So-net無料ブログ作成

『A Love Supreme ~至上の愛』(アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル、ローザス) [ダンス]

 2019年5月11日は、夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行ってローザスの公演を鑑賞しました。ローザスの四名のダンサーがジョン・コルトレーンの名盤<至上の愛>と共演する上演時間55分の作品です。


[キャスト他]

振付: サルヴァ・サンチス、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
     Salva Sanchis, Anne Teresa De Keersmaeker

音楽: ジョン・コルトレーン<至上の愛> 1965年発表音源
     John Coltrane <A Love Supreme>

出演: 
ベース(ジミー・ギャリソン)  : Jason Respilieux
ピアノ(マッコイ・タイナー)  : Robin Haghi
ドラム(エルヴィン・ジョーンズ): José Paulo dos Santos
サックス(ジョン・コルトレーン): Thomas Vantuycom


 舞台装置のないシンプルな空間で、これまた簡素な服を来た四名が、アナログレコードの擦過音だけが静かに流れるなか、踊りはじめます。針が落ちてからの数秒間を引き延ばしたような。あるいはセッション開始前のリハーサルを連想させます。

 やがて唐突にジョン・コルトレーン<至上の愛>が始まり、すぐにダンサーそれぞれが楽器パートに対応して動いていることが分かります。音に合わせて踊っている、あるいは楽譜をパート毎に分解してそれぞれの演奏を動きにより視覚化している、かのように最初は思えるのですが、すぐにケースマイケル版<至上の愛>を身体の動きで「演奏」しているのだということに気づきます。

 視覚的に「演奏」されるケースマイケル版<至上の愛>だけでも凄いのですが、それが録音として流れているコルトレーン<至上の愛>と、即興で絡んでゆく(と感じられる)ライブ感覚は超絶的。

 録音され固定されたセッションとの共演という離れ業だけでもシビれるのですが、ダンサー各人の動きがまたカッコイイ。思わず「今のとこ、ちょっと巻き戻して」と言いたくなるような素敵な動きが次々と。最後の方になるとダンサー同士の絡み(リフトなど)が多くなり、「リハーサル」で練習していた動きも出てきて、また背後の壁に投影されたダンサーの影も加わってゆきます。



タグ:ローザス
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。