So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『Spirit 2018』『I.B.I.S』(バンガラ・ダンス・シアター) [ダンス]

 2018年11月10日は、夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、オーストラリアのバンガラ・ダンス・シアターの公演を鑑賞しました。16名のダンサーが踊る75分の舞台です。

『Spirit 2018』
  演出・振付: スティーヴン・ペイジ

『I.B.I.S』
  演出・振付: デボラ・ブラウン、ワアンゲンガ・ブランコ

 オーストラリア先住民の伝統的舞踊とコンテンポラリーダンスを融合させた二本の作品が続けて上演されます。まずはオーストラリアのアボリジナル・トレス海峡諸島の伝統的な舞踊や伝承を元に作成された『Spirit 2018』。儀式や動物の霊魂をテーマにした民俗舞踊が展開されます。

 スピリチュアルな自然崇拝の世界、そこにいきなり天井から商品陳列棚が降りてきて、気がつくと舞台はスーパーマーケット。掃除や荷運びなど明らかに低賃金労働に従事している出演者たち。ここから『I.B.I.S』が始まります。

 新自由主義経済がはばをきかす現代社会で、不遇な地位に追いやられている先住民の子孫たち。時代が流れ、舞台も近代的なビルが並ぶビジネス街へと変貌し、みんな機械のように無個性に黙々と働くしかありません。

 しかし、そんな生活にうちひしがれることを拒否して、伝統的リズムにのせてみんなで踊り、自分たちのルーツである文化を守り体現しようとする試みが描かれます。その明るく楽しい浮かれた雰囲気と、でもそれは既に失われてしまったものだと自分たちもよく分かっているという哀しみが、観客の感情を絶妙に揺さぶってきます。

 後半の『I.B.I.S』の方がコンテンポラリーダンスの比重が高く、個人的にはこちらの方が好みです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。