So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『新作短編集(2017) Nouvelles Pieces Courtes』(フィリップ・ドゥクフレ、カンパニーDCA) [ダンス]

 2018年7月1日は夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、フィリップ・ドゥクフレ率いるカンパニーDCAの公演を鑑賞しました。ダンサー6名+フィリップ・ドゥクフレご本人、総計7名の出演者による上演時間95分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: フィリップ・ドゥクフレ
出演: フラビアン・ベルヌゼ、アレクサンドル・カストル、メリチェイ・チェカ・エステバン、ジュリアン・フェランティ、スザンヌ・ソレール、ヴィオレット・ヴァンティ、フィリップ・ドゥクフレ


[演目]

1. デュオ Duo
2. 穴 Le Trou / The Hole
3. ヴィヴァルディ Vivaldis
4. 進化 Evolution / Evolution
5. 日本への旅 Voyage au Japon / A Journey to Japan


 何枚もの回転板から構成された背景、そこに映像が投影されたり、板を回転させつつ出演者たちが出入りしたり。照明は美しく、ときに影になる出演者のシルエットも含めて、どこか夢を見ているような感触が続きます。

 踊っているダンサーの姿を撮影して背景に投影する、ただしリアルタイムではなく数秒のディレイ(遅延)を入れる、という演出が、様々なバリエーションで繰り返されます。わずかな出演者が多重投影されて映像上は群舞になってみるなど。過去の作品にも多用されていたテクニックですが、今作の使い方は今まで観たなかで最も洗練されていたと思います。

 吊りを使ったサーカス風のダンスも定番ですが、今回のそれは驚嘆すべき出来映え。まるでダンサーが自由自在に空中浮遊しているように感じられ、その浮遊感と夢をみてる感が凄い。手前に映像が投影される半透明スクリーンがあることも劇的効果を高めています。

 楽しいドタバタが繰り広げられる「日本への旅」は、これは日本公演のボーナスなのかな。空港や機中での混乱や、ヘンな国に来てしまったフランス人がわけのわからぬ文化ギャップにあたふたしながらも楽しんでいる様子が、ダンスで表現されます。ちなみにコンドルズ感高し。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。