So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『かわいいねこの絵巻物 画猫・夢唐』(瓜几拉、藤原由希:翻訳) [読書(小説・詩)]

――――
 半年あまりの間に、「唐朝猫」シリーズのイラストを五十数枚も描いた。絵を見る限りふざけているように見えるかもしれないが、実際には山のような史料や絵画を調べ、唐朝の社会をできる限りリアルに再現するように努めた。
(中略)
 イラストの構図に関しては、『宮女図』『虢国夫人游春図』『搗練図』『吹簫仕女図』などの唐代の壁画や絹絵を参考にした。残念なのは、これらの絵画に描かれているのが中産階級以上の生活に限られることだ。貧しい庶民の暮らしについては、後年の歴史資料を参考にするしかなかった。だからイラストには多少の間違いや不満があるとおもうけれど、歴史考証の専門家の皆様はどうか大目に見てください!
――――
単行本p.127


 華やかな宮廷文化から、庶民の風俗まで。歌舞、音楽、騎馬や蹴鞠などのスポーツ、囲碁や投壺などのゲーム、怪談や酒宴。中国唐代の文化風俗を描いた「原作」のテイストを活かしつつ、現代の漫画家が巧みに擬猫化したかわいいイラスト集。単行本(KADOKAWA)出版は2018年2月です。

 唐代絵画の雰囲気を再現しつつ、登場人物をすべて擬猫化したイラスト集です。猫の絵は写実的ではなく、表情や漫符の使い方など明らかに漫画テイスト。その現代感覚と唐代文化の共存から、不思議なリアリティが漂ってきます。

 日本版の出版元プレスリリースに、何枚かサンプルが収録されています。

  角川書店のプレスリリース(2018年02月22日付け)
  http://shoten.kadokawa.co.jp/company/release/detail.html?id=2018204206



タグ:絵本
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。