So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『たどり着けない地平線』(池田行謙) [読書(小説・詩)]

――――
虹に触れし風は私に触れながら椰子に触れ南洋に去りゆく
――――
午後十時桟橋をゆくシロワニよ 失くしてはならない傘であったよ
――――
海亀の卵一玉百円で冷凍ケースに積まれていたり
――――
求人用掲示板にはザトウ派かマッコウ派かを問う掲示あり
――――
射殺され灼かれた崖を次々と滑落しゆく野山羊の親子
――――


 離島に移り住んだ研究者の日常を鮮やかに描く小笠原歌集。単行本(青磁社)出版は2016年4月です。


 前半は感傷的な作品が並びますが、後半に入って小笠原諸島が舞台になった途端、活き活きと鮮やかな印象を残す作品が並びます。まずは、本土を離れ、島へ。


――――
船室の窓を横切るカツオドリ 諸島は近い後二時間だ
――――
雲低く流れ去りゆく海原の千キロ先に本州がある
――――
トビウオを空中で捕食する鳥の背の灰色が朝日を弾く
――――


 島をぐるりと散策。


――――
午後十時桟橋をゆくシロワニよ 失くしてはならない傘であったよ
――――
白骨化した海亀を避けゆけばやがて形骸化という言葉
――――
海亀の卵一玉百円で冷凍ケースに積まれていたり
――――
熱しても固まらなくて海亀の卵白の食べ方が分からず
――――
見学客一人もおらず水槽の鮫は一尾も泳がずにいる
――――
小判鮫は鮫に食べられちゃいました飼育係の人つぶやけり
――――


 島での生活。


――――
虹に触れし風は私に触れながら椰子に触れ南洋に去りゆく
――――
看板を掲げていない店舗には美容師がいて理容師がいる
――――
一週間単位で売られている新聞今週は読売を選べり
――――
椰子の実の落果を待っている浜に夕日が速度を速めて沈む
――――


 職場にて。

――――
求人用掲示板にはザトウ派かマッコウ派かを問う掲示あり
――――
ベタ凪だねベッタベタですね異動した所属長との最後の会話
――――
放線菌密度を嗅いで知る人になりたくて土に鼻押しあてる
――――
固有種の植物の種子百粒の採取申請して日が終わる
――――


 島の貴重な固有種を守るために、外来種を駆除しなければなりません。


――――
野山羊駆除のことを伝えているのだろうこだましてくる防災放送
――――
射殺され灼かれた崖を次々と滑落しゆく野山羊の親子
――――
尾の白い猫が私をやり過ごす雨後の車道は鈍く光れり
――――
出社する時一瞥す捕獲猫頭数表示今日は七匹
――――


 捕獲した猫を(おそらく猫保護活動の人に渡すために)本土まで届ける。この一連の作品がドラマチックで素晴らしいのです。


――――
捕獲した猫を内地に連れてゆく船を幾度も乗り換えながら
――――
水平線に向けて出航してやがて背後に現れる水平線
――――
八時間おきに野猫に給餌する私はたった一人の船客
――――
波の高さ六メートルに酔う猫を短く励まして退室す
――――
同じ国の海水の色竹芝の海を見下ろしている人々
――――
七パーセント湿度が低い世界にはゆっくりなじんでゆかねばならぬ
――――
速やかに猫のケージを受け取って去りゆく人の名前は知らず
――――



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。