者』
 とかいう種類の人間にされていたらしい。これは、こっちの国に来てアレクセイに書類を見せてわかったことだった。
「まあ、大きくまちがってはいないけど」
 と私が言うと、アレクセイはいぶかしげに、
「あなたはこの国にいったい何を広めにきたの」
 と訊いてきた。
――――
たべるのが遅いvol.7 p.10


 日本で開発された新競技を普及させるために、とある国に、指導者として赴任してきた語り手。異文化、慣れない習慣、妙に印象的な友だち、トレーニングには真面目に取り組むものの競技を理解しているのかどうかよくわからない選手たち。
 かつて謎競技〈怪獣上げ〉で読者を魅了した高山羽根子さんが、新たな謎競技(おそらく駅伝競走がモデル)の普及活動を通じて世界のわからなさとそのなかで生きてゆくことについて描いた作品。


『けば』(小山田浩子)
――――
 どうして猫は早く走れて跳び上がれて知能もかなり高いらしいのに、左右も見ず車道に走りこんでいくのだろう。この家には幼い兄弟しかいないのだろうか。平日の午前中、保育所なり幼稚園なり小学校なりに行っていないのか。私は気持ち耳をすませた。どこかからテレビの音と赤ん坊の鳴き声が聞こえた。彼らの家の奥は静かだった。
――――
たべるのが遅いvol.7 p.29


 道端に落ちている動物の死骸。平日の昼間、静かでまっ暗な家の窓から見つめてくる子供たち。職場の飲み会で交わされる一見たわいのない会話。その合間から立ち上がってくる不穏な気配。何か特別に怖いことが起きるわけでも何でもないのに、心を毛羽立たせる要素を巧みに配置して読者を揺さぶる傑作。


『上水線83号鉄塔』(銀林みのる)
――――
 絶対的な静けさが訪れた。風はない。鳥はいない。空気に音はない。世界は停止していた。
 ぼくは83まで数えたことは覚えていた。ああ、83て、この鉄塔の番号だったな。それに素数だ。――ぼくは確かに、0.1秒くらいの短いあいだに、そう考えた。
――――
たべるのが遅いvol.7 p.52


 83号鉄塔の隣にある友だちの家。そこに遊びに行ったとき体験した怖い出来事。今となっては真相を確かめようもない、気にかかる記憶。鉄塔作家による、鉄塔と子供たちしか出てこない作品。もしや第6回日本ファンタジーノベル大賞受賞作『鉄塔 武蔵野線』以来、四半世紀ぶりの受賞後第一作ということになるのか。


『おまえ知ってるか、東京の紀伊國屋を大きい順に結ぶと北斗七星になるって』(西崎憲)
――――
「知ってるか、東京の紀伊國屋を大きい順に結ぶと北斗七星になるって」
 ヒムカは唐突にそう言った。
「知らない」とぼくは答えた。
 紀伊國屋書店の案内を見ていて気づいたらしかった。そして北極星を探そうとヒムカは言った。
 ヒムカが言うには、北極星は北斗七星の柄杓の先のふたつの星、アルファ星とベータ星の線を五倍した位置にあるらしく、では紀伊國屋の作る北斗七星が指すところにはなにがあるのか。地上の北極星はいったいなんなのか調べに行こう、ということだった。
――――
たべるのが遅いvol.7 p.91


 東京の紀伊國屋を大きい順に結ぶと北斗七星になる。では本の「北極星」は地上のどこにあるのか。さあ、探しに行こう。現実と虚構の境界を恐れず進んでゆく子供たちの冒険を通じて書物の魔術性にせまる、本好き読者感涙作品。


『退社』(チョン・ミョングァン:著、吉良佳奈江:翻訳)
――――
 実際に、彼の生涯の夢は変身と合体だった。決して砕けることのない金属製の肉体と、あらゆる物を破壊できる無限のパワー。それゆえに、貧しさも苦痛も無縁の不滅のヒーロー。しかし、彼は変身にも、そして合体にも失敗して、職もなくひとりで子どもを育てる、貧しいモーフの身の上になってしまった。
 こうやって、かなわない夢は代々引き継がれるのだろうか。子どもがカイシャインになるのはトランスフォーマーになるのと同様に、不可能なことだった。だから、昔彼の父親がしたように、彼も子どもに向かって声を立てて笑うことしかできなかった。
――――
たべるのが遅いvol.7 p.110


 結局、子どもは死んでしまうのだろうか?
 いつからこんな過酷な世の中になってしまったのだろう。
 むごい試練と苦痛、不平等と不条理、搾取と服従だけが生きていくための条件なのか。

 ほんの少数のスーパーリッチを除けば、大多数の国民が貧しく、職もなく、健康を損なっても病院にかかることも出来ずに死んでゆく、そんな経済格差が極端に進んだ時代。ひとりで子育てをしている男は、病気の子供の薬を闇市で買うために食事を切り詰めるぎりぎりの貧困生活を続けてきたが、それも情け容赦なく薬価が倍額になるまでのことだった……。新自由主義経済の暴走による過酷な末期的格差社会を痛切な筆致で風刺した作品で、日本にもそのまま通じる絶望感。笙野頼子さんの近作を連想させる、韓国版ひょうすべ小説。



nice!(0)  コメント(0) 

『短歌ください 双子でも片方は泣く夜もある篇』(穂村弘) [読書(小説・詩)]

――――
 その年月の間に、投稿者の中から歌集を出版して、いわゆるプロの歌人への道を歩み出した人も数多く現れました。彼らの活躍のおかげもあって、さらに投稿数が増え、全体のレベルが高くなっています。でも、そのハードルを越えて、新しい才能が次々に登場しています。息を飲むような傑作に出会う喜び。短歌を全く読んだことのない人にも、本書のどの頁からでも開いて貰えれば、その魅力を実感していただけると思います。
――――
単行本p.250


 「ダ・ヴィンチ」誌上にて募集された、読者投稿による短歌の数々と、歌人の穂村弘さんによる選評を収録したシリーズ最新作。単行本(角川書店)出版は2019年3月です。

 連載の第91回から第120回までをまとめたものになります。作品は「転校生」「手紙」「スポーツ」といった毎回指定されるテーマに沿ったものと、自由枠とに分かれています。


 まず、別に何の不思議もないありふれた出来事の描写なのに、どこか「へんな気持ち」(NHK Eテレ0655&2355)になる作品、日常的な光景に潜む微妙な不安を感じさせるような作品が目につきます。


――――
「鵜が吐いた鮎を食べた」の記事にすぐいいね!をくれた初恋の人
――――
ゴミ箱に食パンを買うゴミ箱に食パンを入れレジまで運ぶ
――――
乾電池の出し入れをしてリモコンにまだ生きてると錯覚させる
――――
胃の内容物を全員同じにし眠気を誘う給食センター
――――
泣きながら埋めたクワガタだったけどもしかしてまだ死んでなかった?
――――
一粒の胡椒で練習し始めたサイコキネシスいま角砂糖
――――
さっきまで誰かの髪を撫でていた彼が鏡の彼方から来る
――――
彼女らは液体窒素汲みに行き四つ葉をお裾分けしてくれる
――――


 若者の恋愛をテーマにした作品も素敵です。


――――
「かわいい」と言うなら責任取ってよね新婚旅行はコンビニでいいよ
――――
「ジブリでどの豚が好き?」と聞いてくる紅の豚が好きな君が好き
――――
みなさんの初恋はどんな色ですか わたしは寒冷地迷彩です
――――


 しかしながら、若者にとって生活は愛よりも恋よりも「戦」に近いわけで、その戦意あふるる様が。


――――
「まっすぐに飛ぶよう育て」と『弓』の字を名付けた母よ飛ぶのは『矢』では?
――――
ご一緒にポテトはどうでしょうかよりポテト買えならMサイズ買う
――――
洋梨とぶどうの皮はたべますよそういう世界で生きてきたから
――――
壁ドンをしてくる男子を払いのけ狼を撃つために帰った
――――
クリスマスプレゼントには私だけ甘やかしてくれる怪人がほしい
――――


 年齢が高くなるにつれて、戦意というより、決死の覚悟がうたわれるようになってゆきます。


――――
あたしたちゴミなんですかと面接の会場ぜんぶに響き渡る声
――――
薄紅の光るさくらの中に立つ 避妊薬飲み忘れた朝に
――――
「生理中のキスは磁石の味がしませんか?」にはまだ回答がない
――――
今、向かうところ敵なしスーパーで万能ねぎを買ったのだから
――――


 なお、個人的に、クラゲと猫が登場する作品にぐっときました。


――――
海水が真水になってクラゲたち全員溶けてしまった未来
――――
さされたと嘘つきましたごめんなさいくらげのことは何も知らない
――――
猫カフェの店長であるその人のアイコンが犬だった衝撃
――――
こんなところまでついて来てくれてありがとう52階で払う猫の毛
――――
抱き寄せてキスした君が抱き寄せてキスした猫は股間を舐める
――――



タグ:穂村弘
nice!(0)  コメント(0) 

『Like a Virgin』(構成・振付:近藤良平、コンドルズ) [ダンス]

 2018年5月12日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、近藤良平率いる大人気ダンスカンパニー「コンドルズ」の新作公演を鑑賞しました。毎年、この時期になるとさいたま芸術劇場にやってくる恒例の「地域の皆様にも初夏の風物詩として親しまれている」(劇場関係者談)コンドルズさいたま公演、その第13回です。今回は上演時間100分。

 舞台中央が巨大奈落として下がっており、そこから移動式の階段を昇り降りして舞台に「出没」するコンドルズメンバーたち。前半はこの奈落を釣り堀に見立てた仕掛けが大活躍します。後半になると、奈落が上昇して通常の舞台となり、今度は舞台のあちこちに点在する形となった移動階段を利用したコントが繰り広げられるという、Z軸展開型の作品となっています。

 いつもの通りショートコント、人形劇(今回は馬とラクダ)、お絵描き、脱力演劇(サプライズあり)、そしてカッコイイダンスシーンを織り交ぜ、退屈する暇のない100分の全力疾走。ラストは舞台の広大な奥行きを利用したちょっと切ない雰囲気、を作り出してからの、近藤良平さんの超絶ソロへ。隙のない構成はもう伝統芸の領域。毎年、確実に楽しめるという期待を裏切らない安心感がすごい。



タグ:近藤良平
nice!(0)  コメント(0) 

『A Love Supreme ~至上の愛』(アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル、ローザス) [ダンス]

 2019年5月11日は、夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行ってローザスの公演を鑑賞しました。ローザスの四名のダンサーがジョン・コルトレーンの名盤<至上の愛>と共演する上演時間55分の作品です。


[キャスト他]

振付: サルヴァ・サンチス、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
     Salva Sanchis, Anne Teresa De Keersmaeker

音楽: ジョン・コルトレーン<至上の愛> 1965年発表音源
     John Coltrane <A Love Supreme>

出演: 
ベース(ジミー・ギャリソン)  : Jason Respilieux
ピアノ(マッコイ・タイナー)  : Robin Haghi
ドラム(エルヴィン・ジョーンズ): José Paulo dos Santos
サックス(ジョン・コルトレーン): Thomas Vantuycom


 舞台装置のないシンプルな空間で、これまた簡素な服を来た四名が、アナログレコードの擦過音だけが静かに流れるなか、踊りはじめます。針が落ちてからの数秒間を引き延ばしたような。あるいはセッション開始前のリハーサルを連想させます。

 やがて唐突にジョン・コルトレーン<至上の愛>が始まり、すぐにダンサーそれぞれが楽器パートに対応して動いていることが分かります。音に合わせて踊っている、あるいは楽譜をパート毎に分解してそれぞれの演奏を動きにより視覚化している、かのように最初は思えるのですが、すぐにケースマイケル版<至上の愛>を身体の動きで「演奏」しているのだということに気づきます。

 視覚的に「演奏」されるケースマイケル版<至上の愛>だけでも凄いのですが、それが録音として流れているコルトレーン<至上の愛>と、即興で絡んでゆく(と感じられる)ライブ感覚は超絶的。

 録音され固定されたセッションとの共演という離れ業だけでもシビれるのですが、ダンサー各人の動きがまたカッコイイ。思わず「今のとこ、ちょっと巻き戻して」と言いたくなるような素敵な動きが次々と。最後の方になるとダンサー同士の絡み(リフトなど)が多くなり、「リハーサル」で練習していた動きも出てきて、また背後の壁に投影されたダンサーの影も加わってゆきます。



タグ:ローザス
nice!(0)  コメント(0) 

『9つの脳の不思議な物語』(ヘレン・トムスン:著、仁木めぐみ:翻訳) [読書(教養)]

――――
 本書に登場した人たちは特別な人々だが、願わくばその風変わりさではなく彼らの人間性に驚嘆し、彼らとの違いより共通点に驚いていただきたい。彼らは、我々はみな一人一人特別な脳を持っていると教えてくれた。我々にはボブのような頭脳はないが、誰しも過去を思い出し、数え切れない素晴らしい瞬間で心を彩ることができる。我々は存在しない音楽を聴いたり、宙に浮かぶカラフルなオーラを見たりはしないが、それでも幻覚は見ている。我々が感じる現実はその幻覚の上に成り立っているのだ。我々はジョエルほど他人の痛みをありありと感じることはないが、ミラーニューロンのおかげで、程度は違うがそれを感じることができる。
 我々はみな素晴らしく精巧な神経システムを持っているおかげで、強い愛情を感じ、他の人を笑わせ、誰とも違う、予想もつかない人生を作り出す力を持っている。
――――
単行本p.302


 完全記憶、脳内地図喪失、幻音楽、狼への変身、ミラータッチ共感覚。他人にはない特別な能力を持っている人々はそれをどう感じているのか、どのように生きてきたのか。特殊な脳を持つ人々に取材した驚愕のノンフィクション。単行本(文藝春秋)出版は2019年1月、Kindle版配信は2019年1月です。


――――
 人生のほぼすべての日のことを細大漏らさず、完璧に覚えているボブや、荒れた人生を送っていたのに脳出血を起こして以来、別人のように繊細で優しい性格になり、絵を描き続けるようになったトミー、他人にオーラのような色を感じるルーベンのように、その脳の特別さと共存し、ある意味楽しんでいる人たちもいれば、自宅内でも迷子になってしまうシャロン、頭の中で絶え間なく響く音やメロディに苦しめられているシルビアのように症状と戦い、想像を絶する苦労をしている人たちもいます。どれだけ不自由で辛い毎日であったのかは想像に余りあります。さらに自分が死んだと感じる絶望、なくなった手足があるはずだと感じたり、実際にはある手足がないと感じる激しい違和感などは、筆舌に尽くしがたい苦しみだと思います。
 相手の感覚を自分のものとして感じる能力がある医師のジョエルは、患者から見れば自分のことをよくわかってくれる名医ですが、本人の精神的、肉体的負担は想像もつかないほど大きいでしょう。また、日本の読者の中には突然、トラに“変身”してしまうマターのエピソードに、中島敦『山月記』を思い出す人もいるでしょう。
――――
単行本p.315


 オリヴァー・サックスの著作と同様、脳の高度機能の働きが他人とは違う人々について書かれた本です。「症状」についての最新知見も含まれますが、むしろ多くのページが割かれているのは、本人の人生や生活、主観体験を聞き出すこと。バラエティに富んだ「ユニークな脳」の世界を知るにつれて、逆に「平凡な脳」がどれほど高度なことを行っているのかが分かってきます。そして、私たち一人一人が見ている感じている世界が、思ったよりも大きく異なっているということも。


――――
 我々は脳の全てを理解しているとは言い難い。実際、我々が「高度な機能」と呼んでいる、記憶や意思決定や創造性や意識といったものについて、満足な説明がなされているとは決して言えない。(中略)わかっているのは、奇妙な脳はいわゆる「正常」な脳の謎を解くためのユニークな窓だということだ。こうした脳は我々みなの中にも特別な能力が隠されていて、解き放たれるのを待っていると教えてくれる。また、我々がそれぞれ知覚している世界はみな同じではないことを示してくれる。さらには自分の脳は今まで思っていた通り正常なのかという疑問まで抱かせる。
――――
単行本p.19


 全体は序章と終章に加えて9つの章から構成されています。


[目次]

序章 「奇妙な脳」を探す旅へ出よう
第1章 完璧な記憶を操る
  過去を一日も忘れない“完全記憶者”ボブ
第2章 脳内地図の喪失
  自宅で道に迷う“究極の方向音痴”シャロン
第3章 オーラが見える男
  鮮やかな色彩を知る“色盲の共感覚者”ルーベン
第4章 何が性格を決めるのか?
  一夜で人格が入れ替わった“元詐欺師の聖人”トミー
第5章 脳内iPodが止まらない
  “幻聴を聞く絶対音感保持者”シルビア
第6章 狼化妄想症という病
  発作と戦う“トラに変身する男”マター
第7章 この記憶も身体も私じゃない
  孤独を生きる“離人症のママ”ルイーズ
第8章 ある日、自分がゾンビになったら
  “三年間の「死」から生還した中年”グラハム
第9章 人の痛みを肌で感じる
  “他者の触覚とシンクロする医師”ジョエル
終章 ジャンピング・フレンチマンを求めて


第1章 完璧な記憶を操る
  過去を一日も忘れない“完全記憶者”ボブ
――――
 自分の過去についての記憶力が素晴らしいからといって、ほかの事柄を覚えるのも得意なわけではない。しかし彼にある一日について聞くのは、話がまったく違う。彼は40年前のある日のことを、昨日のように容易に思い出せる。その日のことはにおいや味やそのときの気持ちなど、様々な感覚を伴ってありありと思い出せるのだ。
――――
単行本p.40


第2章 脳内地図の喪失
  自宅で道に迷う“究極の方向音痴”シャロン
――――
 シャロンの“迷子”はだんだん頻繁になって、ついには一日中常に起こるようになった。道がわからないので、近所や学校に行くこともできなくなった。それなのにシャロンはこの問題を誰にも打ち明けなかった。その代わりに生来のユーモアと鋭い知性を駆使して、いつも迷子になっていることを誰にも知られぬまま学校を修了し、友達を作り、結婚までした。
「25年も隠していたのよ」
「25年も?」
「そう……魔女って言われると思っていたから」
――――
単行本p.62


第3章 オーラが見える男
  鮮やかな色彩を知る“色盲の共感覚者”ルーベン
――――
 じっさい、ルーベンは2005年まで、自分の共感覚に気づいていなかった。彼はグラナダ大学で心理学を勉強していた女性と親しくしていた。彼女は共感覚の研究に参加することになったと話してくれた。このとき彼は「共感覚」という言葉をはじめて聞いたので、彼女に説明してもらった。
 これまでの多くの人たちと同じように、ルーベンもなぜそれを調べなければならないのかわからなかった。
「僕は『ふーん、ふーん、で?』みたいな感じでした。そんなの普通じゃないか!って」
 友人は驚き、あなたは共感覚者かもしれないと言った。
「そう言ってから、彼女は真っ青になりました」ルーベンは言った。「思い出したんです、僕が色盲だってことを」
――――
単行本p.111


第4章 何が性格を決めるのか?
  一夜で人格が入れ替わった“元詐欺師の聖人”トミー
――――
「側頭葉に損傷のある人々が、言語能力を失っているのに異常に多弁になるケースはよく見られます。そういう人たちは自分の発言を、以前より厳しく判断しなくなっていることが多いです。我々はそれを“政治家の話し方”(ポリティシャン・トーク)と呼んでいます。たくさんの言葉を話していても、内容はないということです」
――――
単行本p.144


第5章 脳内iPodが止まらない
  “幻聴を聞く絶対音感保持者”シルビア
――――
 セスは以前こう語ってくれた。「我々の現実というのは、感覚によって抑制されている、コントロールされた幻覚にすぎないのです」あるいは心理学者クリス・フリスはこう言う。「それは、現実と一致している幻想です」
――――
単行本p.172


第6章 狼化妄想症という病
  発作と戦う“トラに変身する男”マター
――――
 彼女は興奮し、張り詰めた様子で救命救急部門にやってきたという。彼女は突然カエルのように跳びまわったかと思うと、ゲコゲコ鳴き、まるでハエを捕まえるかのように舌を勢いよく突き出した。別のケースでは、蜂になったという奇妙な感覚を持った女性が報告されている。彼女は自分がどんどん小さくなっていくように感じていたという。
 2015年の終わり頃、ハムディは私に、長年にわたって狼化妄想症にかかったり、治ったりを繰り返しているマターという男性患者がいるというメールをくれた。
――――
単行本p.183


第7章 この記憶も身体も私じゃない
  孤独を生きる“離人症のママ”ルイーズ
――――
 ルイーズが離人症に本格的に悩まされはじめたのは大学生のときからだった。悪夢を見ているときに、彼女は急に世界が遠くなり、自分が身体から抜け出たように感じた。宙に浮かんでいて、世界の一員ではなくなっていたという。この感覚は一度起こると数日続いた。
「そのうちに一週間続くようになり、それからもっと長くなっていった。ついにいつもその状態になってしまって、元に戻らなくなった」
――――
単行本p.215


第8章 ある日、自分がゾンビになったら
  “三年間の「死」から生還した中年”グラハム
――――
「私は死んでいる」ある出来事を機に脳がなくなったと感じたグラハムは、そう訴えて周囲を当惑させた。彼を検査した医師らには衝撃が走る。起きて生活をしているのに、脳の活動が著しく低下し、ほとんど昏睡状態にあったのだ。
――――
単行本p.230


第9章 人の痛みを肌で感じる
  “他者の触覚とシンクロする医師”ジョエル
――――
 ジョエルが病院という環境の中で、どうやって冷静さを保っていられるのか不思議だ。痛みを抱え、咳をし、嘔吐している患者を前にすると、彼は自分の肺が締めつけられる感じがするという。喉にチューブを挿管されている患者がいると、チューブが喉に降りていくにつれて声帯が押される感覚を味わうという。脊椎に注射をするときは、針がゆっくりと自分の腰に滑りこんでくる感覚があるという。(中略)ジョエルが初めて人の死を目撃したときは、そこで自分が何を感じるのかわかっていなかった。
――――
単行本p.275、277



nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -