So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『紫雲天気、嗅ぎ回る 岩手歩行詩篇』(暁方ミセイ) [読書(小説・詩)]

――――
影に
どしん、どしん、と響くものがある
わたしの命を
突然取るもの
それを正しい瞬間に
変えるもの
――――
「七月三十日」より


 宮沢賢治の故郷をたずね歩く詩人が見た、いのちたぎる風景を描く旅日記詩集。単行本(港の人)出版は2018年10月です。


 こちらからあちらへと電車で移動するシーン。


――――
紫色の座席なのだ
黄色いと思った車内はもう
明るい昼間の現実となって
車窓の外ばかり
青い妖怪の臓の内だ
――――
「七月三十日」より


――――
紙っぺらになったひとびとは
急行列車のあかるい窓を
しかくくストロボのように動きまわり
ぎこちない仕草で座ったり立ったり
車内では蛍光灯のじりじりした
輪郭が滴って溶けている
けれどもひとびとは
乗客のなかに引きこもっているから
けして
私の輪郭がいま、半分ほどは空気に散らばりましたね
などと思いもよらない
――――
「月と乗客」より


 あちこち見て回るうちに眼前に広がってゆく世界が、詩の言葉を使って活き活きと描写されます。


――――
わたしの心臓に映る
やさしい肉体の闇
ひるまわたしは城跡にいて
緑が光って白っぽい丘できのこをじろじろ見ていた
きのこは熱をぱかぱか噴き上げた
――――
「ばらと小鳥」より


――――
雲は人に
捉えることのできる大きさの
ちょうどきっかりそこまでなので
その形は次々と
この世界の際にて変化する
――――
「小岩井農場 二〇一六年 パート四」より


――――
オニヤンマがギシギシに壊れている
草の千切れた青い芳香
熱さが炎の形に立ちのぼる
その後にくる
涼しい聖域の風だ
羊たち ぽっぽ ぽっぽ
跳ね上がる
大地から
鬼も烈しく噴き出され
緑の地獄だ
獄卒は藪にらみ 人間に関心があるらしい
――――
「小岩井農場 二〇一六年 パート六」より



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。