So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『ねこ拳撮影術』(久方広之) [読書(随筆)]

――――
 拙著ではあるが、本書が今一度、家族の一員であろう猫たちとの遊びのきっかけになり、その思い出を写真として残すことの一助になれば猫写真家冥利に尽きる。
 たとえうまく撮れなかったとしても、猫にカメラを向けることが猫を飼う人生の中でいかに楽しく大切な時間であるか、体験していただきたいと思う。
――――
単行本p.5


 大跳躍から繰り出される鋭い蹴り。鮮やかなジョジョ立ち……、からの近距離パワー型スタンド攻撃。猫の空中殺法を見事にとらえたカッコよくてやたら可笑しい猫写真集『のら猫拳』『のら猫拳キッズ』の著者が、その撮影テクニックを教えてくれる本。単行本(玄光社)出版は2018年8月です。

 灰色猫の渾身の一撃をくらって仰向けに吹っ飛んでいる(ように見える)黒猫とか、ブレイクダンスの技を披露する三毛とか、この一枚をものにするのにどれだけの時間をかけたのか。考えただけで気が遠くなりそうな努力が注ぎ込まれているに違いない、見事としか言いようのない奇跡のポーズを決めまくる猫たちの勇姿。話題になった『のら猫拳』とその続編である『のら猫拳キッズ』、紹介はこちらです。


  2017年11月14日の日記
  『のら猫拳キッズ』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-11-14

  2017年01月30日の日記
  『のら猫拳』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2017-01-30


 本書はこういった「ねこ拳」写真を、プロの動物カメラマンでない方でもそれなりに撮影するためのテクニックや工夫ポイントを丁寧に教えてくれる一冊。家庭、スタジオ、野外など、撮影場所ごとの注意点、撮影機材のセッティング、猫の遊ばせ方の工夫など。


[目次]

はじめに
GALLERY1 家ねこ拳
GALLERY2 のら猫拳
GALLERY3 スタジオ猫拳
“ねこ拳"撮影術1 “ねこ拳"撮影の心得
“ねこ拳"撮影術2 撮りかたと理論・機材・場所
“ねこ拳"撮影術3 スマホ・ミラーレス・ストロボ使用まで機材撮り比べ
“ねこ拳"撮影術4 スマホ撮影テクニック
“ねこ拳"撮影術5 ミラーレス一眼を使って本格猫拳撮影
“ねこ拳"撮影術6 上級者向けテクニック
“ねこ拳"撮影術7 『のら猫拳』制作の舞台裏
外猫撮影について
「のら猫拳」撮影テクニック
猫拳撮影は1日にしてならず
Q&A


 写真撮影に興味のない読者にも、例えば猫を飽きずにおもちゃで遊ばせるテクニックなど、役に立ちそう。


――――
 猫は本能だけでおもちゃを追いかけているのではない。人がおもちゃを動かしている、ということをよく理解していた上で遊んでくれている。(中略)おもちゃの動かしかたが好みじゃなかったり面白くなかったりすればおもちゃを目で追わなくなり、「その動かしかたは違う。もっと刺激的におもちゃを動かせよ、人間」という気持ちを込めてあなたを抗議の目で見てくるだろう。これは大人の猫ほど顕著になる。
――――
単行本p.62


 また、撮影裏話やエピソードにも興味深いものがあります。


――――
 写真集作成のために、1冊目は約9ヶ月かけて10万枚ほど撮影した。連写力を上げるため、入門機をフラグシップ機に変えたが、それも半年のうちに壊れてしまった。それくらい、ひたすら多くの撮影地をまわり、泊り込み、できる限り周囲の人の迷惑にならないよう時間帯や曜日にも配慮して撮影を試みた。カメラバッグはオス猫にマーキングおしっこをされ、フンを踏めば帰りの車の中で臭いに悶絶し、テントは猫に爪を立てられボロボロ、当然マーキングされ、強烈な猫の尿臭が染みついてテントに近づいてきた人が顔をしかめる。最近では体に直接猫のおしっこをかけられても「服も体も洗えるから平気だよハハハこやつめ」くらいで笑い飛ばせるようになってきている。気温や気圧に猫たちのテンションも左右されるので、成果のない日も当然多い。限られた時間をすべて猫の撮影に捧げ、写真を厳選し、編集していただいた。
――――
単行本p.117


 もちろん新作を含む「ねこ拳」写真も満載。『のら猫拳』『のら猫拳キッズ』は小型本なので、大判サイズの本書で見るとまた印象が変わります。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。