So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
読書(小説・詩) ブログトップ
前の5件 | 次の5件

『あなたとわたしと無数の人々』(川上亜紀) [読書(小説・詩)]

――――
そのときクマのようなネコのような
わたしに似た何者かが背後から近づいてきて
「あたらしい詩を書くんだ」と言って
それきり雑踏にまぎれてしまった

あたらしい詩、そんなの書けそうもないよ
神にも詩人にもなれそうもないわたしには
――――
『水道橋の水難』より


 のどかな情景、不穏な予感、そして力強いユーモア。まっすぐな言葉と覚悟が読者の胸をうつ詩集。単行本(七月堂)出版は2018年4月です。

 酷薄な現実、強い覚悟、それらを童話のようなほんわりした情景にくるんで読者の中に落としこんでくる作品が好きです。あらゆるものに負けない言葉が、とても好きです。


――――
八重桜の枝が風に揺れ
消防車のサイレンが響き
明るい四月の光のなかを
バスは窓を開けたまま行く
――――
『四月のバスで荻窪駅まで』より


――――
水は膝の上までせりあがってきたから
水の中でクマのようなネコのような
クマ泳ぎネコ泳ぎしながら
憂き世の浮き輪を探したのだが
四○一教室の前もいつのまにか通り過ぎてしまって
こうなったらもう赤い靴にも未練はないから
クマ泳ぎネコ泳ぎしてずっと遠くまで行くだけさ
――――
『水道橋の水難』より


――――
体毛に覆われたものたちはここにはいないんだな
そう思っていたら
交差点の向こうから羊たちがやってきたのだ
羊の群れは無言でもくもくとおしよせてきて吉祥寺の街も駅も覆いつくし
 てしまった
太陽は静かに中空に輝いて空には雲ひとつなかった
わたしは〈ポメラ〉で詩を書こうと思った
ふさふさとした毛の長い詩を書こうと思った
――――
『誕生日に』より


――――
それでもオガワのトラさんは雲の上で第九を歌っていて
いまでは父もそこに加わって夢のオーケストラを指揮していて
さきにいっていたSさんは雄猫のルリを撫でてくれているのだ
そんなふうに雲の上には知っているひとも知らないひともいる

もうひとりのSさんの葬儀から帰ってきたとき
「あーあ、みんなシンジャッタ」
と父は言ったものだけど

過去は未来にまわっていって
みんないつかは雲の上なのだけど
(もうひとりのSさんはやっぱり沖縄の雲の上だろうか)

未来について語るべきことなんかないとしても
空から訪れる太陽の光のなかでは懐かしい記憶だけでなく
わたしの知らない過去のすべてまでがちりちりと燃えているから
このさきにはもうほんとうに恐ろしいことなどありはしないと思う
――――
『あなたとわたしと無数の人々』より


――――
細かい傷のついた古いプラスチックケースから
CDを一枚取り出してミニコンポにセットして
スタートボタンを押してみる

ピアノ、ヴィオラ、クラリネットの音が沸きあがる
(夏の雲のように響いて)
(感電する 背中の翼に)

どうしてもたどりつきたかった
そこへ その場所へ 高い空の彼方
その夏に飛んだ高度はいまも計測不可能だ
――――
『夏の姉のための三重奏』より



タグ:川上亜紀
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『水中翼船炎上中』(穂村弘) [読書(小説・詩)]

――――
 人間の心は時間を超える。けれど、現実の時は戻らない。目の前にはいつも触れることのできない今があるだけだ。時間ってなんなんだろう。言葉を持たない獣や鳥や魚や虫も老いて死ぬことが不思議に思える。猫も寝言を云うらしい。私の言葉はまっすぐな時の流れに抗おうとする。自分の中の永遠が壊れてしまった今も、水中で、陸上で、空中で、間違った夢が燃えつづけている。
――――


 当代きっての人気歌人が17年ぶりに出した最新歌集。単行本(講談社)出版は2018年5月です。


 巧みな構成により、子どもの頃の思い出から現在の感覚までを時間を超えてつなげてみせる歌集です。まずは子ども時代の思い出、というか、その頃の世界観が印象的な作品。


――――
宇宙船のマザーコンピュータが告げるごきぶりホイホイの最適配置
――――

――――
贋物の鉄人28号を千切れ鉄人28号
――――

――――
応答せよ、シラサキ、シラサキ応答せよ、お鍋の底のお箸ぐるぐる
――――

――――
「中一コース」年間講読予約して万年筆をもらえる春よ
――――


 その頃の感覚でとらえた夏の一日がリアルに甦ってきます。


――――
灼けているプールサイドにぴゅるるるるあれは目玉をあらう噴水
――――

――――
手の甲に蟻のせたまま積乱雲製造装置の暴走をみる
――――

――――
うすくうすく波のびてくるこの場所が海の端っこってことでいいですか
――――

――――
魚肉ソーセージを包むビニールの端の金具を吐き捨てる夏
――――

――――
楽しい一日だったね、と涙ぐむ人生はまだこれからなのに
――――


 そういえば、あの頃と今では、食べ物に対する感覚も違うよなあ。


――――
オール5の転校生がやってきて弁当がサンドイッチで噂
――――

――――
鮮やかなサンドイッチの断面に目を泳がせておにぎりを取る
――――

――――
熱い犬という不思議な食べ物から赤と黄色があふれだす夏
――――

――――
ナタデココ対タピオカの戦いを止めようとして死んだ蒟蒻
――――


 そんな感覚を思い出しながら、実のところ今もそれほど成長したわけじゃないことに気づく真夜中のコンビニ。


――――
カゴをとれ水を買うんだ真夜中のローソンに降る眩しい指令
――――

――――
金ならもってるんだ金なら真夜中に裸で入るセブンイレブン
――――

――――
口内炎大きくなって増えている繰り返すこれは訓練ではない
――――

――――
助けてと星に囁く最悪のトイレットペーパーと出会った夜に
――――

――――
もう一度チャンスをくれと云いながら鹿せんべいを買いに走った
――――

――――
僕のムーミンを「私のムーミンじゃありません」というトーベ・ヤンソン
――――

――――
ひとつとしておなじかたちはないという結晶たちに襲われる夜
――――

――――
白い息吐いて坂道さくさくとしもばしらしもばしらすきです
――――


 そして猫を詠んだ作品はいつも素敵。


――――
猫はなぜ巣をつくらないこんなにも凍りついてる道をとことこ
――――

――――
かたつむりの殻砕かれているようなしょりしょりしょりしょり猫の口より
――――

――――
「この猫は毒があるから気をつけて」と猫は喋った自分のことを
――――


 そして今を生きる。


――――
リニアモーターカーの飛び込み第一号狙ってその朝までは生きろ
――――

――――
なにひとつ変わっていない別世界 あなたにもチェルシーあげたい
――――



タグ:穂村弘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『湖畔の愛』(町田康) [読書(小説・詩)]

――――
 いま女が運んできた花も安っぽかった。配色もどことなく田舎くさく野暮で、壺の大きさに比べて分量が少なく、花を飾ることによって余計に貧寒とした感じになったような、そんな観があった。女はそのことを悲しんでいるのか。答えておくれ。湖の上空を飛ぶ小鳥よ。
 という前に問うことがいくらもある。
 そもそもここはホテルらしいが、どこにあるなんというホテルなのか。この女はだれなのか。るほほほいっ。そんなことは小鳥に聞かなくたってわかりそうなもの、っていうか、わかる。わかることは記すし、言う。
 ここは俗化した湖からやや登ったところに建つ九界湖ホテル。物語化された屁のような神秘を追い求める人々の求めに応じて変化していった他の施設とは一線を画す、典雅で優美な、独自路線を行くホテルだった。そして女は……。
――――
単行本p.130


 シリーズ“町田康を読む!”第63回。

 町田康の小説と随筆を出版順に読んでゆくシリーズ。今回は、湖畔に建つ古風なホテルを舞台とした愛の物語。単行本(新潮社)出版は2018年3月です。

 龍神が棲むともいわれる山中の湖。その湖畔に建つ古風なホテルが舞台となります。謎の異言ジジイ、地球気候変動レベルの雨女、大量殺傷兵器クラスのお笑い対決。愛とあんまり関係ないような気もする三話を収録した、定型とクリシェを駆使しつつ細かく細かくひっくり返し続ける文芸奥義を堪能する連作形式の長編です。


『湖畔』
――――
 両親が高速道路から墜落してきた牛に押しつぶされて死んでからこっち、事情があって十六歳まで吉林省で育ち、東京都港区にある建築設計事務所で働いていたオーナーが、弟の陰謀によってホテルをやらされることになって、その矢先にこんなことになり、日々の仕入れ、毎月の支払いに苦しみ抜いているのだ。私の冗談に付き合っている暇などないに決まってる。
 いまもおそらくは資金繰りの相談に行ってきた帰りなのだろう。
 うまくいかなかったに違いないのがその表情から知れた。
 苦しみと悲しみの色が瞳に現れていた。
――――
単行本p.8

 経営危機に直面している九界湖ホテル。そこの支配人と従業員は、先行きを悲観しつつも、目の前の仕事に忙殺されていた。そんなところにやってきた、まったく意味不明の言語を話す謎のジジイ。もりげんじゃあ、べるしんぼうにくんげ、べるしんぼうにくんげ。ホテルは深い霧に包まれ、いよいよ先は見通せない。


『雨女』
――――
 となれば。やはり、船越恵子を虐め抜いて苦しめるしかないのか。と、大馬と吉良以外の全員が思った。
 そして自分が助かるために罪のないものを犠牲にしてよいのか、とも思った。その思いは大馬と恵子を除く全員の心に重くのしかかっていた。
 それは夫夫にとってそして夫夫と夫夫の関係にとって重苦しく、嫌な匂いのする問いだった。
 しかしそれを問わないわけにはいかなかった。このまま豪雨が続けばもっと大規模な土砂崩れ、地滑り、山体崩落という事態にまで発展する可能性があった。
――――
単行本p.84

 ぼくを愛しているのなら湖畔のホテルに来て下さい。愛の力で必ず呪いを解いてみせます。という感じで待ち続ける男のもとにやってきた美女。たちまち豪雨降り注ぎ、土砂崩れで道路は封鎖、湖はあふれ、山体崩落の危機が迫る。彼女はかつて喜びのあまりアメリカの一州を壊滅させたこともある地球気候変動レベルの雨女だったのだ。雨を止ませるには彼女を落ち込ませる他はない。いや、暴力はいかんよ暴力は。嵐の山荘状態になった九界湖ホテルを救うために、彼女を苦しめ落ち込ませなければならないという訳の分からない極限状況に陥った人々の決断は。


『湖畔の愛』
――――
「おまえに取られるくらいやったら」
「どないするっちゅうねん」
「俺がやったるわ」
「儂と勝負するっちゅうんかい」
「おお、そうじゃ。いまから宴会場行って漫談やって、よりおもろかった方が気島と結婚するっちゅうわけや」
「おもろいやないかい。受けたろやないかい。けど、おまえ、儂に笑いで勝てると思とんのか」
 言われて大野は俯いて唇を噛んだが、すぐに顔を上げて言った。
「勝つ」
 ほおっ、と新町が感嘆の声を挙げた。圧岡は胸のあたりで小さく手を叩いた。
――――
単行本p.235

 才能のある男には無条件で惚れる美女。彼女のハートを射止めるべく、男たちの戦いはヒートアップする。こうなったらお笑いで勝負。というわけで、奥義炸裂必殺技直撃。たまたま会場にいて巻き込まれた人々は胸部痙攣呼吸困難半死半生阿鼻叫喚。大量殺傷兵器のような話芸の応酬の果て、最後に立っているのは誰か。湖畔に建つ古風なホテルを舞台にした愛の物語がこういう展開でいいのか。それは湖だけが知っている秘密。



