So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ダンス ブログトップ
前の5件 | -

『新作短編集(2017) Nouvelles Pieces Courtes』(フィリップ・ドゥクフレ、カンパニーDCA) [ダンス]

 2018年7月1日は夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、フィリップ・ドゥクフレ率いるカンパニーDCAの公演を鑑賞しました。ダンサー6名+フィリップ・ドゥクフレご本人、総計7名の出演者による上演時間95分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: フィリップ・ドゥクフレ
出演: フラビアン・ベルヌゼ、アレクサンドル・カストル、メリチェイ・チェカ・エステバン、ジュリアン・フェランティ、スザンヌ・ソレール、ヴィオレット・ヴァンティ、フィリップ・ドゥクフレ


[演目]

1. デュオ Duo
2. 穴 Le Trou / The Hole
3. ヴィヴァルディ Vivaldis
4. 進化 Evolution / Evolution
5. 日本への旅 Voyage au Japon / A Journey to Japan


 何枚もの回転板から構成された背景、そこに映像が投影されたり、板を回転させつつ出演者たちが出入りしたり。照明は美しく、ときに影になる出演者のシルエットも含めて、どこか夢を見ているような感触が続きます。

 踊っているダンサーの姿を撮影して背景に投影する、ただしリアルタイムではなく数秒のディレイ(遅延)を入れる、という演出が、様々なバリエーションで繰り返されます。わずかな出演者が多重投影されて映像上は群舞になってみるなど。過去の作品にも多用されていたテクニックですが、今作の使い方は今まで観たなかで最も洗練されていたと思います。

 吊りを使ったサーカス風のダンスも定番ですが、今回のそれは驚嘆すべき出来映え。まるでダンサーが自由自在に空中浮遊しているように感じられ、その浮遊感と夢をみてる感が凄い。手前に映像が投影される半透明スクリーンがあることも劇的効果を高めています。

 楽しいドタバタが繰り広げられる「日本への旅」は、これは日本公演のボーナスなのかな。空港や機中での混乱や、ヘンな国に来てしまったフランス人がわけのわからぬ文化ギャップにあたふたしながらも楽しんでいる様子が、ダンスで表現されます。ちなみにコンドルズ感高し。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『Solstice(ソルスティス) 夏至/冬至』(ブランカ・リー) [ダンス]

 2018年6月30日は夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行って、ブランカ・リー・ダンスカンパニーの公演を鑑賞しました。ダンサー14名と演奏者1名、総計15名の出演者による上演時間100分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: ブランカ・リー
演奏・歌: バシール・サノゴ

出演: ヤクノイ・アブル・アルフォンソ、ピーター・アガルディ、レミー・ベナー、ジュリアン・ガイヤック、イリス・フロレンティーニ、ジョセフ・ジェブラエル、ヤン・エルヴェ、オーロル・アンダブル、アレクサンドラ・ジェズワン、ポリーヌ・ジュルネ、マルガリダ・リエラ・ロッヂ、ガエル・ルージュグレズ、管野由衣、ビクター・ヴィルノ


 天井から吊り下げられ舞台を覆うように広がる何枚もの巨大な白い布。はためき、自由自在に角度を変えつつ浮遊するその「スクリーン」に、非常にリアルな風景映像(溶岩、凍てつく荒野、海面など)がプロジェクションされ、さらにウインドマシンによる強風や大量の砂などの大道具が加わり、舞台上に大自然をつくり出します。

 演奏者の強烈なパーカッションに乗せて、野性味あふれる動きを繰り出すダンサーたち。ダンスの動きも面白いのですが、強風にはためく布、水音を作り出すために水槽に手を入れて水をジャバジャバ、砂まみれでごろごろ転がるなど、観客に「やってみたい」という原始的な衝動を引き起こす演出が印象に残ります。個人的には、舞台上に大量の砂をまいて作り上げた「ビーチ」で全員がはじけ回るクライマックスがお気に入りです。あと強風(嵐)のシーンも。ところどころピナ・バウシュの演出を思い出させるシーンが含まれているのも印象的でした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『白痴』(勅使川原三郎、佐東利穂子) [ダンス]

 2018年6月15日は、夫婦でKARAS APPARATUSに行って勅使川原三郎さんと佐東利穂子さんの公演を鑑賞しました。ドストエフスキー原作『白痴』の再再演、これからフランスを皮切りに世界中で上演される予定の最新バージョン、上演時間60分の舞台です。


[キャスト他]

演出・照明: 勅使川原三郎
出演: 勅使川原三郎、佐東利穂子


 2016年12月18日にシアターχで観た公演のアップデイト版。ムイシュキン公爵を勅使川原三郎さんが、ナスターシャを佐東利穂子さんが踊ります。佐東利穂子さんの優雅ではかないダンス、勅使川原三郎さんのどこか心ここにあらずな浮遊感のある不思議なダンス。ランプの灯のようにちらつく照明のせいで、二人とも輪郭がはっきり定まらず、夢を見ている気配がずっと漂います。

 最も強烈なのはてんかん発作を表現したシーンでしょう。音楽に混ざる不快なノイズ、人々の嘲笑、激しく痙攣する四肢など、迫力ありすぎて個人的につらいものがありました。

 シアターχで観た版との違いはよく分かりませんが、個人的な印象として佐東利穂子さんが踊るシーンが増えていたように思います。いずれにせよ、この版が世界各地で上演されるそうで、反響が楽しみです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『斜面』(小野寺修二) [ダンス]

 2018年6月10日は夫婦で東京芸術劇場シアターウエストに行って、小野寺修二さんの新作を鑑賞しました。小野寺さんを含む5名が踊る80分の公演です。


[キャスト他]

振付・演出: 小野寺修二
出演: 首藤康之、王下貴司、雫境、藤田桃子、小野寺修二


 ダンサーの首藤康之さんが主演するセリフなしの心理サスペンス。どうしても『空白に落ちた男』を思い出します。ただし登場人物と出演者との対応関係はそれなりに安定しており、場面のつながりから一貫したストーリーの存在が感じられます。

 舞台上には、向かって右側に急斜面、左側にゆるやかな斜面が配置されています。転落、陥穽、といった連想が働き、これが舞台を支配しているという印象。

 首藤康之さんのダンスは抑制が利いていて、両手を交差させつつ上昇させるといった動きだけで心理表現してのけます。そもそも立っている姿がかっこいい。手に持った懐中時計(だとばかり思っていたら実は強力ライト)の光を浴びながら暗がりのなかで踊るシーンは、忘れがたいほどの強烈な印象を残します。

 王下貴司さんがキレのいいダンスを踊り、後のシーンで首藤康之さんが真似して踊るという演出はすごかった。小野寺修二さんは緊張を緩和するユーモラスなシーン(急斜面に椅子を固定してそこに座ろうとして努力するが転落しまくる、など)で活躍してくれました。

 セリフも状況説明も明確なプロットもない80分を緊張感を途切らせることなく観せる小野寺修二さんの演出力はすごい。



タグ:小野寺修二
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ムーンライトプール』(lal banshees、横山彰乃) [ダンス]

 2018年6月9日は夫婦でシアタートラムに行って横山彰乃さん率いるlal bansheesの新作公演を鑑賞しました。メンバー7名が踊る70分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: 横山彰乃
出演: asamicro、北川結(モモンガ・コンプレックス)、後藤ゆう、菅彩夏、菅原理子、仁科幸、 横山彰乃


 今年は東京ELECTROCK STAIRSの公演予定が入っておらず、それぞれのメンバーが個別に活動するとのこと。まずは先々週の高橋萌登さんのソロ公演、続いて先週は横山彰乃さんのカンパニー"lal banshees"の公演、と立て続けに公開されました。ちなみに高橋萌登さんのソロ公演の紹介はこちら。


  2018年06月04日の日記
  『未来永劫彼方より』
  http://babahide.blog.so-net.ne.jp/2018-06-04


 小柄な高橋萌登さんに対して、横山彰乃さんは大柄で手足が長く、外へ外へと大きく広がってゆくような力強いダンスを踊ってくれます。今回、手の指を動かす振付が多く、手足だけでなく指も長く、見栄えがすることに気づきました。

 半透明の幕で手前と奥に区切られた舞台、手前の舞台を取り囲むように並べられた21個の照明。そこで7名が踊ります。服装は割とばらばらですが、白い靴と赤い靴下が共通。全体的には弔いの白い衣装、という印象が残ります。

 照明効果により演出される夜あるいは夕暮れ時の雰囲気が見事で、どこか悲しみや切なさを感じさせる作品です。懐中電灯を首からかけて動いたり、音を立てて胡瓜を噛んだり、小道具の使い方も感心させられました。横山彰乃さんが床に配置された照明を「飛び石」として舞台の端から端まで渡ってゆくシーンは、子ども時代の寂しさを思い出して胸にじんとくるものが。

 3名が勢いよく踊っている間に残り4名(しばしば1名が舞台裏に)が座って地味な動きをしている、というシーンが多かったような気がします。スポットライトがあたったエリアの周囲を、まるで「たき火の周りで盆踊り」という感じで全員が踊りながら周回してゆくという印象的な振付には、横山彰乃さんのこだわりがあるのかも知れません。

 lal bansheesとしての公演を観るのは初めてだったのでずか、とにかく実力のあるメンバーがそろっていて、いくつか用意されたソロシーンも見応えがありました。みんな踊れる踊れる。

 先入観かも知れませんが、師匠KENTARO!!の演出を着実に受け継いで自分のものにしているなあ、という気がします。ソロで自分を表現する高橋萌登さん、カンパニーを育てる横山彰乃さん。東京ELECTROCK STAIRSから立て続けにすごい逸材を輩出してのけたKENTARO!!はやっぱり凄い。



タグ:横山彰乃
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - ダンス ブログトップ