So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『斜面』(小野寺修二) [ダンス]

 2018年6月10日は夫婦で東京芸術劇場シアターウエストに行って、小野寺修二さんの新作を鑑賞しました。小野寺さんを含む5名が踊る80分の公演です。


[キャスト他]

振付・演出: 小野寺修二
出演: 首藤康之、王下貴司、雫境、藤田桃子、小野寺修二


 ダンサーの首藤康之さんが主演するセリフなしの心理サスペンス。どうしても『空白に落ちた男』を思い出します。ただし登場人物と出演者との対応関係はそれなりに安定しており、場面のつながりから一貫したストーリーの存在が感じられます。

 舞台上には、向かって右側に急斜面、左側にゆるやかな斜面が配置されています。転落、陥穽、といった連想が働き、これが舞台を支配しているという印象。

 首藤康之さんのダンスは抑制が利いていて、両手を交差させつつ上昇させるといった動きだけで心理表現してのけます。そもそも立っている姿がかっこいい。手に持った懐中時計(だとばかり思っていたら実は強力ライト)の光を浴びながら暗がりのなかで踊るシーンは、忘れがたいほどの強烈な印象を残します。

 王下貴司さんがキレのいいダンスを踊り、後のシーンで首藤康之さんが真似して踊るという演出はすごかった。小野寺修二さんは緊張を緩和するユーモラスなシーン(急斜面に椅子を固定してそこに座ろうとして努力するが転落しまくる、など)で活躍してくれました。

 セリフも状況説明も明確なプロットもない80分を緊張感を途切らせることなく観せる小野寺修二さんの演出力はすごい。



タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。