タグ:町田康
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『青挿し』(中村梨々) [読書(小説・詩)]

――――
言葉なんていらないの 世界で
誰よりもしあわせなわたしを
春という
――――
『スプリング・エフェメラル』より


 季節感と色彩にあふれる視覚的な言葉の数々、その隙間から子どもの頃に感じていた恐ろしくも懐かしい何かの気配が立ち上ってくる。少女漫画の感性を見事に詩に翻訳してみせた『たくさんの窓から手を振る』『せんのえほん』に続く中村梨々さんのきらめく最新詩集。単行本(オオカミ編集室(狼編集室))出版は2018年4月です。


 春の予感から始まり一年を経て再び春の訪れで終わる詩集。鮮やかな色彩にあふれ、しかしどこか暗く恐ろしい予感に満ちている。何に感動しているのかよく分からないまま、なぜか読んでいると涙が出てくる。そんなすごい詩集です。

 どの作品も素晴らしいのですが、特に季節感を感じさせる作品を中心に一部をずらずらと引用して並べてみます。伝われ。


――――
菜の花におぼれて黄色 人ひとり忘れて春の朝に目覚める
――――


――――
小さなあったかさを喜んでいると、日が次第に長
くなった。明るいほうがよく見える。虫のように
飛んで春に向かっている。羽音にふるえる。目が
霞む。寒さに体の動きが鈍く、そんなに早くは飛
べない。暗さがあとからついてくる。すぐ後ろま
でやってきていい匂いをさせる。もがくと闇に解
かれる。三月になる。
――――
『二月の空は呆れるほど高い』より


――――
三月の薄く折れ曲がっていく水面に
帰る駅を映すひとつきりの夜
樹海を飛ぶというたくさんの傘の話を
喜んで聞く
――――
『春帰行』より


――――
にんげんてみずのなかからひらがなでじょうりくしたの あおいつきよに
――――


――――
遠い声に混じって
飛行を続けるサンゴの化石
砂となって手に触れられる一瞬を除けば
辺りは物言わぬ震えとなって押し寄せる
――――
『青い月』より


――――
濁音が雨となって降り注ぐ午後
重い体にへばりつく、ぐずつく音をタオルで抑えては
吐き出すように窓を閉めた
雨は最初に屋根に降りかかる
その音の大きさで濁音の破壊力を予想する
――――
『七月そこここ』より


――――
誰も帰ってこないので
昼の隙間から外を見た
ひどく雨が降っていた
どうしても、戻らなければならなかったんだろう
冷蔵庫の牛乳がなかった
グレープフルーツジュースも
――――
『二十三夜』より


――――
何度かこの地上でお会いしましたね。蝉はそう言ってミ、と鳴いた。
――――


――――
マヨネーズ入れてサラダ
混ぜると付箋紙のように張り付いた
銀色の月の裏側から
軽く揺すぶられた気持ちが見え隠れして
もうすぐ花火が上がる
こめかみのあたりに打ち上げられる
――――
『グランデール』より


――――
いないものに囲まれた家で
ことばは隅々にまでゆきわたり
無言のやさしさを柱時計に刻む
その、ほんのわずかな振動で
目覚め
始まるものがある
いる
――――
『廃屋』より


――――
鼻先につめたいリンダとがらせてこれから冬に出かけてくとこ
――――


――――
大根を抜こうとして葉っぱの根元を握ると
束ねられた葉ががさがさ鳴った
虫食いの穴からミサイルが飛んできそう
さっと頭を右に避ける
横目で見ると
左にもたくさん開いていた
ここにいればいずれやられる
――――
『見える』より


――――
羽化する前の
湿ったさなぎ
食べるだけ食べて
冬を越す
――――
『鱗翅類』より


――――
言葉なんていらないの 世界で
誰よりもしあわせなわたしを
春という
――――
『スプリング・エフェメラル』より


――――
季節を忍ばせて
春には春の方角へ弓を張り
伸びやかな布が一本の糸でするりと解けていくように
奇跡、と喜ぶことができる幸せが続きますように
思い切り空気を吸って
ふかふかの夜の中でおやすみなさい
弾く光の波があなたの
夜明け前の鼓動に追いつく
――――
『春の大曲線』より



タグ:中村梨々
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『短歌と俳句の五十番勝負』(穂村弘、堀本裕樹) [読書(小説・詩)]

――――
堀本 よくこの連載の読者に言われたんですよ。「堀本さんと穂村さん、全然テイストが違いますね」って。そこがおもしろい、と。

穂村 ジャンルの違い以上に、気質や体感が違うタイプですよね。

堀本 そうですね、本当に。俳句と短歌というジャンルの違いだけじゃなくて、お互い持っているものの出し方とか書き方が全然違うので、そこがコントラストになっているかな、と思います。

(中略)

穂村 「AKB48が走り出す原子炉の爆発を止めるため」、みたいな発想は、自分らしいって思います。

塚本 なるほど。

穂村 言いそうなことだ、と。
――――
単行本p.211、217


 歌人と俳人に同じお題を与えて競作させたら、短歌と俳句という文芸ジャンルの違いが明確になるのではないか。やってみたら二人の発想があまりにも違いすぎて、ジャンルの比較どころじゃないという結果に。単行本(新潮社)出版は2018年4月です。


お題「四十八」
――――
穂村弘
「AKB48が走り出す原子炉の爆発を止めるため」

堀本裕樹
「角落ちて四十八滝鳴りやまず」
――――


 同じお題を歌人と俳人に与えてそれぞれ作品を作ってもらうという新潮社のPR誌『波』に連載された企画が単行本化されました。二人の作風というか発想の違いをご覧ください。


お題「かわいい」
――――
穂村弘
「(かわいいな)(かわいくないや)(かわいいじゃん)(かわいいのかな)転校生は」

堀本裕樹
「山雀のかわいい舌よ春の宵」
――――


お題「流れ」
――――
穂村弘
「流れよわが涙、と空が樹が言った警官はもういなかったから」

堀本裕樹
「わが胸へ流れ弾なす金亀虫」
――――


お題「ゆとり」
――――
穂村弘
「『「ゆとり世代」が職場に来たら読む本』を立ち読みしてるランドセルの子」

堀本裕樹
「秋扇のゆとりや時に海指して」
――――


お題「水際」
――――
穂村弘
「水際の郵便ポスト 満ち潮になれば口ぎりぎりまで水が」

堀本裕樹
「冬蜂や風に水際立つ少女」
――――


お題「ゲーム」
――――
穂村弘
「五円玉にテープを巻けばゲーム機は騙されるって転校生が」

堀本裕樹
「賀客迎へゲーム対戦相手とす」
――――


お題「部長」
――――
穂村弘
「部下たちの耳つぎつぎに破壊して出世してゆく部長の笑顔」

堀本裕樹
「胡瓜など蒔きしと部長話し出す」
――――


お題「適性」
――――
穂村弘
「火星移民選抜適性検査プログラム「杜子春」及び「犍陀多」

堀本裕樹
「瓜番として適性を見るといふ」
――――


お題「楕円」
――――
穂村弘
「猫パンチされてほっぺた腫れあがる楕円軌道の惑星の夜」

堀本裕樹
「切り口の楕円うつくし胡瓜漬」
――――


お題「安普請」
――――
穂村弘
「安普請の床を鳴らして恋人が銀河革命体操をする」

堀本裕樹
「鎌風の抜け道のある安普請」
――――


 企画の意図としては、同じお題で競作させることで短歌と俳句を比較してみようということなのだと思いますが、とにかく発想から言葉の選び方まで、あまりにもタイプが違うので、それに世代の違いというのも大きく、まあ文芸ジャンルとしての短歌と俳句の比較にはならなかったなあという印象です。

 それぞれの作品には作者による解説がついていて、鑑賞の手引きとしても役立ちます。巻末には二人による対談が収録されています。



タグ:穂村弘
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の5件 | 次の5件 読書(小説・詩) ブログトップ