So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『プロジェクト:シャーロック 年刊日本SF傑作選』(大森望、日下三蔵、上田早夕里、宮内悠介、小田雅久仁、山尾悠子) [読書(SF)]

――――
 〈SFマガジン〉掲載の収録作が一編だけというのも、13年版、16年版と並んで過去最少。日本唯一のSF専門誌である同誌は、2015年に隔月刊化されて以降、連載・連作の比重が高まり、日本SFの読切短篇がめったに掲載されなくなっている。
 しかし、逆に言うと、SF専門媒体に頼らなくても、《年刊日本SF傑作選》を編むのに困らないくらいの(というか、むしろ候補が多すぎて困るくらいの)SF短編が発表されていることになる。(中略)本書収録作の初出一覧を見るだけでも、日本SF短編の発表媒体がいかに多岐にわたるかは歴然としている。
――――
文庫版p.8、9


 2017年に発表された日本SF短篇から選ばれた傑作、および第九回創元SF短編賞受賞作を収録した、恒例の年刊日本SF傑作選。文庫版(東京創元社)出版は2018年6月です。


[収録作品]

『ルーシィ、月、星、太陽』(上田早夕里)
『Shadow.net』(円城塔)
『最後の不良』(小川哲)
『プロジェクト:シャーロック』(我孫子武丸)
『彗星狩り』(酉島伝法)
『東京タワーの潜水夫』(横田順彌)
『逃亡夫人』(眉村卓)
『山の同窓会』(彩瀬まる)
『ホーリーアイアンメイデン』(伴名練)
『鉱区A-11』(加藤元浩)
『惑星Xの憂鬱』(松崎有理)
『階段落ち人生』(新井素子)
『髪禍』(小田雅久仁)
『漸然山脈』(筒井康隆)
『親水性について』(山尾悠子)
『ディレイ・エフェクト』(宮内悠介)
『天駆せよ法勝寺』(八島游舷)


『ルーシィ、月、星、太陽』(上田早夕里)
――――
 さようならと言うんでしょう、こういうときには。さようなら、アーシャ。いろんなことを教えてもらえて楽しかった。自分が勝手に改変されたことには驚いたし、戸惑いもしたけれど、もう変えてしまったものは仕方がないし、あなたの話によると、この地球という惑星の生き物は、環境の変化に合わせて、どんどん自分の姿を変えてきたのでしょう。だったら、これぐらいの変化は許容範囲かもね。私はルーシィであり、プリムであり、新しい生き物に変わった。この多重性を大切にしたいと思う。本当にありがう。
――――
文庫版p.44

 〈大異変〉と全球凍結による人類滅亡から数百年後。人為的に作られた種族ルーシィたちは深海で生き延びていた。やがてそのうちの一人が海面まで上昇し、アシスタント知性体と接触。旧人類とその歴史を教えられることになった。待望のオーシャンクロニクル・シリーズ最新作「ルーシィ篇」その第一話。


『最後の不良』(小川哲)
――――
 認めよう――流行を追いかける行為は、ある意味ではとても虚しい。時間も金も投資するのに、そのお祭りは長く続かない。
 しかし、そうやって半ば暴力的に規範となる文化を取り入れることによって、それまで見えていなかったものが見えてくるのだ。なんとなくカッコ良さそうだからという理由で、理解できないフランス映画を観る。賢く見られたいからという理由で、ニーチェやマルクスやピケティを読む。人気だからという理由で、日本画やモダンアートの展覧会へ行く。そうやって、人は本来興味のなかったものに興味を持つ。
 桃山はその「暴力」が自分の仕事だと考えていたし、自分自身の人格もそうやって形成されていた。
――――
文庫版p.83

 他人からカッコよく見られたい、賢く見られたい、そのために背伸びして「流行」を追いかける。そんなことを誰もしなくなった時代。自分の知らないカルチャーに何の興味も持たない者ばかりの世界。廃刊が決まったカルチャー・ライフスタイル誌の編集者は、最後の反抗に出る。特攻服に着替え、改造単車にまたがり、パラリラ鳴らしながら一人で暴走する。俺は、人類最後の不良だ!


『山の同窓会』(彩瀬まる)
――――
「誰とも交わらない生涯になんの意味があるの。あなたを産んだ母体がかわいそう。全体に貢献しない自分勝手な生き方は醜い。産めば産むほど、尊くなる。生命として、上等になる」
「コトちゃん」
「交尾も産卵も、ものすごく幸せなことなのに、それがわからないのは不幸だと思う」
「コトちゃん、やめよう?」
「私は結局、そういう世界から出られなかった。成長するにつれてニウラがどんどんわからなくなって、わからないまま大事にする方法がわからなかった。……今はそれが、すごく、つまらない」
――――
文庫版p.196

 卵を産むたびに老化してゆく女たち。卵を三つ産んで衰弱して死ぬことが女の幸せ。そうしない女は、わがままで自分勝手で醜い。そんな世界で、交尾も産卵もしないまま、ひとりで生き続ける語り手の人生を描いた作品。


『惑星Xの憂鬱』(松崎有理)
――――
 カメラが引いて、メイの椅子の隣に立つ男が入ってくる。三十代後半とみえる色白細身の好男子で身なりからして常識的社会人に思えた。ところが彼は。
「わたしは地下組織『冥王星の権利を守る会』代表だ。これより冥王星は、ここにいるメイくんを国王として独立を宣言する」
 と、あらゆる意味でつっこみどころ満載の発言を世界にむけて発信したのであった。
――――
文庫版p.309

 惑星から準惑星に格落ちしてしまった冥王星。その名誉挽回のために立ち上がった地下組織『冥王星の権利を守る会』に拉致された主人公は、冥王星の初代国王になってほしいと持ちかけられる。冥王星を国家として承認させるため、彼らは国連の代表者と武道館で勝負することに。つっこみどころ満載のユーモアSF。


『髪禍』(小田雅久仁)
――――
 その儀式がおこなわれるあいだ、ひと晩じゅう何もせず、宗教施設のなかでただ座って見ているだけで、十万円が手に入ると言う。ただし、その儀式は建前上、秘儀として部外者の立入りが禁止されているので、その日、目にしたこと耳にしたことはいっさい他言無用とのことだった。つまり、十万円の内には口止め料も含まれていると……。
――――
文庫版p.377

 髪を神としてあがめる新興宗教。その特別な儀式に立ち会うだけで十万円の報酬が出ると聞いた語り手は、怪しみながらも参加を承諾してしまう。当日、人里はなれた宗教施設に集められた人々が目撃した「秘儀」は、予想をこえたものだった……。最初から最後まで真面目なホラーなんですが、やりすぎ感がすごくて思わず笑ってしまうという、そのあたりも含めて伊藤潤二さんのホラーコミックを連想させるものがあります。


『親水性について』(山尾悠子)
――――
 四辺の雲海はすなわち多数の竜体のうねりと渾然一体となり、そこへ射す薄汚れたひかりは暁とも日没ともつかない。竜の顔はすでに長く誰も見た者がない。血刀下げて叫ぶ一体の天使がこちらへ顔を向けるが、それはわたしの妹の顔をしている。
 停滞することなくつねに神速で移動せよ。速度のみが我らの在るところ。言の葉は大渦巻きを呼び、ものみなさかしまに攪拌されながら巻き込まれていく――堕ちていく――肺は水で満たされ、密かに鰭脚をそよがせると額に第三の目がひらく。
――――
文庫版p.450

 永遠に漂い続ける巨大船に乗っている姉と妹。神話的イメージを連打してくる高純度の山尾悠子作品。


『ディレイ・エフェクト』(宮内悠介)
――――
「……わたしたちの世界を、神の奏でる音楽だと仮定してみましょう。その神様が、わたしたちには知るべくもないなんらかの深遠な意図をもってか、あるいは単に足を滑らせてか、ディレイのスイッチを踏んでしまった」
 踏むと表現したのは、ギタリストなどが扱うエフェクタは足元に並べられるからだ。
「こうしてディレイがかかったのだとすれば、もしかすれば、明日にも現象は止まるかもしれません。逆に、76年以上つづく可能性もある。あるいは、76年つづいたあと、また1944年の1月に戻って無限にくりかえされることも考えられます」
 真木が短くうなり、両肘をついて口元を覆った。
「どうする。戦後が終わらないじゃないか」
――――
文庫版p.470

 現代の東京に重なるようにして「再生」される太平洋戦争末期の東京。まるで立体映像のように現実と二重写しになった1944年の町並みと人々。やがてくる東京大空襲を前に、人々はそれぞれに対応を決めなければならなかった……。二つの時代の響きあいと家族の危機を並行して描く作品。


『天駆せよ法勝寺』(八島游舷)
――――
 整地された平原にそびえ立つ巨大な九重塔が、五月の強まりつつある陽光を浴びていた。
 かつて、ある寺のことを「時間の海を渡ってきた美しい船」と表現した作家がいた。この壮麗な九重塔も、また眼を惹きつけて放さない。
 だが、この法勝寺は比喩ではなく、まさしく時空を渡る巨大な船――星寺である。
(中略)
 心柱を中心に、宇宙僧の上体が菊の花のように広がった。全員、足は蓮華座を組んだままである。
「佛質転換率百二パーセント。祈念炉出力百五パーセント」慧眼が報告する。
「管長。発進準備完了です」航宙責任者たる照海が告げる。
「抜錨せよ」
「抜錨します」
 巌真の命に照海は応えた。
 飛塔を大地に固定していた八本の縛鎖の先端にある錨が、一斉に蓮台から排出され、飛塔上部に巻き取られ始めた。
 続けて、巌真の声が一段と高く響く。
「法勝寺、発進。合掌!」
「合掌!」
 すべての僧が唱和し、合掌した。
――――
文庫版p.502、509

 交響摩尼車群の高速読経により圧縮された祈念量により法勝寺の祈念炉は臨界量に達し、今や第一宇宙速度に到達可能な推力を得た。佛理学の教えにより空間跳躍する飛塔が、いま発進する。合掌! 天駆せよ法勝寺!

 仏教用語と現代物理学をミックスした異様な造語の山で読者の度肝を抜く作品。山田正紀さんにも同趣向の作品がありましたが、こちらはもっと偏執的なまでに徹底しています。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『近況ご報告その他(「笙野頼子資料室」掲載)』(笙野頼子) [読書(随筆)]

――――
そして、私の新しい情報や個人情報はこの笙野頼子資料室が確実です。モモチさんにはいつも心から感謝しております。感謝あるのみです。無償で応援してくださっています。評論家が読み落とした部分も読んでおられます。何の義務もないのに助けてくださいます。ですので他の「読者」の方、けしておかしな要求をしないで下さい。
――――


 シリーズ“笙野頼子を読む!”第118回。

 TPP11関連法の可決・成立(6月29日)、7月上旬発売予定「文藝」への新作『ウラミズモ奴隷選挙』掲載、その間を埋めるように、モモチさんの「笙野頼子資料室」( http://adr.s201.xrea.com/shono/ )サイトに近況報告が載りました。強い危機感にドライブされたエッセイです。

 以下のリンクから全文読めます。

  『近況ご報告その他』(「笙野頼子資料室」掲載、2018年7月3日)
  http://adr.s201.xrea.com/shono/text/tpp0703.html


 TPP抗議集会への参加報告からはじまり、今この国がどういう状況にあるのか、新作の予告、そして早稲田文学醜悪セクハラ事件(「純文学の人はみんなこの件で口をつぐんでいる」といったご批判が散見される)など。


――――
二十六日、今まで行けなかった参議院会館前のTPP抗議集会についに、佐倉から出掛けました(最近はリウマチが悪く遠出が大変です)。
この時はまだ可決されていませんでしたので元気そうです。
(中略)
私は病気のためあまり外に出ず、今までデモというと秘密保護法一回、ヘイトカウンター二回に行っただけなので、こういうところのマナー、ルールを知りません。きっとご迷惑だったと思います。しかし寛容に受け入れてくださいました。
――――


――――
例えて言うならばあの恐ろしい高プロは人喰い鬼、しかし、TPPは地獄です。鬼のいない地獄はありえません。鬼を一匹成敗しても、地獄はそれ自体鬼の住処なのです。

このTPP、水道法改悪、種子法廃止、で日本は滅びます。RCEPが並べば、アジアまでも。
――――


――――
しかし諦めてはいけない。私はもう少しTPP自体の批判を続けていきます。諦めないことが大切です。取り敢えず発効までは被害はないはずです(しかし日本政府は今から被害が出るように次々とやってのけています)。
(中略)
野党あげての抵抗による、解散総選挙を望んで、私は新作を書いておりました。今後は植民地から独立する程のエネルギーがいるかもと思っています。
――――


――――
この国難と後は老猫の腎不全、私はそれで手一杯です。で?他に何が?

早稲田文学渡部批判について?書いてみるかというお声は特にかかりません。

しかしそもそも私、第一作品集から名前は出さずとも渡部批判入りです。読者なら判ります。
――――


 そして猫の近況。『九月の白い薔薇 ――ヘイトカウンター』や『モイラの「転生」』に書かれていた、新猫ピジョンが写真付きで紹介されます。「この子をずっと隠しておいたのです。」というその理由を知ってびっくり。これは凄いニュース。

 他に今後の予定も書かれていますので、ぜひリンク先で本文をお読み下さい。念のためもう一度リンクを張っておきます。


  『近況ご報告その他』(「笙野頼子資料室」掲載、2018年7月3日)
  http://adr.s201.xrea.com/shono/text/tpp0703.html



タグ:笙野頼子
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

『新作短編集(2017) Nouvelles Pieces Courtes』(フィリップ・ドゥクフレ、カンパニーDCA) [ダンス]

 2018年7月1日は夫婦で彩の国さいたま芸術劇場に行って、フィリップ・ドゥクフレ率いるカンパニーDCAの公演を鑑賞しました。ダンサー6名+フィリップ・ドゥクフレご本人、総計7名の出演者による上演時間95分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: フィリップ・ドゥクフレ
出演: フラビアン・ベルヌゼ、アレクサンドル・カストル、メリチェイ・チェカ・エステバン、ジュリアン・フェランティ、スザンヌ・ソレール、ヴィオレット・ヴァンティ、フィリップ・ドゥクフレ


[演目]

1. デュオ Duo
2. 穴 Le Trou / The Hole
3. ヴィヴァルディ Vivaldis
4. 進化 Evolution / Evolution
5. 日本への旅 Voyage au Japon / A Journey to Japan


 何枚もの回転板から構成された背景、そこに映像が投影されたり、板を回転させつつ出演者たちが出入りしたり。照明は美しく、ときに影になる出演者のシルエットも含めて、どこか夢を見ているような感触が続きます。

 踊っているダンサーの姿を撮影して背景に投影する、ただしリアルタイムではなく数秒のディレイ(遅延)を入れる、という演出が、様々なバリエーションで繰り返されます。わずかな出演者が多重投影されて映像上は群舞になってみるなど。過去の作品にも多用されていたテクニックですが、今作の使い方は今まで観たなかで最も洗練されていたと思います。

 吊りを使ったサーカス風のダンスも定番ですが、今回のそれは驚嘆すべき出来映え。まるでダンサーが自由自在に空中浮遊しているように感じられ、その浮遊感と夢をみてる感が凄い。手前に映像が投影される半透明スクリーンがあることも劇的効果を高めています。

 楽しいドタバタが繰り広げられる「日本への旅」は、これは日本公演のボーナスなのかな。空港や機中での混乱や、ヘンな国に来てしまったフランス人がわけのわからぬ文化ギャップにあたふたしながらも楽しんでいる様子が、ダンスで表現されます。ちなみにコンドルズ感高し。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『Solstice(ソルスティス) 夏至/冬至』(ブランカ・リー) [ダンス]

 2018年6月30日は夫婦で東京芸術劇場プレイハウスに行って、ブランカ・リー・ダンスカンパニーの公演を鑑賞しました。ダンサー14名と演奏者1名、総計15名の出演者による上演時間100分の舞台です。


[キャスト他]

振付・演出: ブランカ・リー
演奏・歌: バシール・サノゴ

出演: ヤクノイ・アブル・アルフォンソ、ピーター・アガルディ、レミー・ベナー、ジュリアン・ガイヤック、イリス・フロレンティーニ、ジョセフ・ジェブラエル、ヤン・エルヴェ、オーロル・アンダブル、アレクサンドラ・ジェズワン、ポリーヌ・ジュルネ、マルガリダ・リエラ・ロッヂ、ガエル・ルージュグレズ、管野由衣、ビクター・ヴィルノ


 天井から吊り下げられ舞台を覆うように広がる何枚もの巨大な白い布。はためき、自由自在に角度を変えつつ浮遊するその「スクリーン」に、非常にリアルな風景映像(溶岩、凍てつく荒野、海面など)がプロジェクションされ、さらにウインドマシンによる強風や大量の砂などの大道具が加わり、舞台上に大自然をつくり出します。

 演奏者の強烈なパーカッションに乗せて、野性味あふれる動きを繰り出すダンサーたち。ダンスの動きも面白いのですが、強風にはためく布、水音を作り出すために水槽に手を入れて水をジャバジャバ、砂まみれでごろごろ転がるなど、観客に「やってみたい」という原始的な衝動を引き起こす演出が印象に残ります。個人的には、舞台上に大量の砂をまいて作り上げた「ビーチ」で全員がはじけ回るクライマックスがお気に入りです。あと強風(嵐)のシーンも。ところどころピナ・バウシュの演出を思い出させるシーンが含まれているのも印象的でした。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

『湿地帯中毒 身近な魚の自然史研究』(中島淳) [読書(サイエンス)]

――――
 すごい……なんてかっこいい魚なのだろう。その猛烈な感動は何年たっても決して色あせることはなかった。
 中学生になっても、高校生になっても、いつも自宅ではカマツカを飼育していた。常に60センチ水槽を一つ、カマツカ専用にしていた。そのくらいカマツカは特別で、カマツカが好きだった。いつしか将来の夢は淡水魚の研究者ということになっていた。そして、大学ではカマツカの研究をしたいと願うようになっていた。そんな希望を胸に抱いて、カマツカ好きのとある男は、はるばる九州までやってきたのだった。
――――
単行本p.2


 ありふれた淡水魚カマツカやドジョウについてもっと知りたい。身近な河川に棲む普通の生物を研究対象とする研究者が、自身の半生を通じて、自然史研究の魅力を語る一冊。単行本(東海大学出版部)出版は2015年10月です。


――――
 研究者を目指す人にはそれぞれ、それを目指した理由があるだろう。私については本書を通読していただければわかるように、湿地帯の生き物のことがとんでもなく好きだったから、という理由ただそれだけである。なんとなくずっと湿地帯の生き物とかかわって生きていきたい。その結果として選んだのが研究者の道である。したがって本来的には湿地帯に入り浸って湿地帯生物に触れ、その生き様を調べることだけに没頭しているのが何より幸せなのである。本書では意識的にそのことを前面に出した。しかし、湿地帯環境の悪化という側面から、そんな牧歌的な自然史研究をのうのうとすることは許されない状況になっている。身近な湿地帯の生き物たちを研究対象にする以上、保全のことを考えずに研究を続けることは不可能である。
――――
単行本p.244


 全体は4つの章から構成されます。

「第1章 研究のはじまり」
「第2章 カマツカの自然史」
「第3章 ドゼウ狂」
「第4章 湿地帯に沈むまで」


「第1章 研究のはじまり」
――――
 職員四名、学生三名という実に贅沢な体制であった。当時の水産実験所には定期的なゼミもなく、学生同士の交流も特になく、自由な……まさに研究室としては崩壊寸前という寂れっぷりであった。
(中略)
 悪いことに研究室には広々とした飼育室があり、学生はほとんどおらず先生方も放任なものだから、水槽も空間も使い放題であった。調査で採ってきた珍しい魚は嬉々として生かして持ち帰り、きれいにレイアウトを組んだ水槽で飼育をはじめる始末であった。気がつけば飼育室にはずらりと那珂川の魚が入った60センチ水槽が並んでいた。
 肝心の大きなカマツカは全然採れなかったが、生来の淡水魚好きが仇となって、完全に初心を忘れ単なる淡水魚愛好家に戻って楽しい毎日を送っていた。
――――
単行本p.18、25

 修士課程におけるカマツカ研究について紹介します。


「第2章 カマツカの自然史」
――――
 2006年10月、七ヶ月前と変わらぬ姿で標本庫に並ぶ46本の標本瓶と1394個体のカマツカ標本を前に立ち尽くす男の姿があった。私である。博士論文の先生への初稿提出締切はあと一ヶ月とちょっとという状況であった。
 四月以降は産卵行動だの仔魚の飼育だのスケッチだので、あわただしくも充実した毎日を過ごしており、あまつさえ九月下旬には国際シマドジョウ会議のためクロアチアへ旅立つなどしていた結果、驚くべきことに十月になるまで解剖には一切手をつけていなかったのだ! 驚きである。しかし驚いてばかりもいられない。カマツカの生活史研究が博士論文の主要なテーマであるからして、この二地点間の生活史変異については必ず形にしなくてはならない。機は熟しすぎて今にも腐敗しそうである。私はついに重い腰を上げ、標本の計測と解剖を開始する決意をした。
――――
単行本p.121

 博士過程におけるカマツカの生活史研究について詳しく紹介します。カマツカはなぜ普通種なのか、という疑問に対してついに得られた答えとは?


「第3章 ドゼウ狂」
――――
 結局、修士課程の2003年頃からぼちぼちと開始したドジョウの研究は、学位取得後の2007年4月以降本格的に取り組んだものの、ポスドク時代(九州大学農学部学術研究員+日本学術振興会特別研究員)の三年間でもまとまらず、福岡県保険環境研究所に就職し数年たった後にようやく日の目を見たのであった。研究の開始から数えると、スジシマドジョウ類では九年、オオヨドシマドジョウでは六年もの歳月を費やしてしまったことになる。ここまで深く長くはまるとは思わなかったドジョウ沼。だが、これまでに出すことができた結果は満足の一言である。
――――
単行本p.186

 身近な河川にいる未記載種。ドジョウ研究の顛末を語ります。


「第4章 湿地帯に沈むまで」
――――
 私の場合は特に、黒魔術への傾倒が著しく、部屋中に結界を張って日夜悪魔を呼び出す研究にいそしむというような状況であった。とある本によれば悪魔の召喚には「罪人の額に打ち付けた釘」が必要ということだったので、入手できないか真剣に検討したものである。しかし、インターネットなどない時代でもあり、入手は不可能であった。今にして思えばインターネットがなくて本当によかったと思う。
(中略)
 高校生くらいからは悪魔を呼び出す研究よりもむしろ、妖怪あるいは悪魔とは人間にとってどういう存在なのか、ということを真剣に考えるようになっていた。その結果、大学で受験する学部を選ぶにあたり、農学部や理学部と同じくらい、文学部(で妖怪や悪魔の研究をすること)を選択肢に含めていた。最終的にはこれまで蓄積した淡水魚類への愛と情熱が上回り、文学部受験は回避したが、もし途中で何かきっかけがあったなら、魚ではなく妖怪を研究していたかもしれない。
 ただ一周回って現在は、再び妖怪について調べたいという思いが再燃している。
――――
単行本p.202

 大学進学前の著者はどのように育ったのか。後に研究者への道を歩むことになる子どもの生態を詳しく語ります。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ: