So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『分身』(小野寺修二、カンパニーデラシネラ) [ダンス]

 2017年3月18日は夫婦で世田谷パブリックシアターに行って、小野寺修二さん率いるカンパニーデラシネラの再演(二本立て)を鑑賞しました。二本目の演目は、カンパニーデラシネラ「白い劇場シリーズ」第一弾である『分身』(2015年3月初演)。総計13名が踊る90分の公演です。


[キャスト他]

演出: 小野寺修二
出演: 王下貴司、辻田暁、名児耶ゆり、宮河愛一郎、宮崎吐夢、伊吹卓光、植田崇幸、大樹桜、田中美甫、遠山悠介、友野翔太、豊島勇士、浜田亜衣


 「白い劇場シリーズ」第一弾である本作は、フョードル・ドストエフスキーの『分身』(または『二重人格』)を原作とする演劇的ダンス作品です。主人公を演じるのは王下貴司さん。

 自らの分身にすべてを奪われてゆく(という妄想に追い詰められ発狂してゆく)下級役人の悲劇という物語ですが、舞台は最初からずっと主人公の内面世界を描いているようで、ひたすら悪夢的な雰囲気が続きます。

 何より神経にこたえるのは、周囲の人々は何やらきちんと定まったルールやしきたりに沿って行動しているらしいのに、自分だけがそのルールがまったく分からず取り返しのつかないミスをやって恥をかく、でも何が悪いのかさっぱりわからないままどんどん出世から脱落してゆく、という神経症的な恐怖。うわあ。

 何しろ舞台上はこれすべて悪夢なので、不機嫌というか攻撃的な雰囲気のダンスが多用されます。両手両足に結ばれたロープを背後から引っ張られながら上司に書類を手渡そうと奮闘するがどうしても出来ない、といった悪夢あるあるシーンの動きなど強烈。辻田暁さん(もと「21世紀ゲバゲバ舞踊団」メンバー)の激しいダンスもとても印象的でした。



タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。